夜語りは今年も大成功


a0050728_22074315.jpg
広い古民家が超満員の大盛況。良かったです。

足元にはこんな行灯が用意されていました。

a0050728_22115437.jpg
はじめに火起こしから本物の行燈に火を灯すまでの実演を資料館の方がされたのですが、2番に語るため楽屋入りしていて見られませんでした。




家で着物を着て、簡単なえんじの無地の帯を締めて行ったら「その帯で良いじゃない」と言われたのですが、色の合う帯留めがないので、ちゃんとした方の帯を二人掛かりできちんと締めていただきました。
着物をいつも着られる方が、たくさんの帯締めや帯揚げを持ってきて、ぴったりのを選んで貸してくださいました。

で、頂き物と借り物で出来上がった私。
a0050728_22105226.jpg

a0050728_22251445.jpg

帯締めなどを貸してくださった方が一番初めにこの町の民話「甘露と茅湯」を語りました。
水に不自由していた地域の農民が、旅人には貴重な水をご馳走し、自分は風呂の代わりに茅で垢を落としていたので、旅人が感激したと言うお話。

次に私が隣の市のお話を語りました。
開口一番「今年も生きてました」で拍手をもらい、「上福岡の先のびん沼川には昭和4年まで河童がいたんですよ」
と言ってから「かっぱの詫び状」を語りました。

3番目は「ふるやのもり」と言う有名な話。
古家の漏りを、恐ろしい化け物と思った、泥棒と狼の、笑えるお話。

4番目は「つるかめ」
婚礼が終わって、花嫁花婿だけが残った大広間で、婿さんが初めて見ためんごい嫁さまに、「もっとこっちへこう」と言い、嫁さまが恥じらいながらじりじり寄って行くコミカルな会話で笑わせて、二人がべたーっとくっついたのを見た床の間の置物、高砂の爺様が婆様に「もっと近くに寄ったらよかんべ」軽妙な会話で笑わせて、べたーっとくっつく。
それを見ていた鶴が亀に「おらの嫁様になってけろ」
亀がうんと言わないので、根掘り葉掘り理由を訊くと、(鶴は千年、亀は万年なので)「おらおめぇさまの嫁になったら、九千年がとこ後家暮らしせにゃなんねえ」

5番目は「白い花赤い茎」という怪談。会話が全て怖い。
餅を持って夜道を急ぐ母親から、山姥が餅を全部巻き上げた挙句に「今度もらいたいのはお前の命だ」
食ってしまった母親に化けて、三人の子供達の家に行き下の子を食ってしまう。
上の二人は逃げ出すが、崖に阻まれ大木に登る。山姥も登って来たのて、神様に祈ると鎖が降りて来て二人を釣り上げてくれる。山姥も鎖をくださいというと、降りて来た鎖はクサレだったので、山姥は蕎麦の畑に落ちて死ぬ。その血は白い花は染めなかったが茎を赤く染めた。山姥との会話が背筋を寒くする迫力でした。


休憩後の6番目は「はなききまごべ」
嫁が、自分の留守にご馳走を作っているのを見つけたまごべぇは、匂いで気がついたふりをして、ご馳走を出させる。嫁が恐れ入っていうことを聞くようになった時、お店の旦那について船旅に出た。
嫁さんに「俺が帰る前の日に、このぼろ家を焼いておけ」と言い残す。
船が着く前の日「大ごとじゃ、俺の家が火事で燃えちょる」
旦那が「そんな遠くの匂いがわかるはずはない。賭けをしよう、お前の家が焼けとったらわしの店をやる。焼けてなかったら、お前達夫婦は一生俺のしもべになれ」
港にはおかみさんが出ていて家が焼けてしまったと嘘泣きしたから、旦那の店が手に入った。
鼻ききと知れ渡って、殿さんの病気を治してくれと言われ困り果てて奥山に逃げ込んだら、天狗達が来て、「殿さんの病気は、天井裏の大蛇と床下のガマを川に流さなきゃ治らん」と話す。
翌日鼻で嗅いだフリをして大蛇とガマを川に流させると、殿さんはけろっと治り、まごべぇは幸せに暮らした。

7番目は「夜泣きのあかり」関西弁で哀しいムード。
食い詰めた浪人が幼い息子を寺に預ける。この寺の小僧は真夜中に遠い裏山にお堂に灯をともしに行かねばならない。
あまりの恐ろしさに行くことができない小僧を和尚が折檻したら死んでしまった。和尚は慌てて裏山のお堂の近くに埋めて「また小僧が逃げてしまった」と知らぬふり。ところがそれから夜な夜な悲しげな泣き声が聞こえ、真夜中に誰もいないはずのお堂に灯がともる。
二年後浪人が息子を案じて尋ねて来て、村人から色々聴くと、裏山に登って行って戻ってこなかった。裏山には和尚と浪人が血まみれで倒れており、その晩から、泣き声は聞こえず、灯もともらなくなって、三つの人魂がふわふわと舞うようになった。

8番目は「カッパと瓜」愛知の方言が素敵。
お百姓が瓜を食い散らかすカッパを捕らえたら腕がもげた。
翌日カッバは「もうしませんと証文を書くから腕を返してくれ」という。証文は要らんと腕を返してやると、夕べ一晩かけて覚えた証文を書きたいとせがむ。
証文を書いて、薬の処方を教えて帰って行く。
その薬はたいそう効いたので、お百姓は豊かになった。

最後のお話は「雪おなご」
吹雪とともに雪おなごが村に来て、母と幼子の家は通り過ぎ、火の消えた炉ばたで眠る爺様を凍らせ、若者の家に行って嫁になる。「自分のことは決して誰にも言うな」と誓わせて。
若者は嫁に花かんざしを買ってきた、それが知れ渡って、村人達が祝いに訪れると「誓いを破ったな」と嫁は吹雪に中へ飛び出して行く、若者は後を追って行き、それっきり帰ってはこなかった。

以上9話のあらすじでした。


今年も志村建世さまが、娘さんとお友達と来てくださり、休憩時間に、火工廠の話などさせていただきました。

リハトレのお仲間が来ておられるはずなのに、見つけられないで、すっかり終わってから声をかけていただき、リハトレの責任者の方も、前半を聴いて帰られたと伺いました。
彼女の帰りの車をなんとかしたかったのに、皆さんが帰られた後でやっと会えたので、ご自分で「タクシー呼んでいただきましたから」と帰られてしまいました。

富士見市のお友達も遅れたけれど最後まで聞いて下さいました。
近所のお友達にも何人か会えました。


万事よかったわね〜と言い合って、記念写真を撮って、控え室でおにぎりが出ましたが食欲なし。お菓子など差し入れもどっさり。私はセロリのぬか漬けを持って行き好評でした。

図書館長さんが、アンケートを読み上げて下さいました。満足、大満足という答えが多かったです。
「今年も生きてました」と言った私には「来年も是非」と言ってもらえたりしました。

私は2週間具合が悪かった後なのに、本番の日はケロリ。一夜明けて今日はぐったり。

昨日は猛烈に忙しかった仕事を終えた息子が、夕方から、夫の夕食の面倒を見に泊まり込みで来てくれたので、大助かりでした。今朝は急いで帰って行きました。








[PR]
by hisako-baaba | 2017-09-10 11:07 | Comments(16)
Commented by oss102 at 2017-09-10 11:33
美しい着物姿のhisakoさん。無事大成功の語りお疲れ様でした。
姿も美しいけれど表情の美しいこと!! 憧れです。(^◇^)
Commented by hisako-baaba at 2017-09-10 12:17
ossさま
あなたも朗読ボランティアに御熱心でしょう。
好きなことをしていられるって幸せですね。
Commented by marsha at 2017-09-10 13:06 x
良かったですねー。大成功でお目出度うございます。
涙が溢れてきます。

きっと志村さんが今年もいらっしゃると思っておりました。 多くのお知り合いの皆さんに聴いて頂けたのも良かったですね。

和服よくお似合いです。これからもっとお召しになって下さい。
慣れが肝心です。
Commented by sidediscussion at 2017-09-10 13:28
おめでとうございます。
さぞや楽しまれた事でしょう。
お客様も大勢で、やり甲斐がありましたね。
体調のことは吹っ飛んでしまって、調子は上々、流石でした。
和服は帯も理想的な柄の出具合ですし、帯揚げも帯締めも良くあっていて、お似合いです。やっぱり、和服はいいですね。
囲炉裏端なら作務衣がいいでしょうが、ちゃんと演台ステージですから和服が良かったのでは?
古民家と言う雰囲気も最高。

Commented by hisako-baaba at 2017-09-10 13:56
marshaさま
有難うございます。自分が楽しんできました。
和服の問題点は帯が締められないこと。あなたに頂いた黄色い帯を、くっつけ帯に作ろうとして、結んだ形が分かっていないため、頓挫しています。
唯一締められたのがご近所で頂いた簡単な臙脂の帯。それがこの着物に合うと言われたので それなら普段一人で語りに行く時着られます。帯締めと帯揚げを買えば。
で、中古の帯締めなどをを買いに行くつもりです。新品一本買うより中古を3本買いたいから。話に合わせて色を選びたいから。
Commented by hisako-baaba at 2017-09-10 14:09
kiyokoさま
自分が楽しかったです。
貸して頂いた帯揚げも帯締めも、色がピッタリ合っていますでしょう。
何十本も持っている方のおかげで、選べたのです。

一人で語りに行く時も、和服が着られたらと思い始めています。
ただ、くっつけ帯に加工するのが難しくて、着られるのは今ある臙脂だけなんです。これに合う帯締めと帯揚げを中古屋さんに探しに行きます。数が欲しいから。
語りの楽しみ、和服を着る楽しみ、おかげさまで存分に楽しみました。これも、六年前に和服を頂いたおかげです。
Commented by sidediscussion at 2017-09-10 15:11
だんだん和服好きになられていますね。お似合いですからね。
帯は、袋帯難しいですが、名古屋帯なら何回か練習すれば大丈夫と思います。 でも帯はせっかく結んでも気に入らなくて、結び直すことがしばしばです。難しいですね。帯締めは、お値段ピンキリです。
帯揚げも。楽しみが増えますね。

いつか和服デーをいたしましょう。
Commented by hisako-baaba at 2017-09-10 16:32
kiyokoさま
腕が思うように動かせないから、帯を結ぶ力はないと思います。
加工した帯をくっつけるしか考えられません。

呉服屋さんで特売の帯締めはキリの方でしょうが結構高い。リユースの品を当たって見ます。少し暗いエンジの無地の帯には何色が合うでしょうか???

新品の"キリ"より リユースの上等が欲しいです。
Commented by Deko at 2017-09-10 19:06 x
こんばんわ
夜語りの会大成功でよかったですね。その付近の方々には恒例のお楽しみの行事になっているのでしょうね。着物良くお似合いです。帯も着物に似合っていますね。素敵ですよ。大役を終えられたのでゆっくりお休みくださいね。
Commented by marsha at 2017-09-10 20:17 x
想像通りの大成功でホントに良かったです。分かっていても生身の身体、何が起こるかわかりませんから、結果を伺うまではこちらも落ち着かなかなかったと 云うのが正直なところです。

足下の行灯も増え、しかもディザインも素敵な灯りで 雰囲気も盛り上がり 上々でしたね。

好きこそものの上手なれ、と昔から云います。
久子さんにはぴったり、生まれつきの素質に 天性のショウマンシップが加わり 聞く人の心をしっかり摑んだことでしょう。

大きな会の後は 疲れも倍 徐々に解して
よくお休み下さい。
Commented by hisako-baaba at 2017-09-10 21:17
dekoさま
町の人より近隣市町や、東京からの方で申し込みはすぐいっぱいになりますが 、当日見えた方は入れるようになっています。
一度来られるとリピーターになられます。人気あるのですよ。
毎年九人くらい語りますが 見事に個性がバラバラで似たような話はないから飽きさせません。
Commented by hisako-baaba at 2017-09-10 21:24
marshaさま
病み上がりでご心配かけましたがいつも前日までひょろひょろでも、当日はシャキッとなります。
児童館の時も前日まで喉風邪で、ひどかったのに当日はものすごい大声が出て、お仲間までびっくりさせました。

例の女子会がファミレスだと大声は出せませんけれど、いつも小声ではあってもいくつか聞いて頂いています。
個人のお宅での女子会だとある程度声をぶつけられます。
地声はデカイのです。

今夜は早く寝ます。
Commented by morigurasi at 2017-09-11 03:11
hisakoさんのファンは多くて私がコメントを差し上げなくてもいいくらいですが。夜語りのご成功、おめでとうございます。
セッティングもよいしお客さんがたくさんで盛況、というのは楽しいですよね。
久子さんの若さの秘密(お着物よく似合って素敵)はきっとこの人前で語る楽しみと緊張感なのでしょう。これからも長くお続けになれますように!
Commented by hisako-baaba at 2017-09-11 06:22
morigurashiさま
あなたの生活環境は垂涎の的です。キアゲハを護って上げられたり、お庭で食事されたり。
それは望めなくても、この町に来て「語り」と出会えたのは、私にとって最善でした。80代がこんなに楽しめるなんて、予想もつかないことでした。
毎年この舞台で「今年も生きてました」と言いたいです。
Commented by weloveai at 2017-09-11 14:48
久子さんの努力と度胸で会の成功は間違いないと確信してました。
大盛況に終わられてよかったです。
お着物もお似合いでいうことありません。
お疲れになったでしょうから休養を十分にお取りください。
Commented by hisako-baaba at 2017-09-11 15:22
ゆすらうめさま
2週間続いた逆流性食道炎の痛みが前日までにピタリと止んで、当日はしゃんとしていました。
今日はもうトレーニングに行きました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 良いご縁の有難さ 快晴です! >>


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
Kiyokoさま 膝に..
by hisako-baaba at 20:29
具合お悪いのに大働きです..
by sidediscussion at 19:50
Ebloさま お知らせ..
by hisako-baaba at 11:55
既にご存知かもしれません..
by eblo at 09:07
mimizuさま Fa..
by hisako-baaba at 22:48
Marshaさま 誰か..
by hisako-baaba at 22:34
kiyokoさま フェ..
by hisako-baaba at 22:31
すごいですね。 どこか..
by mimizu-clone at 22:20
なかなか痛烈で面白い!!..
by marsha at 21:15
わーーーー! いいイ..
by sidediscussion at 18:32
marshaさま 久米..
by hisako-baaba at 15:03
花てぼさま 久米さんは..
by hisako-baaba at 14:54
今朝は久米さんのu-tu..
by marsha at 06:00
おけいさんのお声を聞いて..
by 花てぼ at 22:31
dekoさま 御苑でお..
by hisako-baaba at 21:34
hisakoさまが人間の..
by Deko at 18:54
marshaさま この..
by hisako-baaba at 18:14
久子さん、良いことをなさ..
by marsha at 17:23
junkoさま おけい..
by hisako-baaba at 17:03
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 16:54
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧