人権を踏みにじられた ハンセン病患者の悲劇

一昨夜、食事の片付けが遅れてキッチンでばたばたしていたとき、ふと見ると、テレビにハンセン病療養所が映っていました。動きながら耳だけそばだてていましたが、お話は良く解りました。

80歳の女性は、愛情溢れる大家族の賑やかな家庭から『らい病感染』を理由に一人引き離されて、療養所に入れられ、19歳のとき、患者同士で結婚しました。その日夫は血だらけのパンツを洗濯してくれと出したのです。子供を作らせないために、断種手術を強制されてきたところでしたが、彼女は夫が自分に言わずに手術を受けて、子供を持てなくなったことでショックを受け、夫にわだかまりを持ってしまいます。夫のセイでは無いのですが、許せない感覚を持ち続けたのは、子供を産めなくなった事への怒りだったのでしょう。それでも60年連れ添って、介護を続けて、夫が亡くなったとき、彼女は号泣していました。
本当に「ひとり」になってしまったのです。

もう一人の女性は、(途中から見たのですが)二人目の子を身ごもったのがばれて、8ヶ月にもなった胎児を子宮から掻き出され、それでも生きていたので、目の前で息の根を止められてしまったそうです。あまりのことに、夫婦は脱走、長男を連れて農業で暮らしをたて次男を産みました。その幸せは次男が2歳のとき、打ち砕かれます。らい病患者を見つけ出して収容する役人が来て、夫は治っていたし子供も感染していなかったので、彼女だけが強制的に収容されてしまいます。その後も治る見込みが立たないので、子供たちに新しい母親を迎えてくださいと身を引きました。

やがて特効薬が出来て、今日本にはハンセン病患者は一人もいません。みんな『元患者』なのですが、故郷と縁を切らされた彼らに帰る所は無く、未だに療養所暮らしです。
何十年ぶりかに彼女は次男と会いました。2歳のときに別れて、連絡取ることも遠慮していた息子さんは継母に育てられ立派になっていました。
その頃、58年前に中絶させられた女の子が、ホルマリン漬けの標本にされて、残っている事が判明します。彼女は娘を返して欲しいと要求しましたがいつまでも返してもらえないので、支援者と東京に陳情に出かけるようになったときいて、息子さんは何回目かに、母に付き添いました。生まれて初めて母子で歩く東京。浅草を案内されて楽しそうなお母さん。
ようやく彼女の要求は認められました。58年ぶりに、ホルマリンから出して、棺に入れられた娘と対面。用意してきた産着を掛けて、かわいいと泣くお母さん。息子さんも感慨深げに姉の小さな遺体と対面・・・荼毘に付された遺骨は、療養所内の納骨堂に納められました。お母さんは墓も無かった娘を、もも子ちゃんと呼んでずっと供養していたのですが、58年もたってようやく納骨出来たのでした。

胎児を殺された人は、どのくらい居られたのか、人権無視も甚だしい時代でした。
今回テレビに出られた方は、手には異常があっても、顔は崩れていない方々でした。
実際は、もっともっと重症の方が多くて、眼球をえぐりだして、義眼を入れている方や、入れずに、眼窩のくぼむに任せている方。鼻がそげて、唇が変形した方など、なかなかカメラにはお出になりにくいのでしょう。
a0050728_16345265.jpg

私が多磨全生園を初めて訪ねたのは、20代半ばのことでした。日本点字図書館の朗読グループに、全生園盲人会から、『お正月の新聞だけでも、読んで欲しい』という依頼があったのです。5~6人で訪問しました。そのときショックを受けたのはある歌を聞かされたことでした。愛子さんという方が『舌読みは 唾液に濡れて・・・・(正確には覚えていませんが)手指が崩れて居る上に、感覚が無いので、舌で点字を読むのだが、濡れてしまって点が潰れて読めなくなる。という意味の歌でした。手先は火傷しても気付かない無感覚状態。目は見えない。大変なことだと思いました。
そこで私は個人的に新聞の特集記事などを録音して、おしゃべりも添えて送るようになり、世の中に録音図書が行き渡るまで続けました。『茶の間の声』という私のテープは全国12の療養所に回送されました。これは苦しい事ばかりだった時代に、私の生きる力となりました。

御殿場の駿河療養所盲人会から招かれて、泊りがけでお訪ねした事もあります。そこは南方戦線でハンセン病に感染し、復員しても故郷に戻ることを許されなかった兵隊さんたちの療養所でした。皆さん若くて明るく活気がありました。兵隊さん以外にも、女性が小数居られました。
ハンセン病患者は男性が圧倒的に多く、女性が感染する割合はごく少ないのです。
『ここでは女性は良いんだよ。失明したって嫁に貰い手がいくらでもあるから』と聞かされました。男性は滅多に結婚できないのでした。
療養所内で結婚する際、不妊手術が義務付けられていたことは戦後になっても同じでした。
遺伝病ではないと科学的にわかった頃には、若い患者はもういませんでした。
子育ての権利を奪われた人たちの悲しみは、はたから想像しきれるものではないと思います。

「らい予防法」は廃止されたし、みんな完治したけれど、他の病気をたくさん患っていたり、身内が一人もいなかったり、その上顔や手足が異様に崩れていては、外に出たくは無いでしょう。勇気を持って社会復帰されたのは、体力のあるごく一部の方だけでした。
時間だけは十分お持ちだから、勉強家が多くて、凄い知識をお持ちの方や、短歌や俳句に秀でた方も多くいらっしゃいます。でもわが子を抱けなかった悲しみは癒えることが無いのです。
[PR]
by hisako-baaba | 2007-05-29 16:46 | 日本国に言いたい事 | Comments(14)
Commented by ririhallo at 2007-05-29 23:14
こんばんわ!  TVは見ませんでしたが・・・ハンセン病のことは ほんの少し知っています。  人間扱いを怠った その当時の政治家の方をあまり、良くはおもえませんでした。  おなかの中の子を掻き出されるのは とても辛い事でしょうね・・・心痛みます。。
Commented by kashiwa at 2007-05-29 23:26 x
こんばんは
hisakoさんはお若い時から社会に目を向けておられたんですね。頭が下がります。
ハンセン病患者には国は医学的無知の為むごい事をしたのですよね。
最近になって過ち認めたことになっていますが、納得のいく謝罪の形を
示しているのでしょうか。
哀しい事ですが、人は自分と違う外見、自分に災いを及ぼすと思った者に対しては排除する、避ける、冷淡なのが本性だと思います。
この事を如実に表したのがハンセン病患者に対する国の行為ではないでしょうか。一般の人だって昔はハンセン病患者を忌み嫌ったというのが事実でしたもの。
Commented by koro49 at 2007-05-29 23:54
あぁ、hisakoさんのボランティアってこれだったの♪
生活も大変な頃だったんですよね。
kashiwaさん同様、頭が下がります^^;
Commented by sarasa-reisia at 2007-05-30 00:58
hisakoさんは、いつも実際に行動しておられますよね。
本当に素晴らしいと思います。
私はテレビで見て「こんな事があったの」と驚くばかりでした。
「桃子ちゃん」そう呼びながら、棺のなかに体を入れるようにして、泣いておられたお母さんの姿が忘れられません・・・
Commented by hisako-baaba at 2007-05-30 08:33
ririhalloさん
無知無理解、酷い時代でした。長島愛生園など、戦争中食料が足りず、ネズミも蛙も食べつくしたとか・・・
Commented by hisako-baaba at 2007-05-30 08:41
kashiwaさん
自分たちと違う、又は、醜い、危険に感じる、存在を排除する。残酷さが人間にはあるのですね。
でも、生きている子供を母親の見ている前で殺す事ができちゃう、人間性の欠如は一体どういうこと!殺人者じゃないの。
涙が出て見るのも書くのも・・・大変でした。
Commented by hisako-baaba at 2007-05-30 08:44
koroさん
私自身人生挫折続きで・・・苦し紛れにボランティアに青春を賭けていましたね。救われていたのは私自身です。
Commented by hisako-baaba at 2007-05-30 08:47
sarasaさん
シンガポールでご覧になったのですね。
泣けて泣けて困りましたね。母も子も人間扱いされずに58年!
腹立たしいばかりでした。
Commented by reev21 at 2007-06-01 07:19 x
おはようございます。

随分前のことになりますが、ニュースステーションで「らい病」のことが特集され、人権侵害や法律の不必要性が語られていたことを思い出します。 少なくとも、法律が廃止され、わずかずつではあるけど"日常"が取り戻せつつあることが救いでしょうか。 それにしても、長すぎた。。。
Commented by hisako-baaba at 2007-06-01 21:55
reevさんこんばんは
馬鹿な法律を止めて、少し賠償払って・・・でも国の犯した暴力被害は、回復不可能。それが現実ですね。
Commented by Hana at 2016-01-30 01:54 x
はじめまして。
ネットをウロウロしていたらこちらのページにたどり着きました。
事実ですか…。あまりにも現実を知らない自分に驚き、そして被害に遭われた方の気持ちを慮ると、涙が溢れてしまいました。
おそらく私の祖母の世代の方が生きた時代。今の私達は当たり前のように平和を享受していますが、当たり前でない事に感謝しないといけませんね。少しでも苦しまれた方々の救済が行われる事を願っています。唐突にコメントを残してしまい、申し訳ありません。
Commented by hisako-baaba at 2016-01-30 11:49
hanaさま ようこそ。
コメントを残してくださいまして有難うございます。この古い記事は毎日かなりの方が読んでくださいますが、コメントはありません。

最近では、映画化もされた「あん」という小説に、世間の無理解と、元患者の悲しみが描かれています。
ここに出てくるお婆さんは、体の崩れが少ないので、いっとき、外で働きますが、それでも療養所から通っていることが世間にばれて、身を引きます。移らない病気と理解されないのです。
私は、眼窩がくぼんで鼻も崩れた方の、指も半分しかない手を引いて歩きました。うつらないのですから。でも未だに顔をしかめて「そんなことして大丈夫だったの」なんて言われる有様です。
だから、療養所の塀から出られない方が多いのです。
Commented by hana at 2016-01-31 00:16 x
知る事が大切ですね。
お腹の子供を掻き出す…。同じ女性として、言葉を失いました。
療養所からも出られない。出たとしても療養時にいた長すぎる月日が先の生活に暗雲をもたらす…。
どうしてそんなに簡単に差別がまかり通るのか。
少しでも現状が好転する事を願ってやみません。
Commented by hisako-baaba at 2016-01-31 16:20
hanaさま
胎児を殺された女性の苦悩は耐えがたいものだったでしょうね。
男性だって故郷に帰れず、本名も名乗れず、別人として孤独に徹する。きつすぎます。それに女性はごく少ないから、多くの男性は生涯独身です。
今は、高齢者ばかりとなり、出られない中で楽しみを見つけておられるのでしょうが、孤独の深さははかり知れませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 三井昌志さんの新ブログ紹介 田んぼ撮影の前後・・・ >>


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
右傾化というか馬鹿化です..
by marsha at 10:04
そうですよね。 一番憲..
by eblo at 09:42
春の勢いを持った木々カメ..
by sidediscussion at 08:47
ebloさま 新しい道..
by hisako-baaba at 21:48
日本の道路は、車が走るた..
by eblo at 18:27
marshaさま 「ワ..
by hisako-baaba at 14:35
junkoさま 「お前..
by hisako-baaba at 14:26
諸悪の根源は自民党、麻生..
by marsha at 12:44
ciao hisakoさ..
by cocomerita at 01:54
ebloさま そうそう..
by hisako-baaba at 15:08
以前は、物を言う議員がい..
by eblo at 12:28
元気ばばさま お仲間に..
by hisako-baaba at 11:36
ば~ちゃんのところに届く..
by juju3291a at 08:20
marshaさま 良い..
by hisako-baaba at 18:21
勿論、買うのも、運ぶのも..
by marsha at 18:00
marshaさま 優帆..
by hisako-baaba at 17:10
dekoさま マンショ..
by hisako-baaba at 17:01
真帆ちゃんと志帆ちゃんに..
by marsha at 16:53
区民農園狭き門のようです..
by Deko at 16:52
kiyokoさま 今年..
by hisako-baaba at 16:23
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧