カテゴリ:日本国に言いたい事( 125 )

いつまでアメリカやグローバル企業のATMを続ける気ですか?
8月2日のNHK日曜討論で、山本太郎議員が、「安保法政はアメリカの支出を肩代わりする話で、その原資は皆さんの税金です。いつまでアメリカやグローバル企業のATMを続ける気ですか?」と、安保法政の裏側を追及したそうです。
私のiPadではリンクが貼れなくて、コピペしますが、こちらにたくさん動画が載っています。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7443.html

アメリカにどこまでも忠実であろうとして、国民が抱く不安や危機感は気にも留めない安倍政権!最悪だと思います。

安倍さん、あんたの国じゃなくって、国民の国なんだからね。独りで勝手な事しないでよね。

a0050728_11344773.jpg


昨日病院に行ったら、受付が電子化されていました。
バーコードをかざして、医師を選択し、出てきた番号を持って待つのでした。ノートに順番に書き込むのじゃなくなった分、人手が要らなくなって、会計がやや早くなった感じです。会計は機械になっていませんでした。
でも、人が受付るのでないため、12時までに来た人全員午前の部。午後に回ってもらう事をしないので、午前の人が終わったのは3時でした。
先生は急いで食事して、3時40分、10分遅れで午後の診療が始まりました。

私は1時過ぎに行って4番を確保、食事と買い物で2時間潰して、3時過ぎ病院に戻っていましたが、スムーズに会計まで済んで4時半。いつもより1時間以上早く終わりました。
おかげで薬局で粉薬が包まれる間に、買い物をして、6時に帰宅。
バスもなく、タクシーも拾えず、我慢して歩いたので、太腿の前側に一面湿布を貼っています。まだ痛いです。

a0050728_113448100.jpg

この、小さな向日葵みたいな、背の低い草花はなんですか?
小さな花壇のおくさんに頼まれました。






ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2015-08-04 11:38 | 日本国に言いたい事 | Comments(10)

池田幸一氏のメール 安倍政権の暴走を止めるには
志村建世様のブログに、池田幸一氏のメールがまた掲載されていました。
九十代の論客、シベリアの生き残り、池田さんのメールを貼り付けさせていただきます。



(池田幸一さんの2015年6月28日のメールです。)
 皆様。  池田幸一です。
 選ばれる人のことを「選良」と云うのだそうですが、この度の騒ぎをしげしげ見ていると、失礼ながら「選バカ」とより申し上げようがない。これで自民党と安倍総理の支持率は暴落したのでしょうが、桜里さんが仰せのように、いったい自民党とは何なのか?「保守」と位置づける事自体が間違っているように思います。異常な異論封じと数を頼んでの傲慢、独断と専権は明らかにフアッショです。
 しかしこの「選バカ」さんは、一人ひとりが“賛成”と右手を挙げるだけのロボットであって、党議に従って確実に一票を稼ぎます。自らの判断すらも出来ない「選バカ」を選んだ国民の良識が問われるところですが、ボスの安倍総理は“何処かの時点で議論が尽くされたという判断がなされれば、決める時には決める”と、早くも採決に前のめりです。この人にとってはアメリカとの約束が至上命令で、近いうちに有無を言わさず採決する気でしょう。そうでないと内閣が潰れるからです。
 国民各層の激しい反対も総理には通じず、60年安保や92年のPKO法案の例を挙げ、“法案が実際に実施される中で理解は広がるものだ”と取り合いません。大庭さんは“野党が一丸となって廃案に持ち込むしかないでしょう”と仰せですが、果たして今の野党にそれだけの力があるでしょうか。マスコミも牙を抜かれた状態で頼りにならず、連日の激しいデモも蛙の面に何とやら、このように我が国のひ弱い民主主義は、あれよあれよのうちに押し切られようとしています。さて、この暴力に立ち向かうにはにどうすればよいのでしょうか?
 私は迷うことなく素直に問題の核心を突くべきだと考えます。安倍総理は26日の答弁で、従来の高村正彦根拠を踏襲し〝今回の「安保関連法案」は砂川判決の考え方に沿ったもので、その判決は自衛権の限定容認が合憲である根拠たりうる”と言明致しました。つまり、法案に盛り込まれた集団的自衛権行使容認が憲法9条に反しないというのです。しかしこの考え方は殆どの憲法学者や法曹界の違憲判断に真っ向から反する主張であることは明らかです。
 いま論じられている些末な事象よりも、私はこの法案が果たして合憲であるのか、否か?これを徹底的に正せばどうかと思うのです。憲法98条には“この憲法は国の最高法規であって、この条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。”とあります。いくら無理矢理法案を押し通したところで、違憲であれば折角の「安保関連法案」も全て無効、喧々諤々と論じる事自体がナンセンスです。
 安倍総理が合憲の根拠とする「砂川判決」を洗い直し、白黒をはっきり検証することが最も判り易くて早道です。国会の場で「砂川判決」が裸にされ、安倍総理の言い分が間違いだと証明されれば忽ち廃案。それなら国民も納得するのではないでしょうか?総理は目がくらんでいる、“飛んで火に入る夏の虫”とはこのことで、「砂川判決」には我が国司法の拭いがたい汚点でいっぱい、藪を突いて蛇を出した事を後悔することになるでしょう。白崎さんは№31617で以下のように、問題の核心を鋭く突いておられます。
 >砂川判決における「統治行為論」なるインチキをおこなった「田中耕太郎」なる人物こそ、無法日本、そして対米従属の象徴なのです。ここをもっと、マスコミは報道しないとダメです。この「砂川判決」を総括しない限り、日本の憲法はまともにならない~と判断しました。また、いまの「解釈改憲」のインチキもここに根拠があります。本来、憲法解釈は最高裁にあるのに、その最高裁が米国に従属している。それをいいことに、閣議決定と言う三権分立を無視した憲法停止政府が大きな顔をする。こうして、日米安保>憲法という戦後史の枠組みができあがったのです。国民はもっと怒るべきです。これは、集団的自衛権云々以前の基本の基本の問題が無視されていることなのです。<
 私もまったく同感で、この度図らずも脚光を浴びた「砂川判決」は、時の最高裁裁判長田中耕太郎の売国行為を始め、スキャンダルに満ち満ちています。今に至るも諸悪の根源になっている事実を、この際はっきりすべきどと思います。アメリカに内通し、圧力に屈し、基地を憲法違反とした伊達判決をひっくり返し、最高裁の権威を失墜させた判決は、いま元被告人の手によって再審請求の訴訟中です。私は安倍総理の怪しげな合憲根拠を暴くと共に、この訴訟の解明にも拘りたいのです。6月19日の日刊ゲンダイは次のように報じています。
 >安保法案“合憲”の根拠…砂川裁判の当事者が怒り「許せない」・・・・・ 安倍政権は集団的自衛権の行使容認が合憲である根拠として、1959年の砂川事件の最高裁判決を“錦の御旗”にしているが、この上告審は裁判長(最高裁長官)が米国に魂を売って書き上げた「デタラメ判決」だったことを国民はよく考えた方がいい。当時の田中耕太郎最高裁長官がマッカーサー在日米国大使と密かに話し、砂川判決を政治的にねじ曲げたことが、米国の公文書で明らかになっているのだ。そんな判決文を安倍政権があえて持ち出したことに対し、裁判の元被告人である当事者が18日、ついに怒りの声を上げた。<
 >衆院議員会館で会見を開いた元被告人は土屋源太郎氏(80)。1957年に米軍立川基地の拡張反対闘争で基地内に侵入したとして逮捕・起訴されたひとりだ。土屋氏らは米国の公文書を根拠に、最高裁判決が憲法37条の「公平な裁判所」に違反しているとして、現在、砂川事件の再審請求訴訟を行っている。「(安保関連法案で)この汚れた、まさに無効の判決を持ち出して引用することは大きな欺瞞だ。国民をだます方便でもあり、我々当事者は絶対に許せない」(土屋源太郎氏)<
 >米公文書では、田中最高裁長官と米大使の密通がクッキリだ。極秘公電は3通あり、裁判の日程や進め方、判決の見通しについてまで事細かに報告されている。当時、日米安保条約の改定の議論が始まっていて、砂川事件の1審判決(米軍駐留は違憲)がネックになっていたことから、米国は最高裁の早期の逆転判決を希望していた。公文書には〈田中裁判長は、来年のはじめまでには最高裁は判決を下すことができるだろうと言った〉〈田中裁判長は、下級審の判決が支持されると思っているような様子は見せなかった〉とまで書かれているのだから驚く。<
 >こうした事実を政府が知らないはずはない。再審請求訴訟で極秘公電の翻訳をした元外交官の天木直人氏は、「判決の成立過程を知りながら合憲の根拠にしたなら、これほどフザケタ話はない」「安倍政権の安保法制の合憲性の議論以前に、田中最高裁長官が憲法違反」と憤った。土屋氏は、そもそも「砂川裁判の最高裁での審理で、自衛権の議論はなかった」とも明言した。デタラメ判決が再審となれば政府は赤っ恥をかく。悪いことは言わない。安保法案をいますぐ引っ込めるべきだ。

以上のように田中耕太郎の「砂川判決」は、“米軍基地は憲法違反であり、それをを容認した日本政府は憲法9条を犯している”とする伊達判決を覆したもので、時の最高裁はアメリカ大使に内通して裁判の中立性と守秘義務を踏み外し、また司法のトップがそれらを意図的に犯した稀に見る売国行為は我が国司法の尊厳を地に落とし、対米従属の原点をなす不祥事であります。それらの中に憲法への合憲性が何処にあるというのでしょうか? 
 日刊ゲンダイが伝えたこれだけのビッグニュースを、マスコミのどこが国民に伝えたでしょうか?東京新聞と毎日新聞が小さく報じただけ、国会でも誰一人問題にせず、「砂川判決」には秘められた緘口令が出されているのでしょうか。私は昵懇に願っている「選良」さんにお願いし、更に論点を練り上げて「砂川判決」と、それを根拠の「砂川合憲説」を正してほしいのです。この売国奴になぜ我が国最高の菊花大綬章を与え、従2位に遇せねばならないのか?その理由も合わせて知りたいのです。
 自民党の軍師とされる高村正彦議員がでっち上げた「三段論法的合憲論」は、柄のない所に柄をすげた牽付会の強引さが目立ちます。憲法学者の殆どが違法とされるのも当然、一つの「高村の談話」であって学問には程遠い。これを国辱的な「砂川判決」弾劾と合わせ、この際決着をつけてほしいのです。評論家の天木直人さんが翻訳されたアメリカの極秘電報3通を、以下添付いたしますので、ご覧下さい。
   1)1959年4月24日付電報
 最高裁判所は4月22日、砂川裁判の東京地方裁判所判決に対する最高検察庁による上告趣意書の提出期限を6月15日に設定した。これに伴い、被告の弁護側は彼らの立場を示す文書を提出することになる。外務省当局者は大法廷での上告の審理はおそらく7月中旬までに始まるだろうと我々に伝えている。しかし、現時点では、判決が下される時期を推測するのは不可能である。田中裁判長は大使(筆者註:マッカーサー駐日米国大使)との内密の会話の中で、本件訴訟は優先権が与えられているが、日本の手続きでは、判決に至るまでには、審理が始まった後少なくとも数か月はかかる、と述べた。
   2)1959年8月3日付電報
 共通の友人宅での会話の中で、田中耕太郎裁判長は駐日米国大使館首席公使に対し、砂川裁判の判決はおそらく12月になると今は思うと語った。田中裁判長はまた、弁護団は裁判の結審を遅らせるためにあらゆる可能な合法的手段を試みているが、彼(筆者註:田中裁判長)としては争点を事実問題ではなく法的問題に限定することを決めていると述べた。この考えに立って、彼は、9月はじめに始まる週から週一回、それぞれ午前と午後の二回開廷すれば、遅くとも三週間で口頭弁論を終えることができると確信している。問題はその後に生じうる。なぜなら彼の14名の同僚裁判官たちの多くがそれぞれの見解を長々と論じたがるからだ。裁判長はまた、結審後の評議が、実質的に全会一致の判決が下されるような、そして世論を”乱す“少数意見が回避されるようなやり方で行われるよう希望していると付言した。コメント(筆者註:これは米国公電に書かれている言葉で米国大使のコメントである。私のコメントではない)
 (米国)大使館は最近、外務省や自民党の情報源から、日本政府が新日米安全保障条約の提出を12月から始まる通常国会まで延期する決定をしたのは、砂川裁判判決を、最高裁判所が当初意図していた晩夏ないし初秋までに出す事が不可能になった事に影響されたという複数の示唆を得た。これらの情報源は、砂川裁判の進捗状況が新条約の国会提出を延期した決定的理由ではないが、砂川裁判が審理中であることは、そうでなければ避けられたであろう、社会主義者やその他の野党に論争点を与えかねないと受け止められていることを教えている。さらにまた社会主義者たちは米軍の日本駐留は憲法違反であるという地方裁判所の判決に強く傾倒している。もし最高裁判 所が地方裁判所の判決を覆し、国会で審議が行われているその時に、政府側に有利な判決を下すなら、新条約を支持する世論の風潮は大きく助けられ、社会主義者たちは政治的柔道の中で、みずからの奮闘により逆に投げ飛ばされることになろう。
   3)1959年11月5日付電報
 田中裁判長との最近の非公式の会話の中で、我々は砂川裁判について短い議論をした。裁判長は、時期については明言できないが、いまや来年のはじめまでには最高裁は判決を下すことができるだろうと言った。彼は、15人の裁判官にとって最も重要な問題は、この裁判に取りかかる際の最大公約数を確立することだと見ていた。田中裁判長は、可能であれば、裁判官全員が一致して、適切で、現実的な、いわば合意された基本的規準に基づいて裁判に取りかかることが重要だと言った。彼は、裁判官の何人かは「手続上の観点から事件に取りかかろうとしているのに対し、他の裁判官は「法律上」の観点から事件を見ており、さらにまた「憲法上」観点から問題を考えている者もいることを、示唆した。
 (私は田中との会談からつぎのように推測できた。すなわち何人かの裁判官は、伊達判事を裁判長とする第一審の東京地方裁判所には米軍駐留の合憲性について裁定する司法権はなく、東京地方裁判所は、みずからの権限と、米軍基地への不法侵入という東京地方裁判所に最初に付託された争点を逸脱している、という厳密な手続上の理由に基づいて判決を下す考えに傾いている。他の裁判官は、最高裁判所はさらに踏み込んで、最高裁判所自身が米軍の駐留が提起する法律問題を扱うべきだと考えているようだ。さらにまた他の裁判官は、日本国憲法の下で日米安保条約は憲法より優位であるかどうかという、憲法上の問題に取り組むことを望んでいるかもしれない。)
 田中裁判長は、下級審の判決が支持されると思っているような様子は見せなかった。それどころか反対に、彼は、それは覆されるだろうが、重要な事は、この事件に含まれている憲法上の争点について判断が下される場合は、15人の裁判官のうち、できるだけ多くの裁判官が一致した判決を下すことだと考えている印象だった。すなわち、伊達裁判官が憲法上の争点について判断を下したことは大きな誤りであったと、彼は述べた(了)
       <この項完>

お知らせ・明日7月1日は第一水曜日なので、昼休みの国会一周に行きます。12時に地下鉄丸ノ内線「国会議事堂前」駅の改札出口前からスタートして議事堂を一周し、その後適宜に昼食するのを例にしています。
[PR]
by hisako-baaba | 2015-07-01 09:07 | 日本国に言いたい事 | Comments(0)

虐待などで保護された子供達がこれ以上辛い目に遭わないように
[追記]
皆さ〜〜〜ん‼︎! 少子化の今、他人事と思わないで、大事な日本国の子供達を、守るために、おっくうがらないで、どうか、署名して下さい!!
私のブログを読んでくださる皆々様を、頼りにしております。
下記の、署名活動にどうかご協力ください。婆ちゃんの切なる願いです。よろしくお願いいたします。
チャンスが掴めたら、70代の友人と私は、ふたりでボランティアに入りたいのです。

始まりましたよ〜
傷ついて居る子供達を助ける署名活動虐待などで保護された子供達が、保護所でも辛い目にあって居る状況の改善を要求する署名です。
junkoさんがブログで呼びかけています。junkoさんの記事に載って居る子供の手紙読んで下さい。たどたどしい手紙に悲痛な思いが込められています。

私も三度この問題を掲載しています。放っておける話では有りません。

私も、この酷い状況が皆さんに周知されるように動いて居るのですが、先ずはこの署名を拡散して、都の上層部に認識させることが重要と考えます。東京都に改善の意識を持ってもらわねば、どう仕様も無い状況なのです。

皆様!! どうぞこの署名活動を広く拡散して下さい。
皆さ〜〜〜ん!今すぐ 拡散してくださー〜〜い!!

a0050728_9302678.jpg

junkoさんのところに行って見てくだされば動画も子供からの手紙の写真も見られますが、とりあえずjunkoさんの本文の一部を貼り付けます。



子供たちを救うために力を貸してください
東京都には

都が運営する 東京都子供家庭総合センター という機関があります

その機関の中には
いろいろな事情で親から離され 一時的に保護されている子供たちが住む 一時保護施設があります

親から虐待された子供たちも
非行という形でしか 自分の思いを表せなかった子供たちも

皆 同じように 心が傷ついています

そんな子供たちの心の傷を癒し

人生そんなに悪いもんじゃあないと 明日への希望を養い 歩き始める力を養ってもらうために万全を尽くすべき場所

その場所で
現在
収容された子供たちへの 過度に厳しい指導や
それに従わなかった場合 には 虐待とも言える厳しい罰を与えているということが

先頃 5月7日に放映された 日本テレビ ニュースエブリーの報道で明らかにされました

この件を早くから注視し 懸念し 子供たちに寄り添ってきた行方正太郎先生は

"私が勤務していた期間は14ヶ月ですが、
その間でも4名ほどは脱走する子供がいました。
中には都内の別の保護所を脱走したうえに、
さらに私の勤務する保護所も脱走する子供がいました。

つまり、脱走したくなるような劣悪な場所だということを、
子供らが行動で示しているわけです。
もし私が保護された子供だとしても、私も脱走してしまうかもしれません。

実は日テレでは、その後、EVERYの全国版、ニュースゼロ、バンキシャと連続して児童相談所保護所の件を放送していく計画でしたが、それが中止となりました。

私は、児童相談所に第三者評価のシステムと子供が直接役職にある者に苦情を伝えられるシステム、この2点を導入してくれるよう現職にあった時から上司に訴えてきました。

しかし、報道関係もこれで手打ちとなって問題提起の機会をなくしてしまったため、次は外国人記者クラブへ取材してもらい、外国の方々から日本の前近代的な児童擁護の現状を批判してもらえたらと考えています。

そうなれば、日テレだけでなく、他の報道関係でも再度報道していかざるを得なくなるのではと思います "

と 語ります

権力側にありがちな 自分本意の 閉鎖的運営のために

この現状を知り、ひどく憂いている人々がいながら

実際の問題の核に 介入しきれずにいる のが 現状です

傲慢な東京都の壁は高く 厚いのです

だからと言って

手をこまねいてる なんてこと 出来るわけもなく

署名キャンペーン を 企画します

できるだけの署名を集め

桝添要一都知事 及び 東京都議会
に 都民ばかりでなく 国民みんなが この由々しき状況を知り、深く懸念していると

よって 彼の早急な介入と 速やかな改善を求めている と

その要求を伝えたいと思っています

子供たちに健やかな そして幸せに暮らせる環境を作ってあげられる かどうかの

深刻な問題です

都民の方も 都民じゃない方も

情熱的に
署名 及び拡散よろしくお願いします


● 署名キャンペーン

"東京都子供家庭総合センター 子供一時保護所に収容されている子供たちへの対応を改善する"


署名は こちらから


自分だけ署名した と 安心することなく

賛同してくださる方々には

少なくとも!
一人につき10人の署名を集めるべく

奮闘していただきたく よろしく お願いします

こういった状況は 東京都 だけだとは思いません

東京都の状況を改善することにより

日本中に いるであろう 苦しい環境を甘んじて受けなくてはならない子供たちの環境を改善する 糸口になると思っています

格段のご協力をおねがいいたします


子供たちは 家庭とか 家族とかという壁を越えて

社会に属するみんなで 慈しみ 守り 育てていくものだと 思います

本当に よろしくお願いします


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一応貼り付けましたけれど、これが全部では無いので、ぜひ直接junkoさんのブログで、子供の手紙の画像なども見て下さい。







ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2015-06-26 09:27 | 日本国に言いたい事 | Comments(14)

元自衛官 泥 憲和氏の 強烈な安倍首相批判の凄い説得力___安倍首相から日本を取り戻せ
素晴らしいスピーチを、河合妙子さんから教わりました。こちらに有ります。でも、ここに貼り付けちゃいましょう。



  街頭(昨年6月30日 神戸・三宮の街宣活動に飛び入りで) 元自衛官(防空ミサイル部隊所属) 泥 憲和さん(60歳)


 突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。 集団的自衛権に反対なので、その話をします。 私は元自衛官で、防空ミサイル部隊に所属していました。 日本に攻めて来る戦闘機を叩き落とすのが任務でした。

 いま、尖閣の問題とか、北朝鮮のミサイル問題とか、不安じゃないですか。 でも、そういったものには、自衛隊がしっかりと対処します。 自衛官は命をかけて国民をしっかり守ります。 そこは、安心してください。

 いま私が反対している集団的自衛権とは、そういうものではありません。 日本を守る話ではないんです。 売られた喧嘩に正当防衛で対抗するというものではないんです。 売られてもいない他人の喧嘩に、こっちから飛び込んでいこうというんです。 それが集団的自衛権なんです。

 なんでそんなことに自衛隊が使われなければならないんですか。 縁もゆかりもない国に行って、恨みもない人たちを殺してこい、 安倍さんはこのように自衛官に言うわけです。 君たち自衛官も殺されて来いというのです。 冗談ではありません。 自分は戦争に行かないくせに、安倍さんになんでそんなこと言われなあかんのですか。 なんでそんな汚れ仕事を自衛隊が引き受けなければならないんですか。 自衛隊の仕事は日本を守ることですよ。 見も知らぬ国に行って殺し殺されるのが仕事なわけないじゃないですか。

 みなさん、集団的自衛権は他人の喧嘩を買いに行くことです。 他人の喧嘩を買いに行ったら、逆恨みされますよね。 当然ですよ。 だから、アメリカと一緒に戦争した国は、かたっぱしからテロに遭ってるじゃないですか。 イギリスも、スペインも、ドイツも、フランスも、みんなテロ事件が起きて市民が何人も殺害されてるじゃないですか。

 みなさん、軍隊はテロを防げないんです。 世界最強の米軍が、テロを防げないんですよ。 自衛隊が海外の戦争に参加して、日本がテロに狙われたらどうしますか。 みゆき通りで爆弾テロがおきたらどうします。 自衛隊はテロから市民を守れないんです。 テロの被害を受けて、その時になって、自衛隊が戦争に行ってるからだと逆恨みされたんではたまりませんよ。 だから私は集団的自衛権には絶対に反対なんです。

 安部総理はね、外国で戦争が起きて、避難してくる日本人を乗せたアメリカ軍の船を自衛隊が守らなければならないのに、いまはそれができないからおかしいといいました。 みなさん、これ、まったくのデタラメですからね。 日本人を米軍が守って避難させるなんてことは、絶対にありません。 そのことは、アメリカ国防省のホームページにちゃんと書いてあります。 アメリカ市民でさえ、軍隊に余力があるときだけ救助すると書いてますよ。

 ベトナム戦争の時、米軍は自分だけさっさと逃げ出しました。 米軍も、どこの国の軍隊も、いざとなったら友軍でさえ見捨てますよ。 自分の命の方が大事、当たり前じゃないですか。 そのとき、逃げられなかった外国の軍隊がありました。 どうしたと思いますか。 軍隊が、赤十字に守られて脱出したんです。 そういうものなんですよ、戦争というのは。

 安倍さんは実際の戦争のことなんかまったくわかってません。 絵空事を唱えて、自衛官に戦争に行って来いというんです。 自衛隊はたまりませんよ、こんなの。

 みなさん、自衛隊はね、強力な武器を持ってて、それを使う訓練を毎日やっています。 一発撃ったら人がこなごなになって吹き飛んでしまう、そういうものすごい武器を持った組織なんです。 だから、自衛隊は慎重に慎重を期して使って欲しいんです。 私は自衛隊で、「兵は凶器である」と習いました。 使い方を間違ったら、取り返しがつきません。 ろくすっぽ議論もしないで、しても嘘とごまかしで、国会を乗り切ることはできるでしょう。 でもね、戦場は国会とは違うんです。 命のやり取りをする場所なんです。 そのことを、どうか真剣に、真剣に考えてください。

 みなさん、閣議決定で集団的自衛権を認めてもですよ、 この国の主人公は内閣と違いますよ。 国民ですよ。 みなさんですよ。 憲法をねじ曲げる権限が、たかが内閣にあるはずないじゃないですか。 安倍さんは第一回目の時、病気で辞めましたよね。 体調不良や病気という個人のアクシデントでつぶれるのが内閣ですよ。 そんなところで勝手に決めたら日本の国がガラリと変わる、そんなことできません。

 これからが正念場です。 だから一緒に考えてください。 一緒に反対してください。 選挙の時は、集団的自衛権に反対している政党に投票してください。 まだまだ勝負はこれからです。 戦後69年も続いた平和を、崩されてたまるもんですか。 しっかりと考えてくださいね。 ありがとうございました。




追記 ・「この記事、ぜひ、拡散をお願いします。安倍総理の詐術(ウソーダマし)が明瞭になります。と、記載者は書いておられます。

※泥 憲和さんの本「安倍首相から 日本を取り戻せ」は、ここで紹介されています。

a0050728_10591768.jpg

この子らの未来に戦火をもたらすな。







ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2015-02-10 10:45 | 日本国に言いたい事 | Comments(12)

沖縄の基地に「内地」は無関心過ぎないか
志村建世さんのブログに沖縄の基地問題に関する東京での集会が二つ掲載されて居ます。
こちらは、たんぽぽ舎を会場にして行われた集会 です。

原発問題も辺野古移設も、安部政権の態度はおなじですね。民意の無視。

国民の無関心は、政権の思う壺となりましょう。

a0050728_6113894.jpg

カッシア コバノセンナ(英名スクランブルエッグ)が咲き初めました。長く楽しめそうですね。





ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2014-10-08 06:04 | 日本国に言いたい事 | Comments(0)

「想定外」と「原発」は両立出来ない
想定外の悲劇をもたらした、御嶽山。
桜島もいつ暴れ出すか、予知は出来ない。
桜島に近い川内原発再稼働は危険極まりない。avaazが署名を求めています。川内原発を皮切りに、次々と再稼働を始めようという政府に、ストップをかける為、私たちも出来るだけの意思表示を続けましょう。

a0050728_1142639.jpg


18日の「96歳の遺言」朗読会は、ドネルケバブのお店が始まる前の昼間に、場所を借りて開くので、ギリギリ30人ぐらいは入れるし、そんなに満員になる心配はないそうです。ささやかな集まりです。
バラックみたいな、屋台のようなお店なんですって。
私は現場を確認せず、ぶっつけ本番で、このイベントに臨みます。臨機応変、空気を見ながら、リハーサルなしでやってみます。

私は5時に終わったら、夕食にケバブを買って帰ります。どんな味か楽しみです。ファンが多いから美味しいはずですよ。







ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2014-10-03 11:00 | 日本国に言いたい事 | Comments(8)

核廃絶を叫び 再稼働に反対しよう
junkoさんの所に吉永小百合さんの核廃絶への思いが紹介されています。

それから、その下の記事で、川内原発再稼働反対を叫び続けようと呼びかけています。junkoさんの所に行って見て下さい。


それからvimalakirtiさんの所でも、さようなら原発1000万人アクションの呼びかけが載っています。行って見て下さい。
[PR]
by hisako-baaba | 2014-08-06 14:51 | 日本国に言いたい事 | Comments(12)

オリバーストーン監督 安部を信じない
junkoさんのところに、坂本龍一さんと、オリバーストーン監督の声がのっています。聞いてみてください。

すごくうなづけるお話。どちらも肝に銘じなければとおもいました。






ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-12-13 22:32 | 日本国に言いたい事 | Comments(0)

武器商人は?-------陽だまりの会は賑やかでした(追記あり)
わが国は武器輸出に制限をかけていたのに、ずるずると緩めたいのでしょうか?武器商人はいつの世もうまく立ち回って儲けようとしますからね。自民党に圧力かけてるでしょうね。yumiyaneさんのところに行って見て下さい心配なことが載っていますよ。
死の商人を潤して良いのですか?

a0050728_1643389.jpg



午後は陽だまりの会。今までで最高の9人が集まり情報交換。今日はおしゃべりに終始して、次回は、ファミレスで昼食会と決まりました。

ひだまり仲間であり、オカリナクラブ「ローズローバ」の先生でもある、Kさんが、高齢大の新年会で舞台に上がるための、薔薇の花を、みんなの分作ってきてくださいました。
a0050728_21123675.jpg

私にはロングスカートを貸してくださることに。当日私は作務衣で語り、モンペの上に、黒のロングスカートを履き、白のブラウスに着替えて、大きなバラを飾ることになりました。

毎日出歩いて私はばてばて。明日もオカリナ。練習出来ていません。急いで練習します。







ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-12-12 15:58 | 日本国に言いたい事 | Comments(8)

福島には今もこんなに凄まじい現実がある
是非sideさんが紹介しておられるYouTubeの映像を見てきてください。国も東電もこの2年半どんなことをしてきたのか。
騙し騙して、今がある。
[PR]
by hisako-baaba | 2013-09-24 06:22 | 日本国に言いたい事 | Comments(10)


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
Tomoyoshikat..
by hisako-baaba at 19:32
こんばんは 安倍総..
by tomoyoshikatsu at 18:24
ebloさま ありがとう..
by hisako-baaba at 14:22
kiyokoさま いい..
by hisako-baaba at 14:00
ちゃんと目標を設定して、..
by sidediscussion at 12:51
体調はいかがですか? ..
by eblo at 11:00
Junkoさま たくさ..
by hisako-baaba at 06:42
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 05:44
Kiyokoさま 膝に..
by hisako-baaba at 20:29
具合お悪いのに大働きです..
by sidediscussion at 19:50
Ebloさま お知らせ..
by hisako-baaba at 11:55
既にご存知かもしれません..
by eblo at 09:07
mimizuさま Fa..
by hisako-baaba at 22:48
Marshaさま 誰か..
by hisako-baaba at 22:34
kiyokoさま フェ..
by hisako-baaba at 22:31
すごいですね。 どこか..
by mimizu-clone at 22:20
なかなか痛烈で面白い!!..
by marsha at 21:15
わーーーー! いいイ..
by sidediscussion at 18:32
marshaさま 久米..
by hisako-baaba at 15:03
花てぼさま 久米さんは..
by hisako-baaba at 14:54
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧