カテゴリ:お宮、お寺、まつり( 16 )

北永井の祭り・・・3

最高の人気者。
a0050728_21454834.jpg

お兄ちゃんかな?従兄弟かな?
a0050728_21463644.jpg

チビちゃんからしてカッコイイ!!
a0050728_21475573.jpg

先回りして、終点の稲荷神社に行って見ました。この辺りの神社は同じ境内に、お寺もあります。
阿弥陀堂。
a0050728_21504993.jpg

6人+3人のお地蔵様、裏にもう一人。この辺りでは屋根を持たないお地蔵様はありません。
a0050728_21524794.jpg

そしてこれが、主役の神様。地図には稲荷神社と有るのですが?狐も赤い鳥居もありません。
地図が間違っているのでしょうか???今度訊きに行かなくちゃ。
a0050728_21545611.jpg

神社の境内にもお囃子が流れて、今日は引き回さないもう一台の山車がありました。
よく見ると車はゴムタイヤです。これなら引っぱるのも、方向転換も楽でしょう。
a0050728_21585671.jpg

やっぱり今日引き回された山車のほうが大きくて立派です。
でも小さい方も、回転できる造りになっていますね。こちらが古いのかな?

神社の狛犬も燈籠も、平成になってから奉納されたものです。この町は景気の良い人が多かったようで、10年15年前に方々の神社仏閣に、いろいろなものが寄進されています。
信心深い土地のようです。
[PR]
by hisako-baaba | 2008-11-04 22:10 | お宮、お寺、まつり | Comments(6)

北永井の祭り・・・2

1.5km、2時間にわたる山車の引き回しを指揮するのはこの人です。
彼の拍子木で、止まったり進んだり、回転させたり。
a0050728_10342854.jpg

屋根の上の四人は、電線を持ち上げたり、信号機が提灯を壊さないよう合図を送ったり、なかなかたいへん。
a0050728_10364312.jpg

自転車に乗った外人さん親子もニコニコ見物。踊り手は彼らに愛嬌を振りまいて・・・
a0050728_10403479.jpg

中間点で小休止。
前半でお役目を終えたらしいおかめさんが降りてきました。なんとまあ、くりくり坊主の中学生。
a0050728_12573994.jpg

お稚児さんたちもおやつタイム。
a0050728_1258650.jpg

「良いから食べなよ」って、私までお団子を頂いちゃいました。生醤油をたっぷりつけた焼き団子、美味しかったですよ。
a0050728_12595614.jpg

若い衆たちも一服。祭りの衣装はカッコイイですね。
a0050728_1361838.jpg

再び出発。今度の舞い手は、農家のじいちゃんかな?日焼けした大きな手でした。
a0050728_138639.jpg

先頭を行くのは6人のお稚児さん。その後に、綱を引く事にだいぶ飽きてきた小学生の男児達が続き、一番後ろがオトナたちです。
a0050728_13103171.jpg

ご祝儀の出る家が多いので、ほんの少し進んでは、右左に回転します。
寄付をした会社の前では、誰もいなくても律儀に舞います。
a0050728_13155835.jpg

長くなったので、又あとで、とってもかわいいおちびちゃんなどアップします。
[PR]
by hisako-baaba | 2008-11-04 10:42 | お宮、お寺、まつり | Comments(14)

北永井のお祭り・・・1

11月3日は町内 北永井のお祭り・・・と聞いていただけで、何処に行けばよいか判りませんでした。
直線距離なら3キロですが、道はややこしいし、バスだけでは行かれないところです。
雲の垂れ込めた暗い曇天でしたが、行ってみることにしました。

行き方は二通り有ります。
ウチから1.2キロ歩いた所からバスに乗れば、北永井の稲荷神社前に行けます。
でも、ウチの傍からバスに乗って、三芳小学校で降りて、1.5キロ歩いても、稲荷神社に行けるのです。

迷ったけれど、近所から1時半のバスに乗って小学校前で降りたら!?なんとそこから、山車が出発するところでした。ラッキー!
a0050728_2258650.jpg

初めは獅子舞。
a0050728_22594098.jpg

あれ?舞台が回転した・・・
a0050728_2302062.jpg

力いっぱい それまわせ!!
a0050728_2361558.jpg

360度回転します。それ正面に戻して進むぞ・・・
a0050728_23377.jpg

度々止めて、右に左に舞台を回すのは、ご祝儀を渡すお宅に向けて、ひとさし舞う為でした。
ご祝儀を渡した方に向けて、踊り手は大サービス。
でも家の前に一人ぼっちで立っているおばあちゃんが、ご祝儀を渡すときも、舞を見ていても、ニコリともしないのが不思議でした。そういうおばあちゃんを3人見かけました。ご祝儀出すのが嫌だったのかしら?
a0050728_23155673.jpg

信号機と標識の間をすり抜けます。屋根の上の人が合図しています。
a0050728_23183446.jpg

舵取りさんは、右に左に急旋回するのが大変です。
a0050728_2320132.jpg

小学校から、神社までの1.5キロは、お店の全くない「中央通り」なのです。
a0050728_23253391.jpg

1・5キロを2時間かけて進みました。子供みたいに、ずーっと付いて歩いたら、3時40分のバスに乗り遅れてしまいました。
さあ大変!!5時半までバスはないのです。歩くしかありません。小学校まで戻るのが一番良かったのに、少し慌てて、他のバスのほうに行きかけて、結局ひとつ先のバス停まで行ってしまって、4時半のバスにぎりぎり間に合いました。帰り着いたのは5時過ぎでした。
今回も3時間半歩いてしまいました。

お稚児さんや、可愛い子供たちの写真は明日アップします。
[PR]
by hisako-baaba | 2008-11-03 23:45 | お宮、お寺、まつり | Comments(6)

どうぞよいお年を

南埼玉は穏やかな晴天の大晦日ですが、北国は大寒波で吹雪いていたり、大変でしょうね。

今朝は新潟の友人から、おうちで作ったお餅やら里芋やらが届きました。ありがたい限りです。さっそく美味しいお餅をお昼に頂きました。

大掃除は、まだ家がそんなに汚れていないし、連れ合いが床も壁もやってくれて、換気扇も、構造を知らないので苦労しながら外してくれたので、私は洗っただけ。風邪引きのままで、休み休み済ませました。

これから夕方の安売りで、明後日の朝までの食料を調達してきます。2日からはスーパーが開きますから・・・スーパーを我が家の冷蔵庫と心得て暮らしている私です。

年末のNHKラジオは、以前は、帰省ラッシュの道路情報ばかりで面白くなかったので、つけずにいたら、昨日、「守りたいもの」と言うテーマで色々な方が話していて、面白い番組になっていました。守りたいのは家族の暮らしと言う方が多いですね。そのためにも、暮らしの中心は食だから、立松和平さんの言われた「守りたいものは日本の農村」に一番賛成です。私は農業など全く出来ませんが、農村が寂れたら、国は滅びると思うのです。海外の農業だっていつ駄目になるかわからないのに、輸入に頼っているなんて恐ろしいことですもの。後継者を失って限界集落が増えるばかりの日本の農村、誰か!何とかして下さい。

a0050728_14173380.jpg

この暮れには、真面目くさってUFOが来たら・・・なんて話が盛り上がりましたね・・・

私が見たアレは・・・なんだったのかなあ・・・
二十数年前、それを書いた日記が何処にあるか、何月何日だったかも忘れたけれど・・・

ある快晴の午後2時頃、練馬北町一丁目商店街を、西に向かって歩いていたら、周りのみんなが立ち止まって空を見つめていました。
つられて北の空を見上げると、きらきら光るものが8個有りました。木星の5倍くらいに見える、小さくてギラギラ光るものが、抜けるような青空に点在していて、全く動かないのです。磨き抜かれた銀色の金属に太陽が反射していると言う感じで、円くは無いようでしたが、あまりに遠いし、形ははっきりしません。それ自体が光を発しているのではなく、太陽光を浴びているようでした。

何事も始まらないので、みんな首をかしげながら立ち去ってしまいましたが、私は空き店舗の前で10分ぐらい見つめていました。
そのとき、真ん中辺の二つだけが同じ動きをしたのです。それぞれが小さく輪を描いて素早く回り、瞬時に停まりました。それっきりまた8つとも動かなくなりました。
あの動きは飛行機もヘリコプターも出来ないものなので、UFO?と、そのとき思いました。

何時までも見ている時間は無かったし、あんなに大勢の人が見たのだから、ニュースになるだろうと期待して帰りましたが、歩き出して再び見上げた空は、ただ青いばかりでした。
そしてそれが報道される事は無かったし、なんだったのか謎のままです。
だから私の中では「未確認浮遊物体」なのです。
「UFOを見たんだ」と思っているほうが楽しいですよね・・・

では皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。
[PR]
by hisako-baaba | 2007-12-31 14:25 | お宮、お寺、まつり | Comments(4)

川越・・・5

momoさんのところで、沙羅双樹とは?と疑問がでました。私も夏椿の事かと思っていたら、喜多院の羅漢さんの上に有る大木に沙羅双樹と言う札がかかっていたのです。

平家物語にもでてくる『沙羅双樹』はどっちなんでしょうね???
a0050728_15355828.jpg

あまりにも高いところで咲いていて、逆光ですし、ズームしてもこれしか撮れなかったのです。
白くて小さな花房が見えるでしょうか?肉眼でも良く見えない高さでした。

さて、時の鐘、もちろん行きました。午後3時の鐘の音を狙って。
a0050728_1538547.jpg

喜多院でゆっくりして、蔵の街を歩いて、菓子屋横丁でお菓子を買って、蕎麦屋を訊いたら遠くまで行かないと無くて、そこで福島のそば粉で手打ちだと言う十割蕎麦を注文して、ぼきぼきした黒いおそばを想像していたら、更科蕎麦みたいな白くて細いお蕎麦でした。(写真忘れて食べちゃいました)美味しかったです。でもお蕎麦屋探して川から離れてしまい、脚が痛くて鯉の居る川を見に行くことは出来ませんでした。

時の鐘は薬師様の門にあります。
a0050728_1551193.jpg

薬師さんは如来様のはずなのに、なぜか神社でした。
お堂は小さくて閉まっていましたが、縁日はにぎわうのでしょうか。絵馬を見ると眼病平癒の祈願ばっかりでした。眼科が得意な薬師様なんですね。
a0050728_15515336.jpg

3時が近づく頃、「鐘、鳴らすことあるのかね」なんて話しながら行ってしまいそうなご夫婦に、「後3分でなりますよ」と教えてあげたら、戻ってきました。
鳴り出したとき、『誰が撞いてるのかな』と、外人を案内している女性が言ったので「撞く人が居なくなって、今は機械が朝6時、正午、午後3時と6時とに撞いているんですよ」と説明してあげました。

只今鳴り響いています。
a0050728_162438.jpg

そんなに大きくは無いのに、思ったより重厚な音でした。お寺の鐘のような音です。

川越で買ったもの。
a0050728_1618444.jpg

帽子・・・・お店のおばさんはグレイを勧めます。別のおばさんが出てきてピンクを買えといいます。
私がこれを手にとって居るのにですよ・・・誰もこれを勧めないから、似合わないのかなと少し不安だったけど、自分の好みを通しました。商売の下手な店やなあ。

菓子屋横丁で・・・本物のニッキを使って作った飴と、サツマ芋チップとゴマせんと、膨れせん。
a0050728_16274038.jpg

疲れすぎましたが、楽しい一日でした。役所の用事もとっても好都合に運びましたから、気分よく帰りました。

a0050728_16303490.jpg

『膨れせんべいって風船だにゃあ。ああ、川越の空気がお土産なんだにゃ』・・・ちょろばあば。
[PR]
by hisako-baaba | 2007-05-12 17:02 | お宮、お寺、まつり | Comments(10)

川越・・・4

今度は街中を・・・
蔵の街にある、川越元町郵便局はこんなでした。
a0050728_910166.jpg

他のポストも、昭和調。
a0050728_9112857.jpg

こんな横丁も・・・
a0050728_9121822.jpg

車の通りが激しいなか、一瞬の隙に、人力車を撮れたのは、奇跡でしたよ。
a0050728_9143782.jpg

店頭のガス灯。
a0050728_9154373.jpg


****************************************
昨日の大風には参りました。今朝は6時から大掃除。ベランダなんて茶色の土がコップ一杯積もっていた感じ・・・うちの中もじゃりじゃりでした。関東ローム層の表土と、中国の砂漠???

今日は洗濯干してもよさそうで、久々に富士山が霞んで見えました。
[PR]
by hisako-baaba | 2007-05-12 09:25 | お宮、お寺、まつり | Comments(4)

川越・・・3

538体の個性派羅漢さんを、紹介していたらきりが無いのですが・・・まだまだお目にかけたい方がいっぱい・・・

もう一度登場していただきたいのはこのお二人。きっと楽しい噂話をなさっているのでしょう。
a0050728_12343835.jpg


横になっているのはこの方おひとりだけ。按摩してもらって『ゴクラクゴクラク』良いご身分だこと。
a0050728_12385424.jpg


a0050728_12393030.jpg


a0050728_12395344.jpg


a0050728_1240798.jpg


a0050728_1240489.jpg


a0050728_12431034.jpg

何時まで見ていても飽きませんでした。
[PR]
by hisako-baaba | 2007-05-11 12:45 | お宮、お寺、まつり | Comments(10)

川越・・・2

平安時代に創建されたという喜多院は、慶長の頃、天海僧正に家康の信頼が厚かったことから繁栄し、寛永の火災の後、江戸城から『家光誕生の間』や『春日の局化粧の間』などのある建物が移築されて使われたそうです。その建物(撮影禁止)と、五百羅漢の拝観券が400円でした
バス停から、東武バスのボランティアガイドさんが、10分間の案内をして下さり、拝観前に予備知識を得ることが出来ました。
たとえば、酒を酌み交わしているかに見えるこの羅漢様は、お燈明の油を注いでいるのだとか・・・
a0050728_1034916.jpg

一番驚いたのは、子連れの羅漢様が何人もおいでだったこと。
男性ばかり?なのに、子を慈しむ姿が・・・ほほえましいですね。
a0050728_1083397.jpg
a0050728_1084530.jpg

a0050728_109774.jpg

a0050728_1092255.jpg
a0050728_109368.jpg

天明の大飢饉でおびただしい餓死者が出た後、供養の為発願された方が、志を遂げずに亡くなり、その後を継いだ方々が、1782年から50年ほどの間に創り上げたのだそうです。
ほのぼのとした笑顔が大半で、ぐうたらしている方や、真面目くさった方は居ても、怒った表情の方がひとりも居ません。天を仰いで何をそんなにお嘆きか・・・という感じは、この方たったおひとり。
a0050728_1021372.jpg

あまりの嘆きように、カメラにうまく収まりませんでした。

大抵の方は楽しげで、ペットと戯れるお姿も・・・
a0050728_10335480.jpg
a0050728_1034562.jpg

犬だけでなく、猪を可愛がるお方も・・・
a0050728_10352973.jpg

飢饉で亡くなられた方々の平和だった頃の姿を再現しようとされたのでしょうか?
解らないながらも、現代人に安らかな気持ちを与えてくださる羅漢様たちですね。
[PR]
by hisako-baaba | 2007-05-10 10:45 | お宮、お寺、まつり | Comments(8)

川越・・・1

川越の役所に用事が出来て、私はルンルン!!
なぜなら、川越に行って用事だけで帰ってくるわけが無いから。面倒な申請に行くのはいつも私の役目、だから大威張りで1日観光してきました。

先ずは喜多院の五百羅漢さまに会いに行きました。538体の羅漢様はほとんどが笑顔。a0050728_17415412.jpga0050728_17424697.jpg

















仲良しさんもあちこちに
a0050728_1746792.jpg
a0050728_17462115.jpg

やっぱり人気のナイショ話のお二人はステキです。
a0050728_17514861.jpg

続きは明日。
[PR]
by hisako-baaba | 2007-05-09 18:07 | お宮、お寺、まつり | Comments(6)

地蔵通り商店街はいつも繁盛しています

昨日、12月8日は真珠湾攻撃の日でしたね。昭和16年、10歳だった私にも、その日の興奮の記憶があります。
中国に侵攻して10年も戦い続け、もう物資もろくに無い日本が、無謀にもアメリカ、イギリス相手に戦火を拡大した日です。
当時の為政者は『日本は勝つ。神風が吹く』といい続け、わたしたち子供は、それを信じて出征兵士を日の丸を振って送り出しました。その4年後、悲惨な敗戦。その後に長く続いた飢えの日々。ひもじさの中で、『政治家の言いなりになっていたら、女子供も酷い目に遭う』という事を思い知らされました。

でも今、それを知らない政治家達が、危険な事を言い始めています。
歴史を繰り返してはならないと、強く思うこのごろです。


話し変わって・・・
昨日、雨が落ちてきそうな曇天の下、一日中外出していました。
午前中、前の家の近所で友人と会い、昼過ぎ『千円カット』の美容室に寄りました。
この美容師さんは、何年も前に引退して、店舗を『千円カット屋』に貸していました。その人が引っ越してしまったので、もったいないからと自分で千円カット屋を引き継いだのです。頼めば、パーマや毛染めもしてくれます。年配でベテランの美容師さんです。
今の家の近くには『千円カット』どころか、美容院も無いので、たまに東武練馬までカットして貰いに行く事にしました。シャンプーなし15分で終わるカットは、忙しいときには便利です。


髪がさっぱりしたところで、巣鴨に急ぎました。買い物メモには『綿入れの作務衣上下。綿入れのもんぺ。フリースのロングスカート2枚』これらの品をさっと買い集められるところは巣鴨しかありません。何しろおばあちゃんの原宿ですからね。おばあちゃんが欲しがるものは何でも揃っています。

これは“モンスラ”と書いてあります。モンスラ?巣鴨以外でこの言葉通用するのかしら?
もんぺスラックス・・・ただのゴム入りスラックスなんですけれどね。
a0050728_21492785.jpg

びっくりしたのは、『本物のもんぺ』という商品があったこと。店内なので写真は撮れませんでしたが、直線裁ちで股に三角のマチが付いています。
戦争中、和服の上に穿いた本来のもんぺの形です。私はこのもんぺの歩きにくさ(股下が短い)に閉口して、自分のものはズボンの裁ち方で縫っていました。
いまどき昔のもんぺを好む人が居るとは??? 作務衣に合わせると、案外かっこいいのかも?爆弾は降ってこないから、走れなくても問題ないですしね。

赤シャツ、赤パンツの売り場は人だかりが絶えません。
a0050728_21502329.jpg


引っ掻き回された、赤い肌着の売り場。
a0050728_21504939.jpg

私はまだ赤い肌着を持っていませんけれど、興味はあります。本当に、赤色を肌につけると血流が良くなるんだろうか???

各地の商店街が寂れて行くご時世に、ここだけはいつも活気に満ちています。雨もよいの平日にこの賑わい。四の日の縁日には押すな押すなの混雑になるとか。お地蔵様のご利益は大したものですね。


この町のお地蔵様はお一人じゃあありません。
商店街入り口手前の真性寺にも、300年以上前から、大きな銅のお地蔵様が、巨大なまんじゅう笠をかぶって座っていらっしゃいます。
a0050728_21515370.jpg

a0050728_2152454.jpg

そのお隣にも小さな石のお地蔵様が・・・
a0050728_21585115.jpg



そして商店街の中央には主役の『とげ抜き地蔵、高岩寺』さんが善男善女の信仰を集めています。
a0050728_21593226.jpg

門に立つお坊様が手に持つている何かで、身体に触ってもらうおばさんたち。坊様から何か言って貰っている感じでした。入れ替わり立ち代り、年配の女性たちがお坊様の前に立つのでした。

お寺の脇には、ありがたーーーいおトイレが・・・
a0050728_2203258.jpg

暖かくて、設備の整ったステキなトイレがあるお蔭で、私たちはゆっくり買い物が出来るのです。

昨日は目的の衣類だけを買って急いで帰りましたが、帰宅前に日が暮れてしまいました。

そして今日は雨、気温は一月並なのだそうです。朝から下がり続けた気温は、5℃あるかどうかです。
私は昨日買ってきた作務衣を着て、そのズボンの上にフリースのロングスカートを重ねています。
北国の人には笑われそうですが、頭の上から風が来るエアコンはどうも嫌いなので、リビングの床暖房と、和室のホットカーペットだけにして、着膨れているわけです。ズボンにスカートを重ねると、エアコンは要らなくなりますので。
昨日冬支度を買い揃えておいて、本当に良かったです。
[PR]
by hisako-baaba | 2006-12-09 22:20 | お宮、お寺、まつり | Comments(12)


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
ebloさま この話は..
by hisako-baaba at 11:11
kiyokoさま 前川..
by hisako-baaba at 11:07
私のブログにリンク貼らせ..
by eblo at 08:30
多分前川氏は例外の人物で..
by sidediscussion at 08:29
marshaさま 前川..
by hisako-baaba at 07:20
共謀罪法案成立に狂奔する..
by marsha at 06:40
kiyokoさま え、..
by hisako-baaba at 18:27
nagakoさま あ、..
by hisako-baaba at 18:23
ebloさま 現代でも..
by hisako-baaba at 18:21
ペニシリンもストレプトマ..
by sidediscussion at 17:07
こんにちは 若い頃会社..
by nagako1953 at 17:00
20年ほど前に姪が結核に..
by eblo at 16:33
元気ばばさま 結核は戦..
by hisako-baaba at 15:19
私の世代では周りでかかっ..
by juju3291a at 14:56
けいこさま 一人で行き..
by hisako-baaba at 14:33
marshaさま 戦後..
by hisako-baaba at 14:29
お誘いは嬉しいけど・・・..
by love-t_k at 13:57
子供の頃、肺病は恐ろしい..
by marsha at 13:57
marshaさま お山..
by hisako-baaba at 06:59
後藤田正晴さんは立派です..
by marsha at 04:35
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧