カテゴリ:日本語・地口行燈・とうろう( 13 )

北永井の祭り・・・4

吾が町で祭りになると、方々に掲げられるのが「とうろう」と呼ばれているこれ。
北千住の「地口行燈に」良く似ています。ちゃんとろうそくを灯す家が2軒ありました。

・・・お歴々 肩書き取れば 只の人・・・そうですよねえ。
a0050728_1345525.jpg

読めませんが・・・卯の花の ?に傘さす 牡丹かな・・・
(林先生がコメントで教えてくださいました。
卯の花の つぼみに傘さす 牡丹かな)
a0050728_13472065.jpg

・・・うたかるた 下女????へ とり溜める・・・?
(これも林先生が   うたかるた 下女またぐらへ とりためる)
a0050728_1349693.jpg

・・・ためなおし ためなおしで売る 釣竿や・・・
a0050728_1350293.jpg


さてさて・・・世の中びっくりする事が次々起きますね・・・
あんまり若いうちに、大成功して大金つかむと、よほど人間がしっかりしていない限り、身を滅ぼす危険性が大きいですね。

イチローやゴジラ松井みたいに、しっかりした人なら大丈夫なんでしょうが、芯にしっかりしたものが無いと、浮かれてしまう。つい調子に乗りすぎたり、利用されてしまったり・・・自分の才能がない分野には手を出さないことですね。音楽に才能があるなら、商売気を出しては駄目。稼いだものは、沢山寄付をして、自分に必要な資産はしっかり確保しておく、位の慎重さが無いと・・・恐ろしいことに・・・なっちゃってますよね。

柔道家では、十分な収入が得られないからって、大金の貰える格闘技に転向する若者も、気をつけて欲しいですね。
大金が仇にならないように・・・ご両親しっかり見張っといてや・・・あ、無理ですね。お母さんの心配に耳を貸さず突っ走っているんだものね。まあ、怪我せんように気いつけてや。

つまづいてから気がついても遅いけど、つまづかないと考えないのが人間かも・・・
世の若者達・・・身の程を知るって、とっても大事な事なんですよ・・・

若いときはハングリーな方が幸せなんだけどなあ・・・
[PR]
by hisako-baaba | 2008-11-05 14:23 | 日本語・地口行燈・とうろう | Comments(10)

町のお祭り その2

昨日の祭りは本当にお天気に恵まれました。花火の時間、10キロあまり離れた練馬北部は大雷雨だったそうです。花火が終わってから、遠雷に気づきました。
こちらが大雷雨になったのは10時半を過ぎてからでしたから、後片付けも終わっていたでしょう。

祭り会場に今年は、地口行燈(じぐちあんどん)が飾られました。北千住に沢山ある地口行燈よりだいぶ簡単な造りですが、絵と文字は似ています。
昨秋の上富(カミトメ、町内西部、元禄時代に開墾した農地で川越芋の産地)の祭りには、この行燈が沢山飾られていたので、「千住のと似ているけれど、何処で作っているのですか?」と聞いてまわりましたが誰も知らないのでした。

昨日も聞いてまわって解ったこと。
青年の答えは、「絵を描いた人は知らないけど、僕ら子供の頃は、木枠に紙を貼るのは子供の役でしたよ」
おじさんの答え「絵はねえ、20年ぐらい前に誰かに描いて貰って、ずーとカラーコピーで増やして使ってんの」(著作権 大丈夫なのかな?)

その絵はこんなのです。正しく読める方教えてください。

菓子袋 木の葉の中に 玉兎・・・???よくわかりません。
a0050728_22552261.jpg

炭蔵を 黒い役者と 下女思い・・・???正しく読める方お願い・・・
a0050728_22565629.jpg

鉢の木の梅 灰にも袖を うちはらい???まともに読めません。
a0050728_22582110.jpg

地蔵の縁日 二度目の 出会い場所 ・・・???
a0050728_2321957.jpg

芸者買い 祝儀も出さぬ 仲になり・・・?
a0050728_2334613.jpg

三角の法でどうやら 丸が出来・・・???
a0050728_2345586.jpg


夜、8時過ぎから9時前までの花火は、役場をはさんで、少し離れた2箇所から打ち上げました。
ウチの玄関から、役場の方向に、13階建てのマンションが出来たので、花火は見難くなったかなと思ったら、いいあんばいに、マンションの左と右に上がりました。それに花火は13階よりはるか上で開くから、マンションが目障りになることは有りませんでした。

素晴らしいのですが、写真に撮ったら十分の一も綺麗じゃなくなるので、3枚だけにします。
a0050728_2316993.jpg


a0050728_23163373.jpg


a0050728_23165168.jpg

ハートとかユーフォーとか素晴らしいのが沢山上がりましたが、撮れませんでした。
見るほうが忙しくて。それにしてもあちこちの花火が見える家に住めてしあわせです。
[PR]
by hisako-baaba | 2008-09-07 23:26 | 日本語・地口行燈・とうろう | Comments(2)

祭り灯篭

昨日の上富まつりに飾られていた「とうろう」?が北千住の「地口行燈」と良く似ているので、いくつか撮影しました。

宰相の くちびるさむし 庶民的   ???
a0050728_1181046.jpg

公園で はぐれましたと 丁稚言い ???
a0050728_1183474.jpg

菓子袋 木の葉の中に 玉兎 ???
a0050728_1193653.jpg


a0050728_1110784.jpg


a0050728_11103215.jpg


a0050728_1111591.jpg


a0050728_11112622.jpg


a0050728_1112859.jpg


a0050728_1455486.jpg


なお、去年の8月に北千住に行ったときの、地口行燈の写真がここに載っております。較べてみてください。


さてこの辺りは、昔から学問の盛んなところで、江戸時代には寺子屋が方々にあって、農家の子供の識字率はとても高かったようです。
上富にもあった寺子屋が今も移築されて残っています。萱葺きの農家の座敷が教室だったのです。

上富の辺りが開拓されたのは、元禄時代ですけれど、車人形の伝わる竹間沢など、町の他の地域は、水が豊富だったので、旧石器、縄文、弥生、様々な遺跡が残っていました。
歴史をたどるのも面白い町です。
[PR]
by hisako-baaba | 2007-11-05 11:28 | 日本語・地口行燈・とうろう | Comments(10)

ようやく林先生のご本を読みました

昨年末に4冊も本を買って、全然読めない日々でした。

先ずは一冊読んだところです。
a0050728_10522235.jpg

でも何回か読み返さないと、まだ解らないところがたくさんあります。何しろ2年前にやっと中学を出ただけの私。文法を全く知らないのですから。

私にはまだ読書感想文は書けません。でも昔の言葉は面白くて大好き。
それから、日本語の複雑さをあらためて実感し、文法は知らなくても使いこなせるものだなあと自分に感心したりしながら?読みました。
「美味しい」には「美味しそうだ」と「そうだ」がつけられるけれど「可愛い」に「そうだ」をつけたら大変!意味が違ってしまう。外国人には難しい言葉なのですね。

「千六本」は「繊切りの大根」という意味の中国語音に当て字がついたものだとか・・・
特に面白かったのは、他人の”したり顔”について書いている清少納言のことを、ライバルの紫式部が「清少納言こそ したり顔に いみじゅう侍りける人・・・」云々と悪口を書いているとか・・・
とにかく盛り沢山の薀蓄が詰まったエッセイ。楽しいご本です。

林義雄著 俳人のための やまとことばの散歩道  リヨン社刊 ・・・一読をお奨めします。

林先生のブログに惹かれたのは、千住の地口行燈(じぐちあんどん)の解説からでした。
a0050728_10532066.jpg

林先生のブログは、昔の日本語の解説の合間にいろんなところへ旅をされたりして、珍しいもの珍しい事をアップして下さるし、猫もたくさん登場するので、いつも楽しませていただいております。


昨日の強風凄かったですね。あたり一面空気が茶色でした。このあたりでは大風が吹くと畑の土を舞い上げて、大変なことになります。8階のベランダにまでうっすらと土埃が積もりました。
何処もじゃりじゃり気持ちが悪いので、今朝から大掃除していました。

でもこの土埃も、私の生まれた屋敷と同じ状態なのです。練兵場という赤土の広野に面していましたから。だから周辺の山並みが全部見えたのです。山が見えれば土埃も酷い。昔と同じ。
人生の初めと終わりに同じような条件のところに住めて、私は大満足なのです。山の眺めは何物にも代えがたい楽しみですから。

これから2回目の切干大根を切ります。昨日はとうてい干せませんでしたから。
次の本いつ読めるかな。

昭和23年の日記も、ワードに書いている最中ですし、忙しいです・・・戦後の話そのうち連載します。
[PR]
by hisako-baaba | 2007-02-05 10:56 | 日本語・地口行燈・とうろう | Comments(16)

林先生の新刊本

欲しかった3冊中、2冊目の本を入手しました。専修大学教授、林先生の新刊です。

俳人のための やまとことばの散歩道  リヨン社刊。
a0050728_1054560.jpg


私は俳人では有りませんが、林先生のブログで、地口行燈に興味を持ってから、言葉遊びの面白さにはまっています。

でもお正月まで読んでいる暇がありません。
どんな本かは、先生のブログでご覧下さいね。
[PR]
by hisako-baaba | 2006-12-20 10:13 | 日本語・地口行燈・とうろう | Comments(0)

昨日の謎に回答を頂きました。

地口行燈の謎が解けなくて、専修大学の林先生に回答をおねだりしていましたら、
早速詳しいコメントをお寄せくださいました。
昨日のコメント欄に先生のブログのアドレスがありますので、古文などに興味がおありの方、猫のお好きな方は訪れてみて下さい。表情豊かな猫ちゃんたちの写真もイッパイありますよ。
では昨日の回答のみあらためて転写します。

  沢庵は おこうこう = 昨晩は お怱々
  大黒は あったかい = 大福は あったかい?
  堅い金持ち 神田に稲荷 = 葛西金町 半田の稲荷
  おやおや 渦ばっかり = おやおや 嘘ばっかり
  相撲取りにて しらふじゃヘンだ = 相撲取りにて 白藤源太
  紫蘇をばらにしている = 人を馬鹿にしている

林先生有難うございました。
[PR]
by hisako-baaba | 2006-11-22 09:18 | 日本語・地口行燈・とうろう | Comments(4)

8月25日の写真「お江戸の洒落」

8月25日に北千住に行ったときの写真を、途中から載せられずに放ってありました。
肝心の『地口行燈』をここにアップします。実はこれを撮影したくて出かけたのです。

『地口行燈』は、専修大学の林先生のブログで覚えました。
”地口”を辞書で見ると『ことわざ、成句と似た発音の文句を作って言う”しゃれ”。
たとえば「門前の小僧」に対する「温泉の保養」など』とあります。それを書いた行燈を門口に掲げる習慣が北千住には残っていました。

でもこれはまるでクイズなんですよ。昔の仮名は辛うじて読めても、元の諺が思い浮かびません。全くの判じ物で私には解けませんでした。

「裸の弁慶」=「安宅の弁慶」
a0050728_1682282.jpg


「沢庵はおこうこう」=???
a0050728_16114831.jpg


「大黒は あったかい」=???
a0050728_16142213.jpg


「堅い金持ち 神田に稲荷」=???
a0050728_16165072.jpg


「おやおや 渦ばっかり」=???
a0050728_1619634.jpg


「すもうとり か(に?)て しらふじゃ変だ」=???
a0050728_16232745.jpg


「紫蘇をばらにしている」=???
a0050728_16264827.jpg


林先生。教えてください。


北千住、遠くなってしまったけれどまた行きたい江戸情緒の残る町でした。
[PR]
by hisako-baaba | 2006-11-21 16:35 | 日本語・地口行燈・とうろう | Comments(13)

北千住  2

昨日の疑問に林先生が早速答えてくださいました。そこにリンクしようとしたら失敗しました。
昨日のページの林先生のコメントからお入りください。
大黒湯の弓矢の意味が書かれてあります。

さて、『地口行燈』とはなんでしょう。地口は諺や当時の流行り言葉などをもじった洒落で、元の言葉を探す楽しみがあります。
その地口を四角い40センチあまりの行燈の両面に絵を添えて書いたものです。

千住の町にそれが多いのは、ちょうちん屋さんがあって町内の祭りで各店にそれを飾る習慣があるかららしいのです。『この辺のうちにはみんなありますよ。祭りのときしか飾らないけどね』と聞きました。

でも昔のかなでそれ自体が読めないし、元の文句を推理する事も出来ないものを、江戸情緒として飾り続ける街ってステキです。



とここまで書いて写真をアップしようとしたら容量オーバーで載せられません。
こういう場合どうすれば良いのかどなたか教えていただけませんか???

その後教えていただいてネームかーどに登録しましたがまだ容量が増えていません
[PR]
by hisako-baaba | 2006-08-26 12:15 | 日本語・地口行燈・とうろう | Comments(28)

北千住  1

またまた連れ合いの留守にさっさと出かけました。埼玉に引っ越す前に、東京散歩をしておかなくちゃと。専修大学の林先生のブログで教わった北千住の見どころを見に行きました。

シルバーパスで乗れる都営線と各社のバスだけで、北千住まで運賃只で行きました。
バスで高島平。三田線で西巣鴨。都電で三ノ輪橋。バスで千住4丁目・・・2時間半もかかりましたが、途中が楽しいのです。
久々に乗った都電。
a0050728_17435024.jpg
チンチン電車のチンチンというベルは、昔車掌さんが運転手さんに発車の合図として紐を引いて鳴らしていました。今はワンマン。運転手さんが乗客に発車を知らせる合図です。もちろん紐を引っ張ったりはしません。
運転台の後の禁煙表示の斜め下にあるのがベルです。チンチン。
a0050728_1744553.jpg


千住4丁目のバス停で降りたらじき傍に古い建築の大黒湯があります。
なぜか本来の入り口を塞いで、右手から入るようで、ちょっと違和感がありますね。
a0050728_17451971.jpg

正面に大黒さま。
a0050728_17453295.jpg

この弓矢は何のため?
a0050728_1746259.jpg

「わ板」(沸いた)と「ぬ板」(抜いた) 今日はまだ開店前だから「ぬいた」が下がっていました。しゃれてますね。
a0050728_17513674.jpg


荒川土手の近くまで行けばもう一軒、庭園の見事な「タカラ湯」が有るそうですが、遠いのです。
今日は膝が痛いし、お庭は男湯にしかないそうなので行きませんでした。

今日の目的は『地口行燈』を撮影する事です。・・・続く・・・
[PR]
by hisako-baaba | 2006-08-25 18:01 | 日本語・地口行燈・とうろう | Comments(10)

児手柏(このてかしわ)という木 2

専修大学の林先生がブログで教えてくださった、万葉の歌はもう一首あります。

これも今の児手柏とは別の、橡か何か広葉樹の当時児手柏とよばれていた木のことですが・・・
防人の歌です。おそらくまだ十代の若者でしょう。いとしい人に触れもせずに、千葉からはるばる北九州の護りに派遣されてゆく想いを歌っています。

B)【原文】 知波乃奴乃 古乃弖加之波能 保々麻例等 阿夜尓加奈之美 於枳弖他加枳奴 (巻二十・4387)
  【訓み下し】千葉の野の 児手柏の 含(ほほ)まれど あやにかなしみ 置きてたか来ぬ
  【大意】千葉の野のコノテガシワのように、(あの子はまだ)つぼみのままでいるが、
       むしょうに可愛くて、(後ろ髪を引かれる思いで)そのまま残して出て来てしまった。

(以上林先生のブログより)

切ない歌ですね。

ウチの近所には『児手柏』が見当たらず、写真を載せられないのが残念です。
昨日リンクでご紹介した林先生のところで2枚の写真が見られます。
[PR]
by hisako-baaba | 2006-07-20 09:07 | 日本語・地口行燈・とうろう | Comments(2)


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
Tomoyoshikat..
by hisako-baaba at 19:32
こんばんは 安倍総..
by tomoyoshikatsu at 18:24
ebloさま ありがとう..
by hisako-baaba at 14:22
kiyokoさま いい..
by hisako-baaba at 14:00
ちゃんと目標を設定して、..
by sidediscussion at 12:51
体調はいかがですか? ..
by eblo at 11:00
Junkoさま たくさ..
by hisako-baaba at 06:42
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 05:44
Kiyokoさま 膝に..
by hisako-baaba at 20:29
具合お悪いのに大働きです..
by sidediscussion at 19:50
Ebloさま お知らせ..
by hisako-baaba at 11:55
既にご存知かもしれません..
by eblo at 09:07
mimizuさま Fa..
by hisako-baaba at 22:48
Marshaさま 誰か..
by hisako-baaba at 22:34
kiyokoさま フェ..
by hisako-baaba at 22:31
すごいですね。 どこか..
by mimizu-clone at 22:20
なかなか痛烈で面白い!!..
by marsha at 21:15
わーーーー! いいイ..
by sidediscussion at 18:32
marshaさま 久米..
by hisako-baaba at 15:03
花てぼさま 久米さんは..
by hisako-baaba at 14:54
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧