カテゴリ:幕末からの我が家の歴史( 11 )

私のルーツ
今日は、脚が痛い以外書く話題がありません。そこで、幕末の元治元年から書き起こしている古い記事を貼り付けようとしたらコピーが出来ず、リンクで順に読めるように貼って見ます。
実は、明日遠足で筑波山に行くのを楽しみにしていたけど、足腰の具合で行かれません。筑波山に私が行きたいのは、祖父が、天狗党の一員だったからです。途中で怪我をしたらしく隊列を離れたため、処刑をまぬがれ、生き延びたのですが、筑波山での挙兵に参加した志士の一人でした。

では、古い記事にリンクします。
ルーツ①
ルーツ②
ルーツ③
ルーツ④
ルーツ⑤
ルーツ⑥
ルーツ⑦
ルーツ⑧
ルーツ⑨
ルーツ10

もしも、興味とお暇のある、最近の読者の方、よかったらちょっと覗いて見てください。
[PR]
by hisako-baaba | 2014-09-24 22:28 | 幕末からの我が家の歴史 | Comments(8)

晩年の父・・・ルーツ・・・⑩
私の思い出の中に住む父はいつも和服姿でした。(アメリカ帰りで洋館に住みながら)
『ダイニング』と呼んでいながら食卓は北の和室に移してしまって、居間兼書斎にしていた部屋。
その絨毯の陽だまりで母と遊ぶ私を、大きなデスクから振り向いて見ていた父。
私を抱いて、長い廊下を行きつ戻りつなにやら語りかけながら寝かしつけてくれた父。廊下の天井の二箇所から下がっていたペンダント型電灯。物心つくかつかないかの頃の鮮やかな記憶です。後年発見した建築契約の書類の中に、電気屋さんが電灯の絵を丁寧に描いたものがあって、『ペンダント』と書かれた廊下の電灯は私の記憶の通りでした。

でもある朝父が起きて来なくて・・・夜中に突然死したことから始まった大混乱は何一つ記憶にありません。葬儀も多摩墓地への埋葬も翌年の辛い引越しも・・・嫌だったことは総て7歳の記憶から欠落しています。父の死は私にとってそれほどのショックだったのです。

父は晩年、元気だった頃もほとんど外出しませんでした。酒タバコ一切やらなくても運動不足と精神的ストレスが体に悪かったのでしょう。散歩に出ることもなくデスクに向かっていました。世の中は大恐慌で、農村も疲弊し娘たちが家のために身売りする時代でした。
父も株式の先行きが読めず、収入はほとんどなかったけれど、預金から家計に毎月200円の支出をしていました。起死回生の自信があったからでしょう。
滅多に来客もない家に、二人だけ義理堅く訪ねてくださる方がありました。一人は村田さんと言う大会社の役員さん、ハンサムで長身の上品な老紳士でした。お土産はいつも私への高級なおもちゃで、籐椅子の応接セットの精巧なミニチュアを一番懐かしく思い出します。
もう一人は私が「坪内のおじちゃん」となついていた下町のご隠居風のお年寄りでした。その方の娘さんが有名な人形店店主の奥さまなので、市松人形や羽子板をいつも頂いていました。

父の予言は当たらなくなっていたのでしょうが、このお二人はかつて父の予言で大きく儲けたことを忘れず、季節の挨拶に訪ねてきてくださったようでした。我が家は駅から1キロも離れていて坂の上にあったのですけれど。

茅場町に住んだ頃は電話がまだ不便でも、近所の株屋さんからは小僧さんが駆けてくれば用が足りたのに、だんだん山の手に住みたくなった父。でも麻布の次に目黒に土地を買ったとき、そこはまだ東京市内ではなかったのです。地名は 東京府下荏原郡目黒町大字宿山字東山。(やがて東京市が広がって目黒区上目黒となり、今は目黒区東山)当時そんな田舎に引っ込んだら株屋さんとは遠くなりすぎるのに、麻布に引っ込んでからも会員制の会報発行だけで商売が成り立っていたからでしょうか?
東山の家の前は練兵場の広っぱで、富士山が見えました。美しい姿の大山から丹沢山系、秩父山系と、まるでパノラマでした。きっとこのせいせいする風景の中に暮らしたかったのでしょうね。それは私の原風景となりました。だから今も私は山なみを眺めるのが大好きです。

戦後練兵場あとには公務員団地が建って、又それを壊して建て替えてより高層になっているようです。富士も大山も屋上でないと見えないのでしょう。

そして父の建てた家は戦後何十年経ってもしっかりと建っていました。私たちから買い取った方が長年住み続け、庭にもう一軒別棟を建てて、変わらぬ表札で住み続けられました。家を眺めに行った事が何回もあります。けれど代も変わったことでしょう。数年前行って見たら跡形なく、敷地いっぱいに安っぽい紫色のマンションが建っていました。胡桃の大木もなくなって、私の原風景は総て失われましたが、心の中の絵だけは鮮やかに残っています。両親の和服姿とともに。


当時の写真がいま出せないので、相変わらず百年前の写真を載せます。父31歳、母22歳です。
a0050728_17265041.jpg
a0050728_17271077.jpg

[PR]
by hisako-baaba | 2005-12-16 17:36 | 幕末からの我が家の歴史 | Comments(2)

祖父への思慕・・・ルーツ・・・⑨

私が 幕末を生きた祖父にあこがれるのは、明治になるや物書きを目指した人だからです。
文章を書きたがる癖は祖父譲りだとひそかに思っています。
父も理路整然とした文章を書いたし、読書好きの母も作文は上手でしたが。

祖父はその父親も幕末の志士として死んだらしく、自分も尊王の軍に加わりながら17歳で病気により志を遂げず、といっても天狗党の仲間や彼の兄は敗北して殺されたのだから、生きてよかったのですが。屈折した思いを新聞発行にぶつけた祖父。酒を浴びて四十で急死。なんか会ってみたかった人です。熱い思いを聞いてみたかった。

祖父の早すぎる死で孤児の憂き目を見た父は、だから酒もタバコも一切やらない堅物でした。そうなると普通次の世代は又酒飲みになりそうですが、我が家の男性は誰も酒タバコ一切やりません。なのに私はビールの味が好き。但し350mlが適量でそれ以上欲しくはないけれど。甘口の日本酒コップ半分も適量。・・・おっと話がそれました・・・

私は幕末の物語に心惹かれますが、筑波山に決起した天狗党の乱はあまり語られていないのが不満です。もっと読んでみたいし、いつか筑波山に登りたいとあこがれています。

19歳の兄とともに17歳だった祖父が天狗党に加わって水戸を離れたとき、その母親はどんな思いで送り出したのでしょうか?私の曾祖母はどんな暮らしをしていたのでしょうか。幕末を生きた女性達は苦難にどう立ち向かったのでしょうか。色々気になりますが、祖父は身元を明かさなかったので調べる由もありません。
だからよくは解らないままの祖父に、尽きない憧れを募らせて居ります。

a0050728_1381846.jpg

[PR]
by hisako-baaba | 2005-12-15 13:14 | 幕末からの我が家の歴史 | Comments(5)

二度も歴史的大地震に遭いながら・・・ルーツ・・・⑧

又話を1906年(明治39)4月18日午前4時半に戻します。サンフランシスコの大地震です。
街は三日三晩燃え続けたといいます。しかし郊外のアパート(フラットかも)に住んでいた両親はほとんど被害を受けませんでした。そこで逃げてきた人たちを受け入れました。その中に淋病を患っている人が居て、洗面器を一緒に使ったため父の目に淋菌が入って失明の恐れがあると言われましたが、失明は何とか免れます。父29歳、母20歳、初めての大地震体験でした。

彼らは大正3年に東京に戻りました。初め茅場町に住み、やがて麻布に本宅を、鎌倉に別荘を持ちました。ここからは3番目の兄の記憶です。
大正12年9月1日真昼の関東大震災。当時は鎌倉が事実上の本宅になっていました。2番目の兄が鎌倉小学校に入学していたからです。麻布は父の仕事場で、週末は父も鎌倉で過ごしました。長兄も両方の家を行き来していました。震災当日麻布は留守番の長兄と女中のていさんだけで、後の全員が鎌倉に居ました。(父 満46歳、母37歳、次兄8歳、三兄3歳)家があったのは材木座で、二軒先まで津波は押し寄せました。ご近所には海軍の高級軍人達が新しい家を建てて住んでいました。
海寄りの隣人は杉本海軍大佐。伏見宮侍従武官でした。
北隣は奥名海軍大佐。戦艦比叡の艦長でした。両家には次兄と同級生の男の子が居ました。 

大地震当日母と三兄は午前中材木座海岸で遊び、お昼ご飯に戻ったところでした。(11時58分以後まで海岸に居た人々は津波に呑まれてしまったのです)                        
次兄は2学期の始業式から帰って、杉本君と一緒に奥名君の家で遊んでいましたが、お昼を食べに帰宅したところでした。
三兄は家の中で葡萄を食べていました。いきなり立っても座っても居られない揺れが来て這いつくばりました。電灯のガラスの笠が天井に当たって砕けたとき、屋根瓦が土煙を上げてざざーっと滑り落ちました。これが幸いしました。古い家は板の屋根の上に泥を塗って、その上に瓦を置いてあるだけでした。瓦を留めつけてないので全部滑り落ちて、家は軽くなり倒壊を免れたのです。ご近所は皆瓦を固定してあった為ほとんどが倒壊しました。
葡萄の皿を持ってはいつくばっていた三兄のところに女中のかねさんが飛んできて『おんぶっ』と叫び兄はお皿を持ったまま背中に飛びつきました。庭に飛び降りてお皿に気付いたかねさんが『そんなお皿捨てなさい!』と再三叫ぶので、しぶしぶ捨てたのが芝生の上でした。その一枚のお皿はその後何十年も、「地震で割れなかったお皿」と言われて家にあったそうです。
奥名君の家も瓦屋根に押しつぶされていました。奥名君とそのお母さんと杉本君が屋根の下で出られなくなっていました。奥名夫人が軽い火傷を負いながらもコンロの火を消していたのは幸いでした。父は奥名家の屋根をはがし天井を破って三人を引っ張り上げました。子供達にさしたる怪我も無く、奥名君は後々まで『おじさんは命の恩人です』と言っていたそうです。彼らの通っていた鎌倉小学校は全壊して女の先生が一人犠牲になりました。もし普段の日だったら生徒に多数の死者が出ていたことでしょう。
父は直ちに自警団の活動に参加し人命救助と地域の警備に当たりました。横須賀海軍基地建設の労務者らしい朝鮮の人たちが集団で線路を歩いてきたので訊いて見ると『横浜に妻子が居ます。帰ります』とのこと、横浜は火の海で天を焦がしていました。それに『朝鮮人が暴動を起こす』と言う根も葉もないデマがすでに鎌倉にも伝わっていましたから、彼らの集団が危害を加えられなかったかどうか心配なことでした。
兄の言うには「この流言蜚語(デマ)がこんなに早く広がったのはおかしい。電話も列車も不通で、民間人に通信手段は無かった。軍か警察の無線で流したのだろう」とのこと。日ごろ朝鮮人を差別しいじめてきた自覚があるから、『仕返しされるぞ』と聞いたとたん恐れて無線を使ってまで広めてしまったのではないでしょうか?そのせいで罪も無い朝鮮の人がどれほど殺されたことでしょう。ラジオも普及していない時代でデマに踊らされた人は多かったようです。その夜又デマが流されました。再び大津波が来ると、父は自警団の活動に行っていましたので母は近所の人と一緒に線路まで避難しました。近所の奥さんに子供達を頼んで母は一度家を見に戻ったそうで、暗闇の中で母と離れる恐怖に三兄は泣き叫んだことをはっきり覚えているそうです。津波は来なかったものの、北の横浜、東の横須賀の大火災は空を真っ赤に染めていました。ひときわ大きい火柱が立って轟音が聞こえました。海軍の燃料タンクが過熱して爆発したのだと後で知ります。
父は庭に仮小屋を建てました。その翌日未明から歩いて東京に向かいました。直線で50キロほどですが、被災地を避けて歩くので一日中かかったそうです。麻布市兵衛町1丁目は焼けましたが2丁目の家は無事でした。留守番をしていた長兄は、鎌倉は全滅したと聞かされ、近所の奥さん達と道端で呆然としていたところに父が戻ったので、幽霊でも見るような顔をしたそうです。
麻布の家の被害は予想外に少なく、米も充分にあったので、女中のていさんに命じて通りかかる避難民のために個人で炊き出しをしました。
鎌倉の家が女子供ばかりなので長兄を歩いて鎌倉に向かわせたようです。
何日後でしょうか、東海道線復旧に遅れて横須賀線も動き出すと、すぐ全員で東京に向かいました。大船で乗り換える東海道線が超満員で子供達は潰されそうになりました。周りの乗客たちが『ここに子供が二人居るんだ。これ以上詰め込むな』と叫んで守ってくれたそうです。鎌倉の家の修理代が翌月の家計簿に載っています。そんなに早く職人さんの手配がついたのは余程のコネがあったのでしょうか。修理が済むと家はすぐに売ってしまいました。(その頃から上目黒東山に土地を買う計画が始まったようです)

その当時の出納帳が出てきました。母は家計簿をちゃんとつける気は全然ない人で、毎日の支出金額だけ記入し、収入も書かず残高の計算もしません。そのノートに父が毎月総額を計算し日記風に書き込みを続けています。母の記帳がひどくいいかげんでも、父は文句を言わず自分で計算し、月々の収支に一喜一憂していたようです。支出の多い月は詳しく理由を書き、少ない月は喜んでいます。大正12年9月の終わりに父はこう書いています。【嗚呼(ああ)この九月は実に未曾有(みぞう)の大地震なり。われらは17年前桑港(サンフランシスコ)にて大地震に遭い、今回は又鎌倉別邸ともに更なる大地震にあう。しかしながら恐れず驚かず、損害は他家に比して最も僅少、かえって人命および他を救助し得たるを悦び、天に感謝す。地震直後より商品買い入れ悉く不可能となりしも、幸い現金も多く所有し、食料品も十分ありたる際にて10日ごろまでは費用もいらざりしが、250円と暴利のトタン屋根支出ありて、結局427円44銭の総支出となる。】この時代『百円取り』(月給100円)が憧れの的で、百円あれば一家5~6人暮らせたようです。父は住み込みの女中さん二人にそれぞれ月10円づつ支払っています。そんな時代にしては高額な出費です。 翌月は鎌倉の家の瓦屋根修理に116円、左官屋に50円60銭、土管屋に22円の支払いをしています。それにメガネが20円です。母の記帳は本当にいいかげんで、「7日 肉と散髪1円66銭」・・・肉と床屋の払いをごっちゃに書いているのがなんともおかしいですが、地震一週間後、もう肉屋と床屋が営業していたことがわかります。

地震の混乱の中で、罪も無い朝鮮人の虐殺が横行しました。このとき町工場を経営していた叔母(母の妹)夫婦は雇っていた朝鮮の人を帰宅させず自分の家の奥に匿っていました。外に出たら危ない状況でしたので。世情が安定するには時間がかかったことでしょう。その後台風など自然災害は多かったけれど、我が家は一度も被害を受けませんでした。最大の幸運は身内に戦死者が一人も無く、空襲被害も受けなかったことです。兄二人と従兄は戦場から無事帰還して長生きしました。アメリカの叔母のところも息子二人とも無事で長生き。すこし早めに亡くなったのは父と長兄だけでした。父が私たち兄妹3人を大幸運児と書き残したことは或る面当たっています。幸運と言うより強運ですね。どんな時もちゃんと生き延びましたから。私は父が望んだとおりの理由では有りませんが、結婚しても実家の姓のままなのです。子供達もそうです。我が家がご先祖様に守られているのならば、いずれ来る東京の大地震からも皆生き延びられるのではないかと少々期待しております。もちろん防災には気を配りながら。


a0050728_16415835.jpg
a0050728_16421327.jpg

 市長邸で撮ったこれらの写真はサンフランシスコ大地震の2年後かと思われます。
 市長邸は地震の被害が少なかったのでしょうか。
[PR]
by hisako-baaba | 2005-12-14 16:50 | 幕末からの我が家の歴史 | Comments(4)

父のなんとも不条理な子育て・・・ルーツ・・・⑦

もう一度話を明治に戻します。

父は金太郎という親に貰った名前が嫌いでした。日本に居た時は戸籍上の改名が出来なかったので、アメリカで申請しました。『近所に、K Nakataniと言う人物がいて、郵便物が間違って配達されるので困っています。』と言うウソで『亨』(とおる)と改名することがあっさり許可されたそうです。役人が嘘を真に受けたと言うよりは、金太郎ではかわいそうだと言う粋な計らいだったかも知れません?サンフランシスコに住む人間を調査するのも面倒だったでしょうし。

母がサンフランシスコで暮らしたのは明治36年(1903)に嫁いでから大正3年(1914)までの11年間です。
明治37年に長男が生まれています。父はいずれ帰国することを決めており、初めから日本で教育を受けさせたいと思っていました。
丁度帰国する友人が居り、その人に託して幼い長男を日本の祖父母に預けました。母もずいぶんドライな人だと思うのですが、父に逆らわず息子を手放します。祖父母と叔母は喜んで大事に育ててくれました。叔母の縁談に支障をきたしたほどだったと言います。

しかし、長男にはこれが大変なダメージとなります。3歳ぐらいから10歳まで預けられ、総領の甚六と言う感じの人だったので帰国した両親には妙に愛されなかったのです。帰国翌年の大正4年次男が生まれます。今度はとても賢い子だったので父は次男だけを溺愛します。
自らが孤児として育った父は、子育てにでたらめなところがありました。親としてどう対応すればよいかが全く分からない人で、占い師でありながら子供の個性を伸ばすことなど考えもしなかったのです。
次男誕生の5年後三男が生まれました。女の子でなかったので失望したのと、あまり目立たない子だったので、家の中での天下は依然として次男でした。次男が16歳、三男が11歳のとき女の子が生まれました。私です。父54歳母45歳で思いがけず待望の女の子ですから家の中心は私に変わってしまいました。
もう昭和の大恐慌真っ只中、満州事変が勃発した年です。父の仕事はどんどん悪くなる一方でした。
16歳の次男は突然天下を奪われて、混乱したでしょう。父にしてみれば16歳は立派に自立すべき年齢、もう甘やかす必要はない。しかし次兄にしてみれば15歳まで女中さんにかしずかれてお坊ちゃま暮らし、風向きが急に変わって厳しく自立を迫られたって対応できないはずです。
そうしたことに気付く母ではないし、第一家の資産が増えても減っても全く気付かない呑気な母でした。父は株の研究で頭が一杯で常に機嫌が悪い。娘を溺愛することに、癒しを求めていたのでしょう。
母は常に父の言いなりでした。反抗期の次兄は母のお上品な暮らしかたを酷く嫌って、貧しい友人の家に遊びに行くのが好きでした。彼は大学に進学しないで大会社に就職します。(父の資力が衰えたからと言うよりは、自立しなければというあせりがあったのかもしれません)彼は家の中で只一人のコツコツ型努力家でした。定年までその会社で勤め上げたのですから。大学を出ていない差別にあいながら、戦争に行く前も、復員してからも、ずーっと一つの会社で働き、三人の子供を育て上げた。それは“やまっけ”の強い我が家の誰にも出来なかった偉業だと思います。私がこの兄と気が合わなかったのは仕方のないことでした。
長兄は仕事に行くこともなく家にいました。父が外に出すことをはばかったようです。父の要求は高くて、長兄は到底それに応えられない人でした。幼い日一緒に暮らさなかったことも大きなマイナスになったと思います。次兄も反抗するし、三兄はまだ子供。その三兄の中学進学も父の命令で志望校の受験は許されませんでした。兄は工業学校に進みたいのに、そこは程度が低く入学が易しくて、一方第一商業は合格率7人に一人と厳しかったので、「お前なら商業に受かるのだから受験しろ」と命じられます。父の命令は絶対でした。結果三兄はエンジニアになるまでにえらく回り道することになってしまいました。
父の子育てがなんともはちゃめちゃだったことで三人の兄たちはそれぞれかなりの被害をこうむりました。私もその結果で妙なしわ寄せをこうむって、19歳から母の生活のかなりの部分を経済的に支えなければならなくなるのでした。
a0050728_10483889.jpg

 東京の祖父母と叔母と、そこに預けられた長兄。サンフランシスコに送るための記念写真。
 七五三なのでしょうか?海軍みたいな服を着ています。
[PR]
by hisako-baaba | 2005-12-13 11:06 | 幕末からの我が家の歴史 | Comments(4)

占い師に変身した父・・・ルーツ・・・⑥

もっともっと不思議なこと。それは実業家を夢見てアメリカで長年暮らしたのに、帰ってきてからの父の職業が『占い師』だったことです。アメリカで西洋星占いを勉強してきたのです。
西洋星占い『アストロジー』の占い師として日本では草分けだったでしょう。祖父は明治のジャーナリストの草分けで父は星占い師の草分け・・・ヘンな親子です。

その占いはもっぱら株式の予言でした。証券取引所の隣町に住んで『理財研究所』なるものを始めて、よく当たるので会員制の機関紙を出して十数年間はとんとん拍子でした。
あらゆる銘柄の株価の上下を予知していました。ある日株屋さんが相談に来たとき父は「今すぐ売って来い」と叫んで、追い立てたそうです。売れたとたんその銘柄は大暴落。その株屋さんは命拾いしたと喜びました。そんなことが続いて大した人気だったようです。

でも占い師自身の運が傾くと占いは当たらなくなるものです。
それはほかの占い師の生き様を見ても解ったはずなのですが、『易者の身の上知らず』と昔から言うとおり、自分と家族の運は当てられませんでした。

余談ですが、昔渋谷の辺りでしょうか、字ははっきりしませんが隠田(おんでん)と言う町がありました。そこに超能力者がいて、「おんでんの神様」と呼ばれ繁盛したそうです。伊藤博文に可愛がられていて、彼は伊藤公が今何処にいて何をしているか常に言い当てたそうですが、伊藤博文が暗殺されると、(それを当てられなかったからでしょうか?)何も言い当てられなくなって、透視占いが全くできず、たちまち困窮してしまいました。占い師仲間を頼りに娘さんが父のところに借金を申し込みにこられたけれど、父はお金には厳しいので、小額を差し上げて貸しては上げなかったそうです。
父も「明日はわが身」だったのですが、自分のことは占えないものです。

父自身、自分の不運な時期が丁度昭和の大恐慌と合致したとき、株式相場の先行きが全く読めなくなると、家にこもって雌伏10年を考えたのでしょう。次の幸運期が何年後と予想して、めげないでいたのは幸いでした。四人のうち三人の子供らを大幸運児と予測していたし、自分の運気が再上昇したらあれもこれもと夢が有ったようです。そんな中62歳での突然死でしたから、娘の私としてはせめてもの慰めです。
その後の変動は戦争とインフレのセイですから、私が学校にいけなかったのは,父のせいではありません。あの悲惨な戦争を体験せず、先を見通せないまま死んだ父は恵まれていたのかもしれません。
もし父があと十年長生きしていたら、私は生き方をめぐって父に反抗し、戦いになったでしょう。婿をあてがわれて敷地内に住まわされるなんて私には真っ平だったでしょうからね。

a0050728_15821.jpg

31歳でこの顔?・・・人生の前半大変だったからでしょうね。
[PR]
by hisako-baaba | 2005-12-12 15:20 | 幕末からの我が家の歴史 | Comments(5)

市長にも気にいられていた父・・・ルーツ・・・⑤
今日は話を私の両親に戻しましょう.

13年くらいのアメリカ生活で、父がどうしてあれ程羽振りが良かったのか、実にに不思議です。最初の渡米は23歳より後の筈、明治33年、23歳の時14歳の妹を取り戻したのですから。

アメリカから嫁を迎えに一時戻ったのが明治36年26歳頃です。叔母を取り戻してすぐ渡米しても、この間3年しかありません。渡米して三年以内に嫁を迎えるほどの経済力をどうやって持てたのでしょうか?
当時サンフランシスコに渡るには客船で十数日かかったはず、(もっとかしら?)往復の船賃もかなりなものだったでしょう。それを三年足らずで結婚するために一時帰国し、その翌年くらいに妹を呼び寄せています。借金は嫌いだし、なんでそんなに早く船賃を捻出出来たのでしょうか?

カリフォルニアではある一時期に、中国人排斥運動があって農場労働者が不足し、働き者の日本人は大歓迎されたそうです。その頃の出稼ぎ日本人は大儲けをして仲間をどんどん呼び寄せた、と言う話がありますが、父が農村で働いた様子はありません。
母の話では一時期中国人のコックを雇って大衆食堂を経営していたと言いますが、労働者の多い街なので、お代わり自由のパンばかり大量に食べられたと言っていました。そんな商売で大儲けは出来ないでしょう。

結婚の4年後明治40年ころから沢山の写真を撮っています。自分の大きなカメラを持ち三脚も、現像焼付けの機械も皆買い揃えて、かなりの技術で写真を残しています。それが百年経っても全く色あせていないのです。(印画紙をとても丁寧に洗ったのだそうです)キャビネ版のガラスの原版まで残っていて戦後印画してみたら鮮明に写りました。

母は自分に合う既製服が無いため、ミシンを買って服は総て手作りしていました。洋裁の心得はなかったのに。
でもなんで最新のカメラやミシンを買えるほどリッチだったのでしょうか。
貿易商を目指して渡米したのですから、おそらく何かの貿易で一山当てたのでしょう。
母は何事も父任せで、仕事のことは全然覚えていないのでした。

写真に写っている豪邸は元サンフランシスコ市長のお宅で、バカンスの間だけ留守番を頼まれて夫婦で住んでいたそうです。但し使用人ではなく、留守番しながら自分の仕事をしていたようで、自分の邸みたいな顔をして写真を撮りまくっています。
元市長にえらく気に入られていたそうで、その子息と令嬢の写真も撮っています。
なんでそんなに人脈が豊かだったのか?本当に不思議な父なのです。


この写真は傷みが酷いですが…父の足からコードが出ているのはこの写真だけなので。
実は足でシャッターを押しているのです。
a0050728_17223785.jpg

サンフランシスコ市長。この豪邸の主です。
a0050728_1723056.jpg

市長の令嬢と令息。カッコイイですね。
a0050728_17232579.jpg

市長邸で働く看護婦さんも美人です。市長夫人が病気だったのかもしれません。
a0050728_17233755.jpg

[PR]
by hisako-baaba | 2005-12-11 17:27 | 幕末からの我が家の歴史 | Comments(3)

叔母夫婦の金婚式記念写真・・・ルーツ・・・④
a0050728_15175961.jpg
 
 叔母夫婦の金婚式の写真が見つかり、1957年とあるので 逆算して結婚は明治40年だった
 ことが判明しました。叔母は21歳で結婚したのでした。
 向かって右端が長男、左端が次男です。
 ふえるアルバムの糊が線状についていて、綺麗には撮れませんでした
a0050728_15222976.jpg

 この写真は明治末期でしょうか、長男と三人で日系人の写真館で撮ったセピア色の写真です。
 『イトウ アート スタディオ サンフランシスコ』と台紙に書いてあります。
 おそらく七五三の記念写真だろうと思います。

 叔母の帽子飾りは一体どうなっているのでしょうね?当時のファッションは面白いです。
  
 叔母夫婦は部屋の高いところに、明治天皇と皇后の写真を額に入れて掲げていました。
 日本人であることを強く意識して暮らしていたと思います。
[PR]
by hisako-baaba | 2005-12-10 15:46 | 幕末からの我が家の歴史 | Comments(3)

アメリカで生きた叔母一家・・・ルーツ・・・③
昨日は 父が叔母を養家から取り戻したいきさつを書きました。
そこで叔母の話を先にまとめておこうと思います。

私の父が渡米して、一度嫁を迎えに帰って、サンフランシスコで新婚1年の頃に、妹も呼び寄せます。明治40年に私の叔母は日系人に嫁ぎました。何の商売かはよく知りませんが、ウチの両親が帰国した後もロス郊外で暮らし、日本人排斥の時代にも耐え、根強い差別にもめげずにがんばっていました。息子二人をアメリカの大学に入れて、晩年は夫の故郷で暮らすつもりだったのでしょう、淡路島に農地をかなり手に入れていました。小作人に耕作させて小作料収入も有りました。ところが日米開戦で何もかもめちゃめちゃになったのです。日系人は家を追われ店も手離し内陸の砂漠地帯に作られた収容所の鉄条網の中に押し込められました。若者は両親の立場をよくするために、軍隊に志願しなければならなくなり、次男はヨーロッパ戦線に向かいました。叔母夫婦にとって戦争の頃が一番辛い時期だった事でしょう。
囚人のような暮らしの中、日本人会は団結して助け合ったと言います。砂嵐が吹きつけ、寒暖の差の激しい過酷な砂漠で、戦争が終わるのをじっと待ち続けました。戦争が済んでもとの家に戻れた人ばかりではなく、色々な混乱があったようです。ずっと後になってアメリカ政府は、戦時中日系人を砂漠に押し込めたのは誤りだったと認めて、賠償を支払いました。
叔母達は息子が二人とも無事でしたから稀に見る幸運な家族でした。
しかし今度は日本の農地改革です。地主から農地を取り上げて耕作している小作人に安く与える大改革でした。地元に住む地主には一定量の土地を残すことが許されましたが、“不在地主”の農地は総て安く没収されました。故郷の土地が農地であった為に、叔父は総ての土地を失い老後の夢は空しくついえました。それでも長男は弁護士になったし、次男も順調で、それぞれに家族を持ちました。
叔母は叔父が高齢で亡くなったあとも息子達とは別棟でひとり暮らして、日本人の女の子をホームステイさせたりしておりました。

戦争直後は叔母達も元の暮らしを取り戻すのに苦労していた時代だと思いますが、私にはチーズやキャンデーや綺麗な古着や化粧品まで度々送ってくれました。私だけが学校へも行かれないでいるのを心配してくれたのです。

その後70歳近くなって夫婦で来日したときは、ゆっくり話す暇もありませんでしたが、私の父への感謝は深く、母には複雑な思いが残っているようでした。『いじめられたのよ』叔母がポツリと漏らした一言で私には察しがつきました。同じ歳である私の母とその2歳違いの妹がいる家に、田舎からいきなり連れてこられて、何もかも違う暮らしに彼女は大混乱に陥ったようです。私の母はのほほんとしたお嬢様育ち、人の痛みなど気付きません。その妹はずけずけものを言う江戸っ子。二人は自分の着物を知らない子に着られることで親に文句も言ったでしょうし、いじめる気は毛頭なくても、二人の物言いが棘として14歳の叔母の心に突き刺さって抜けなくなっていたようです。
でも私のことは一番心配して、精一杯援助してくれました。

その昔父が14歳の叔母を奪還してくれたお蔭で、敗戦後、私は暖かいセーターなどを着ることが出来たのです。新品の浴衣を2反、日本に注文して送ってくれたこともあります。
しかし従兄の世代とは交流がないまま縁は切れてしまいました。
a0050728_16452264.jpg

  叔母夫婦と母。帽子にベールを下げているのが叔母、真ん中が私の母です。
[PR]
by hisako-baaba | 2005-12-09 16:57 | 幕末からの我が家の歴史 | Comments(4)

苦学生だった父が末の妹を奪還した話・・・ルーツ・・・②
10歳で父を15歳で母を亡くし、妹達は機織りの労働力として別々の機屋に養女にやられてしまって、一人上京した金太郎(私の父)が母の叔母の家の書生になったことを前回書きました。

苦学生として、『東京高等商業学校』(後の商大、現在の一橋大学)に通っていた父は、周囲に妹のことを打ち明けました。一人は病死しましたが別の機屋(はたや)に下の妹がいるのですと・・・『面倒見るから取り返して来なさい』と勧められ交渉に行きましたが、『養女として8年も育ててきた者を、いまさら返せるか』と断られます。
父は友人の助けを借りて妹を連れ出し、峠を越えて逃げました。友人は『追っ手を阻止してやる』と言って抜き身を引っさげ(日本刀を抜いて)峠に仁王立ちしていてくれたそうです。追っ手が来たかどうかは解りません。
こうして父の妹 寿美(すみ)は無事神田の私の母の家に着きました。ここで生まれて初めて鶏卵を食べてびっくりしていたそうです。玉子など触ったこともなく、殻もぶよぶよ柔らかいものと思っていたのだそうです。6歳から機織りをさせられ、足が届かないので織機に足の台をつけて無理やり働かされていたそうです。
その後交渉して養家から戸籍も取り戻しました。
学校に行っていないので女学校の先生のお宅に預けて、学校に通わせてもらいました。

叔母は後に渡米して日系一世同士で結婚、ロスアンジェルス郊外で百歳を超えるまで幸せに生きました。戦後私に食品や衣類や化粧品まで度々送ってくれたものです。長男は弁護士になり東京裁判に来日、一度会いました。その後叔母夫婦も戦後の故郷を見に一度来日しました。

人の運って面白いものですね。終わり良ければ総て良しです。

a0050728_15444812.jpg

[PR]
by hisako-baaba | 2005-12-08 15:52 | 幕末からの我が家の歴史 | Comments(2)


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
ebloさま ありがとう..
by hisako-baaba at 14:22
kiyokoさま いい..
by hisako-baaba at 14:00
ちゃんと目標を設定して、..
by sidediscussion at 12:51
体調はいかがですか? ..
by eblo at 11:00
Junkoさま たくさ..
by hisako-baaba at 06:42
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 05:44
Kiyokoさま 膝に..
by hisako-baaba at 20:29
具合お悪いのに大働きです..
by sidediscussion at 19:50
Ebloさま お知らせ..
by hisako-baaba at 11:55
既にご存知かもしれません..
by eblo at 09:07
mimizuさま Fa..
by hisako-baaba at 22:48
Marshaさま 誰か..
by hisako-baaba at 22:34
kiyokoさま フェ..
by hisako-baaba at 22:31
すごいですね。 どこか..
by mimizu-clone at 22:20
なかなか痛烈で面白い!!..
by marsha at 21:15
わーーーー! いいイ..
by sidediscussion at 18:32
marshaさま 久米..
by hisako-baaba at 15:03
花てぼさま 久米さんは..
by hisako-baaba at 14:54
今朝は久米さんのu-tu..
by marsha at 06:00
おけいさんのお声を聞いて..
by 花てぼ at 22:31
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧