<   2007年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

猫 みっけ!!

居ました!猫。
引っ越して4ヶ月、今までに猫をちらりと見たのは一匹だけでしたが、昨日やっと猫に会いました。


(茶トラ)  あそぼうよー。
a0050728_953332.jpg


嫌よ。ひとりでで昼寝するの。
a0050728_954793.jpg


うるさいなあ。イヤだって言ってるでしょ。ふうー
a0050728_9545253.jpg


もう・・・勝手にしてなさい・・・
気の小さい茶トラ君は、彼女に近づく事が出来ませんでした。
a0050728_9552472.jpg


ここは家から1・3キロ先のスーパーの傍、わが町内ではなくて、隣の市内です。

なんでウチの近くに猫は居ないのでしょうか?誰も飼っている様子がないのは、道が危なくて外に出せないからかしら?
自分で飼うには私たち年をとりすぎていて、最後まで面倒見られないから無理。
年寄りの猫を飼えば良いでしょうけど、大人の猫をマンションに閉じ込めて飼うのは無理だから・・・まあよそで見かけたら、ぱちぱち撮ります。
[PR]
by hisako-baaba | 2007-02-28 10:12 | 終のすみか 暮らしの周辺 | Comments(15)

ちいちゃな自転車で33キロ走破・・・

こんなちいちゃな自転車で(16インチ) 荒川べりを戸田橋上流から海まで33キロ、7時間掛けて走ったそうです。
先月5歳の誕生日を迎えたばかりのうちの孫娘。
a0050728_14203432.jpg

12月30日に紹介したおてんば姉妹のお姉ちゃんです。

4時間走ったところで「海はこんどにしようか?」とパパに言われて、どうしても海まで行くとがんばったそうです。
葛西についてもまだ臨海公園で遊んで、ママと妹のお迎えで自転車ごと車に乗って帰ってきたとのことでした。びっくり!


上の写真が見えたり消えたりしていますが?どうして時々×がつくのでしょうか???
[PR]
by hisako-baaba | 2007-02-26 09:00 | 孫たち | Comments(8)

鈍感力?

小泉さんが安部さんたちに『鈍感力を持て』と言ったんですってね。でもね、政治家がこれ以上鈍感になっちゃ困るわね。すでに相当鈍感じゃあありませんか・・・
無神経な失言を繰り返すわ、仲間内にだけ言うべき事を公に喋って物議をかもすわ・・・気配りが出来ないというか、緊張感に欠けているというか・・・政治家たるものこれ以上鈍感になられたら、国民はたまったもんじゃあありませんよ。


と言いながら、私は鈍感力を持ってます。戦争が私を鈍感にしたから。焼夷弾が降ってこなくなっても、飢餓状態は続いたし・・・
大人になってからでも、就職困難で、やっと就けた仕事の中で、たとえ失敗しても、すばやく謝って、それ以上悩まない生き方が身につきました。ストレスだらけだったから、ストレスに圧し潰されない前にさっと身をかわす。そりゃあストレスで胃が痛くなったり、だるくて動けなくなったりまではしますよ。でもそこでお終いにしちゃう。いつまで恥じたり、後悔したりしてたら身がもたない。挫折は日常茶飯事だったから、ヤバイと感じたらさっさと向きを変える。14才からだんだんと身に付いた特技だと思います。

でも、この図太さが、周りの人にどんな迷惑を掛けていたか・・・私自身気付かなかったことも多いだろうなあと思うことがあります。
自分は、大抵の事には驚かないから、人様にも口癖のように『空から爆弾降ってこないから、何とかなるわよ』と簡単に言っちゃう。世の中、どうにもならない事だって有るのにね。
自分は、どうにかなってここまで来られたから・・・人様にもついそう言ってしまう。

私に色々言われて元気が出て、『貴女にのせられて良かったわ』と言ってくれる人も居ます。それはその方自身にエネルギーが有ったからで、エネルギーを失くしている人に向かっては、私は何も言えません。

昔、中学さえ出られなかったのに、苦学して大学を目指そうと思ったことが有りました。ソシアル ケースワーカーになりたかったのです。でも今にして考えると、もし大学を出られても、ケースワーカーは無理だったなと思うのです。世の中には様々なタイプの方が居られます。ウツ病の方に面と向かったら、私は何も出来ない。ウツの人に励ましは厳禁です。共感して聞くしかないのに、私には共感が出来ません。鈍感力を持ち過ぎているから。

鈍感力は連れ合いにも多大な迷惑を掛けているようです。子供たちにはどうだったでしょうか。娘のほうは私以上の図太さを存分に活かしていると思いますけれど。


娘のお雛様を十数年ぶりに飾っています。家が狭かったから、ケース入りの木目込み親王揃です。
a0050728_1038282.jpg

お顔が好きです。
a0050728_1039533.jpg


私自身のお雛様は五段飾りでしたが、戦後六畳一間の暮らしで、しまい場所に困り、児童保護施設に引き取ってもらいました。


さて只今古日記を引っ張り出して、戦後の思い出をまとめつつあります。なかなか時間がかかっていますが、そのうちアップします。
とてもいっぺんには書けないから、とりあえず14才からの5年間だけでまとめるつもりです。
[PR]
by hisako-baaba | 2007-02-24 10:50 | 我が家の歴史 | Comments(6)

吾が町の文化財

八王子車人形は有名ですが、吾が町のわが集落にもそれが有るのでした。

竹間沢車人形 「熊谷」・・・町立歴史民俗資料館 展示
a0050728_9451583.jpg

a0050728_10205926.jpg

説教浄瑠璃に合わせて、車の付いた箱に腰掛けて一人で操る人形です。
手と顔は両手で、足は両足で、腰にくくりつけた箱車を動かして、一人で操るのはさぞかし大変な熟練を要することでしょう。

人形制作の道具も展示されていました。
a0050728_10211564.jpg


安政時代、竹間沢の神楽師の家に、二宮村(現在の東京都あきるの市)の、車人形の座元の娘が嫁ぎました。説教浄瑠璃を語る彼女は、車人形一式を持って輿入れしました。実家の支援で”竹間沢車人形”が誕生したのです。

明治の頃は大変盛んで、関東各地で興業を打っていたそうです。やがて他の娯楽におされ、だんだん衰退して、50年間の空白(戦争をはさんで)がありました。

昭和46年に県の調査で、しっかり保存されていた人形一式と、経験のある座元の老いた兄弟が世に知られて、復活することになりました。
老いた人形遣いの弟さんの方ははすでに失明されていましたが、見事に人形を操ったそうです。
昭和47年6月、50年ぶりに公民館で上演。見事に復活を果たしました。
老兄弟の兄の方の息子さんが現在の当主で、今も保存会によって毎年上演されているとのことです。当主の家の門には「無形民俗文化財竹間沢車人形」と言う標識が立っています。

次の機会に是非拝見したいものです。
[PR]
by hisako-baaba | 2007-02-20 10:38 | 終のすみか 暮らしの周辺 | Comments(11)

わが町のむかし

私の故郷は目黒ですけれど、もう父が建てた家はなく、辺りの風景も変わり果てて山並みも見えません。
75歳にしてようやく得たわが家からは、富士山をはじめ関東平野を囲む山並みが総て見えます。浅間山や、日光男体山まで見える日があると聞いて、秋が楽しみです。
終の棲家と定めたこの町を、もっと知りたいと思い、ぼちぼち資料館の解説など読み始めました。
旧石器時代の遺跡。縄文や弥生時代の遺跡が方々に有って、出土品の石器や土器がたくさん展示されています。

でもやっぱり一番興味を引かれるのが江戸時代です。
入会権を争った秣場(まぐさば)・・・秣や屋根を葺く萱(かや)などを、どの村の住民が採る権利を持つか裁判になって、川越藩の住民が勝訴した後、川越藩主柳沢吉保が開墾を勧め、近隣の農村から移住させたようです。しかし水利が悪く、火山灰土(関東ローム層)のやせ地でした。
深井戸を掘り粟や黍や蕎麦の畑を作るまでには大変な苦労があったようですが、百数十年後”サツマイモ”がもたらされ、豊かな川越芋の産地となりました。

この町内には、当時7箇所の寺子屋があり、11名の師匠の名が知られているそうです。総ての村に寺子屋があり、寺子屋普及率の高い地域であったそうです。

寺子屋を開いていた家が今も一軒保存されています。島田伴完先生の玉泉堂です。
a0050728_1641166.jpg

そうして、島田伴完先生が明治7年まで45年間使った机と巨大な硯は、資料館にあります。
a0050728_16475155.jpg

机からはみ出しそうな程大きい黒いものが硯です。手前は手作りの教科書。

江戸時代の日本が、世界でも例のない高い識字率を誇っていたと言う事がよく頷けます。
[PR]
by hisako-baaba | 2007-02-19 17:28 | 終のすみか 暮らしの周辺 | Comments(2)

町のお雛様

町の歴史民俗資料館に、お雛様を見に行きました。

一組づつ飾って欲しかったなあ・・・遠すぎて見えません。
a0050728_16581824.jpg


一組だけ特別扱い。でも親王様、そっぽ向いてる。
a0050728_1659269.jpg


三人官女も一組 特別待遇。
a0050728_1701885.jpg



我が家にも、娘のお雛様を十数年ぶりに飾っています。(こんどアップします)
私自身のお雛様は、五段飾りで、戦後収納場所に困り、児童相談所の保護施設にプレゼントしました。

紅梅も咲きました。
a0050728_1753866.jpg

[PR]
by hisako-baaba | 2007-02-16 17:08 | 終のすみか 暮らしの周辺 | Comments(2)

わが町の風景

カルチャースクールらしき建物。看板読めません。
ママさん?たちに何を教えてるのかな?英語?フランス語?それともテーブルマナー?
右隣は同じ名前の進学塾で中学生を集めています。
a0050728_2138316.jpg


一風変わったマンション。住みたくはないけど面白いデザイン。
a0050728_21394731.jpg


天を目指す大根!・・・下の土が固いの???
だいぶ前から気になってたんだけど・・・どうなっちゃったの?誰も食べないの?
a0050728_21412830.jpg


仲良くしようよ。
なぜか2本ずつ、頭をくっつけて・・・仲良しカップルがどっさり。
a0050728_2143971.jpg

[PR]
by hisako-baaba | 2007-02-15 21:46 | 終のすみか 暮らしの周辺 | Comments(4)

私自身が好奇心の対象になっていました

又知らない道を通って買い物に行ったわたしを、畑でおじさんが見ていたそうです。(そこがイナカなんですよね。よそ者はすぐわかる)何しろてくてく歩きで買い物に行く人なんか他に居ませんからね。
おじさんは、「知らん人が通るが、何処の誰で何処へ行くんだろう」と気になったらしいのです。

帰りに又通ったら、おじさんが話しかけたそうにしています。こちらも話したいから挨拶して「最近あそこのマンションに越してきたので、町のことを知りたいんです」と言うと、「ああ○○工業の跡だ。あそこは泥を全部とっかえたんだよね」「そうですってね、そんなに大量に入れ替えたんですか?」「放射能があったんだろ」(レントゲンの機械を作る工場でしたが、土壌にしみ込んだのは放射性物質ではなかったと聞いています)・・・で、話し込みました。こちらが開けっぴろげにしゃべるので、聞かない事まで話してくれました。私は名前も年も言わなかったけど、60歳だと言うおじさんは「ウチは練馬板橋に多い”O家”の一族だ。50年前父親がここに移住した。(練馬板橋がが宅地になったからでしょうか)当時この辺に学校は無かったから、四里歩いて通学した。」(まさか?四里歩いたら川越に着いちゃう。後から地図ではかったら4キロでした。それでも小学生には遠い)「この辺に工場が増えたのは40年ぐらい前からだ。そこの学校が出来て20年くらい。」「今この辺の土地は50万ぐらい、買うのは大抵近所の人だな。」「野菜は所沢の市場へ持ってく、近所の市場がなくなっちゃったからな」「トウモロコシなんかはここでも売るよ。配達もする。これから志木の蕎麦屋にネギ持ってくんだ」・・・そのほか神社の事や選挙の事などたくさん聞いて、「トウモロコシ買いに来ます」といって別れました。

おじさんの畑。
a0050728_17203418.jpg

梅も咲いていました
a0050728_1721469.jpg

[PR]
by hisako-baaba | 2007-02-13 17:36 | 終のすみか 暮らしの周辺 | Comments(8)

昔語りを準備中です

戦後の話は以前少し書きましたが、日記が出てきて読んでみると、少し記憶違いが判ったりしたので、あらためて敗戦後の暮らしをじっくり書いてみようと思います。

当時の写真は有りません。周囲の誰もカメラを持っていなかった時代だからです。家計簿はあるので照らし合わせてみたいと思います。

コッペパン2個の値段と,場末の映画館の料金が同じ。映画が安いのではなく、ヤミの食べ物がべらぼうに高かったのです。だからいつもお腹をすかせていました。

公定価格とヤミ値・・・僅かな配給は公定価格で安い。でもそれだけでは飢え死にしちゃうからヤミ市で買う。それは毎日上がるほど酷い高値でした。

まず、こんなぼろぼろの日記を今ワードに入れています。
a0050728_1551598.jpg

家庭に電話なんて無かった時代。会いたい人に会えなくて、きりきり舞いしていた17歳。
全く儲からない商売を街頭で一生懸命やっていた、もてない女の子。
このザラ紙ノートを道端で売っていたのです。

まだまだ時間はかかりますが、いずれアップします。
[PR]
by hisako-baaba | 2007-02-09 16:10 | 我が家の歴史 | Comments(11)

なんだか解らないんだけど?面白そうなんで・・・

ここにコメントを下さる「さんまるいち(けいこ)さんが、「だんながCDを出しました」とのこと。

早速”だんな”さんのページここを覗いてみたら・・・すごく面白そうな感じ。

私はCDプレーヤーさえ持っていないし、今の音楽はわからない。レゲエがなんかも良くは知らない。でも・・・元不良で、50年新宿で音楽活動やってきて、絵も描いて個展を開いてる・・・私は全く存じ上げない人だけど、面白そうじゃあありませんか。

歌舞伎町で301(さんまるいち)と言う肉料理のお店をやっていて、そこで時々ライブもなさるそうです。(覗いてみたいけど、ばあちゃんは夜は外出できません)
レゲエのお好きな方もおいでだろうし、歌舞伎町でお肉を食べたい方もいらっしゃるかと思って、勝手にご紹介してみた次第です。


今日スーパーの特売で、奇妙なアイスを買いました。
「しろくま」九州にはしろくまというアイスがあると聞いていましたが、関東まで運んでいるとは知りませんでした。
a0050728_22375617.jpg

パインと桃のかけらとゼリーと甘納豆が載っていて、結構美味しいラクトアイスでした。
本物の”しろくま”はどんなのかしら?もっと大きいらしいですが?
[PR]
by hisako-baaba | 2007-02-07 22:48 | 買い物 | Comments(10)


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
お気に入りブログ
掬ってみれば無数の刹那
arinco's kit...
ハムスターパゾ  今もス...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
あんつぁんの風の吹くまま
楽餓鬼
心の万華鏡  
about ・ぶん
Tangled with...
SOUBOU WALKER
いとしの花と2匹のネコ
With Art
梟通信~ホンの戯言
Side Discuss...
村人生活@ スペイン
毎日手紙を描こう★貰うと...
わがママのおでかけフォト日記
19
チェイル
更紗の国から
朝日館の女将のてんてこ舞日記
専修大学文学部林ゼミ写真帳
春のよき日に
一燈庵のまったり茶飲み話
アンチエイジングブログ!
千妖炉璃 ちょろり!日々徒然
行動範囲は猫  そして ...
飛んでも八分歩いて十分・・
ナチュラル思考 ー癒しと...
にっと&かふぇ
も・め・ん・と
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
日中戦争の中の青春 ブログ版
ピカいちさん の 『雨ニ...
JAZZの普段着写眞館
芙蓉のひとりごと
EL PAJARO
好都合な虚構
私がローマで独りで始めたわけ 
絵トセトラ
【愛と怒涛のけいこ飯】 ...
飛んでも五分歩いても五分
Little Smile
焚き火小屋の備忘録
かるぺ・でぃえむ
カタルーニャの葡萄畑から
山歩路通信―さんぽみちつ...
カフェと畑と犬と猫
【♪心に残る情景♪(^ε...
春のよき日に vol.2
元気ばばの青春日記 気持...
桜さくさくほろ酔い日記
最新のコメント
kiyokoさま 組み..
by hisako-baaba at 12:04
引き続き二日目の雨。今日..
by sidediscussion at 11:26
kiyokoさま はい..
by hisako-baaba at 11:01
歴史の一ページに残りまし..
by sidediscussion at 08:34
dekoさま 政治家の..
by hisako-baaba at 21:49
こんばんわ 忖度する人..
by Deko at 21:00
ebloさま すごいと..
by hisako-baaba at 13:52
震災の記事、あらためて読..
by eblo at 13:00
mimizuさま ほん..
by hisako-baaba at 11:19
kiyoko さま ま..
by hisako-baaba at 11:09
ebloさま 「忖度」..
by hisako-baaba at 10:56
tomoyoshikat..
by hisako-baaba at 10:50
昭恵さんが特別扱いなのは..
by mimizu-clone at 10:20
今回の森友事件に関わりの..
by sidediscussion at 09:30
昨日テレビを観ていたら、..
by eblo at 08:14
おはようございます ..
by tomoyoshikatsu at 07:42
kiyokoさま 手術..
by hisako-baaba at 22:40
久子さまはお強いですね、..
by sidediscussion at 18:22
marshaさま 二の..
by hisako-baaba at 12:39
kanaさま いやいや..
by hisako-baaba at 12:29
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧