<   2013年 06月 ( 44 )   > この月の画像一覧

5年前に見落としたコメントが------五色の子守唄
このブログの、2006年2月15日の記事に、昨日cちゃんさんからコメントをいただき、子守唄の題名がわかって嬉しかったのですが、同じ記事に、2008年7月2日に、多幡達夫さんという学者さんから、この子守唄を、お母様が歌っておられたと言うコメントが入っていました。
全然気がつかなかったのです。そちらへ伺ってみようとしたら、開けません。お名前で検索して行ったら、学術的な記事や英語で、ブログは見つかりませんでした。
昭和10年生まれの、多幡達夫さま、大変失礼いたしました。
a0050728_16162726.jpg


で、その子守唄、cちゃんさんに教えていただいた題名は、五色の子守唄というのだそうです。


五色の子守唄

ねんねんころころ浜の石 ころころころんでどこへゆく
波にもまれて淡路島 通う千鳥の浜へゆく
私もゆきたい夢の島 ゆめの島には五色浜
星よりきれいな青い石 珠よりきれいな白い石
泣けば千鳥が飛んでゆく 泣かずにゆきましょ夢の島

これは、新聞か雑誌の懸賞で一位になった歌詞を、うちの母が、江戸子守唄の節で、歌っていたものです。
その後曲がついたとは聞きましたが、一度聞いたきりで覚えられませんでした。
もう一度聞いて見たいものです。

でも、私にとっての五色の子守唄は、母が歌った、江戸子守唄のメロディーなのです。ピッタリ合うのですよ。私も子供にその節で歌って聞かせたものです。
a0050728_16173818.jpg








ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-06-29 16:06 | Comments(14)

二日連続忙しくて--- オカリナクラブ
昨日は、結局朝のうちに郵便局と買い物を済ませて、午後は2時の予約で、病院の眼科で視野検査。バスで往復できたのは良かったけど、4時間かかりました。
しかも、結果「眼圧は高くないが、緑内障がやや進んだ」と言われ、目薬を追加されました。
それも「心臓病や、糖尿病はないですか?」「なければこの薬使えます」ってさ、副作用のきつい薬なわけ?怖いな〜、1日1滴目にさすだけなのに、そんな心配のある薬なんて!?やだな。

でも、視野がじわじわ狭まって行くのは、阻止しなくちゃ。今は自覚症状ないし、中央は見えるから問題ない。
生きてる間に失明することが無いなら、まあ良いさ。

(ノウゼンカズラ)
a0050728_5184357.jpg


今朝はオカリナクラブの練習。
陽だまりのお仲間が一人加わり、他のお二人が欠席だったので、全員ウチのマンションの陽だまりの会仲間、4人だけでした。
先生のKさんは、陽だまりの時のように手作りケーキを、持ってこられたから、つい、陽だまり的雑談になってしまいます。
練習用の楽譜を沢山コピーしていただいて、「浜千鳥が易しいわよ」と言われたので、春の小川と平行して覚えようと思います。
公民館まで往復1600メートル午前中に歩き、午後は病院のリハビリに行ったので、リハビリは気持ち良かったのに、足腰は、今夜が最悪。二日間も歩き過ぎましたね。腰が痛んで、キッチンに立つのが辛かった。
a0050728_23334671.jpg




ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-06-28 22:50 | Comments(6)

求められるのは外交のプロ 人間力
下の記事に、antsuanさんがコメントされたように。軍事力よりも、防衛に必要なのは、外交力ですよね。
誠実で、人間味があって、人と仲良くできる人で、国益のためには、したたかさも持ち、先を見通せて、諦めないで頑張れる人。そんな人がたくさん居てくれないと、バカな戦争を手伝わされたりしちゃう。

三保の松原を、世界遺産に加えさせた人、凄いですね。平素から世界中に人脈を持ち、ロビー外交のできる人。彼のように情熱を持って事にあたれる人が、もっと何人もいてくれたらいいのにね。
[PR]
by hisako-baaba | 2013-06-28 22:49 | Comments(0)

名をなのれ
5年半前に、テレビを見て感想を書いたら、題名にコスタ リカの文字があったため、うるさいコメントがいくつかあった。(面倒だから今日題名を変更しておいた。内容は、5年半前の、その日その時の考えだから、今とは異なっていても変更する気はない)
今頃になって、文句を言ってきたのは、「名無し」という人物。礼儀を知らないな。

わたしが5年半前と同じ考えだと思うのか?
私は疑問に思ったことは何でも調べる。今頃名無しの権兵衛に指図される必要はない。

平和憲法を護りたい気持ちには変わりがない。再軍備も、原発再稼働も反対だ。

歴史に学ぼうとしない国は、滅びの道をたどる。
戦前の民衆は時流に流された。国を批判するものは、弾圧を受けた。そうして国中が戦争へと突き進んでしまった。14年間も戦争をやめられなくて、ボロボロになった。
戦後の復興が目ざましかったのは、隣国の戦争で漁夫の利を得たのと、自国は戦争をしなかったからだ。
あまりにも長く平和が続いているので、平和に慣れすぎて、平和の貴重さを忘れている手合が多すぎる。平和でなかったら、今の生活は護られない。今だって格差社会の弊害は目に余るけれど、頭の上から火の弾が降ってくるよりははるかにマシだ。

96歳のおけいさんは「戦争だけはしちゃダメだ」と叫んでいる。14年間の戦争がなかったら、彼女は20代で夫を失う事もなかったはずだ。家を焼かれ、子供達を抱えて、長年路頭に迷う、極貧生活に陥ることもなかったはずだ。彼女は戦後二十年以上、住まいを借りるのが困難で、食べるものも足らず、ひどい苦労をした。戦争を憎む気持ちが強いのは当たり前だ。

戦争の惨禍を見たこともないおぼっちゃまたちが牛耳るこの国の将来はどうなるのか?

今また、右向け右、右へならえ!---の時代が始まった。危険すぎると思う。
a0050728_938538.jpg

[追記]
昨日は雨、低気圧ですから体調悪く機嫌も悪かった。

27日朝は、洗濯も干せました。
午後は病院で、視野検査。
病院の周辺に店は全くないのです。帰りのバスが無かったら買い物どうしよう。

午前中に、いつもの病院にリハビリに行きたいのだけど、疲れすぎて無理かな〜
郵便局にも用事がある。買い物は急務だしな~。
低気圧は去っても、無理はできませんし、やれやれ。
歩きとバスでしか、移動できない婆ちゃんの嘆きです。

まあ、洗濯が干せただけでもありがたいのでした。
a0050728_939047.jpg






[PR]
by hisako-baaba | 2013-06-27 00:34 | Comments(12)

マンデラさん危篤?
年齢に不足はないけれど、壮年期に、27年間も投獄されて居たのだもの、百歳までは生きていて欲しいな〜
sideさんのところにネルソンマンデラ氏の一代記のYouTubeが載っています。
[PR]
by hisako-baaba | 2013-06-26 09:50 | Comments(0)

三市一町 語りの会
川越、ふじみ野、富士見、三芳、の語り手たちが、年に一度開く語りの会。
今日は、ふじみ野市立 大井図書館で開催。非常に不便な場所なので、若い方に車で送迎して頂けて、とっても助かりました。

私も三芳の一人として、「ふたりになった孫」を語って来ました。
楽しく語れたし、皆さんの語りも楽しめました。
終わっても、お茶と和菓子を頂きながら、12時半まで全員でおしゃべり。
私が最高齢だったかも。

その後、三芳の6人は、ファミレスで3時半までおしゃべり。今日は、うちの夫が都内に出かけていたから、私も参加できました。そうでなかったら、早く家まで送ってもらわねばならず、迷惑をかけるところでした。でも帰宅が午後4時になったので、夫が先に帰って居ました。
a0050728_16565663.jpg


フェミレスで---今の若い人は就職難で大変だけど、中には、実家に居座って、努力を放棄して、バイトでのんびりやっている若者も多い。
彼らが老人になった時、生活保護は急増するのではないか?
一生懸命働いている、我々の子供達が、彼らの為に迷惑するのではないかというような話が出ました。
自己責任ではなく貧乏している人と、怠け癖で貧乏になった人の区別は難しいのではなかろうかと。
3時間はあっという間にすぎました。
楽しい一日でした。
a0050728_16565771.jpg




ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-06-25 16:23 | Comments(0)

貧困問題その2
ひところ、「生活保護受給者に、エアコンは認めない」という時代があった。
しかし貧困家庭の住まいは劣悪で、風が通らないアパートが多い。
エアコン無しでは死んでしまうから、今は認められている。
でも、一人ぼっちで寝ていて、わずかに訪問介護を受けながら、ただ死を待っている人々もたくさん居る。

お粗末な福祉だ。この国は、心が貧しくなった。
a0050728_22405534.jpg

親と戦っている子供達がいる。
親が人生に不満だらけで、子供に八つ当たりしたり。
親の自堕落な暮らしぶりに、反抗して犯罪に走る子供までいる。
格差社会の底辺で、「希望」を持ち様もない若者たちがいる。
教育を受けなければ、浮き上がれないのに、そのチャンスさえ与えられない子供達がいる。
この国は一体どうなっちゃったんだ!?
a0050728_22405688.jpg




ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-06-24 22:24 | Comments(2)

貧困問題
今朝、マンションの理事会総会に出た。

2~3年以内にやらなければならない大規模修繕の時、臨時徴収される心配はないと聞いて、一安心。既にそれだけの積立は出来ている由。
しかし、積立金の額はだんだん上がっていくとのこと、余裕のない者にとってはきついな〜


その積立金と、管理費の、滞納所帯が急に増えていてびっくり。
しかも一戸は競売にかかっているとのこと、どんな家庭か知らないが、もし子供さんがいたら可哀想。自己破産は大きな挫折、子供さんのショックは計り知れない。

最近子供の貧困問題が、いろいろ報道されているが、貧困ゆえに、高校進学ができない子もいると聞く。

私自身中学にもいけなかったけれど、それは敗戦直後のこと、ほとんどの人が貧乏だったから、ショックはなかった。
しかし、飽食の時代に、貧乏で学校に行けなかったら、どんなに傷付くか?
貧困にあえぐ子供達が増えているというから心配でならない。
世の中どうなているのかな?
国家にとっても大切な子供たち、それが教育の機会を得られないなんて、許せない気がする。
貧困になれば栄養状態も悪化する。親たちの気持ちのゆとりもなくなる。子供には最悪だ。

福祉の遅れを感じる。弱者に優しくない。
自己責任論がうるさいが、真面目に暮らしても貧困になる家庭はある。
失業も病気も事業の失敗も、予測出来ない。すべて自己責任と言えるのか?
a0050728_16425522.jpg

昨日だったか、たまたまテレビをつけたら、歌唱王とかいう番組で、素人離れした歌声が聴けた。
中に、フィリピン人の女子中学生がいて、親と離れて、周囲の支援で生活しているという事だった。

もしかして、あの時の女の子かも? 密航者の両親は強制送還になり、日本で生まれた少女だけが、滞在を認められた。国家の冷たさを知らされた事件だった。
その子かどうかは分からないが、すごい歌唱力で合格した。
あれだけ実力があったら、歌うことで、自力で高校に行かれるかもしれない。そうあって欲しいと思いながら見ていた。
歌手として成功して、両親を呼び寄せられるように祈りたい。
a0050728_16425610.jpg

貧困問題を政府は直視していない気がする。政治家はお腹が空いてはいないから。
老人の貧困は目に見えて増えているが、子供の貧困、ひとり親家庭の貧困も、忘れてはならないと思う。
18歳までは、なんとか面倒を見てほしいものだ。
でも今、生活保護は厳しくなっているそうだ。不正受給は論外だが、子供が困らないようにだけはして欲しい。
a0050728_16425691.jpg

何の花でしょうか?






ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-06-23 15:34 | Comments(6)

中国に流通している危険な油
sideさんのところに、中国の毒油についてのYouTubeが、載っています。外食は危険かも。

その二つぐらい前の記事では、カンテレを弾き語りする少女の、天使の歌声も聴かれますよ。
[PR]
by hisako-baaba | 2013-06-23 12:30 | Comments(0)

日刊ベリタに掲載された兄の文章
たまたま2008年の記事を読み返したら、兄の文章を、私が日刊ベリタに送ったものが、リンクしてありました。思い出しても、面白い記事でしたので、またリンク貼って見ました。


母親の墓が、日本軍占領地に有って、荒れ果てているのを、蒋介石が嘆いていると知った辻政信参謀。蒋介石は敵ながら天晴れな英雄であると、その母親の墓を立派に整備して、三日間停戦して法要を営み、敵軍の兵士の参拝まで許した。
そこで、恩を売った縁を頼りに、秘密裏に重慶に蒋介石を訪ね停戦交渉をしようとしていた辻。
その時日中戦争を終わらせるチャンスが有ったのに、バカな参謀が、それを阻止してしまった話。

戦後イギリスから、戦犯として追求されていた辻を、蒋介石が救出して重慶に招いてくれた話。
彼は、蒋介石の庇護のもと、秘密裏に帰国、米軍の借り上げ住宅に潜み、本を執筆していた。
戦犯として追求される心配がなくなると姿を表し、参議院議員になった。
その頃中国は、共産党政権にかわっていた。辻は、日中国交回復を図ろうと、非合法手段で周恩来を尋ねるべく、ラオスのビエンチャンから、国境を越えようとして、消息を絶った。どこまでもドラマチックな生涯であった。



---終戦直後、蒋介石の依頼で、もと日本大使公邸に居残り、共産軍の情報資料を作り直した8名の日本人の末席にウチの兄が居て、それが完成したあと、ある朝突然、民間人として帰国せよと、移動させられた。あまり急だったので驚いたが、実はその日のうちに辻政信が元大使公邸に入るため、兄たちにその存在を知られてはならなかったのだった。まだ辻は戦犯で追求されていたから。
辻は蒋介石に救出を依頼するまで、バンコクの日本山妙法寺に潜んでいた。その日本山妙法寺の信者である兄は、そちらからも裏話を聞いていた。


そんな裏話も添えて、結構面白い読み物になっています。お暇があったらどうぞ。

兄の特異な戦争体験は、「日中戦争の中の青春」に、まとめてあります。
[PR]
by hisako-baaba | 2013-06-23 05:58 | Comments(2)


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
ebloさま 新しい道..
by hisako-baaba at 21:48
日本の道路は、車が走るた..
by eblo at 18:27
marshaさま 「ワ..
by hisako-baaba at 14:35
junkoさま 「お前..
by hisako-baaba at 14:26
諸悪の根源は自民党、麻生..
by marsha at 12:44
ciao hisakoさ..
by cocomerita at 01:54
ebloさま そうそう..
by hisako-baaba at 15:08
以前は、物を言う議員がい..
by eblo at 12:28
元気ばばさま お仲間に..
by hisako-baaba at 11:36
ば~ちゃんのところに届く..
by juju3291a at 08:20
marshaさま 良い..
by hisako-baaba at 18:21
勿論、買うのも、運ぶのも..
by marsha at 18:00
marshaさま 優帆..
by hisako-baaba at 17:10
dekoさま マンショ..
by hisako-baaba at 17:01
真帆ちゃんと志帆ちゃんに..
by marsha at 16:53
区民農園狭き門のようです..
by Deko at 16:52
kiyokoさま 今年..
by hisako-baaba at 16:23
お子さんたちが、農業体験..
by sidediscussion at 15:38
ebloさま この男の..
by hisako-baaba at 05:02
内容はどうあれ、はっきり..
by eblo at 23:27
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧