<   2013年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧

実に面白い一年でした。
大晦日のお昼に、ネットがダウン!なんにも出来なくなってパニック。J:COMに電話。
大会社だと技術者につながるまでに30分掛かったりしますが、隣町の会社だから、すぐに繋がって、向こうから機械の電源抜いたり挿したりできて、こっちも教わりながら、無線LANの機械の電源を抜いたり挿したり、時間はかかったけれど、繋がりました。でも古い無線LANの機械が誤作動するようなので、息子に買ってきてもらうことにしました。2日に繋いでもらえば、安心できるでしょう。

いゃ〜大晦日のうちに繋がって良かったです。
a0050728_1526232.jpg


今年は痛い怪我から始まって面白くなった! !

1月15日に膝を捻って、靭帯を傷めて歩けなくなったことから、面白いことが始まったのです。
入院先で、傾聴ボランティアのつもりで、周りの先輩達から戦争の話を聞き集めていたら、おけいさんと知り合い、彼女の一代記を纏めることになって、「96歳の遺言 戦争だけはやっちゃダメ」を、ネットで発表。
ものすごい反響があって、木村さんが、ボランティアで絵本にしたいと言い出し、いま、お仲間のボランティアさん達と、夢中になって電子絵本を作っています。
おけいさんは9月、仲秋の名月が仲天にかかる頃に昇天されましたが、電子絵本化をたいそう喜んでおられました。
私も、3月無料配信開始が楽しみです。
a0050728_1526249.jpg


一方私の語りも、お声がかかるようになって、結構忙しく、あちこち出向きました。
1月28日には、一人で1時間語ります。初体験ですが楽しみです。2月には小学校に二回行って、計6回語ります。ほかにもいろいろ---忙しくて嬉しいです。

八十代がこんなに楽しいとは、想像もできないことでした。来年もきっと楽しいとしでしょう。

皆様も楽しい年をお迎えくださいますように。



[追記]
痛い怪我で始まった面白い一年は、痛い腰で終わります。
午後、100m余りを、カートを押さずに歩いたら腰に激痛が始まり、例の風邪薬もそういつまで飲めないから、きつい痛み止めを久々に使って、痛みは治まりました。
カート無しだと自分でバランスを取るので、腰が辛くなるらしい。
もう、何処へいくにもカートです。気を付けるために、ここに記録しました。
近くてもカートに縋るべし。

あ、それから「96歳の遺言」を、書き足したので、元日にまた掲載する予定でしたが、無線LANが変で、サーフェスには繋がらず、サーフェスのワードに書いた文章を、ブログに載せることができません。
これも息子待ちです。でも、iPadが繋がって良かった良かった。






ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-12-31 15:18 | Comments(14)

貧乏神と福の神
大晦日のお話ですけど、今夜ご紹介しますね。
いつもは私、本で覚えた民話を、自分の言葉で語っていますが、物語の本質から外れないように語ります。
でもこの話だけは、本じゃなく、ラジオで一度聞いただけなので、好きなように語っています。
なぜこれを語りたいかというと、近年この種の話には、打出の小槌が登場するのが普通になっています。
貧乏神に加勢して、福の神を追い払ったら、福の神が打出の小槌を落として逃げて、それを拾った貧乏神が福の神に変身し、若夫婦に無限の富をもたらすのです。
私はこの話が嫌なんです。打出の小槌を貰っていいのは、姥捨山に捨てられた婆様で、若夫婦ではないと思うのです。
若い者が無限の富を得たら、ロクなことはないと思うから。で、打出の小槌の出てこないお話を聞いたから、うろ覚えで語り始めたのです。では私が勝手に語る「貧乏神と福の神」をご紹介します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


貧乏神と福の神

昔あるところに働き者の兄さんが一人ぼっちで住んでおった。
よく働くのになかなか暮らしは良くならず、広い家も荒れてきた。

周りが心配して、嫁さんを世話してくれた。
この嫁さんがまた大した働きもんで、気だても良い。
お粥でも、団子汁でも、なんでもこしらえれば、真っ先に「おらえの守り神さん、食べてけろ」とおそなえしてからでないと、箸を付けない。

若夫婦はたいそう仲が良くって、夜明け前から日暮れまで、せっせせっせと稼いだから、暮らし向きはだんだん良くなって、家も綺麗になってきた。

三度目の年越しにゃあちっとばかり餅もついたし、塩ジャケをな、1匹丸ごと買うこともできた。
「いい正月ができる」と夫婦が喜んでいると、押入れの中でぐすんぐすんと泣く声がした。
びっくりして開けてみると、痩せ~こけた、汚なげ~なじい様が、顔中ぐしょぐしょにして泣いとる。
「おめえ、だれだ?」と聞くと、
「おらはこの家に百年この方住んどる貧乏神だ。はあ、おめえ方夫婦が、あ~んまり良う稼ぐもんだで、とうとうおらはこの家さ居られなくなっちまった。今夜除夜の鐘がなれば、福の神がやってきて、おらはおっぽり出される。
こんな住み良い家は他にゃあねえから、出て行くのが辛くて辛くて、泣いてんのよ!」と言った。すると嫁さんが、
「ず~っと、一緒に住んでたんだべ? なら なにも出てゆくこたあねえんでねえの?」と言った。すると兄さんも、
「そうだそうだ、なにも出て行くことなんかありゃあしねえ。福の神がきたら追っ払っちまえ!」と言った。
貧乏神はたまげた。今までこんな優しいこと言われたことがない。
「ほんに、それで、ええんだか~?」と念を押して、
「だば、おらに飯いっぺえ食わしてくれ。力ぁつけて福の神をおっぱらうから」と言った。
夫婦は鍋いっぱい飯を炊いてシャケも焼いて、漬物も刻んでやった。
貧乏神は「うめえうめえ」と大喜びで全部平らげた。そうして除夜の鐘を待った。

除夜の鐘が一つ鳴ると、表口から「ごめんなんしょ」と、福の神が入ってきた。そうして、貧乏神がまだそこに居るのを見ると、
「やい貧乏神!この家はもうおめえの居られる所でなくなった。とっとと何処へでも出て行け!」と怒鳴った。すると貧乏神は、「なにおっ」と言って体当たりして行った。
不意を突かれて福の神は少しよろけたが、何しろ肥ってるし重たいから、そう簡単には追い出されねえ。
すると兄さんが、「それ!貧乏神負けるな!がんばれ!」と言って貧乏神の背中を押した。嫁さんも
「それ!貧乏神負けるな!がんばれ!」と言って、兄さんの背中を押した。
福の神はたまげた!今までどこさ行っても大歓迎されるおらだのに、ここの家のもんときたら、福の神のおらを追い出して、貧乏神と暮らしてえと言っとる。こりゃあ一体どういう了見だ!?」と首をかしげた。その途端兄さんが、
「それ!そこだ!ぶん投げちまえ!とさけんだ。貧乏神は、馬鹿力が出て、福の神を外へ突き倒してしまった。
福の神は、
「もうこんなヘンテコな家には、二度ときてやらねえからな」と言って、お尻をさすりさすり逃げて行った。

だから---この夫婦は、一生大金持ちにはなれなかったな。
でも、良い子供らをたくさんさずかって、幸せに暮らしたということだ。

貧乏神は今もこの家にいるらしいよ。それで、この家の子孫は代々みんな働き者なんだそうだ。おしまい。

ーーーーーーーーーー

と勝手に語っている私です。棚ぼたは好きじゃないんで。私バージョンの貧乏神と福の神です。

でも、勝手に余計なことくっつけすぎていると、不評を買ってもいます。説教くさいかな?
a0050728_21442079.jpg







ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-12-30 21:20 | Comments(12)

痛い風邪
昨日の夕方鎌倉街道から見た富士山です。
a0050728_2350338.jpg


土鍋にいつの間にかかすかなヒビが入ったので捨てて、昨日ホームセンターに買いに行き、たくさん歩きました。(昔なら、お粥を炊いて、ヒビをふさぎ、まだまだ使えたものだと思いながら、年末最後のゴミ出しに捨てました)

今日もいつものスーパーまで、往復歩きました。歩き過ぎたのと、風邪が治らないのとで、左の大腿四頭筋が悲鳴を上げています。
夕飯の支度の辛かったこと。湿布と懐炉を貼っても、立っているのが辛く、歩いても痛いけれど、座れば痛みませんから、寝るにも支障はないでしょう。痛み止めは使いません。
今日は買い物に出る前から、痛みそうだったけれど、出かけたおかげで、安い買い物がいろいろできました。

フリースは傷みが早いかと思って、一着も買ったことがなかったけれど、今日暖かいTシャツを買いに行ったら、フリースの、グレイの水玉のシャツとズボンが有って、(シャツは薄いグレー。ズボンは濃いグレー)気に入りました。2割引きだと思って買ったら4割引きでした。

夕食は寄せ鍋。昨日買った土鍋は、深さが有って、吹きこぼれにくい形だと書いて有りましたが、使う前にお米のとぎ汁を煮立てたら、吹きこぼれました。
でも可愛いし、びっくりするほど安いので良かったです。
a0050728_23503468.jpg






ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-12-29 23:42 | Comments(10)

日経新聞の記事
日経新聞の記事を紹介して良いのかどうか知りませんが、どうしても気になるのです。

24日朝刊「春秋」より

昭和16年12月8日真珠湾攻撃の日---評論家の亀井勝一郎は「奴隷の平和より、王者の戦争を!---」と呼びかけ、
高村光太郎は「記憶せよ、12月8日」と言う詩を書き、「この日、世界の歴史改まる。アングロサクソンの主権、この日東亜の陸と海とに否定さる」と言っている。---中略---
きっかけさえあれば、そういう思いは人々を捉えるのかも知れない。安部首相の靖国神社参拝に、「失望」の声明を出した米国への、まるで72年前の言説のような、激しい言葉がネット空間を飛び交っている。「外交的に孤立しようと、日本は我が道を行け」そんなコメントは数しれず、歴史が巻き戻されたかのようだ。
ナショナリズムはしばしば暴走する。中国や韓国に加えて、米国にもそれが向かうとすれば、危機はいよいよ深まろう。自らの振る舞いが災厄を呼び込みつつあるという自覚はけれど安部さんにはないようだ。高揚するこの人を誰も止められず、その先に何が待つ。

~~~~~~~~

そんなにネット上でナショナリズムの発言が、溢れかえっているのですか?由々しきことじゃないですか。
72年前、こんな風に国民を煽りたて踊らせた。
中国で10年も戦い続け、もう物も金も人も足りないのに、聖戦だと言って、戦火を拡大してしまった。言論人にも大きな責任がありますね。
今はネット社会。暴走が起きたら止めようがない。どうなるんでしょ。
歴史が繰り返されたら恐ろしい。






ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-12-28 10:20 | Comments(4)

パソコン早く欲しい
10日ぐらい行かれなかったリハビリに、昨日と今日行くことができました。明日午前中までありますが、行かれません。
昨日は、カレンダー届けにきてくれた電気屋さんに、トラックで病院まで送ってもらい、帰りはバスで帰れました。
今日は歯科が2時でそのあとリハビリだったので、ゆきも帰りも歩き。買い物とで4キロ近く歩きました。
a0050728_2275856.jpg


息子が会社の納会のあと夕方来てくれて、パソコンを父に教えてくれました。
私にしきりとiPadミニを勧めてくれますが、私が早く欲しいのは、ウインドウズ8の、ノートです。
大型店まで歩けなくなったので、機種選びができません。

iPadは覚え易く、1時間の手ほどきで、ブログもメールもできました。だからミニだって、簡単でしょう。でもまだ2台目は要りません。

この前は、タッチパネルなら分かりやすいと思って、サーフェスを買ったのが間違いで、分かりづらいこと---もう大変です。習いに行けば良いのでしょうけどね。

iPadは推理しながら理解が進みますが、サーフェスは推理のしようがないのです。
しかもフリーズする。96歳の遺言を書いたり訂正したりに、画面が上下に走るやら、全く動かなくなるやら、倍の時間を要しました。

だから、とにかくウィンドウズ8が欲しい。自分で歩いて選ばなきゃね。
a0050728_2275975.jpg






ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-12-27 22:02 | Comments(8)

96歳の遺言を書き足しました-----挿絵の一部が見られます
夕べはちょっと夜なべをして、96歳の遺言に手を加えました。
私たちの勘違いで、よけいなことを書き足していた象の話も書き直しました。

おけいさんの6歳の時の記憶は正確で、関東大震災のとき、浅草観音の本堂と五重の塔は、周辺住民の協力で、延焼を免れており、境内には避難民があふれていたのでした。
そこへ、近くの遊園地花屋敷の園丁(動物の飼育係)のおじさんが一人で仔象を救出してきたのでした。

子供でも象は大きいから、お母さんは危険を感じてそこを離れたのでした。結果的にはその素早い行動が、列車に座って避難できる結果をもたらしました。象が来てよかったのですね。

日暮里駅に行く途中、全く焼けていない街が有ったと、おけいさんは言っていました。瓦が落ちたぐらいで、家は潰れていない地域が有ったと。そこの人達が、おにぎりを作って、避難する人々に配っていたと。

麻布にもそういう町が有って、うろ覚えでは市兵衛町と言ったような?1丁目と2丁目があって、どちらかは丸焼けになったが、父が住んでいた台地の上は揺れが少なく、家屋の被害が小さかったと兄に聞きました。
父は震災当日鎌倉の家に居て、歩いて麻布に着いてから、炊き出しを始めたそうです。たまたまお米を沢山買いこんだ直後だったので、個人でおにぎりを配ったと言っていました。

避難民が押し寄せた関東各地の駅前でも、おにぎりを配ったそうです。

そんな情報も見つけて頂いたので、いろいろ書き足しました。

夢中になって書いていたら、真夜中を過ぎていました。

今、「96歳の遺言 電子絵本化プロジェクトチーム」の、文章のプロ達に、読んでもらって居ます。
最終原稿を確認したら、お正月、元日のブログに載せ直したいと思っています。
3月には、無料配信の絵本が完成します。
木村さんは、最後の絵を描いているところだそうです。素敵な絵ですよ。
木村さんはギリギリのところで、おけいさんに会えましたから、彼女の描くおけいさんのお顔はよく似ています。ここに木村さんの絵が数枚掲載されています。関東大震災の東京から脱出する部分です。

a0050728_21511472.jpg








ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-12-26 18:24 | 96歳の遺言 | Comments(2)

年賀状は少しだけ出しました。
引っ越しした翌年に、年賀状出すのが遅れたら、えらく心配して下さって、元の家に電話して、通じないから大騒ぎしてくれた友人が有りました。
普段疎遠にしていて、毎年元旦に届くはずの私の年賀状が遅れると、ひどく心配をかけてしまう年齢になったわけです。死んじゃったんじゃあないかと。

今年は、元旦に届かないと、心配される方々にだけ出しました。電話番号の変更もお知らせして。

メールできる方、ブログを読んでくださる方には出さなくても、死んだとは思われないから、今年は出しません。ごめんなさい。
お正月にお返事は書きましょう。

今年の年末はバタバタして懲り懲り。来年は11月から年賀状を作り始めましょう。

今年も水仙の絵を描いて見たのですけど、あまりにも下手なのでやめました。
万年筆で長文を書き「96歳の遺言」が、電子絵本になるので、お孫さんにでも見てもらって欲しいと、お願いしました。
今日出した方には元旦につきますね。ホッと一息です。






ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-12-25 17:01 | Comments(2)

軍歌が出てくるのはなぜ
この頃、いきなり軍歌が口をついて出てきて、これは何だっけ?とまごつきます。
安部政権がなんだかきな臭いから、戦争を思い出すのでしょうね。

轟くつつ音、飛び来る弾丸
荒波洗うデッキの上で
闇を貫く中佐の叫び
杉野はいずこ 杉野はいずや………あ、広瀬中佐の歌だった。

日露戦争だ。明治37年、旅順港閉塞作戦で、部下の杉野兵曹長を救おうと必死になって、船を離れるのが遅れ戦死した広瀬少佐は中佐になり軍神と崇められた。従軍記者のペンから生まれる英雄譚や美談は、色々あった。

杉野兵曹長は、この時すでに海に投げ出されており、命は助かっていたが、自分が名誉の戦死を遂げたことになっていては、国に帰ることは出来なかったと、後年話題になった。中国でどんな人生を送ったのやら?

また口を突いて出た歌。

ほづつ(火砲)の響き遠ざかり
あとには虫も声たてず
倒れし人の顔色は
野辺の草葉にさも似たり------あ、これは、最終回だけ見られた大河ドラマで歌っていたっけ。
「心の色は赤十字」で終わる歌だった。


何で次々思い出すのかな。

与謝野鉄幹までも、捏造の軍国美談を歌詞にしている。「爆弾三勇士」の歌だ。

敵の陣地を守る鉄条網群を爆破する為、竹竿に爆薬を詰め、導火線に火をつけて投げ込んだ。他の仲間は皆成功して生還したのに、三人だけが事故で失敗し、途中で爆死した。彼ら3人の持つ竹竿は、敵の陣地を爆破することなく、ただ3人を爆死させたのだった。それを、覚悟の特攻攻撃が成功したかのように報道し、歌にし、芝居にし、あらゆる方面でセンセーショナルにもてはやした。昭和7年のことらしい。上海事変も支那事変も宣戦布告なしのままだから、事変なのだ。正式の戦争ではないままずーっと続けられた。

14年間も戦争をやめられなかった。もう真っ平です。
マスコミを巻き込んで嘘をでっち上げて、国民の士気を高めた昭和の戦争。馬鹿馬鹿しい!

もう軍歌なんか思い出したくない。





ーーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-12-24 17:17 | Comments(8)

まだ年賀状に取り掛かれません------昔の作文発見
今日も疲れました。
新しいプリンターの使い方が解らず、それを勉強してから年賀状に住所を入れるのでは、年が明けてしまうので、住所氏名電話メールを横書きで、A4一枚の中に10枚分と、夫用に2枚分書いて、印刷したものを切り分けて、葉書に貼ることにしました。
ところが、ワードが度々フリーズ、一々再起動しなければならないのでした。

どうにかできたら、俺のも作れと言われて、貴方のも作ってあると言ったら「もっと字を大きくしろ」そんなことしたらはがきに貼れなくなる、と言うのに聞かない。言うとおりにしたけど、案の定たくさん印刷したのに使い物にならなかった。

まずは自分の年賀状に絵を描きたいのに、部屋の片づけが先だと言う、確かに散らかし過ぎているけど、年賀状出してからでいいじゃないの。でも、しぶしぶ片づけた。

それなのに探し物は出てこない。くたびれるばかりで一日買い物もできずじまい。腰が痛い。

でも面白いものが出てきた、七十代で通った一橋中学の卒業間近の国語の授業で、5年後の自分にあてて書いた手紙。
73歳の私が、78歳の私に書いている。

(ここから先は、夜に書き足しました)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

78歳の私へ
きっとあなたはいくつもの夢を叶えているでしょう。
家の事情で、高校進学は1年遅らせたから、丁度卒業の年ですね。
高校では若い友人も増えて、昭和の時代の戦争を語り継ぐ機会もできているでしょう。
アマチュアのライターとして、様々な機会を捉えては自分の思いを発信しているでしょう。
もしかしたら、同年代の方々の自分史作りのお手伝いをしているかもしれませんね。
会話のテープから文章を起こして、他人さまの人生をまとめる。気の合う方の、共感の持てる生き様に触れながら、そんなボランティアが出来たら楽しいでしょうね。
子育てに行き詰っているお母さんには、心配しなくても大丈夫よと、言ってあげたいし、若い人を元気付けるのは得意だから、たくさんの人にエールを送り続けているでしょう。
東京の孫娘たちは8歳と5歳これから生まれるスペインの孫は4歳。それぞれに絵手紙で童話を送りましょう。
78歳、まだまだ役に立てることはあると思います。
そのためにも、健康に気をつけて、楽しい暮らしを続けてください。
2005年2月8日

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

うーん。高校進学はできませんでした。
アマチュアの物書き、この8ヶ月後から、ブログを書き続けています。
人様の自分史のゴーストライターは「96歳の遺言」で実行できました。もっとやりたいです。
孫に絵手紙、実行できてないな〜

だけど、この頃には、まだまだ予想も出来なかった「語り手」になっています。ま、高校、大学へ進学の夢は絶たれたけれど、それ以上に楽しいことをやっていますから、ま、これでいいのだ。と言えますね。
a0050728_2145798.jpg






ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-12-23 18:34 | Comments(18)

切り替え終了しました
昨日の午後、2時間余りかかって、電話とネットの切り替え工事が終わりました。
メールアドレスは、niftyがgmailに変わっただけです。他の文字はすべて元のまま。

切り替え工事では、パソコンを1台だけ無料で繋いでくれます。2台目からは有料なので頼みません。
新しいパソコンをまだ買ってないので、古いのに、違うOSを入れたパソコンを繋いでもらうつもりが、WindowsでもMacでもないので、さんざんいじっても、わからないとのこと、それではとサーフェスを出したら、触ったことがないそうで、でもこれは繋いで貰えました。解りにくいのばかりで気の毒しました。

後は、息子に電話で指示してもらって、パソコンもipadも使えるようになりました。
息子は来られなかったけれど、電話で用は足りました。

その事を、ブログに書いたのですが、送信しそこなったらしく、消えてしまいました。
a0050728_17361548.jpg


昨日から、脚の痛みがかなり酷く、のどもガラガラなので風邪ですね。

今日は買い物と年賀状書きの日のつもりが、暖かい晴天なので、夫が大掃除を始めてしまい、付き合って新聞紙でガラス拭き。

買い物も行ったのでへとへとです。年賀状にいつ取り掛かれるのでしょう!?

古い傘の、止め紐のボタンが錆びて、外れにくかったので、蝋燭でこすって、何度も嵌めたり外したりやっているうちに、ロウがなじんで楽に外せるようになりました。金属のジッパーも、ロウを塗れば楽になりますね。








ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2013-12-22 17:19 | Comments(8)


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
ebloさま この話は..
by hisako-baaba at 11:11
kiyokoさま 前川..
by hisako-baaba at 11:07
私のブログにリンク貼らせ..
by eblo at 08:30
多分前川氏は例外の人物で..
by sidediscussion at 08:29
marshaさま 前川..
by hisako-baaba at 07:20
共謀罪法案成立に狂奔する..
by marsha at 06:40
kiyokoさま え、..
by hisako-baaba at 18:27
nagakoさま あ、..
by hisako-baaba at 18:23
ebloさま 現代でも..
by hisako-baaba at 18:21
ペニシリンもストレプトマ..
by sidediscussion at 17:07
こんにちは 若い頃会社..
by nagako1953 at 17:00
20年ほど前に姪が結核に..
by eblo at 16:33
元気ばばさま 結核は戦..
by hisako-baaba at 15:19
私の世代では周りでかかっ..
by juju3291a at 14:56
けいこさま 一人で行き..
by hisako-baaba at 14:33
marshaさま 戦後..
by hisako-baaba at 14:29
お誘いは嬉しいけど・・・..
by love-t_k at 13:57
子供の頃、肺病は恐ろしい..
by marsha at 13:57
marshaさま お山..
by hisako-baaba at 06:59
後藤田正晴さんは立派です..
by marsha at 04:35
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧