<   2015年 07月 ( 41 )   > この月の画像一覧

アニーローリー吹けそう
昨夕、お医者さんが閉まってしまう6時になって、いつもの感染症を起こしたことに気づきました。
30分早く気づいたら、内科に駆け込めたのに。
予備の薬を飲んでも、夕食作りの時間はまだ痛みがあってきつかったけれど、幸い簡単料理の材料を買ってあったので、なんとかなりました。

a0050728_1372732.jpg

今日はオカリナの日だけれど、8時半過ぎに家を出て、一番近い内科に行ったので、9時半には帰宅できました。
早い時間なのでついでの買い物はできないまま、道路に影があるうちに帰宅。
カボチャとセロリの冷製スープが食べたいので、段取りをつけて、10時に少し遅れてオカリナの稽古に参加。
アニーローリーは、意外なほど付いて行ける。もう合奏にはついて行けないかと思っていたけれど、新年会までにはなんとかなりそう。練習時間は少ないけれど。

今日はもう家にこもります。昨日の高齢大、歩きで往復し買い物もしたので、疲れたのです。
さあカボチャの冷製スープを作ってお昼にしましょう。
a0050728_1372840.jpg








ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2015-07-31 13:08 | Comments(14)

三芳の農業は凄いんだというお話
今日の高齢大学は最高でした。
講師が元ここの公民館長で、歴史民俗資料館長を最後に、退職されて2年が経つ、考古学者でもある、松本富雄先生。知識の宝庫で、しゃべりだしたら止まらない先生です。実に面白い。

a0050728_17505878.jpg

昨日の朝、宮城県の山元町に行って、遺跡の発掘問題の相談などに夜までかかって、車で帰り着いたのが午前2時だったそうです。わずかに仮眠して、北本市のご自宅からまたここまで車を飛ばして、60代半ばで凄い体力。

山元町の高台の、津波被災者の移転用地に、凄い遺跡が出て発掘調査中のようです。真っ黒に日焼けしておられるのはそのせいでしょう。

三芳町も、遺跡群の上にあるようなところなので、いろんな場所の発掘を長年なさった方なのです。


今日の講義は、三芳の農業は昔から凄かったというお話。
北条氏の時代から、竹間沢の地名が記録にあり、川沿いに田んぼが続く農村だったようです。
竹間沢の台地の方は、天保年間になってから開墾されたようです。(勿論開墾より遥か昔、先史時代から人の住む土地ではあったし、奈良時代には、朝鮮から亡命してきた陶工たちが土地を与えられて窯を築いていました。地割りをして畑を作り村の形にしたのが江戸時代ということでしょう)

350年前、今のふじみ野市大井にあった宿場に何かあった時のために、代わりになれるよう、藤久保の村が開拓され、320年前北永井が開墾され、310年くらい前、川越藩主柳沢吉保の命で、三富新田の大開発に至ったそうです。

でも、江戸時代に開拓された所は武蔵野台地の上なので水が乏しく、米を作れない畑地ばかりでした。

田圃は採れ高によって、毎年年貢を決められますが、畑は田圃より劣るとされ、年貢はお金で納めるのですが、とても安かったそうで、一度この畑は年にいくらと査定されれば、その後どんな儲かる作物を作っても、年貢は変わらないため、頑張るほど儲かりました。そこで農民には意欲が湧き、作物の研究も進みました。

畑地では小麦を作りました。うどんはこの地の名物でしたが、明治3年に製麺機が出来ると乾麺を売るようになったそうです。

麦は地中深く根を伸ばして、マグネシュウムなどを、下の地層から引き出すので、土を良くし、連作障害を起こさせないそうです。
戦後日本の小麦はパンには向かないからと、アメリカ小麦が大量に入ってきて、小麦の生産をやめたら、土地が弱って連作障害を起こすようになった。今では冬の間麦を育てて、収穫しないで、畑にすき込んでいる。(なんで麦を途中で埋めてしまうのかという疑問が解けました)

戦争中に県の試験場でパンに合う小麦を作り出していたのに、今その種類は北海道で細々と作られているだけなので、種を分けてもらって、埼玉で復活させたいそうです。

蕎麦も産地で、今も作られています。


江戸時代からこの地では、いまで言う第6次産業(農業、工業、商業を、全部一人でやる仕組み)を、実践していたそうです。作って、加工して、江戸で売る。江戸に日帰り出来る立地の強みでした。

早朝から牛車に野菜を積んで江戸に向かい、巣鴨の市場に卸せば、帰りは牛がひとりで戻るので、車の上で眠っていればよかったそうです。


青木昆陽が小石川でサツマイモの栽培に成功してから僅か19年後にサツマイモを導入し、成功を収めます。芋は川越から舟運で江戸に運んだので、川越芋として有名になりました。
商人を通してばかりいないで、江戸は神田に直売所を設け、夏に採れ始める千葉のさつま芋を先に売ってから、そちらがなくなる頃から「むろ」で保存しているこの地のさつま芋を次の夏まで切らすことなく売り続けたそうです。

この地の農民は識字率が高かったし商才もあったのですね。

a0050728_1751026.jpg

他に特産品は、紅花。加工して出荷。京都では紅の特産地と評判だったそうです。

藍も一大産地で、今も残る茅葺の大きな古民家は、藍を育てて、発酵させ加工して売るだけでなく、染物まで手掛けて半纏などを売り、財を成した家だそうです。

江戸の後期には、牛蒡の素晴らしい新品種を作り出し、山田早生牛蒡と言われ早く育って肌が白い牛蒡だそうです。

人参の産地でもあり、戦後には県知事賞を受賞しています。

東京カボチャの発祥の地は、三芳だったらしいという話もあるようです。

江戸時代から大根の産地で、干し大根を売ったり、たくあんに加工して売ったりしていました。

箒もろこしは、土壌改良のために栽培され(麦のように土を良くする植物なので) 座敷箒を作っていました。

前回の東京オリンピックで、道路整備が進み、オート三輪が普及して、根菜類から小松菜、ほうれん草、青梗菜など葉物野菜へと変わって行きました。
a0050728_1751179.jpg


武蔵野の雑木林は貴重なもので、木があれば地下水の水位が上がり、木がなくなるとどんどん砂漠化してゆく。関東ローム層のこの地では、林がとても大事な役割を果たしているのだそうです。

もっともっとお話を聞いたけれど書ききれません。

終わってから「今も語りやってますか」と聞かれたので、「独演会もやっています」と言いつつ、昨日行かれた「宮城の山元町には津波にのまれてもひとりも死ななかった小学校がありますね。新地町の仮設に泊まった時、見てきました」などとお話しました。3年ぶりにお会いして楽しかったです。








ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2015-07-30 17:57 | Comments(4)

思いもよらぬ失態
昨夜、胃散の袋に腸の錠剤を入れてから、水で勢いよく流し込んだらイタタタ! 何かが喉に刺さった感じ、その時点で懐中電灯持って鏡に向かえば、ピンセットでつまみ出せたでしょうに、慌てて激しく咳払いを繰り返しました。

とうとう誤嚥をやったのか? いいえ気管に異常なし。
喉に小さな釘が横向きに引っかかっている感じ、激しく咳払いをして、飛び出したものを見て呆れました。錠剤1錠分の四角い台紙、いえ、紙じゃなくアルミだから、なんていうのか知りませんが、錠剤を包んでいたもの。
腸の錠剤を取り出して、胃散の袋に入れたのに、なんでパッケージの部分まで、入れちゃったのか?説明がつきません。とにかく鋭角のアルミ片を、飲みそうになったのだから痛かったわけです。
未だに喉に違和感がありますが、昨夜試しに、刺激の強いリステリンを口に含んで見て、シミなかったので一安心。

民話を1時間淀みなく語れるからといって、油断は禁物。ついうっかりが増えているのです。自己を過信せず、かなり危なっかしい年寄りになったのだと、自覚しましょう。
a0050728_12523459.jpg

今朝は室温28度。少しマシだったので冷房はつけず、10時から買い物に出ることに。
洗濯は、11時まで干しに出られないから(南南東向きベランダは11時前までジリジリ暑くて、干してなどいられないのです)洗濯機を回しておいて、10時にドラッグストア2軒で目的の食材をさっさと買い、最後に安い八百屋に寄って帰りました。この順番に回るのは、八百屋さんが緩い坂の下にあるから。普段は坂という意識もないけれど、重い野菜をカートに積んで登るときは、坂なんだ〜と感じるから、八百屋さんは最後に寄ることにしています。
戻ってすぐ、エアコンをつけて、影の出来たベランダで洗濯を干して、座り込んだところです。

町の無線放送が、熱中症予防を呼び掛けています。リビング・キッチンは28度。手元にスポーツドリンク。私は万事OKです。
リタイヤ人生はありがたい。

炎天下で働く現役の皆さま、どうぞお気をつけてください。

デモに参加の皆さまも、倒れないでくださいね。

a0050728_14573291.jpg

sideさんのところから頂いてきた画像です。







ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2015-07-29 13:06 | Comments(24)

トウモロコシの皮の姉さま人形・・・出来るまでの画像
トウモロコシ、あまり新鮮ではないけれど、一本買ってきて、姉さまを作りました。
作り方を説明して欲しいというリクエストを頂いたからです。
8年ぶりに思い出しながら作りました。
a0050728_1522124.jpg

まず、トウモロコシの軸を実の根元まで切り落として、皮を下から剥きます。上からむくと破れるので、付け根を包丁で切ってからはがすのです。


形の良い皮に、ヒゲを少し置いて、糸も置きます。
a0050728_13191015.jpg

それをクルクル巻いて、糸で輪に止めます。
a0050728_13191117.jpg

止めた側が顔です。
顔をつけます。
a0050728_142884.jpg


前髪を作ります。(つけないやり方もあります)前髪の写真がありませんでした。

島田髷を作ります。中にヒゲが少し入っています。
a0050728_13191213.jpg

前髪と島田を一緒に輪の中に入れて首を結びます。
a0050728_1319133.jpg

これで首は完成。
着物の折り方は、襟を作ってから襟元を折ります。
a0050728_13191377.jpg

それから両脇を折ります。これだけです。
a0050728_1319145.jpg

着物を着せて、帯を締めます。
a0050728_1522023.jpg

あまり上手く出来なかったので、もう一つ別の作り方をしました。
a0050728_1522124.jpg


a0050728_152227.jpg

今度はヒゲを入れないで、前髪も無しです。こっちが良いかも。手順は同じです。
a0050728_1522312.jpg


糸は見えるように太いのを使いましたが縫い糸が良いです。

大きい千代紙がないので、しわくちゃのお菓子の包み紙を着せました。
帯は折り紙です。
a0050728_17484773.jpg


紙の姉さまはもっと簡単に作れます。昔は半紙を菜箸にゆるく巻いて、ぎゅっと押しつぶしてシワシワの紙を作り、白い頭の姉さまを作っていましたが、今ではシワシワの黒い和紙を売っていますから、それを使えば様々な髪型ができます。
千代紙で着物や帯を作るのも簡単です。作り方はこれと同じで、髪型と帯の結び方を工夫すれば面白いでしょう。



ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2015-07-28 15:37 | Comments(14)

ぬりえを利き手と逆の手で塗ると 脳の血流が良くなる_____junkoさんのブログに行ってみて
昨夜いいことを聞きました。テレビで。

脳血管性認知症でも、アルツハイマーでも、脳の血流を良くすることが予防になるそうで、頚動脈のエコーで、動脈硬化の程度を知るのは大事なことだそうです。

普段から、利き手でない方の手をなるべく使うのが、非常に良いとのことでした。
脳は使っていない部分の細胞が毎日どんどん死滅してゆくので、普段使わない部分を使うと、慣れない仕事をその部分の脳が頑張ってやるために、より活性化するのだそうです。

塗り絵も効果的なので、慣れない手で、はみ出さないように描くのが、より一層効果的なのだそうです。

私は子供の頃から塗り絵が嫌いでした。人さまの描いた絵に色を塗って何が面白いの?と、馬鹿にして、塗り絵を買ったことは一度もありませんでした。

大人の塗り絵が流行りだしても、なんとなく馬鹿にしていました。
ところがこれがたいそう効き目があるそうで、やってみる気になりました。
買いに行ってみようと思います。

今左手でタッチパネルに触っています。ちょっと動作が遅いですね。

ボケ防止なら私は、語りをやっているし、ブログを書いて写真を載せているし、たどたどしいけれどオカリナを吹いています。でも、まだまだなんでもやってみましょう。
左手で料理は無理ですね〜。私の左手はとっても不器用なので。

a0050728_22484431.jpg

すてきな公園ね、志帆ちゃん。(板橋区赤塚公園)


数日前から私のiPadではリンクが貼れません。どうしても直らないので、コピペでお願いします。

http://cocomerita.exblog.jp/24724882/ これをコピペしてjunkoさんを訪ねてみてください。
この前私もリンクした、京都大学有志の声明文だけでなく、他にもいろいろ載っていますので。








ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2015-07-28 10:01 | Comments(4)

不味いものが続いちゃいました_____アニーローリー吹けるかも
今朝になっても相変わらずリンクが貼れません。
私だけ? それともエキサイトブログすべてで起きているのでしょうか?
皆様のところではリンク貼れますか?


安物買いの銭失い! が続いています。ちょっとうんざり。

先日、図書館の帰りにわざわざ、二つ先のバス停まで歩いて、回転寿司によりましたら、前回より一段と不味くなっていました。
このお店が最高に美味しかったのは、消費税が8%に上がった直後でした。
わさびがダントツ違いました。その前までは、粉わさびを溶いたもののようでしたが、本ワサビに近いものに一挙に変わっていたのです。シャリも良くて、美味しい時期がありました。
でもその次に行ったら、がっかりで、最近はシャリが、なんとも味気なくて、もう行く気がしません。

昨日大型店に行って、うなぎの特売を目指したら、うちの方のスーパーの2倍の値段なのに身が薄くて、買う気がせず、お寿司を買いましたら、これがいつもより不味かった。私の口がおかしいのかな?
でも、シャリがバサバサで、炊き方が悪かったんじゃないかしら?

それから一昨日のスイカ。1/6切れしか買わなくてよかった。甘くないだけじゃなくて、香りも変でした。見た目問題なかったのに。安いものに手を出すなってことね。

a0050728_1153616.jpg

今日もかんかん照り、夕方まで外は歩けません。
夕食用には酢豚の材料が届くけど、ピーマンを追加して、甘すぎるタレは半分だけ使って後は自分で味付けします。

便利な食材キットですが、いろいろ問題があり、先日苦情を伝えました。配達は生協ですが、メーカーは3社あって、1社は切った野菜を別々に小袋に入れてくれますが、後の二社は、人参もピーマンも玉ねぎもごちゃ混ぜに袋詰めしてくるので、一々選り分けて時間差で炒めなければなりません。そんなことなら自分で切る方がよっぽどいい。
キャベツがまた、硬い種類で、軸も太いのにそのままぶつ切り。軸はそぎ切りにしないと同じ時間に炒められないのに。
酷かったのは、軸の周辺、8✖️5cmという大きさにカットしてあったこと。これそのまま炒めたら噛めません。
献立の種類が少なくマンネリになるからやめようかなと考え中です。この頃買い物に出歩けますから。でも暑い間は・・・外出を減らすために続けるべきかも。

a0050728_1153754.jpg


トウモロコシの皮で作る姉さま人形を教えて欲しいと言うコメントを頂いたので、新鮮なトウモロコシを買いたいけれど、採れたてが近所にはなくて、それなら半紙で作る姉さまの基本を説明するのもいいかも。

a0050728_17114618.jpg



オカリナの先生がまた楽譜を何曲もプリントしてポストに入れておいて下さいました。31日までに、ロンドンデリー エアにトライしてみてくださいとありますが、音域が広すぎます。私のオカリナで出し得るすべての音を使う曲なんて、到底指が追いつきません。無理無理! 一回指を動かしてみて戦意喪失。
でも、アニーローリーなら、なんとかなるかも。高音は出せるので。何れにしても、何曲も並行してお稽古は無理。アニーローリーならそれだけやりたいです。









ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2015-07-27 10:57 | Comments(8)

40代50代大丈夫なの???
(エキサイトおかしくないですか?昨日から全くリンクが貼れません。皆さんは貼れますか?)


18歳から選挙権、ということで、高校生にインタビューしているテレビがありましたが、安保法案に全く無関心な子ばかり、写していました。
家で安保法案の話をしますか?と聞かれて、親はそういう話を全くしませんと、全員が言いました。

一方、親世代のインタビューでは「よくわからないから話題にしない」という呑気な答えばかり。
まさかね、そういう答えを選んで放送しているのでしょうけれど、こういう家庭は、親の責任を自覚して欲しいと思いました。

一方では、この事態を、自分たちの脅威と感じて、デモに加わっている高校生たちがいます。両極端なのかな?

大半の高校生の親御さんたち・・・大丈夫なんでしょうか? 家庭で話題にできるよう、勉強してもらいたいです。

ひしひしと危機を実感しているのが、じじばばと若者たちで、中年はのーんびり? 「いいえ、日々の暮らしが厳しくて、他のこと勉強してる暇なんかないんです」って言われそうな気もする。

安保法案が一まとめで乱暴に通ってしまったらどんなに大変か? 危機を感じませんか?

どんなに危ないことか、世界各地に敵ができて、それがわーっと増えてしまって、東京を歩くことも危険になる。原発がテロ攻撃を受ける・・・
そういう危険から日本を70年間守ってきたのが平和憲法でしょう。日本の信用の核になっていたのが世界に類のない日本の平和憲法でしょう。

スペインのカナリア諸島の町に、日本の憲法九条をたたえる石碑があるというのに、当の日本がそれをゴミ箱に捨てたら、なんと思われるでしょうか?

名を残したい安倍晋三氏は、最悪の汚名を残すことになるでしょうね。

a0050728_11155786.jpg

[PR]
by hisako-baaba | 2015-07-26 11:09 | Comments(4)

外を歩けない暑さ
今日の蒸し暑さは朝から大変なものです。
でも、土曜日だし、薬局に行かないと、目薬が足りなくなる。病院のそばの薬局までは行かれないけれど、内科医院の前の同系列の薬局まで行くことにする。
わたしのブログを読んでくださっている薬剤師さんに久々に会えた。
3ヶ月分の緑内障の薬の高さにびっくり。医療費ずいぶん使ってるな〜 と気がひける。

スーパー2軒寄って、安い八百屋に立ち寄る元気なく、急いで帰って、冷房でホッとする。
明日も特に用事がないし、安い八百屋さんは休みだし、引きこもろう。

a0050728_16155534.jpg

a0050728_16155595.jpg

ど根性マツバボタン。下水の蓋とコンクリートの隙間から生えています。

今日、エキサイトにリンクを貼れないのは私だけでしょうか?
リンクのボタンに触ると真っ暗になって、インターネットが終了になってしまいます。ヘンです。




ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2015-07-25 16:05 | Comments(6)

蝮さん来たる
今日の高齢大学は、TBSラジオの生中継が入って賑やかでした。

大沢悠里のゆうゆうワイドの中で、毒蝮三太夫さんのコーナー。
a0050728_12443863.jpg

放送中は彼の芸風である毒舌も少しは出たけれど、町のお店訪問よりは少なかった感じで、放送後のおしゃべりは、政治批判も交えた、まじめな話が主でした。
a0050728_12443939.jpg

今日の衣装は、ファンが作ってくれたという浴衣地のアロハ。下駄履きがお似合いです。
a0050728_12444061.jpg

79歳で、忙しく働けるって素敵なことですね。
次から次へと話題を出して飽きさせない話芸、さすがです。

顔を見て話す。よく笑う。そういう心がけで楽しい人生にしましょうというメッセージでした。
a0050728_12444054.jpg


同級生がTBSに働きかけて、誘致してくれた生放送です。


今日は猛烈な蒸し暑さ、かんかん照りの炎天下ですが、朝は、昨日と同じくお友達と、その息子さんに車で送っていただき、帰りは同級生に送っていただいて、全く歩かずに済んでいます。こんな日は本当にありがたいです。

[追記]
下の「鋳掛け屋と幽霊」に、ラマンチャの写真を追加して、ハロウインの部分を書き直しました。








ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2015-07-24 12:13 | Comments(6)

鋳掛け屋と幽霊
「明かりが消えたそのあとで」 マーガレット・リード・マクドナルド著、佐藤涼子訳・星雲社・・より再話。(お話会で語った6話のうちの一つ)

[追記]
(写真を追加し、ハロウインの部分は書き換えました)



鋳掛け屋と幽霊

スペインのラマンチャ地方。トレドからあまり遠くない広い平野に、大きな茶色いお城が建っていました。
a0050728_6205558.jpg

(こんなお城かもしれませんね。トレド在住の 河合妙子さん撮影)

もう何年もこのお城に近づくものはだれもいません。このお城には毎晩幽霊が出るからです。
夜になると、城壁の辺りから、甲高い悲しげな声がうめいたり泣き叫んだりするのが、きこえてくるのでした。
毎年11月1日は万聖節(聖人たちの日)と言って、みんなで死者を偲び、お墓参りをする日ですが、その「万聖節」の夜にだけ、奇妙な光がお城の煙突の上に現れ、またたいては消えるのでした。

お城の持ち主が「幽霊を退治してくれたものには、千リアル与える」と言っているので、出かけていったものもいるのだけれど、みんな夜のうちに大広間の暖炉の前で冷たくなっているのでした。

ある年の万聖節(の日に、陽気な鋳掛け屋エステバンが、お城の近くの村にやってきました。

彼が村の広場に座って、穴のあいた鍋やフライパンの修理をしている時、村のおかみさんが、お城と幽霊にまつわる話をしてくれました。幽霊を退治した者には、城の持ち主から、千リアルの褒美が出ると聞いてエステバンは「今夜は喜んでそこに泊まらせてもらいましょう。そしてその幽霊さんと仲良くやろうじゃないですか」といいました。
「おいらは勇ましくって陽気な鋳掛け屋。怖いものなんてありゃしない。人間だって幽霊だって、うまいものと暖かい火がありゃぁごきげんさ。
幽霊退治のお供には、産みたて卵1ダース。分厚いベーコン。ワインの瓶。
それから暖炉にくべる薪」
村人たちは喜んでみんな用意してくれました。エステバンはこれらのものをロバの背に乗せてお城に向かいました。
お城に続く丘の道を登って行くと、激しい風が吹き付け、稲妻が空を切り裂きました。
エステバンはロバをお城の庭に繋ぎ、大広間の大きな扉を押し開けました。じめじめと淀んだ空気が流れ出てきました。蜘蛛の巣が顔にかかりました。天井ではコウモリが翼を羽ばたかせています。

エステバンは、まっすぐ大広間の大きな石の暖炉に近づくと、すぐに薪を燃え立たせました。
これで気分は上々。エステバンは、フライパンを取り出すと、ベーコンを切り取り、火の上で炒め始めました。

ベーコンのいい匂いが煙突を登って行った時、煙突から声が響いてきました。
「オウーーーーミーーーー
オウーーーーミーーーー落ちて行くぞ、暖炉の中だ」そして暖炉の煙突から、ドス! 男の脚が片方落ちてきました。それは立派な脚で、茶色のコーデュロイのズボンをきちんと履いていました。
エステバンは焦げてしまわないように、火のそばからどけてやりベーコンを炒め続けました。
「オウーーーーミーーーー
オウーーーーミーーーー落ちて行くぞ、暖炉の中だ」もう一本の脚が落ちてきました。
エステバンはその脚も火のそばからどけてやり、ベーコンを食べました。それからフライパンに卵を割り入れ、火の上にかざしました。
「オウーーーーミーーーー
オウーーーーミーーーー 落ちて行くぞ、暖炉の中だ」
「ああいいとも」とエステバンは言いました。
「落ちてこい。だが卵をぶちまけないように、気をつけろよ」
ドサッと、男の胴体が落ちてきました。
エステバンは胴体も火のそばからどけてやり、卵を焼き続けました。
「オウーーーーミーーーー
オウーーーーミーーーー 落ちて行くぞ、暖炉の中だ」
そうしてドサッと片方の腕が、続けてもう片方の腕が落ちてきました。
それらもどけてやりながら「あとは頭だけだな」エステバンは言いました。
「どんな頭か見るのが楽しみだ」
すぐにまたあの声が、これまでよりもっと甲高く、大きく響いてきました。
「オウーーーーミーーーー
オウーーーーミーーーー 落ちて行くぞ、暖炉の中だ」
そして、ドサッと男の頭が暖炉の煙突から落ちてきました。
それは立派な頭で、黒い目が光っていて、長い黒い顎髭がありました。
エステバンは火の上からさっとフライパンをとりのけました。そうしてエステバンは目の前で男の体のバラバラな部分がくっついて、ちゃんとした人間の姿になるところを、見ることができたのです。
いいえ、人間の姿の幽霊という方が良いかも知れません。何しろ男は幽霊なのですから。
「やあ こんばんは」とエステバンは言いました。
「ベーコンと卵はいかがかな」
「わしは何にも食べないんだ」と、幽霊が言いました。
「だが、言いたいことがある。わしの体がくっつき合うまで待っていられたのはお前が初めてだ。
みんな、体が半分落ちるまでに、恐ろしさのあまり死んでしまった」

わしの頼みを聞いてくれたら、お前を金持ちにしてやろう。
むかし俺は、盗賊団から金の袋を3つ盗んでこの城に隠した。だが盗賊どもが追いかけて来て、わしの体をバラバラにしちまった。けれども奴らは金を見つけ出す事はできなかった」
幽霊は、エステバンを庭へ連れて行き、ある木の下に印をつけた。
「さあ、ここを掘るがいい」と幽霊がいいました。
「自分で掘るがいい」と、エステバンは言いました。そこで幽霊は掘り始めました。

間も無く幽霊はお金の袋を3つ掘りだしました。
「これは銅貨の袋だ、貧しい人にやってくれ。
これは銀貨の袋だ、教会に上げてくれ。
これは金貨の袋だ、お前が持っているがいい。
その通りにやってくれるかな?」
「引き受けた」と、エステバンは言いました。
「それでは、わしの体から、服を脱がしてくれ。魂が安らげるように」
エステバンが服を脱がせると、幽霊はさっとかき消えました。これで彼の魂も安らかな眠りにつけることでしょう。

朝になると、村人たちが、エステバンの死体を運ぼうとやってきました。
けれど彼はちゃんと生きていました。暖炉の前で、最後のベーコンと卵を食べているところでした。
「まだ生きてるのかい」村人たちはびっくりしました。
「ああ生きているとも」と、エステバンは答えました。
「幽霊は永遠にいなくなってしまったよ。庭にかれの服がちらかってる」

エステバンはロバの背に三つの袋を載せ、城を出て行きました。
先ず、銅貨を貧しい人たちに配りました。
次に銀貨を教会に差し出しました。
そして金貨の袋と、城の持ち主に貰った褒美とで、エステバンはそれからずうっと裕福に楽しく暮らしましたとさ。

a0050728_17271082.jpg

a0050728_17271135.jpg

a0050728_17271223.jpg

河合妙子さん撮影。カステーリア・ラ マンチャの風景。

河合さんによると、ラマンチャにはハロウインはなく、聖人の日という、お盆のような日があるそうです。確認して、今後語るとき言い換えましょう。

本とはちがう語り方をしているところが、すでに2箇所あります。
「灰色のお城」と本にはあるけど、スペインの写真で灰色のお城を見たことがないから「茶色」に言い換えました。

お城に登る道で「木々の間を吹き抜ける風」と本にはあるけれど、ラマンチャの丘の写真に、木は生えていないから、言い換えました。

だから、ハロウインも言い換えようかしら?(↑ 書き換えました)
a0050728_15422219.jpg

a0050728_1542238.jpg

a0050728_15422326.jpg

a0050728_15422422.jpg



a0050728_15422477.jpg








ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2015-07-23 17:21 | Comments(2)


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
右傾化というか馬鹿化です..
by marsha at 10:04
そうですよね。 一番憲..
by eblo at 09:42
春の勢いを持った木々カメ..
by sidediscussion at 08:47
ebloさま 新しい道..
by hisako-baaba at 21:48
日本の道路は、車が走るた..
by eblo at 18:27
marshaさま 「ワ..
by hisako-baaba at 14:35
junkoさま 「お前..
by hisako-baaba at 14:26
諸悪の根源は自民党、麻生..
by marsha at 12:44
ciao hisakoさ..
by cocomerita at 01:54
ebloさま そうそう..
by hisako-baaba at 15:08
以前は、物を言う議員がい..
by eblo at 12:28
元気ばばさま お仲間に..
by hisako-baaba at 11:36
ば~ちゃんのところに届く..
by juju3291a at 08:20
marshaさま 良い..
by hisako-baaba at 18:21
勿論、買うのも、運ぶのも..
by marsha at 18:00
marshaさま 優帆..
by hisako-baaba at 17:10
dekoさま マンショ..
by hisako-baaba at 17:01
真帆ちゃんと志帆ちゃんに..
by marsha at 16:53
区民農園狭き門のようです..
by Deko at 16:52
kiyokoさま 今年..
by hisako-baaba at 16:23
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧