<   2015年 09月 ( 40 )   > この月の画像一覧

ズボンを直し、補聴器の為の手提げを縫いました
昨日の歩き方は無茶でした。夜中に足の裏が火照って、筋肉痛もあって眠れず、でも湿布6枚貼ったら眠れました。

カメラを買ってから初めて、スカイツリーが肉眼でもぼんやり見えました。霞んでいますがズームで撮ってみました。
28.2キロ離れていても、30倍だとこのぐらいです。
a0050728_15152655.jpg


今日は歩けないし、空が明るいから、ミシンを出しました。
リビングを占領して、食卓の上で、夫のズボンの幅出しを一本だけやってあげてから、補聴器関連の品をまとめて入れておく袋を縫いました。
立派な黒い箱がついてきたけれど、必要な手入れ用品や、乾燥ケースの全ては入りきれないのです。
a0050728_15245529.jpg

大切な本体を外している時、定位置がないと、見失います。「何があっても補聴器関連の品は全部ここにある」という容れ物が必要です。

そこでこの黒い箱を芯にして、ぴったりの手提げ袋を仕上げつつあります。
まだ作りかけで、布はぐにゃぐにゃなので、ぶら下げて、撮りました。
a0050728_15284022.jpg

黒い箱をすっぽり中にはめ込んで有ります。蓋は開けたままにして、バッグの縁に止めれば、袋がしっかりするでしょう。
もう一工夫して、持ち歩くにも便利にします。定期点検の時、お手入れ道具も持っていくので、この袋さえ持っていけば忘れ物をしないでしょう。

ズボンの直しと、手提げ袋作り、午前中でほぼ仕上げまして、昼食前にミシンを片付けることができました。



一段落してここまでブログを書いていたら、素敵なプレゼントが届きました。
a0050728_168096.jpg

オオイタドリから出来ているサプリメントで足腰に良い物と、非常食のカレーと豚汁です。
非常食は来年の賞味期限頃いただきます。

サプリメントは、「痛取」という名前からして効きそうですね。昔の人がつけた名前でしょうから、そのものズバリなのかも。期待します。
野村監督やガッツ石松さんが、お気に入りのようです。
有難うございました。






ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2015-09-30 15:35 | Comments(14)

買いましたピンクの補聴器___帰りに歩き過ぎました
a0050728_15531814.jpg

小さな小さな補聴器と言う名のコンピューター2台買っちゃいました。よく聴こえますよ。

慎重に扱わないと2年の保証期間中でも修理代が発生する場合があるようです。
毎晩電池を抜いて、シリカゲルの中で乾燥させなくちゃなりません。手入れもいろいろ大変そう。なにしろちいちゃいですから。
でも快適なので、頑張って手入れします。
私は特別慣れるのが早かったらしいです。1ヶ月かかるところを3日で馴染んでしまった。

ピンクの新品をコンピューターで時間をかけて調整、支払いも済ませて11時25分店を出ました。

すぐそばのクレアモールという商店街で、うちの近所では買えない物を買い歩くことに。
a0050728_1631556.jpg

この商店街はちょっと巣鴨の地蔵通りに似て面白い店があります。
昔ながらの桶屋さん。
a0050728_1633824.jpg


瀬戸物屋さんの店頭は狸や犬やフクロウだらけ。
a0050728_16345027.jpg


この怖い顔の、腕がもげているお馬さんが、何を宣伝しているのか、理解できませんでした。
a0050728_17192410.jpg


同年代の、背が私よりも低いお婆ちゃんが、私のカートを見て話しかけてきました。
押させてあげると「腰が曲がらないでとても良い」と、欲しがっていますが、街で売っていないので「お家にパソコンやる人いますか」と聞いたら嫁さんがやっているというので、手帳を破いて、商品名を書いてあげました。買ってもらえると良いのですが。杖だけでは辛そうなお婆ちゃんでした。

さて、私が買ってきた物は、
デパートでは「桜花漬け」桜湯にする物ですが私はお粥に入れます。
ドラッグストアでは、私の好きなつぶつぶ塩の歯磨きをまとめ買い。
お昼は知らないお店を選ぶつもりが、あんまりお腹がすきすぎて、何処にもあるチェーン店に入り、いつもの野菜炒め定食半ライス、510円。
この商店街には電器屋さんが無いので、開かずの踏切を渡って大型商業施設ウニクスを探しました。道はネットで見ておいたのを正確に辿って行ったのに、予想外に遠くて迷子になったかと思った頃やっと到着。
特売で600円ほどの大きい電卓を買いました。(先日買った小さいのはボタンが固くて私の指で叩いても、機能しないのです。若い人にしか使えない代物でした)
そこから駅は近いけれど、数年前年金事務所に来た頃とは、全く景色が変わっていて、地上に横断歩道なし。駅が何処か見渡しても分からない。
エレベーターで2階の通路に上がり、駅入口が分からないまま行ってみたら、改札階に出ました。
川越市は表示が不十分です。看板も足りませんね。

こちらの駅からはバスのない時間なので歩き。へとへとだけれど、朝痛み止めを使ったので、なんとかもちました。

補聴器は快適だから、良かったです。色も気に入りました。
人からは全く見えません。付けていることを誰も気づかないでしょう。大事にします。

[追記]
補聴器のベッドです。
a0050728_21544887.jpg

夜は乾燥ケースに入れるのだそうです。
私は夜9時以後のテレビはめったに見ないので、9時から朝7時頃まで、乾燥ケースに入れておきます。

まず小さな電池を外します。失くさないように、乾燥ケースの蓋についている磁石に貼り付けておきます。
本体はシリカゲルの上のスポンジに「音口」を挿し込んで蓋を閉めます。

はい、今から10時間ほど、おやすみなさい。
[PR]
by hisako-baaba | 2015-09-29 17:11 | Comments(7)

パニックはメーカーの説明でたちまち解消___スーパームーンも撮れました
昨夜の満月は綺麗に撮れたのに、今朝郵便局への道でお花を撮ったら、「ライトエラー」と表示されるだけで、どうしたらいいかわからない。何を撮ってもダメ。頭の中はパニック。
帰宅して説明書を見たが、ライトエラーの説明無し。なんで書いておいてくれないの?
で、メーカーに電話。お昼なのにすぐに繋がって、びっくり。大抵のメーカーはなかなか繋がらないのに。
「ライトエラーは、SDカードに書き込めない時」なのだそうで、なるべくパナソニックのカードをお使い下さい。とのこと。
取り敢えず東芝のカードと入れ替えてみたら、すぐにちゃんと撮れた。心底ほっとした。
素早い解決、メーカーのサービスに感謝。これで今夜もお月さまが撮れます。

a0050728_22235577.jpg

郵便局で、明日買う補聴器のお金を下ろそうとしたら、警察からの質問カードに記入させられ、保険証の番号を記録された。詐欺予防には大事なこと。でも機械で下ろしたら解らないだろうな。
「補聴器買うんですけどね、カードの限度額が少ないので現金も必要なんです」と説明。待ち時間にカメラをいじっていたら、いろいろ聞かれたので、窓口の若いお嬢さんに、ブログの宣伝をしてきた。
ゆうべ民話を載せているから読んで欲しいと。
a0050728_22245022.jpg

月の出を今か今かと待ったが出てこないので、がっかりしていたら、大きなマンションの屋根からやっと昇った。
真冬でないと地平線からの月の出は見られない。
a0050728_22274115.jpg

スーパームーンは確かに大きい。
こんなに澄んでいるのに、地平線はもやっていて、カメラを買ってから一度もスカイツリーは現れない。夕方新宿の高層ビルに日が射して微かに見えたが、池袋は見えなかった。

a0050728_22394517.jpg

月はもう冲天にかかり、画面には入らない。


a0050728_22405751.jpg







ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2015-09-28 22:41 | Comments(6)

「山んばの にしき」
a0050728_23382913.jpg



「山んばのにしき」

昔あるところに、ちょうふく山という高い山があった。
夏のカラッと晴れた日でさえも、てっぺんには厚い雲がかぶさっていて、晴れるということがない。おっそろしい山んばが住んでいるというはなしであった。

ある年の秋のことだ。ちょうど十五夜だったので、麓の村ではみんなお月見をしておった。
ところが、空がにわかにかき曇り、風は吹き出す、雨は降りだす、終いには雹までもが音を立てて落ちてきたものだから、みんな家の中に逃げ込み、子供らはおっかさんにしがみついておった。

すると、家々の屋根を、どろどろと踏み鳴らしながら、叫ぶ声がした。
「ちょうふくやまの〜山んばが〜、子ども産んだで〜、餅ついてもってこ〜い。持って来ねば〜、人、馬、ともに〜食い殺すど〜!」誰とも知れぬその暴れ者は、家々の屋根から屋根へ飛び移りながら、叫び続けていたが、やがてその声も聞こえなくなると、空は又カラッと晴れて、元の美しい月夜に戻った。

次の朝、村人たちは早くから戸を開けて、夕べのことを話し合った。
「おっかねかったなぁ〜」
「あの暴れもんは誰だべ?」
「餅持って来ねば、人も馬も食い殺すといっとったなぁ。どうするべ?」

どうするべったって、殺されちゃあかなわない。餅持って行くしかない。
そこで、一軒いくらと米持ち寄って、ぺったらこペったらこと餅ついた。
それを二つのはんぎりに入れたんだが、さて、これを持って山姥のところへとどけにいくものがおらん。何しろそんな恐ろしい山に登ったことのあるものなんか一人もいないからだ。
みんなが困っていると、誰かが、
「だだ八とねぎそべの二人に行かせべえ。あいつらいつも怖いものは無いって威張ってるもの」と言った。すると村中のもんが「そうだそうだ、だだ八とねぎそべに行かせべえ。こんな時こそ村の役に立ってもらうべえ」とたちまち話がまとまってしまった。
だだはちとねぎそべというこの妙な名前の二人の若者は、村一番の暴れ者で、いつも威張っていたためにえらい事になったと思ったものの、断る事もできない。
「だどもおら、道知らねえし・・・」
「んだ、道案内居ねばなあ」 と言うもんで、今度は誰が道案内に立つかで話し合った。
けれども、道を知っている者がいるわけも無い。
すると、みんなから「あかざばんば」と呼ばれている、えらく年取った婆さまが、
「だば、おらが案内すべぇ。なあに、行こうと思やあ、道なんざなんぼでもあるもんだ」と言った。

そこであかざばんばを先頭にだだ八とねぎそべが、もちを担いでちょうふく山へ登っていった。

しばらーく歩いて行くと、みんなの家が豆粒のように見えて、どんどん心細くなってきた。そこへ生臭いような変な風がごお〜っと吹いてきた。だだ八もねぎそべも、
「おらもう!」
「ダメだ〜っ」とあかざばんばにしがみついた。ばんばは、
「なんのなんの、なんとも無いと思やあ なんともないもんだ。さあさあ、行くべいくべ」と力ぁ付けて、又登りだした。
またしばらく行くと、今度はさっきの何倍もの強い風が、ごうごうと吹いてきた。
からだのちいちゃなあかざばんばは、吹っ飛ばされちゃあかなわんと、這いつくばって 木の根っこにしがみついておった。
風をやり過ごして、ふりむくと、だだ八も、ねぎそべも、姿が無い。餅の入ったはんぎりが二つ重ねてじゃんと置いてあるだけだった。

あかざばんばはがっかりして、へたへたと座り込んだ。
「どうすべぇ。おらまでここから逃げて帰っちまったんでは、村の衆が食い殺されちまうかもしれねぇ。それじゃあ申し訳がたたねぇ。 んだ!おら一人が食われりゃぁ済むこんだ」と腹をくくると又登りだした。
けど、年寄りの足だ、ちーっと登っては休み、ちーっと登っては休みして、てっぺんが見えてきた時にはもう、日暮れも迫っておった。
てっぺんの少し下に、戸口にむしろを下げた小屋があって、その前で大きな赤ん坊が、自分の頭ほどもある石をおもちゃにして遊んでいた。

あかざばんばはあれが山んばの家だなと思ったので声をかけた。
「ごめんくだせぇ、麓の村から 餅持ってきたっす」
すると、むしろをかき上げて、山んばが顔をだした。
「おうおう、ようきたようきた。 いや、ゆんべな、この子を産んで、急に餅が食いたくなったもんで、この子を使いに出したんだが、村の衆に迷惑かけなかったかと、気にしてたとこだ」
これには、あかざばんばが呆れかえっちまった。
「ひえ!ゆんべ、使いに来たのはこの子なんで?」
「山んばの子だもん、生まれりゃあすぐ飛び歩く。・・・んで、餅はどうした?」
「へえ、その餅だが・・・あんまり重てえんで 途中さ置いてきた」
「ほうかほうか、がら、がらお前行って取ってこう」
赤ん坊の名前は「がら」と言うらしい。がらは立ち上がると、ものすごい勢いで走って行ったが、すぐに半切り二つ抱えて帰ってきた。
「おう、戻ったか、こんだぁ熊獲ってこう。熊の澄まし汁こさえて餅入れるだ、ばんばにもごつっおうするだ」
がらは又走って行ったが、じきに熊ぶら下げて戻ってきた。
さあそれからはガンガン火を焚いて、熊の澄まし汁作って餅をどっさり入れた。
あかざばんばもどっさり食べた。

「えらいご馳走になったことぉ、そんではおらこれで帰らしてもらいますけえ」と言うと、
「まあ、そんなに急ぐこたぁあるめぇ、ここにゃあ手伝いもいねえことだし、二十一日ほど手伝っていってくれやぁ」と言われて、おかざばんばは仕方なくあきらめた。

それからというもの、水を汲んだり、山んばの足を揉んだりして、今日は喰われるか、明日は喰われるかと、ビクビクしながら、二十一日が過ぎた。そこで恐る恐る
「あのぉ、家のもんが心配してるで、帰りたいども」と言ってみた。山んばは、
「おうおう、世話になったな。家の都合もあろうから帰ってくれ」と言って奥から反物を出してきた。
「礼にするものもなにもねえが、錦を一反やるべ。これはな、山んばの錦で、どんなに使っても、少し残しておけば、次の日にゃあまた一反に戻っている不思議な錦なんだ。村の衆にゃあ何もねえが、この先風邪一つ引かねえように、楽に暮らせるように、こっちから、気い付けておくで。がら、がら、ばんば負ぶって送ってってやれ」あかざばんばは慌てて、
「負ぶさるなんてとんでもねえ。歩いてかえりますけえ」といったが、
がらはひょいとばんばを背中に乗せて、
「目つぶってれ!」と言った。
耳のはたを風邪がびゅうびゅう吹き抜けるとおもったが、ひょいと降ろされたところはもうあかざばんばの家の前であった。
「がら、がら、上がって休んで行けや」と声をかけたが、がらはもう辺りには居なかった。
ばんばが家に入ろうとすると、大勢の声で「なんまいだ〜なんまいだ〜と、お経を読む声がした。葬式をしているらしい。あかざばんばはびっくりして、
「誰か死んだのかやぇ!」と飛び込んで行った。集まっていた村の衆は、
「ひえ! 幽霊だ幽霊が葬式に戻ってきた。とひっくり返るやら、目を回すやら、えらい騒ぎになった。
「幽霊なものか。あかざばんばがいまもどったぞ」
「ほんにあかざばんば生きて居たんだかぁ」村人たちは涙を流して喜んだ。

「さあさあ、山んばの錦を分けてやるけえ」と、あかざばんばは錦を切っては分け切っては分けて、自分の手元には少ししか残さなかった。それでも次の日には元の一反に戻っていた。
村人たちは、もらった錦を袋に縫ったり、ちゃんちゃんこにしたりして、家宝にした。
それからというもの、誰一人風邪もひかず、安楽に暮らしたということだ。

a0050728_23393122.jpg


何年たっても、いつでもすぐ語れるお話が幾つかあります。秋になると語りたくなるのがこのお話です。とにかく好きなお話なのです。


今度のカメラは凄いです。
同じタイプの前のカメラは、オートのまま月を撮ると、暗い街が昼のようになり、月は太陽に見えてしまうので、いちいち露出を変えなければなりませんでしたが、新しいのは、何もしないで月が撮れました。とっても嬉しいです。
明日は月の出を忘れずに撮りたいです。
[PR]
by hisako-baaba | 2015-09-27 23:59 | Comments(12)

幸福の科学って頭おかしいの?___金木犀の香りを求めて
新宿で「大東亜戦争は 聖戦だった」って叫ぶデモがあったそうです。
幸福の科学の信者たちで、若い女性が多いです。どんな洗脳をされているの???

ウチの町の町会議員に最下位当選した人が、幸福実現党でしたけど、頭大丈夫かな?

a0050728_12544077.jpg

今朝は左足の脛の外側が酷く攣って、目が覚めました。膝にもかなりの痛みがあって湿布だらけ。
痛くても後で少し歩いて来ましょう。

a0050728_130225.jpg

夫がまた背広のズボンのウエストを広げてくれと言ってます。
好きな修理だし、いずれも十分広げる余地のある、ちゃんとした仕立てのものだから簡単。

でも、4着も冬物の古い背広を直して、どこに着て行くの?スポーツジム以外のお出かけの機会は月一回有るか無いかでしょう。縫い直しても着ないままじゃ手間が勿体ない。

何れにしても、目が悪いから、快晴の日の午前中、暇がある日に、テーブルにミシンを乗せてくれたらやって上げます。とりあえず2着だけよ。 ・・・と言っておきました。

a0050728_17115329.jpg

午後、脚の状態が少し落ち着いたので、金木犀の香りを求めて散歩に出ました。
印刷工場のフェンスの中の木々は、やたらに剪定されて、一面枯れていました。金木犀も無くなったのかと思ったら、北の端にかなり残っていました。
a0050728_1718455.jpg


a0050728_17194874.jpg


a0050728_17202530.jpg

これだけは別の場所の金木犀、色が少し薄いですね。

歩き回っていた間、膝も腰も曲げなかったので、あまり痛まなかったのに、座ったらまた痛みを思い出してしまいました。










ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2015-09-27 17:30 | Comments(6)

楽しくって好きなことなら張り切って出来るんです
民話の語りを始めて8年になります。大好きな道楽です。これさえあれば体調がどうあれ頑張れます。


十数年前に右膝を壊し、2年前に左ひざを壊した。・・・でも股関節は健全。
5個の腰椎の周り全てに問題が起きている。・・・でも胸椎は全く無事。

昨日介護認定のテストであれもこれもできなかった。ちょっと厄介な事態だ。

これ以上悪化させない為には、痛くても歩く。筋肉に関節を護って貰わなければならないのだから、筋肉をサボらせていてはならない。膝のサポーターはしない。曲げないように気をつけて、元気な股関節で、形だけ競歩の真似をして、でものそのそと歩く。歩き出すと大抵の場合痛みが弱まる。
途中で嫌になったら歩き過ぎなのだろうけれど、タクシーを拾える町ではないから、我慢して歩く。
カートを押しても、絶対前屈みにはならない。姿勢に一番気を使う。

十数年前、右膝半月板変性断裂で、整形外科に通いながら、70歳で通信制中学に入り、痛みがひどかった日も、スクーリングは休まず、皆勤賞頂いて卒業した。
痛みが最高潮になった時、人工膝関節置換術を覚悟したら、名医に会う日までに痛みが消えて、以後右膝には激痛がない。

左膝は2年半前、転びそうになってひねってしまい、靭帯も半月板も壊した。痛みが激しくなって、これも人工関節置換術を覚悟、でも又しても名医に会う日は痛くなかった。このまま手術は避けたいのに、この頃また痛みがぶり返している。
かまうもんか!歩いちゃえ。そのうち半月板のかけらがすり減って暴れなくなる。右膝のように自然に治まるだろう。

確かに年々できることが減っていくけど、私は民話の語りができさえすれば元気。声さえなくさなければ、生き甲斐はたっぷりある。
民話を次々に覚えて忘れないという特技が私にはある。

冷蔵庫を開けて、何を出すのか忘れてまた閉めるのは毎度のことだけれど、覚えた民話は忘れないから自分でも不思議だ。

この特技と、声さえ失わなければ、私の気持ちはいつも元気。

背筋を伸ばしてカートを押して、顔を上げて、颯爽とのつもりで、のそのそと歩いていると「いつもお元気ですね」ってみんなに言われる。本当は痛いのだけどね。

まだまだ、小学校の4階までよじ登って、昔話を語りますよ〜 楽しけりゃできるんだから。

度々朗読と間違えられるけれど「語り」だから、もちろん原稿は読みません、暗記で語ります。これができている間は、元気でいられます。
楽しけりゃ、何だって出来るんですよ。
a0050728_1420284.jpg

「政府を信じるな」というバッチをつけて買い物に行ってきた。
近所の3軒を回ったけれど、膝の痛みは治まらなかった。でも酷くはならなかったから良いとしよう。
a0050728_14234793.jpg


a0050728_14291369.jpg


a0050728_14295537.jpg


a0050728_14304017.jpg


sideさんのところに、反政府の画像がどっさり載っています。
http://sidediscus.exblog.jp/23706669/ 行ってみてください。

私もバッグやカートに意思表示カードなどぶら下げて歩きます。デモのつもりで。
[PR]
by hisako-baaba | 2015-09-26 14:51 | Comments(8)

オカリナ稽古と 介護認定の調査___反安倍 グッズを頂きました
午前中は足を引きずりながら1階の広間に降りて、いつもの3人で、新年会に演じる曲の練習。

それよりも、Mさんのご主人が、デイサービスの施設を変えなければならない問題などおしゃべり。
リハビリ付きのデイサービスに行っていたけれど、立てなくなってリハビリができないから、リハビリをしないデイサービスに、変えた方が安くなるそうで、午後2ヶ所見学に行かれるそうです。
要介護3で、かなり使える代わりに費用も大変なのだそうです。
オカリナを吹いた時間とおしゃべりの時間どっちが長かったかな???

a0050728_1514505.jpg


午後は私自身の介護認定の調査員が見えました。
昨日補聴器屋さんに行ったので今日は疲れていて、しかもこの頃痛みが増していて、指示されることが痛くて出来なかったり、介護度上がったかも? 当面使う気はないけれど、認定は受けている方が、何かあったとき都合が良いそうで、去年医師の勧めで認定を受け、何にも利用せず1年が過ぎ、再度の認定となったのです。1ヶ月後くらいに保険証が届くそうです。

a0050728_15112189.jpg

ポストにお手紙が、中身はこれ。いいものを頂きました。
早速カートとウエストポーチの背中につけます。有難うございました。

首相あてのハガキも有難うございました。なんて書いてとうかんしようかしら。
a0050728_1726449.jpg





a0050728_15403051.jpg

この画像、下でいびつになったものを、加工して幅を狭くしたら、縦長でも歪まずに掲載出来ました。
縦画像を載せたいときは、加工してから載せればいいのでした。これで、困りごと解決です。推理してみてよかった。
治るまで、加工した写真を載せましょう。

a0050728_15585110.jpg


画像の潰れを起こさせない方法を偶然見つけて一安心です。
新しいカメラを練習したいのに冷たい雨で外に出られず、ベランダからの風景も遠くがて全く見えません、早く外に出たいです。

花の写真を撮り歩くには、もっと接写の得意な軽い機種が良いのでしょうが、ベランダから富士山とスカイツリーをちゃんと撮りたくて、今回も少し大きい機種にしました。245g が妙に重たく感じるのは、数ヶ月小さいカメラを持ち歩いていたからです。

十数年前生まれて初めて買ったデジカメと、今度のは同じ大きさなので、当時の皮ケースにちょうど入ります。
2台目はとっても小さいカメラでしたが1年3ヶ月で壊れたとき、そのメーカーはもう潰れていました。これに懲りて、以後今の大きさのばかり買っています。同じタイプでも、ズームは10倍12倍30倍と進化しています。
花に向けてもキレの良い写真が撮れるので、これ以上高望みはしません。やっぱりこの機種は好きです。ファインダーもあるし。









ーーー
[PR]
by hisako-baaba | 2015-09-25 15:18 | Comments(5)

本心に従わず 保身のみはかる面々の責任の重大さ
私が言いたくて、ムズムズしていたことを、下町の論客がズバリ言って下さった。
メルマガで送られてきたブログ記事を見て、さすが下町の弁護士さん、過不足なく名文に纏めて下さったとおもった。メルマガで配布されているのだから拡散しても叱られないと思い、全文を貼り付けます。
弁護士 鈴木篤氏のブログはこちらです。https://nagaikaow.wordpress.com/2015/09/24/「考えない小者」の重い歴史責任/
私のタブレットではリンクが貼れないので。全文をコピペします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「考えない小者」の重い歴史責任
通路に立ちふさがり肘を張って、委員長席に詰め寄ろうとする民主党議員の進路を執拗に妨害した自らの行動には口を拭って、「怪我をした」と騒ぎ立てる女性議員など、裸の王様を取り巻く腰巾着たちの見苦しい姿を見ていて、考えた。

かって、この国が救いようの無い愚かな戦争に突入し、「1億玉砕」などと愚行の上にも愚行を重ね、戦争の愚かさを指摘し戦争に反対する人々が弾圧されていった時代にも、そうした連中がいた。

反戦思想を持つ国民を弾圧する先兵となった特高や憲兵たち、そうした特高や憲兵に、「国防婦人会」「隣組」など、網の目のように張り巡らされた組織の「支部長」「組合長」として、庶民の生活の隅々まで目を光らせて反戦・厭戦思想を持つ庶民を売り渡した連中、「本当はおかしい」と思っていながら「大勝利」という大本営発表を、そのまま無批判に垂れ流し、特攻(=自爆攻撃=相手から見れば自爆テロ)を「英雄」と礼賛した記者たち、彼らの行動によって、国民は「神国」を信じ、「大勝利」を信じ、「暴支膺懲」を信じ、「王道楽土」を信じ、「鬼畜米英」を信じ、積極的にあの無謀で愚かな戦争を支えていったのだ。

だが、彼らの中に、戦後、自分の行動のために特高に弾圧された人や、戦死した家族を持つ人を訪ねて、謝罪した人がどれほどいるだろうか。訪ねて謝罪しないまでも自らの戦中の行動を、恥じ、深く反省した人がどれほどいるだろうか。
彼らのほとんどは「知らなかった」「自分もだまされていた」という言葉で、自らの行動を免罪してしまったのではないだろうか。しかし、「○○は反戦思想を持つ人物である」と自分が特高に告げ口すれば、その結果、その人にどういう運命が待っているか、その「運命」の意味するところが、むごたらしい拷問と場合によっては命にかかわるものであることを「知らなかった」はずはない。
そうであるからには、「軍部と政府の言うことが正しく、○○の反戦思想は、そのために拷問されたり殺されたりしても良いのだ」と本当に確信していたのか、「軍部と政府の言うこと」を盲信するのではなく、少しでも「○○の反戦思想」に耳を傾け、どちらの言うことが真実なのか、本当につきつめて自分の頭で考え判断していたのか。そのことが問われなければならないはずだ。そのこと抜きに「知らなかった」で済ますことは許されない。それは「知らなかった」のではなく、「知ろうとしなかった」(考えようとしなかった)のだから。

そして、今、裸の王様の腰巾着を務めている自公議員たちや、御用マスコミの記者たち、あるいは御用学者たちに同じ問いを問わなければならない。
君たちは、本当にこの法律が、憲法に照らし、正しいと信じているのか。
君たちは、違憲と言っている90%以上の憲法学者や、元の最高裁長官や、歴代の内閣法制局長官に対して、この法律の合憲性を説得できる確信を持っているのか。
「お金だけで血を流さない国際貢献なんて、平和ボケだ」という君たちは、日本国民が、砲弾や爆弾や機銃でばらばらに吹き飛ばされても、「これこそが本当の国際貢献だ」と言う覚悟を持っているのか。本当に、自分や自分の息子を「血の貢献」に真っ先に捧げる覚悟を持って、そんなことを言っているのか。
安倍首相の「戦争に巻き込まれることなど絶対にない」という空疎な断言を「信じる」前に、君たちはどれだけ真摯に、法案に反対する人々の意見に耳を傾け、自分の頭で考え判断したのか。
これらの問いの全てに「イエス」と即答するとしたら、それは、君が、先の戦争をアジア解放のための戦争であり、日本は戦争犯罪は犯していないと、言い続けている日本会議のメンバーのような筋金入りの国家主義者・国粋主義者・軍国主義者であるということを意味するだろう。
しかし、これらの問いの全てに「イエス」と答えるわけでもないのに、安倍の腰巾着を務めているとしたら、君は、真実に目をつむり、真実を「知ろうとしない」で、小利(小選挙区制での公認を得るとか、自民党内での地位の向上とか、大臣や政務次官の椅子とか)のために、国民だけでなく、自分自身をも偽って、歴史の中で無意味で有害でしかない存在に自らをおとしめているのだ。
恐ろしくはないのか。そんな風に、自分のやっていることが歴史に背き、日本国民を再び戦争の惨禍にさらすかも知れないということをうすうす感じながら、あえて、その不安を「うすうす」のままにとどめ、目をつむり、耳をふさぎ、頭の片隅では危険かも知れないと思いながら危険性を確かめもせずに、危険かも知れないと思う道へ国民を引き入れる者に積極的に手を貸し、そのお先棒をかつぐことを、君たちは恐ろしいとは思わないのか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

vimalakirtiさんの所に、面白い政治漫画が載っています。
http://vimala.exblog.jp/22219499/

a0050728_9363240.jpg

エキサイトの画像が変になるのは、縦長の画像だけらしい。
↑ 上は横向きに撮った画像なので、異常なし。
↓ 下は縦画像なのに横に伸びている。
以前はそんなことはなかった。縦の画像はちゃんと上下に伸びてマトモだった。この画像もクリックして写真単独で見ればマトモ。本文に載るといびつになる。なんとか治らないものか?
【縦の画像も加工してからなら、潰れないことが判明しました】
a0050728_9313179.jpg

横画像はそのままでも無事です。
a0050728_13152654.jpg

[PR]
by hisako-baaba | 2015-09-25 06:26 | Comments(6)

ピンクの補聴器注文してきました

髪に隠れて人には見えないから、ピンクの補聴器を注文してきました。楽しい色だし、落とした時見つけやすいでしょう。
a0050728_15195279.jpg

試聴始めて「2日目には、すっかり慣れました」と言ったら、お店の人に驚かれました。私の神経図太いのかも?
「やや聞こえすぎるから、もうちょっと小さくしてください」と、調整して貰って、29日には今の試聴用を返すので、その日に買う新品の注文をしてきましたから、当日までに調整を済ませておいてくれます。
紹介状を持っていった人には、電池をどっさりくれるそうです。
買った後は3ヶ月後とか、問題のあった時に行けば良いそうです。

お友達が、29日に一緒に補聴器見に行ってみたいそうです。彼女にカタログもらってきました。


a0050728_15303986.jpg


昨日からひどく足腰が痛んで、川越まで行くのが大変でしたが、股関節で歩いて、往きはタクシーも使って、やっと行ってきました。

マンションの陽だまりの会で、来月2日に川越散歩に行くので、案内所で地図を10枚もらってきました。
こちらの駅で小江戸クーポンという、電車の往復とバスの一日券をまとめて買えば、バスはたったの210円で、一日何度でも乗れるそうです。
足がひどかったら途中で帰りますが、なるべくなら皆さんとゆっくり見物してきたいです。
a0050728_1539386.jpg

駅の広告は、時の鐘の形をしていました。祭りの日はさぞ混み合うでしょう。
時の鐘が大修理中だそうですが、今耐震工事をしているのは土台部分なので、上半分は見えるし、鐘も鳴るそうです。
その前にある和食屋さんが安くて美味しいそうです。 とっても楽しみですが、足が心配です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[エキサイト おかしい??? ブログのページ上で写真が横に伸びてる。
写真をクリックして単独で見れば、まともなサイズなのに、本文の中では横に伸びて縦に潰れて見える。カメラはマトモ、元の画像もマトモなのに、本文上では横に伸びている。なぜ?どうしたら良い??? エキサイトのせいなの?]



"解決法"判明。画像を加工してからなら、縦でも大丈夫です。載せ直します。
a0050728_16295516.jpg




a0050728_22361265.jpg


[追記]
縦の写真だけがゆがむのだと判明しました。縦長でなければ無事なのです。
縦の画像も加工したものはまともに載るのでした。
[PR]
by hisako-baaba | 2015-09-24 15:55 | Comments(2)

カメラはどんどん進化して安くなった
補聴器は予算よりはるかに安く優秀なのが見つかったので、別にしてあったお金がどっさり残った。
カメラが買える!自分のを壊してから夫のを借りっぱなしにしていたが、また自分のを買うことにした。

この前壊してしまったカメラの後継機種を注文したつもりなのだが、はるかに良さそうなのが届いた。しかも前より安く。
a0050728_1216458.jpg

勉強し直さないと使いこなすまで大変そうだ。でも素晴らしい。

今日はもやっていて、スカイツリーは見えないけれど、ズームしてみた。
a0050728_12182889.jpg


カーネーションの蕾も撮ってみた。
a0050728_17122448.jpg


秋明菊も。
a0050728_456841.jpg


勉強が忙しくなった。
a0050728_1233867.jpg


八百屋さんへの道で。
a0050728_1636178.jpg

↑ 遠くの日本家屋を ↓ ズームしたらこうなった。
a0050728_16374552.jpg


a0050728_1638477.jpg


a0050728_5232336.jpg

a0050728_16415727.jpg

[PR]
by hisako-baaba | 2015-09-23 12:34 | Comments(17)


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
右傾化というか馬鹿化です..
by marsha at 10:04
そうですよね。 一番憲..
by eblo at 09:42
春の勢いを持った木々カメ..
by sidediscussion at 08:47
ebloさま 新しい道..
by hisako-baaba at 21:48
日本の道路は、車が走るた..
by eblo at 18:27
marshaさま 「ワ..
by hisako-baaba at 14:35
junkoさま 「お前..
by hisako-baaba at 14:26
諸悪の根源は自民党、麻生..
by marsha at 12:44
ciao hisakoさ..
by cocomerita at 01:54
ebloさま そうそう..
by hisako-baaba at 15:08
以前は、物を言う議員がい..
by eblo at 12:28
元気ばばさま お仲間に..
by hisako-baaba at 11:36
ば~ちゃんのところに届く..
by juju3291a at 08:20
marshaさま 良い..
by hisako-baaba at 18:21
勿論、買うのも、運ぶのも..
by marsha at 18:00
marshaさま 優帆..
by hisako-baaba at 17:10
dekoさま マンショ..
by hisako-baaba at 17:01
真帆ちゃんと志帆ちゃんに..
by marsha at 16:53
区民農園狭き門のようです..
by Deko at 16:52
kiyokoさま 今年..
by hisako-baaba at 16:23
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧