<   2016年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

NHK籾井会長再任に反対する緊急署名
こちらで署名活動していて、期日が迫っています。
これを教えてくださったjunkoさんの記事はこちらです。











[PR]
by hisako-baaba | 2016-10-31 18:56 | Comments(8)

ボケ防止家計簿

家計簿は16歳からつけ続けています。きっかけは、母がそういう管理は超苦手だったから。
父は几帳面で、出納帳を母にもつけさせたようで、関東大震災直後の出納帳が残されていますが、父の書いたものは極めてきちんとしていますが、母の書いたものは、出金をつけてあるだけで、収支の計算はしておらず、帳尻を合わせた様子もありません。
一番びっくりしたのは「床屋何銭、大根何銭」合計して一行に書いてあって、誰が床屋に行って幾らだったか全くわかりません。散髪代と食品を合計して、1行で済ませてしまうほど、おっとりしたお嬢様でした。だから飢えに迫られた敗戦後の家計のやりくりは、母には無理な注文でした。

ノートに線を引いてつけ始めた家計簿は、完全に習慣になって、止められないのです。
しかし、極めて非効率的なやり方を変えていないので、無駄に時間をかけているとも言えます。

パソコンで家計簿を簡単につけることも考えましたが、それ好きになれないのです。
売られている家計簿はどれも気に入らない。欄が狭くて品物ごとの情報を残せないから。私が、家計簿をつけるのは、収支を合わせて記録する他に、この日に何がどれだけで幾らであったかを書き残しておきたいのです。
だから大学ノートに3色のペンで線を引いて、食品欄を大きくとって、医療費は二人別々に書きます。
無駄な努力をしているわけですが、これはもう趣味なので、効率的である必要はないのです。

今はカードで買ったり、口座払いで配達してもらったり、財布から払わないものがありますが、その額は毎日ちゃんと財布から予備のがま口に移動しておきます。それをしないと、日々の出費が把握出来ませんから。

毎日収支を合わせなくたって、出て行くものは出て行くのだし、計算する手間が勿体無いかもとは思いますよ。
でもさ、無駄の効用ってあるでしょう。趣味の域になっちゃっているものをやめたら寂しいもの。
計算が合わなくてイライラする事もあるけど、義務感でやっているのではないし、ぴったり合った達成感があるし、電卓でモタモタやっている事が、ボケ防止になる事は間違いないから、この計算は、パソコンには任せたくありません。

道楽っていいものですよ。
語りも道楽、家計簿も道楽、どちらもボケ防止になるんだから言うことなし。

a0050728_16534638.jpg

昨夜はたっぷり眠れて良かったです。













[PR]
by hisako-baaba | 2016-10-31 16:55 | Comments(10)

語れるご本でした
昨日いただいたご本をちょっと斜め読みしましたが、昔の事をよく調べて書かれていて、素敵な資料でした。語れるお話色々ありそうです。
全部は読めていませんが、取り急ぎお礼状を書きました。

語れるなと思ったのは「生きていた茂兵衛」さんのお話。
この辺りは水はけが悪く、稲の取り入れの時まで田に水があり、泥田に足を取られながらの苦しい稲刈り作業になる。
殿様の行列に気づかず、稲刈りに熱中していた若者が、土下座をしなかったばかりか、殿様に泥を掛けてしまい、処刑される所を、名主の茂兵衛さんが、身代わりになると言って若者を助け、自分は生き埋めになって死ぬことにした。

畑に掘った大きな穴に座り、 長い竹筒を頭の上に立てて埋められ、鐘を鳴らす音がしなくなったら、死んだと思ってくれ」と言い残した。
土を掛ける直前誰かが、頭の上に萱をぶちまけた。土は萱の上にかけられ、土饅頭から竹筒が突き出ている形になった。(空気穴)
村人は泣きながら拝み続けたが、日が暮れると誰もいなくなった。真夜中二人の男が穴を掘り返して茂兵衛さんを救出、準備されていた駕籠が、茂兵衛さんを連れ去った。二人の男は穴を埋め戻し。土饅頭の上に飯を供え線香を立てて立ち去った。
茂兵衛さんは京の寺で僧になり、そこで亡くなって、後年家に位牌が届いたが、穴の中で死んだことになっているので、二つ目の位牌は扱いに困り他所に預けた。と、こんなお話。

別の話では、茂兵衛さんは生き埋めで死んだとなっているので、こちらは、こうあって欲しかったという願望から生まれた作り話かも知れないけれど、でも、本当にこうだったら面白い。

殺人の話をしても後からこの話をすれば、気分が良くなるでしょう。そんなこともお礼状に書きました。
a0050728_17175141.jpg

昨日は本当に疲れを感じていませんでした。
ところが、久々に三輪車を使わず歩き回った脚はかなりのダメージを受けていたらしく、昨夜は脚が色々問題を起こして眠りを妨げられました。

だから今日は、ポストより遠くへは行きませんでした。











[PR]
by hisako-baaba | 2016-10-30 17:18 | Comments(4)

素晴らしかった語りの会と新たな出会い
今日は素晴らしい午後となりました。

語りグループの超ベテラン、二十年以上語っておられるお二人が、会場を借りて「二人会」を開いたのです。

私は電車で二駅先の会場まで出かけたのですが、とんだドジから始まりました。
玄関ポーチにリュックを置いて、鍵を締め、カートだけ押して、タクシーに乗ってしまったのです。
仕方なくそのまま現地に。知らない会場を確認して、食事をするところが見つからないままコンビニで飲み物とパンを買ってから、この辺にショッピングモールがある筈と探したら食堂もありましたが、時間がないので広場でパンをかじりました。

家に忘れてきたのは、飲み物と、上着でした。
ひどい北風が吹き荒れていて上着なしでは寒くて帰れそうもありません。

幸いにも先日来カーディガンを買いたくて買えずにいたので予算があります。ここで買おうと探したら高いお店ばかり。諦めようとしたら1900円という広告が目に入り、材質を確かめるゆとりなく買いました。綿55%春秋ものだから安かったのですが、十分暖かくて助かりました。
そこまではドジ話。



会場に入ったら会のお仲間が一番前の席に案内してくれました。足の悪い人を階段のない横手から案内してくれていたので、次に男性が、その向こうに私と同じカートを持った女性が並びました。二つのカートが並んだのでその方とおしゃべり、手前の男性ともおしゃべり、そのご縁が素晴らしい事になりました。(まあそれは後で)


大ベテランが自腹で会場を確保して、無料で開いた語りの会は、超満員でした。
小さなホールとはいえ階段状の客席は舞台がよく見えます。
撮影禁止なので始まる前に撮りました。
a0050728_21342423.jpg


a0050728_21350455.jpg

洋物が得意な人が第一部、怪談話が上手な人が第二部。さすが引き込まれる語りでした。
「猿の手」は、それをアレンジして櫻井先生の作られた物語を私も語るので、興味津々で聞きました。

小泉八雲の怪談は、重厚な語りで怖さもひとしお。聞き応えのある語りでした。

私も早くあれほどの語り手になりたいです。



さて、休憩時間に起きた素晴らしいこと。
87歳の男性が、戦争中の話をされたのです。
生まれ育った(ふじみ野市)上福岡に、戦時中軍需工場があって、爆発で動員されていた学生などが大勢爆死したのを自分は見たのに、戦後になってもその事実は隠蔽されたままなので、「火工廠物語」という本を出版した。
もう一冊土地の言い伝えなどをまとめた、「ふじみ野風景物語」も出版し、どちらも市の図書館にあるとの事なので、「是非読みたいです」と言ったら、持ち合わせておられた「ふじみ野風景物語」を、私に下さいました。
a0050728_21334140.jpg
ちょっと開いたところでも、地域の言い伝えとして、語るにふさわしいお話がありそうです。

なんとも素敵なご縁が結ばれました。読み始めたらお礼状を出しましょう。

こちらの駅で5時のバスを待って帰りましたが、全く疲れを感じませんでした。
ワクワクしていると、疲れないのですね。





[PR]
by hisako-baaba | 2016-10-29 22:10 | Comments(10)

三笠宮様は平和論者___通販生活やりますね〜___出番ですよ!ほかほかクッション
100歳で逝去された三笠宮様は、軍人体験から平和主義者になっておられたという、東京新聞の記事。
a0050728_17174812.jpg



通販生活は、参議院選挙前の今年の夏号に、「今回ばかりは野党に一票」という意味の、反安倍政権の主張を載せました。それはなんとも痛快な記事でしたが、それに対して批判の投書が殺到したそうです。
今回の冬号にはそれらの批判に真っ向から反論している。痛快なので転載します。


☆編集部からのお答え

172人の読者のご批判は、おおむね次の3つに集中していました。

⑴買い物雑誌は商品の情報だけで、政治的な主張はのせるべきではない。
⑵政治的記事をのせるのなら両論併記型でのせるべきだ。
⑶通販生活は左翼雑誌になったのか。

⑴について申しますと、「買い物カタログに政治を持ち込むな」というご意見は「音楽に政治を持ち込むな」と同じ意見になるのかなと思いました。
たとえば福島第一原発のメルトダウンがいい例ですが、日々の暮しは政治に直接、影響を受けます。したがって、「お金儲けだけ考えて、政治の話には口をつぐむ企業」にはなりたくないと小社は考えています。「政治の話は別にやれ」という使い分けもしたくありません。企業の理念と行動をありのまま読者の皆さんにお見せしたいと考えています。

⑵の両論併記は、「対立する異論を理解し合う形式」の一つと考えて実行してきました。これからも実行していきます。しかし、憲法学者の約9割が違憲としたほどの「安倍内閣の集団的自衛権の行使容認に関する決め方」は両論併記以前の問題と考えた次第です。

⑶についてお答えします。

戦争、まっぴら御免。
原発、まっぴら御免。
言論圧力、まっぴら御免。
沖縄差別、まっぴら御免。

通販生活の政治的主張は、ざっとこんなところですが、こんな「まっぴら」を左翼だとおっしゃるのなら、左翼でけっこうです。

「良質の商品を買いたいだけなのに、政治信条の違いで買えなくなるのが残念」と今後の購読を中止された方には、心からおわびいたします。永年のお買い物、本当にありがとうございました。



通販生活って気骨のある面白い会社ですね。カタログ読んでみたいけど買う物はないかな?
a0050728_17195217.jpg


今朝は真っ暗だったので二人とも9時近くまでベッドから出なかった。
夫が冷たくなってやしないかと覗きに行ったら起きてきた。

昨日の大量買い物で今日は用がない。
接骨院に行く予定だったが、今にも降り出しそうな空に、出足を阻まれた。

生協の註文書を早めに書こうとして、足が寒かったので、これを出した。
a0050728_16440819.jpg
机の下で足を入れるクッション。オールポリエステルだが、分厚くてとにかく暖かい。中の生地が白で、度々丸ごと洗濯しなければならないので、ピンクのもこもこの端切れを挟み込んでカバーにしてこれだけを洗濯している。
買ったときは、中にカイロを入れようかと思ったが、全く必要がなかった。とにかくあったかい。
夫の分も買おうと言ったら「めんどくさいからいらない」と言われた。
これがあれば、エアコンつけるのを遅らせられるのに。

生協の要らないカタログ10冊ぐらい断っているのに、まだまだ要らないものが来る。欲しい物、明るい色のレインポンチョ。カタログ見たけどないので、注文は食材の載っている一冊に限定。
そこに、トイレットペーパー、最近では珍しい60メートル巻き12ロールで税込み246円の特売があってビックリ!昨日近所で買わなければ良かった。
腐る物ではないから2パック注文。置き場所に困るけれど。
食品は、冷凍庫が混んでいるから3つしか頼まない。
チーズ味のポンデケージョ(もちもち感のあるパン)があって嬉しかった。
アルゼンチン&オーストラリア産の蜂蜜も2本注文。この辺では中国産しか買えないから。
あとは作りたくない日のためのおでんで、コンビニより美味しいと思うメーカーの物を注文、食べる日に具材を追加してアレンジする。

顔のイボにヨクイニンの軟膏が欲しかった。皮膚科での治療は液体窒素のみでそれは嫌だと言ったら、放置しても構わないと薬はくれなかった。
塗り薬は効きにくいのか?広告にある高価なのは試す気なし。ところが生協にネットと同じ物が3割も安く載っていた。ハトムギエキスが主で、値段も安いので、試す気になった。

リビングは22.5度あるから、エアコンはつけない。ぼけっとしたまま日が暮れた。



[PR]
by hisako-baaba | 2016-10-28 17:28 | Comments(18)

一度では積めない買い物_____合理的な家族葬プラン
昨日はオカリナレッスン以外どこにも出なかったので、今朝の買い物は大量で運びきれませんでした。
トイレットペーパー18ロールを積んだら、ほかのものはあまり積めなくなるのに、それでも4軒のお店を回りました。落ちないようにくくりつけて、ようやく運びました。重くはなかったので。
かさばる物は配達して貰えば良いのですが、18ロール入って348円なんて安いのはありませんからつい買いに行ってしまいます。
百円ショップに行きたかったけどもう積めないので午後に出直しました。


午後は2週間もサボってしまった接骨院に行って、百円ショップにも寄ってきました。

a0050728_21463883.jpg
Mさんがいずれ直面しなければならない葬儀の心配をされていると記事にしたら、mimizuさんが体験談をコメントしてくださいました。
NHKで報道されたという「小さなお葬式」と言う、葬儀社紹介会社のような所を使ったら、決まった料金できちんとできたという体験談でした。
「小さなお葬式」という会社は、全国に提携店を持っていて、この会社を通せば、3種類の葬儀プランが、追加料金ゼロで、安くできるそうです。
188000円から、488000円までの3つの形の家族葬プランで、提携店は、自社の価格より安くやってくれるらしいです。プラン通りなら一切追加料金は発生しないそうです。
ウチから2キロあまりの場所にある大手の葬儀社の家族葬ルームも提携店に入っているのでした。「そこに行って訊かないで、先ずは「小さなお葬式」という会社のパンフレットを取り寄せてみたらいいでしょう」とMさんにお伝えしました。
Mさんは早速資料請求されるということです。

もちろんお坊さんを呼ぶなら、規定の別料金です。なんでも値段が決まっていて安心らしいですよ。
詳しいことがわかったら、記事にしたいと思います。


[追記]
ネットにも雑誌にも、「小さなお葬式」という会社で、追加料金を取られたなどと載っているそうですが、あゆさんの印象では、それは従来の葬儀社が、安売りされては迷惑なので、匿名で書いているのかもしれないというかんじだとか。
mimizuさんによれば、オプション契約を結ばない限り、追加料金は発生しなかったそうです。

↓ ここのコメント欄に.mimizuさんと、あゆさんが書き込んでくださっています。関心がおありの方は、覗いてみてください。

緊急事態でうろたえない為には、平時に予備知識を持つことが大事かと思いますので。
明朗会計は、大事だと思います。
実際の手配をされるのは土地の葬儀社ですから、様々なオプションを勧められるでしょう。
オプションを薦められても、いらない物は要らないと言える、落ち着きを持っていたいと思います。








[PR]
by hisako-baaba | 2016-10-27 21:49 | Comments(10)

オカリナレッスンは半分お喋り
オカリナレッスンは、いつもの3人。
Mさんのご主人は容態がかなりお悪いようで、葬儀の心配。
生前にご主人の預金を移しておかないと、葬儀代も下ろせなくなるとか、大げさな葬儀はしたくないとか、もう葬儀社と相談しておかないと、急遽頼むとぼったくられる心配があるとか、自宅介護の最中に葬儀社に相談に行かなければならないのは大変です。

うちは昔互助会に払い込んであり、たまたま買った墓地もその会社のだったから、そこから飛んできて貰えば、なんとかなると思っている。

病院で亡くなった場合、病院が呼んでくれる葬儀社には頼まないほうが良い。

Mさんは偉い、できる限り自宅介護と決めている。下の世話がますます大変になり、大柄のご主人に褥瘡を作らせないため、自分が腰を痛めている。
ご主人はいつでも入院させてもらえるのだから、ご自身ガン検診で再検査に行く日ぐらいは、入院していていただくほうが良いのに。仲の良いご夫婦だから、最後まで手をかけるつもりでおられる。共倒れになったら息子さんが大変だから、ご自分の健康もしっかり守って欲しい。

介護保険のショートステイよりも、入院のほうがはるかに安くて安心とのこと。これは覚えておきましょう。

そんな話題で、3人共他人事ではないから、レッスンはなかなか始まりませんでした。


オカリナは、「星の世界」を合奏できるように、それから「アメイジンググレース」
宿題は「野に咲く花のように」以前少し練習したのでなんとかなりそう。

a0050728_15461784.jpg

先生は多才で、絵も習っておられます。
町の展覧会に例年通りグループで出品なさるそう。町には、篆刻とか、面打ちとかたくさんのサークルがあって今度の土日、少し遠いほうの公民館に展示されます。雨が降りませんように、三輪車で見に行きたいです。





[PR]
by hisako-baaba | 2016-10-26 16:13 | Comments(15)

お上の横暴______楽しいサッカー
土人って、昔は文明に縁がないと見える未開の地の、色の黒い方々を侮蔑した呼び名で、うちでは絶対に使わない言葉でした。
(両親は、アメリカに十数年暮らして、羽振りが良かったので差別はされなかったというけれど、差別を見聞きしていたからでしょう、誰も差別しませんでした。女中さんの食事も家族と同じでした。中国人をチャンコロなんて言いませんでした)

家の中に差別語はなくても、街では「南の島の土人さん」みたいな表現は普通に聞きました。
戦後は、絵本の「ちびくろサンボ」まで黒人差別と排斥されて、「土人」なんていう言葉はとっくに死語だと思っていたら、誰が覚えていて再び広めたのやら、大阪の機動隊が沖縄県民を「土人」呼ばわり!? 不思議?
沖縄県民はお前と同じ日本人だぞ。侮辱するにもほどがある!
行儀の悪い大阪の機動隊は追い返さなきゃ。
a0050728_18052747.jpg


志帆たち、低学年のサッカーチームも頻繁に試合があるようで、楽しそうな写真をもらいました。
a0050728_18061843.jpg

a0050728_18265314.jpg



今日私は家から一歩も出ず、それでもなにもはかどらず・・・ただ、包丁を一本だけ、丁寧に研ぎました。
それで、ネットスーパーから届いたサンマをお刺身に切ったら、崩れずに綺麗に切れました。だいこんのつまを作って、超安いお刺身の出来上がり。
あとはおでんをコトコト煮ているだけ。今夜は寒いけど明日は26度! 体がついて行かれません。







[PR]
by hisako-baaba | 2016-10-25 18:13 | Comments(9)

鳩を保護した思い出
昨日小松菜問屋の八百屋さんで、社長さんとおしゃべり。
京都の小松菜を頂いてビックリした話をしました。

京野菜の通販に小松菜が載っています。嵯峨産だそうです。京野菜に仲間入りしていたのですね。

江戸時代に、小松川(東京の江戸川区)の農家が作り出して、人気を博した小松菜。小松川がビルだらけになった今は、埼玉が生産量の大半を占めていて、関東各地と、九州も産地になっているとは聞いていましたが、京野菜の小松菜は知りませんでした。

さて京都から小松菜や九条ねぎを頂いたのは、レース鳩を保護した御礼の菓子折りに添えてあったものです。
京都の農家のご主人が趣味でレース鳩を飼い、各地のレースに参加しているのでした。

2014年3月14日、寒かった朝、ベランダに若い鳩が蹲っていました。家に入りたいようなので戸を開けたら飛び込んできました。飢えて凍えていたのです。
a0050728_11392397.jpg
すごい勢いでお米を食べました。
足輪にあった番号に電話したら、前年に生まれた若い鳩で、富山の滑川から300キロレースに飛び立った鳩の中の一群れが、90度方向を間違えて関東に向かってしまった。その中の一羽なのでした。
京都まで、300キロ帰るはずが、埼玉まで300キロ。三日間彷徨って、雨に打たれて、凍えて飢えて、鷹に食われなかったのは良かったけれど、人間の道楽で、過酷なレースをさせられて、動物虐待ですよね。関東に向かった仲間はどうなってしまったか?何羽かは野生に返ったかもしれませんが、かなり死んだのでは?途中で雨にあいましたし。

a0050728_11443167.jpg
もしまた迷子のレース鳩を保護したら、しばらく面倒を見て、好きな時に自由に飛び立ってもらおうと思ったことでした。飼い主に返してあげないで。

この前ベランダに来た鳩の夫婦は、1羽が足輪をつけていました。迷子になったおかげで自由になって、野生の伴侶を見つけた、素敵ですよね。自由に生きられるのなら、飼い主と決別したほうが幸せ。

八百屋さんの店先で京都の小松菜の話が鳩の話に発展したのでした。







[PR]
by hisako-baaba | 2016-10-25 11:45 | Comments(8)

天高く人参育つ____リタイア後の男性が不幸を作るのはなぜ
a0050728_16145669.jpg
今日は何にもしたくなかったけれど、この景色が見たくて、お昼に買い物に行きました。畑と雑木林と学校がある景色、いつ見ても気持ち良いです。この近くの問屋さんで、小松菜が100円で買えるのは本当にありがたいです。

朝顔って秋咲きも有るのですね。
a0050728_16165869.jpg
秋咲きは西洋朝顔だと、gakis-roomさんから教わりました。確かに葉っぱの形がハートですね。

2000年の10月末に、一度だけスペインに行ったのですが、カンタブリア州のサンタンデールから、湾を渡った向かい側で昼の食事をして、帰りの渡し船を待つ間に、濃い紫の小さな朝顔がたくさん咲いているのを見ました。
a0050728_22211215.jpg


昨日はテロか!?っと思うような事件にびっくりしました。

まあ、頭のおかしくなった爺様が一人で仕掛けた自爆テロではありましたが。
解りませんね、なんで多くの人を道連れにしたかったのか?

祭りの行列が遅れたために被害者は少なくて済んだけれど、彼は多数の市民を殺したくて、祭りの行列の通る時間に爆弾を2箇所に仕掛けていたわけで、ひどい話です。

個人的な悩みや恨みがごちゃごちゃになって、理屈に合わない行動になってしまう?そういうのは防ぎようがないですよね。
傍目には、孤立していたわけでなく、近所の人と仲良くお喋りしていたのに、心の闇は誰にも見せなかった。

男性の定年後の生き方は、そんなに難しいのでしょうか。

奥さんを「夫原病」にしてしまい、自分をわざわざより不幸に陥れてしまう人を見かけますね。
現役時代威張っていた人ほど、自分を客観的に見られなくて、地域でも威張りたがって、嫌われたりする。

妻に絶対服従を強いた結果逃げられる場合が多いですね。
離婚出来て命拾いしたという「夫源病」経験者もいます。
離婚が成立すると、女性は元気になり、男性はしょぼくれてしまう。

まあそうならない為に男性は現役時代から外でも家でも空威張りしないことですね。
実るほど 頭を垂れる稲穂かな・・・が本当の偉さですものね。

この町で、いろんな会合に出てくる男性方は、なかなかご立派ですよ。威張らないで、周りと協調できて、ボランティアが好き。こういう人たちは、一生涯大丈夫ですね。









[PR]
by hisako-baaba | 2016-10-24 16:59 | Comments(7)


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
ebloさま この話は..
by hisako-baaba at 11:11
kiyokoさま 前川..
by hisako-baaba at 11:07
私のブログにリンク貼らせ..
by eblo at 08:30
多分前川氏は例外の人物で..
by sidediscussion at 08:29
marshaさま 前川..
by hisako-baaba at 07:20
共謀罪法案成立に狂奔する..
by marsha at 06:40
kiyokoさま え、..
by hisako-baaba at 18:27
nagakoさま あ、..
by hisako-baaba at 18:23
ebloさま 現代でも..
by hisako-baaba at 18:21
ペニシリンもストレプトマ..
by sidediscussion at 17:07
こんにちは 若い頃会社..
by nagako1953 at 17:00
20年ほど前に姪が結核に..
by eblo at 16:33
元気ばばさま 結核は戦..
by hisako-baaba at 15:19
私の世代では周りでかかっ..
by juju3291a at 14:56
けいこさま 一人で行き..
by hisako-baaba at 14:33
marshaさま 戦後..
by hisako-baaba at 14:29
お誘いは嬉しいけど・・・..
by love-t_k at 13:57
子供の頃、肺病は恐ろしい..
by marsha at 13:57
marshaさま お山..
by hisako-baaba at 06:59
後藤田正晴さんは立派です..
by marsha at 04:35
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧