『稲むらの火の史実を読んで』・・・中学のときの作文
今日は忙しいので・・・・・約一年前、一橋中学通信課程に提出した作文を載せます。
12月23日24日が安政の大地震の起きた日なのです。
151年前、ヤマサ醤油七代当主のお話です。



   『稲むらの火』の史実を読んで                         2005.1.21 記
                  
 インド洋沿岸の大津波の悲惨さに驚かされ続けている折しも、テレビで安政の東南海、南海大地震津波から紀州広村の村民を救った浜口梧陵のことを知りました。昔小学校で習った『稲むらの火』(高台に居て津波に気づいた庄屋が自分の稲に火をかけて村人を救った話)のモデルですが、教科書の話は主人公の年齢も内容も事実とはかけ離れています。そこで浜口梧陵の日記や二、三の文献を読んでみました。

現在の暦で12月23日に東南海地震、翌日に南海地震と続いたのですから『稲むらの火』の物語のように脱穀前の稲が積んである筈はありません。彼が犠牲にしたのは稲ではなく、その後永年にわたって村民の生活を支えるために投じた莫大な私財でした。

江戸開府から42年後の1645年、醤油発祥の地紀州から房州の銚子に進出した醤油メーカーがありました。(現在も続いています)江戸と銚子に店をもち創業から二百年余り経ったころ、浜口梧陵(儀兵衛)は七代当主になりました。彼は34歳の年(1854年)の旧暦11月4日、たまたま故郷に帰っていました。4日朝の東南海大地震で梧陵は津波を予想し、若者を指図して村人を高台の八幡神社に避難させました。翌日には海も穏やかになり、人々がほっとして家に戻った夕方、今度はもっと近くで南海大地震が起きたのです。前日よりはるかに高い大津波が四度押し寄せました。梧陵は若者たちを引き連れ村内を駆け巡って村人を避難誘導していて、自分は津波に呑まれ奇跡的に陸に打ち上げられました。いったん神社に避難しますが、すぐ又逃げ遅れた者を探しに松明をかざして駆け降ります。先に進めなくなると路傍の稲むら(藁の山)十数個に火を放ち松明を振り回して合図を送りました。彼の日記に『この計空しからず、これによりて万死に一生を得たるもの少なからず』とあります。暗闇の中その火を頼りに沢山の人々が辛うじて逃げおおせました。皆を神社に避難させた直後最大の津波が襲って、稲むらは燃えながら流されてゆきました。『火を点ぜし稲むら波に漂い流るるの状、観るものをしてうたた天災の恐るべきを感ぜしむ。』と彼は書いています。危機一髪でした。

ほとんどの村民の命は助かったものの、惨状はなはだしい村は生活の術を失いました。梧陵は私財をなげうって村人の家を建て農具や漁船を作って与え、防災と失業対策をかねて堤防建設のために多数の村人を雇いました。

 翌年の秋、今度は江戸の大地震で店を失います。店の再建のために堤防建設は中止してほしいと番頭に言われても、梧陵は店の再建を諦めて堤防に資金を注ぎ込みます。銚子の醤油工場で働く広村出身の人々も村のために奮闘し、4年足らずで大堤防は完成。高さ5m 幅20m 全長600m、当時としては世界一の規模でした。そのお蔭で88年後の昭和21年、昭和南海地震津波が襲ったとき広村の中心は浸水を免れたのです。今もしっかり残る技術的にも優れた美しい堤防です。

 浜口梧陵はこれより前32歳のとき村に耐久舎という学校を作りました。今も耐久高校として続いています。勝海舟、福沢諭吉などと親交のあった学者肌の彼は、明治になって初代和歌山県議会議長を勤め、政府の高官にもなりました。実業家として、政治家として世のために働き、65歳でようやく機会を得て世界一周の旅に出ましたが、翌年ニューヨークで病死しました。常に人のために生き、海外に行きたいという長年の望みをようやくかなえて客死したとは、悔いの無い生涯だったことでしょう。凄い人だと思います。

 昨年日本を再三襲った台風や中越地震。回復までには神戸のように長い時間がかかることでしょう。優れたリーダーがほしいものです。そしてインド洋沿岸の国々の地震、津波の惨状。これを繰り返させないために、地震津波の知識の豊富な日本が予報システム構築に貢献するだろうと期待しています。

 浜口梧陵、150年前の偉業に学ぶべきものは多いと思いました。

 
(一橋中学通信課程 平成16年度 文集 掲載)
[PR]
# by hisako-baaba | 2005-12-21 10:28 | 七十歳からの中学生生活 | Comments(4)

毎度の事ながらパニック起こしていました
昨日から大慌てです。ばたばたしっぱなし・・・そして今日はパニック!
ブログにルーツなんて書いていられる時じゃなかったんです。師走なんだから。

家の中は散らかってるし、年賀状は手付かずで・・・
で、自分の年賀状は昨日大慌てでデザイン考えて、パーツを並べてデジカメで撮って、
気に入らないので並べ替えて・・・いいかげんでやめて・・・いいかげんなまんまで・・・撮って・・・
印刷したら宛名は全部手書きします。

私は年賀状ソフトを必要としないから呑気にしていたら、
連れ合いがソフトを使いたいと言います。
このPCは今年から使い始めたので、何も入っていません。
古いソフトを入れようとして入れそこないCDが引っかかってしまって何も出来ず、
CDを取り出すことも出来なくなってパニック。どうしていいやらわかりません。

詳しい方にメールして、小さい穴にピンを刺してごらんと教えられ、取り出すことが出来ました。
パニクッテいましたからそれはそれは嬉しかったです。教えていただけて助かりました。
明日にも新しい年賀状ソフトを買いに行って来なくっちゃ。
a0050728_17134767.jpg

[PR]
# by hisako-baaba | 2005-12-20 17:26 | Comments(6)

冬枯れの街で

街は冬枯れで撮るべき花がありません。そこで行きつけの小さい花屋さんをパチリ。
若夫婦が、シャッター通りの空き店舗で始めた花屋で、もう2年ぐらいになります。
a0050728_17113422.jpg

他にも以前この辺に花屋を出した人が二軒あったけれど、2店ともじきに消えてしまいました。
商店街が寂びれてくるとなかなか難しいようですが、このお店はがんばっています。


公園で赤いものは、葉っぱだけ・・・
a0050728_1712110.jpg


pasoさん今頃飛行機の中・・・マドリードまでお迎えに来てくれる方がいるから大丈夫。
トレドにはニャメちゃんも待ってるし・・・お元気でー!!又来年待ってまーす。
[PR]
# by hisako-baaba | 2005-12-19 17:22 | Comments(2)

海の向こうの孫に会いたいです

娘の方の孫です。今年3月スペインで生まれたので、来年か再来年会いに来てくれるのが楽しみです。
パパにも良く似ています。どっちに似ても根性ありそう!12月、8ヵ月半の写真です。
a0050728_1793949.jpg



7月初め4ヶ月にもならないうちにもうこんなでした。
よく成長して『超でかい』とみんなに驚かれています。
”闘魂”は仕事で来日したパパが買って帰ったものでしょうが、どういうつもりかな?似合ってる。
向こうのおばあちゃんには初孫ですし、みんなに可愛がられています。
a0050728_1710114.jpg

あちらでは保育園よりベビーシッターが普通なので、仲良しのルーマニア人のおばちゃんに生後6ヶ月から来ていただいているそうです。
出産や育児の休暇は日本よりはるかに長い国です。育児中の短縮勤務もあります。
共働きは当たり前。ママが子育てしながら働き続けるには、日本よりはるかに有利です。

第一だれにでも年次休暇1ヶ月ある国ですし、その休暇はとらなきゃいけないのです。
[PR]
# by hisako-baaba | 2005-12-18 17:28 | Comments(5)

整形外科に通う道
4年前、膝関節炎になったとき、近所には整形外科がなくて、1キロ先の医院に通い始めました。途中坂が有って、膝が痛い頃は通うのが大変でした。その後近所にも整形外科が出来たけれど変えずに、今も月に一度、往復2キロ歩いて通っています。
この先生は余計な治療をしないから好きです。膝に水がたまったとき少し水を抜いて検査の結果細菌感染はないし、X線で関節を見てもそう酷くはない。関節に油を注射しても私には効かなかったのですぐやめて、「水は自然に吸収される、暫くは痛むけれど自然に治るのを待てば良い。」と湿布をくれるだけで何もせずじっくり待ってくださいました。
「毎日電気をあてに通いなさい」なんて言えばお医者さんは儲かるのですが、余分なことはさせない先生でした。近所の人は『そんな医者やめて別の先生に行きなさいよ』と言ったけれど、何にもしてくれない事に私は信頼を置きました。第一、不安になったとき直接メールすると、ちゃんと返事で安心させてくれる先生なんてほかにいませんから。
筋肉を弱めてはいけないと言うので、少しの痛みならどんどん歩きました。一番酷い頃も中学のスクーリングは休みませんでした。帰りに辛くなりすぎて、教科書もノートも宅急便で家に送って杖にすがって帰ったこともあります。70歳でやっと入れた中学ですからね、一日だって休めませんよ。
治療を何もしなくても3ヶ月で杖が要らなくなり、6ヶ月で完治しました。その杖も6300円のを630円で買わせていただきました。区で9割も負担してくれるのです。「どんどん歩いて、寝たきりにならないで下さい」ということで。今は杖無しで走って歩いています。

医院までの道は住宅街なので花を探してカメラを向けました。医院の前の家にはみかんがなっていました。オレンジか何かわかりませんが。 紫式部もどっさりなっていました。
a0050728_1519430.jpg

a0050728_15351252.jpg

この辺り一帯はつい近年まで農村でした。昭和30年代に一度来たことがあります。バスの車掌をしていたころで、仕事を教えた少女が、婚約者を見せたくて私を家によんでくれました。駅から20分も歩いたでしょうか、そこは貧しい農家でした。畑道は寂しくて、15~6歳の少女がバスの仕事で夜明けに出かけたり、夜中に帰ってきたりするのはかなり辛いことだったでしょう。
a0050728_15243113.jpg

でもその後じきに、貧しい農家はみんな『土地成金』になりました。今ではかなり高級な住宅地です。でもまだところどころに小さな畑が残っていて鶏が放し飼いされていたりします。まあそれも年寄りが生きている間だけのことで、相続税で物納され競売になってマンションが建つというパターンが多いのです。残り少ない農地がオアシスになっているのは今だけのようです。
a0050728_15304623.jpg

[PR]
# by hisako-baaba | 2005-12-17 15:40 | Comments(4)

晩年の父・・・ルーツ・・・⑩
私の思い出の中に住む父はいつも和服姿でした。(アメリカ帰りで洋館に住みながら)
『ダイニング』と呼んでいながら食卓は北の和室に移してしまって、居間兼書斎にしていた部屋。
その絨毯の陽だまりで母と遊ぶ私を、大きなデスクから振り向いて見ていた父。
私を抱いて、長い廊下を行きつ戻りつなにやら語りかけながら寝かしつけてくれた父。廊下の天井の二箇所から下がっていたペンダント型電灯。物心つくかつかないかの頃の鮮やかな記憶です。後年発見した建築契約の書類の中に、電気屋さんが電灯の絵を丁寧に描いたものがあって、『ペンダント』と書かれた廊下の電灯は私の記憶の通りでした。

でもある朝父が起きて来なくて・・・夜中に突然死したことから始まった大混乱は何一つ記憶にありません。葬儀も多摩墓地への埋葬も翌年の辛い引越しも・・・嫌だったことは総て7歳の記憶から欠落しています。父の死は私にとってそれほどのショックだったのです。

父は晩年、元気だった頃もほとんど外出しませんでした。酒タバコ一切やらなくても運動不足と精神的ストレスが体に悪かったのでしょう。散歩に出ることもなくデスクに向かっていました。世の中は大恐慌で、農村も疲弊し娘たちが家のために身売りする時代でした。
父も株式の先行きが読めず、収入はほとんどなかったけれど、預金から家計に毎月200円の支出をしていました。起死回生の自信があったからでしょう。
滅多に来客もない家に、二人だけ義理堅く訪ねてくださる方がありました。一人は村田さんと言う大会社の役員さん、ハンサムで長身の上品な老紳士でした。お土産はいつも私への高級なおもちゃで、籐椅子の応接セットの精巧なミニチュアを一番懐かしく思い出します。
もう一人は私が「坪内のおじちゃん」となついていた下町のご隠居風のお年寄りでした。その方の娘さんが有名な人形店店主の奥さまなので、市松人形や羽子板をいつも頂いていました。

父の予言は当たらなくなっていたのでしょうが、このお二人はかつて父の予言で大きく儲けたことを忘れず、季節の挨拶に訪ねてきてくださったようでした。我が家は駅から1キロも離れていて坂の上にあったのですけれど。

茅場町に住んだ頃は電話がまだ不便でも、近所の株屋さんからは小僧さんが駆けてくれば用が足りたのに、だんだん山の手に住みたくなった父。でも麻布の次に目黒に土地を買ったとき、そこはまだ東京市内ではなかったのです。地名は 東京府下荏原郡目黒町大字宿山字東山。(やがて東京市が広がって目黒区上目黒となり、今は目黒区東山)当時そんな田舎に引っ込んだら株屋さんとは遠くなりすぎるのに、麻布に引っ込んでからも会員制の会報発行だけで商売が成り立っていたからでしょうか?
東山の家の前は練兵場の広っぱで、富士山が見えました。美しい姿の大山から丹沢山系、秩父山系と、まるでパノラマでした。きっとこのせいせいする風景の中に暮らしたかったのでしょうね。それは私の原風景となりました。だから今も私は山なみを眺めるのが大好きです。

戦後練兵場あとには公務員団地が建って、又それを壊して建て替えてより高層になっているようです。富士も大山も屋上でないと見えないのでしょう。

そして父の建てた家は戦後何十年経ってもしっかりと建っていました。私たちから買い取った方が長年住み続け、庭にもう一軒別棟を建てて、変わらぬ表札で住み続けられました。家を眺めに行った事が何回もあります。けれど代も変わったことでしょう。数年前行って見たら跡形なく、敷地いっぱいに安っぽい紫色のマンションが建っていました。胡桃の大木もなくなって、私の原風景は総て失われましたが、心の中の絵だけは鮮やかに残っています。両親の和服姿とともに。


当時の写真がいま出せないので、相変わらず百年前の写真を載せます。父31歳、母22歳です。
a0050728_17265041.jpg
a0050728_17271077.jpg

[PR]
# by hisako-baaba | 2005-12-16 17:36 | 幕末からの我が家の歴史 | Comments(2)


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
dekoさま 怖いんで..
by hisako-baaba at 23:08
こんばんわ体調が今一つな..
by Deko at 20:18
ebloさま この話は..
by hisako-baaba at 11:11
kiyokoさま 前川..
by hisako-baaba at 11:07
私のブログにリンク貼らせ..
by eblo at 08:30
多分前川氏は例外の人物で..
by sidediscussion at 08:29
marshaさま 前川..
by hisako-baaba at 07:20
共謀罪法案成立に狂奔する..
by marsha at 06:40
kiyokoさま え、..
by hisako-baaba at 18:27
nagakoさま あ、..
by hisako-baaba at 18:23
ebloさま 現代でも..
by hisako-baaba at 18:21
ペニシリンもストレプトマ..
by sidediscussion at 17:07
こんにちは 若い頃会社..
by nagako1953 at 17:00
20年ほど前に姪が結核に..
by eblo at 16:33
元気ばばさま 結核は戦..
by hisako-baaba at 15:19
私の世代では周りでかかっ..
by juju3291a at 14:56
けいこさま 一人で行き..
by hisako-baaba at 14:33
marshaさま 戦後..
by hisako-baaba at 14:29
お誘いは嬉しいけど・・・..
by love-t_k at 13:57
子供の頃、肺病は恐ろしい..
by marsha at 13:57
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧