人気ブログランキング |


お墓というもの
私はお墓に興味がありませんでした。
夫は子供に迷惑をかけないようにと、二十数年前お墓を買いました。すごく合理的なイージーオーダーで安上がりだったのに、 家紋の代わりに彫って貰った蓮の蕾の家紋風デザインが、何とも素晴らしかったので、興味の薄かった私も、大満足でした。
まあ息子や孫の代は---その後がどうなろうとどうでもいいです。お寺の檀家ではないし、50年後の権利がどうなっても、構うことはありません。土着の人間ではないから、子孫がどこに住むかわからないし、無縁墓になっても、あの世で悲しみはしないと思います。
お墓って遺族のものですよね。遺族の安らぎになれば良いのです。

そんな現実派の私ですが、以前遠くまで散歩出来た頃、素敵なお寺に立ち寄ったことがありました。表に素敵な言葉が表示されていました。
崖地の墓地を通り抜けて、下の道に出ようとした時、墓石につまづきそうになりました。石段の途中に6基程の古い墓石とお地蔵様や観音様が放り出してありました。その置き方が何とも邪険な感じだったのです。
無縁墓を片付けて、跡地を売るため取外したものを、ちゃんと一角に纏めて祀るにしても、それまでの置き方にもう少し情味があっても良いのではないかと、不快感を覚えました。
もう跡継ぎはいないのだから、どこへ片付けようとお寺の勝手ですか?蹴飛ばすような場所に、お地蔵さんを転がして置いて良いのでしょうか?
それっきり、そのお寺には行かなくなりました。
お墓というもの_a0050728_14521680.jpg

今回の被災地では、倒れたり流されたり、埋ってしまったり、回復困難なお墓が多いですね。
石屋さんも手が回らないと聞きます。
そんな中で、あるお寺では津波の泥の中から墓石やお地蔵さんを一つ一つ見つけ出してくださったそうです。でもそれを全部くっつけて山にして、無縁墓のようなスタイルで祀ってしまわれたのですね。
檀家は墓石を見つけても取り出せなくなってしまいました。全部くっつけてしまったから、上から見てもどれだか分からない。たまたま文字面が見えても、元の場所に建てる事は叶いません。
檀家は悲しかったと思いますよ。見つけ出していただいたことは感謝するけど、でも悲しいなあ。何で待って上げられなかったのかしら?
未曾有の災害なんだから、そんなことでまで悲しませてはいけなかったんじゃいないの?
お墓なんてどうでも良いと思いながら、人様のお墓の有様が、悲しくてならない私です。
by hisako-baaba | 2012-01-26 13:53 | Comments(9)
Commented by mi-mama at 2012-01-26 16:19 x
お寺では良かれと思ってやったのでしょうけれども、
ああなってしまっては、どうしようもありませんものね。
せっかくみつかったのにお気の毒なことでした。

良かれと思ってやったことが、本当に良いものであったかどうか。
ほんとうに、やる側は、心してことを進めないといけませんね。
やってしまったことには反省を。これからやることには熟慮を。

あの時には必要であったことも、今では不必要だったり。
あの頃には迷惑だったことも、この頃は歓迎されたり。

原発の問題も同じですね。
50年前には、必要と、あるいは、やるしかないと。
今は、「もう、いらない!」と、キッパリさせる時ですね。
そうでなければ、フクシマは浮かばれません。
Commented by masako at 2012-01-26 18:00 x
お墓は遺族の心の拠り所ですね。
私はお墓参りをすると心のモヤモヤが晴れて
清々しい気分になります。やっぱりご先祖様が
守ってくれているのだと勝手に思うことにしています。

人は死んでしまえばそれで終わりです。後は残った人の心の
中に思い出として住みついていると思っています。時には
それが心の支えになります。 
Commented by masako at 2012-01-26 21:10 x
枝野さんへのメイルは受けつけ拒否でした。
メイルを受け取らないのですよ。
他の方はどうだったでしょうか?
Commented by hisako-baaba at 2012-01-26 22:32
mi-mamaさん
あの状態では、小さい墓石は、名前も見えないですね。もっと可哀想なことになってます。もうちょっと、人の気持ちを慮って欲しかったですね。別の石を買うには費用も嵩むのに。あれは厳密に言えば法律違反でしょうね。他人のものを使えなくしたのだから。
原発反対派が潰されかけていますね。何ででしょう?
Commented by hisako-baaba at 2012-01-26 22:35
masakoさん
今、署名できる場所をアップしました。署名しましたよ。

枝野氏が受け取らないって事は、抗議のメールやファックスが殺到しているからかも。
Commented by takoome at 2012-01-27 01:48 x
サワディ〜カ〜
お墓は生きてる人のためのもの、だから、気持ちの持ち様、
私は家のお墓から遠くに住んでいてちょっとやそっとでは帰れません。
だから、自分のは子供の負担にならないよぉに、彼等の心の中で良いのです。
形にはしてもらわない事になっているのですが、さて、後の事はわかりません。
Commented by momo at 2012-01-27 12:07 x
Commented by momo at 2012-01-27 12:05 x
こんにちは 腰痛早くよくなればいいですね。

お墓のこといろいろ考えます。
昔は子供も多く長男が家を守っていた時代でしたが・・・・・。
今は仕事の関係だとか、子供を持たない夫婦とか家族の形も様々です。
先祖を敬ったり、心のよりどころになったりはしますが、次世代、その次の世代・・・・の負担を考えると形のあるもの(お墓)というスタイルをとらなくても、それぞれの心やもっと違う形(家に置いておく記念碑のようなもの)でも
いいのかもしれない・・・・今の私はそう思っています。
でもお墓を持つ持たないはそれぞれの形でいいと思います。
Commented by hisako-baaba at 2012-01-27 21:06
tkoomeさん
私自身は樹木葬とか散骨とかが好きですが、夫は、お骨を抱えて息子が困らないように準備しました。それはそれでいいかなと、できてみたら気に入ってます。
Commented by hisako-baaba at 2012-01-27 21:14
momoさん
先祖代々の墓がない我が家。それで良いと思ったけど、出来てみればこれもいいかなと思ってます。
あとを継ぐ人の負担が軽いように、それが一番ですね。

津波に遭った先祖代々の墓石を、元どおりに建てられないことを、たいそう悲しむ人も居られます。残った人の心持ち次第ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 反原発のテント村が枝野大臣に潰... 原発反対の叫びに逆風が吹いています >>


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
saheiziさま あ..
by hisako-baaba at 11:23
大変だなあ。
by saheizi-inokori at 09:43
momoさま 拝見して..
by hisako-baaba at 15:32
ご無沙汰いたしました。 ..
by hanamomo60 at 13:25
Saheiziさま 認..
by hisako-baaba at 11:22
そう、病気の前の自分に戻..
by saheizi-inokori at 10:47
saheiziさま 8..
by hisako-baaba at 21:06
備えているのはさすが! ..
by saheizi-inokori at 20:02
Junkoさま 一人は..
by hisako-baaba at 19:38
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 17:54
Saheiziさま は..
by hisako-baaba at 13:16
のんびり、少しは、よかった。
by saheizi-inokori at 11:49
ebloさま 昔々の日..
by hisako-baaba at 21:06
私も長い間一人で暮らして..
by eblo at 19:48
ebloさま かまって..
by hisako-baaba at 22:06
saheiziさま う..
by hisako-baaba at 22:03
娘さんがいなくなり心細く..
by eblo at 18:00
子どもたちの成人式にどう..
by saheizi-inokori at 16:57
dekoさま 正月休み..
by hisako-baaba at 11:53
Saheiziさま 会..
by hisako-baaba at 11:49
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧