人気ブログランキング |


戦争体験の話をまとめながら
太平洋戦争で、どんな事が有ったか、いろいろ語られてはきましたが、女学校2年生が東京で体験した話は、案外珍しいのかも---

爆弾と焼夷弾は、全く別物だって、ご存知でしたか?
焼夷弾では爆風が起きないってことも。

山の手では、爆弾の音は聞いたことがありません。近所に工場がありませんでしたから。
焼夷弾はザーッという音を立てて降り注ぎます。ものすごい数です。何しろ、一つ落としても38発に別れて飛び散るんですからね。それを立て続けに落とすんですからね。
B29の爆音は、今も覚えています。それが何機も整然と編隊を組んでやってきます。
高射砲で迎え撃っても届かない高さを平然とやってくるのです。実に美しい銀の翼、憎たらしかった。

日本向けの焼夷弾は、畳で止まって燃えるように 研究し尽くされていたなんて、ご存知でしたか?
当時日本では、アメリカがそこまで準備して戦争をしていたとは、夢にも知らなかった。
百年前の江戸火消しの道具で、焼夷弾が消せると思っていた政府のアホらしさ、当時の私たちも、その程度に無知だったのです。
アメリカ本土を攻撃したくても、飛行機も航空母艦も足りないから、風船爆弾を飛ばしました。
ゴムが無いから、風船は和紙とコンニャクの糊で作り、焼夷弾をいくつか積んで、気流に任せて飛ばしたけれど,大半は海に落ちたようで、アメリカ本土まで届いたのは、まれだったようです。
資源が何にもないのにアメリカの底力を知らないまま、「窮鼠猫をはむ」で起こした戦争は、ものすごい損失、数えきれない悲劇をもたらしました。
何も知らない私たちは、大東亜戦争は正義の戦と信じていたのですけどね。

私だって、防空壕に入っていることが何より危険なんだと、はっきり知っていたわけではなく、
何となくカンでこわいと感じただけでした。
サバイバルには自分の第六感が大事です。嫌だと感じたものには近寄らず、みんなが行く方角が嫌な感じなら、一人でも別の方向にゆく。
非常時に頼れるものは、自分のカンだけなんですね。

ステープルファイバー(スフ)と言う化繊、ごぞんじですか?べろんべろんとだらしなくなる布。そのブラウスを着て椅子にもたれていると、背中にシワがくっきりついてしまいます。
そのヘチマ衿ブラウスが、女学校の制服でした。
その学校の制服は本来、三本線のセーラー服で、憧れでした。
昭和19年に入学したら、細いヘチマ襟のブラウスに変わっていました。がっかりで、以後私はヘチマ襟が嫌いになりました。

そこまで資源が無かったのは、アメリカ、イギリス、中国、オランダの四カ国が手を組んで、日本には資源を売らないことにしていたからです。
鉄も、非鉄金属も、石油も石炭も、ゴムも綿花も、ウールも、何も輸入できなかったから、女学生にセーラー服なんて生地のたくさん要るものは、着せられなかったのです。
軍服の生地だって足りなかったのですから。

スカートの記憶はありません。みんなモンペを履いていました。 当時のモンペは着物用の直線裁ち、股上がやたら長く、足が短いのでしたが、格好悪いので、私はズボンの型紙で、作っていました。
幸い古い足踏みミシンがありましたから。
ただし、ゴム紐はないから、前と後ろを分けて、それぞれに紐をつけ、袴のように結んでいました。

女学校は、一年生だけに授業があり、2年生以上は工場に勤労動員に行かされました。
一年の時鼓笛隊に入り、2年生になって、戦争が終わっていたら、お琴を習うつもりでしたが、戦争はなかなか終わらず、学校は焼け落ちてしまいました。
敗戦後、学校は近所の小学校に間借りして、午前と午後の二部授業で再開しました。
教科書には墨を塗る箇所がたくさんありました。歴史の教科書はほとんど墨で塗りつぶされ、まともな教科書がないので、歴史の先生は困って、物語の読み聞かせだけしていました。
やがてそんな女学校へも私は通えなくなりました。
父の遺産が消えてしまったからです。遺産の母の分は、一時払いの郵便年金にしてあり、毎月食べてゆける金額が入るようにしてありましたが、猛烈なインフレで、年金一月分では、パン一個しか買えない事態になっていました。全財産を郵便局に預けていたから、新円切り替えで、お札が変わった頃には、価値がまるでさがっていたのです。インフレを抑えるため、毎月500円しか下ろすことができず、食料配給は遅れて、米の代わりにフスマ(麦の皮)が配給されたり、闇値は釣り上がる一方なので、まったく暮らしが成り立たないのでした。

「戦争とは、ひもじいものだ」が、私の印象。焼夷弾より、ひもじさの方が恐ろしかった。それで私の背丈は147センチから伸びられなかった。今はもっと縮んでしまいました。

まあそんな話をこれからじっくりまとめてみます。
by hisako-baaba | 2012-06-28 00:05 | Comments(4)
Commented by tabigarasu-iso at 2012-06-28 16:02
初めて聞く話でした。
父は海軍で敗戦後に母と結婚し、我等がこの世に誕生しました。
父からは、海軍の話を少し聞いただけです。
話したくないことが多かったのでしょう。
母も既に他界しましたが、生きていれば九十歳になります。
母からも、戦争の話は殆ど聞くことはありませんでした。
母と年齢の近い方から話を聞けて、嬉しく思いました。
お体に気を付けて、これからも色々と教えてください。
有難うございました。
草々
Commented by sidediscussion at 2012-06-28 21:07
戦後はじめての小学校入学の年齢ですから、久子さんとはかなり体験の中身がちがう筈なのですが、兄たちが毎朝ゲートルを巻いて、工場に出かけていく姿をみていました。 防空壕でひとり怖く震えていた自分、とか母が着物を持って農家に食料とぶつぶつ交換に連れられて行ったことなど、何故かよく覚えています。母が作ってくれたモンペの柄をふと思い出したりしながら久子さんの戦争体験を興味深く読ませていただいています。郡山の語りはいいものになるでしょう。 椎名さんの朗読される詩は、先日行動の時にも朗読しておられました。 色んな形のものが出ていい会になりますね。
Commented by hisako-baaba at 2012-06-28 23:37
tabigarasuさん
戦争の話は、ほとんど伝わっていませんね。
伝える義務があると思っています。
ご両親様は、特に苦労された世代でしたね。話したくない体験だったでしょう。
Commented by hisako-baaba at 2012-06-28 23:39
kiyokoさま椎名さんにお会いできるのが楽しみです。
たくさんお友達が出来そうです。
とにかく健康を取り戻すよう頑張ります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 福島の嘘 もう一つのうそ ... 戦争体験の話 >>


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
kiyokoさま 来年..
by hisako-baaba at 12:13
tabigarasuさま..
by hisako-baaba at 12:10
「来年も」と言う言葉、心..
by sidediscussion at 11:47
素晴らしいことですね。
by tabigarasu-iso at 11:00
Junkoさん はい、..
by hisako-baaba at 18:06
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 17:57
marshaさま 書き..
by hisako-baaba at 11:58
良かったですねー、本当に..
by marsha at 10:09
marshaさま お腹..
by hisako-baaba at 07:41
大盛会で良かったですねー..
by marsha at 06:39
チェイルさま はい、夜..
by hisako-baaba at 22:34
台風のお見舞い、ありがと..
by bh2005k at 18:39
Junkoさん 201..
by hisako-baaba at 05:30
Ciao 久子さん 夜..
by cocomerita at 01:22
Marshaさま それ..
by hisako-baaba at 06:25
私の腕時計も千円のチープ..
by marsha at 05:38
祥さま 忙しくてテレビ..
by hisako-baaba at 08:55
安倍さんが、考えているこ..
by 祥 at 07:32
関口さま 謎が解けて良..
by hisako-baaba at 06:09
Junkoさま 忙しす..
by hisako-baaba at 06:03
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧