人気ブログランキング |


勝っても負けても 心は傷つく___東京大空襲から70年
昨日、東京大空襲の日の前夜、2時間も、恐ろしいテレビを見ていました。
当時の戦闘機による機銃掃射の実際の映像です。



私はB29の空襲を毎晩のように見ていましたが、目黒では、機銃掃射をする戦闘機を見たのは一度だけでした。
自分の居た道は狙われなかったのに、それはそれは恐ろしい音でした。

それらの戦闘機には,カメラがついて居て、戦果の確認をして居たそうです。

70年たってその映像を入手、何処の町か村か確認して居る方達がありました。
地形、写り込んで居る山の形などから、現場を確認する難しい作業です。

それは主に沿岸部の町村で、全国に及んで居ました。
特に九州南部は、上陸作戦に備えて激しい攻撃を受けました。

低空からの機銃掃射は、コンクリートも貫通する威力。機銃ですから弾丸の数量は物凄く、真っ直ぐに撃ちまくって飛び過ぎる凄まじさ。密集した木造の家々はたちまち破壊され、並んだ漁船が全部穴だらけにされてゆく。実に恐ろしい光景でした。昭和20年の実際の映像ですから、背筋がゾクゾクする恐ろしさでした。


後半は、八王子のトンネル前であった列車への機銃掃射の再現ドラマ。

東京に女学校3年と1年の姉妹がありました。
小学生は疎開させられましたが、女学生(今の中学生)は、軍需工場で働かされて居ました。

姉妹の父親は軍需工場で働いて居るので、疎開はできません。
昭和20年8月に入り、娘たちだけで、信州の祖母の所に疎開させることにしました。
両親が別々に早朝から駅に行列してやっと手に入れた2枚の切符で、不通から復旧したばかりの中央本線に乗り込んだのが8月5日。

列車は八王子のトンネルに入りかけた所で、機銃掃射を受け、多くの乗客が死にました。
姉妹の姉も死んだのです。終戦のわずか10日前に。


妹さんは、大田区にある当時の家に今も住んで居て、毎年8月5日、八王子のトンネル脇で執り行われる慰霊祭に参列しているそうです。
「あの時、機銃掃射をした人に会ったらなんと言うでしょう」と聞かれて、妹さんは「勝っても負けても、辛いことが色々有ったでしょうね」と言われました。

番組はアメリカに行って、あの日硫黄島から出撃したパイロットたちを探し当てました。あの列車を撃った人では無かったが、一人が言いました。「人の顔が見えなければ、容赦無く撃てるものだ」
映像に人の姿はほとんど写って居ません。列車には民間人がぎっしり乗っているけれど、飛行機からは姿が見えないのです。

あの列車を襲った部隊の、一人の方が、硫黄島から妻に沢山の手紙を送って居ました。娘が生まれたばかりだったので、妻子のことを心配し続けて居ました。
日本の軍隊なら、検閲で真っ黒に消されてしまう内容ですが、ちゃんと妻に届き、彼の苦悩がわかります。民間人は撃てない、子供達は撃てないと言う部分がありました。
彼は無事帰還し、近年まで生存しておられたそうです。息子さんが、硫黄島からの手紙を保存していました。

勝っても負けても、戦闘に参加した兵士たちは、生涯重苦しい思いを抱き続けるようです。


昨夜の番組は、戦闘機からの機銃掃射とロケット砲の映像でした。

B29による爆撃の被害は、そんなものじゃあありません。
70年前の今朝、東京の下町は黒焦げの遺体が重なり合っている地獄でした。
一晩で10万人も死んだのでは、身元もわからないまま葬られた人がどれほど有ったでしょうか。
家族の骨を拾えなかった遺族、親を失った多くの孤児たち、十万人分の悲劇が一夜にして生まれたのです。

戦争は、どう考えたって「悪」です。

勝っても負けても 心は傷つく___東京大空襲から70年_a0050728_1155178.jpg

70年前、この川には夥しい遺体が流れ、橋のたもとに大きな穴を掘って、あたりの遺体を仮に埋葬しなければならなかった、戦争の本当の姿を、この子達にしっかり話しておかなければならないと思います。


[追記]
3月10日以降、身元確認がされないまま、何日も何十日もかかって仮埋葬されたご遺体は、2万人だったそうです。朝日の記事で知りました。

私はもっともっと多かったのかと思って居ました。あちこちにただ穴を掘って、遺体をそのまま放り込んだと聞いて居たので。

十万人のうち八万人は、身元が解ったのでしょうか???。焼き場がまるで足りないのに、どうしたのでしょうね。

ここに、覚悟しないと見られない、当時の画像があります。遺体の身元を確認する余裕など、全くなかったのですね。

14歳の中学生たちまで動員されて、遺体を川から引き上げたりしたそうです。
その遺体を焼けトタンに乗せて遠くの公園まで引きずっていく間に、地面にこすれた手や足がもげて落ちてしまったりしたけれどかまっていられなかった。
14歳の中学生には過酷すぎる作業でしたね。
当時私も同じ学年でした。
下町の男の子達は、こんな悲惨な作業を延々とさせられて居たのですね。






ーーー
by hisako-baaba | 2015-03-10 11:14 | Comments(8)
Commented by marsha at 2015-03-10 16:55 x
戦争のこと、空襲のこと、いろいろ思い出します。
家が丸焼けになってから防空壕で暮らした数日間、近くの三菱重工が爆撃された時のこと、防空壕に入っていましたが、壁の土が爆撃の衝撃でボロボロ崩れ 地面は揺れ もう一発爆撃されれば死ぬかもしれないと 思ったことでした。 

田舎に疎開する途中、電車は爆撃で動かず 線路沿いに歩いたところもありました。 飲まず喰わずで ひたすら歩きました。 

戦争はいけません。何が何でもダメです。 
武器を作っている企業やそれを売っている人達が儲かる
だけです。 

被害を受けるのは罪の無い一般市民が多いのです。
戦争に行きたくなくても、有無を云わさず軍にとられ 戦地に駆出されるのです。

Commented by tomoyoshikatsu at 2015-03-10 19:26
こんばんは

戦場へ「 行きたい 」と云うのは・・・ 居ないでしょう !

「 生きたいから 」から〈 逝きたくない! 〉から………!!
Commented by hisako-baaba at 2015-03-10 22:08
marshaさま
あの頃は、命の危険を毎日感じて居ましたね。
生き延びるために今何をするかばかり考えて居ました。

戦後に生まれてぬくぬく育ったおぼっちゃまには理解不能なんでしょう。
現に、福島でふるさとを追われた人たちの苦しみだって、解っちゃいませんものね。
昭和初期のように独裁で行きたいのでしょう。
そんなの許してなるものか、ですよね。
Commented by hisako-baaba at 2015-03-10 22:12
tomoyushikatsuさま
戦場に行かされたら、たとえ生きて戻っても、心や体に多くの問題を孕んでしまいますよね。
徴兵なんてとんでもありません。
Commented by sidediscussion at 2015-03-11 09:20
終戦当時、東京で17歳だった女性の話を聞きました。川には死体が水面を埋め尽くし、足元にある死体を跨ぎながら歩いて家に戻ったと。地獄絵です。戦闘員でもない、罪のない市民はいまもどんどん犠牲になっています。戦争ってかっこよいと思っている安倍は幼稚です。戦争ごっこ位の軽さ。責任をとらないあんな大うそつきの男が支持されているのですよね。

Commented by hisako-baaba at 2015-03-11 09:38
kitokoさま
凄惨な地獄絵図を、山の手にいた私は見ないですみましたが、想像するだに恐ろしいです。
でも戦後生まれのおぼっちゃま達は、想像しようともしない。

極めて無知で浅薄でバカな政府を、なんで認めちゃっているのでしょうね。
Commented by kanafr at 2015-03-12 00:01
戦争になったら、こういう状況になる。
だから戦争はしてはいけない....と考えず、こういう悲惨な状況を作らない為に戦う事を選択するのが、安倍首相なんだと思います。
しかも、戦争開始のボタンを押すのは安倍さんなのに、その責任は取らない。
国の代表者として自負しているなら、戦争には一番先頭に立ち、自ら国家が保証する殺人者第一号になるべきです。
Commented by hisako-baaba at 2015-03-12 10:01
kanaさま
全くおっしゃる通りだと思います。
危険な方へ進めて行って、結果責任は取らないし取れっこない。

昭和の戦争を指揮した能無しは、生きて敗戦を迎えました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 民話二つ語って来ました。 イラクやアフガンで傷ついた イ... >>


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
saheiziさま あ..
by hisako-baaba at 11:23
大変だなあ。
by saheizi-inokori at 09:43
momoさま 拝見して..
by hisako-baaba at 15:32
ご無沙汰いたしました。 ..
by hanamomo60 at 13:25
Saheiziさま 認..
by hisako-baaba at 11:22
そう、病気の前の自分に戻..
by saheizi-inokori at 10:47
saheiziさま 8..
by hisako-baaba at 21:06
備えているのはさすが! ..
by saheizi-inokori at 20:02
Junkoさま 一人は..
by hisako-baaba at 19:38
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 17:54
Saheiziさま は..
by hisako-baaba at 13:16
のんびり、少しは、よかった。
by saheizi-inokori at 11:49
ebloさま 昔々の日..
by hisako-baaba at 21:06
私も長い間一人で暮らして..
by eblo at 19:48
ebloさま かまって..
by hisako-baaba at 22:06
saheiziさま う..
by hisako-baaba at 22:03
娘さんがいなくなり心細く..
by eblo at 18:00
子どもたちの成人式にどう..
by saheizi-inokori at 16:57
dekoさま 正月休み..
by hisako-baaba at 11:53
Saheiziさま 会..
by hisako-baaba at 11:49
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧