発するFMで10話語って来ました。


発するFMに来週行かれないので、今日は10話まとめて語りました。喉はひどい状態ですが、スプレーをかけながら。

「黄金の砂浜」
「竜宮のお礼」
「峠の山犬」
「宝化け物」(侍 編)
「臆病な男と夕顔お化け」
「うまと いぬと ねこと にわとりの旅」(ブレーメンの音楽隊を下敷きにしたお話ですが動物たちは決して捨てられたものでは無く、落ちぶれた飼い主が泣く泣く手放したものたちです。お話の終わりがブレーメンと同じく、4匹が独立して暮らすことになっていましたが、元の飼い主のところに戻るのが一番良いと私は思うので遠慮なく変えて、お金や宝を持って帰って行く終わり方にしました)
「百物語」(九十九人が化け物だった?)
「雪女の恩返し」
「泰作さんとお奉行様」(とんち話)
「言うな地蔵」


12時を過ぎて帰るとき、社長さんのお母様に初めてお会いしました。
私よりはるかにお若いお元気そうな方でした。
お孫さんまで三代揃って、会社をなさっているようですね。

a0050728_12585611.jpeg

私は今日は体力がないので午後は寝ます。
ネットスーパーは頼み損ねたので特に夕飯の食材がありません。
夕飯はコンビニに買いに行って欲しかったけど雨なので、冷凍物でごまかします。

もっと配達を活用すべきですね。でもネットスーパーのお弁当も生協のお弁当もあまり口に合わなくて・・・炊事に立ちたくない日は悩ましいです。
低気圧で足腰痛いし、咳はまだ出るし。ご飯炊きたくなかったなぁ。

a0050728_15065823.jpeg
お歳はは遥かにお若いけれど、語りでは大先輩の矢部みゆきさんが、ちびちびイヌを再話の再話なさって完成形の原稿を発表されました。
前回私が再話したのは、半日で小さい子向けに書き直さなきゃならなかった為未完成でした。早速コピペさせていただきました。

さて、語り手にはかなりの自由さがあります。外国のお話を下敷きにした日本民話もたくさんあります。それを語る時に自分も好きなように言い換えてしまって良いわけです。
今日語った一つを、ここに載せてみましょう。4匹だけで暮らすと言うのが気に食わなかったので。元の飼い主のところへ帰る結末に変えました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

うまと いぬと ねこと にわとりの旅 大川悦生著子どもに語る日本の民話 より 再話。

あるところに、広い屋敷を持ったお金持ちの家があって、馬と犬と猫と鶏が飼われておりました。
ところが、お金持ちの主人が、商いにしくじったようで、急に落ちぶれてしまい、雇われていた人たちもみんないなくなりました。
「後に残ったのはお前たちだけじゃ。いつまでも可愛がってやりたいのじゃが、この通り貧乏になったけえ餌も買うてやれん。悪いが、ここを出て好きなところに行ってくれ」ある日主人がほろりと涙をこぼしながら、馬と犬と猫と鶏に言いました。

「どうするにゃあ、困ったにゃあ」猫が言えば、他の仲間も心細い声でケッココー、ワワーン、ヒィヒン言うて、頭をつき合わせて相談しました。
けれども「好きなところへ行ってくれ」と言われたら仕方がありません。
「ご主人様、長いことおせわになりました。どうかお達者で暮らしてください」というと4匹揃って旅に出ました。ちょこちょこ、テコテコパカパカと行くと地主様らしい大きな家がありました。そこで馬が頼みましたと。
「わしらの仲間を見てつかあさい、毎日卵は産むし、ネズミはとるし、泥棒の番をするし、このわしときた日にゃ、鋤を引っ張って田おこしができるし、重い荷運びもできる。4匹一緒に雇うてくださらんじゃろか」するとその家の主人は
「うちにゃあ良い牛がおるし、犬も猫も鶏もおるけえ」と言うて断られてしまいました。
当てが外れた四匹は、またちょこちょこテコテコパカパカと、道端の草などを食べながら歩いて行きました。
今度は犬が言いました。
「俺たち軽業か芝居をしたらどうじゃろ。鶏どんは高く飛べるし、猫どんは木登りが得意じゃし、おいらは速く走れる。それに馬どんは力があって蹴飛ばしたら天まで飛ばせるけぇ」
「そりゃあええ。町へ行こう」4匹が町へ行くと、ちょうど芝居小屋が建っていて、軽業師の看板も出ていましたから、4匹一緒に雇ってくれと頼みました。
「そんならあんたら何ができるかやって見せぇ」座長に言われて鶏は芝居小屋のてっぺんに飛び上がり、猫はあっという間に柱をよじ登り、犬は矢のように駆け回り、馬は芝居に使う人形を屋根より高く蹴り上げました。けれども座長さんは首を振って、
「そがあな芸ではお客さんから木戸銭は取れんけぇ、他へ行きんさい」と言うて、また断られてしもうたと。4匹はすっかり力を落とし、もうどこへ行くと言う当てもなく歩き続けました。はじめに鶏がくたびれて歩けなくなりました。次に猫がくたびれて犬もくたびれて座り込みました。
馬だけが草をたくさん食べてまだ元気でしたから、鶏と猫と犬は、馬の背中に乗せてもらいました。
ねぐらを探して森に入ると、明かりのついていない一軒家が有りました。鍵もかかっていないし、物置部屋には木の箱だの藁だのがどっさり有りましたから、
「こりゃあええ。ここに泊まろう」と、4匹はそこに潜り込んで眠りました。
真夜中ごろ、ガラガラ、わやわやとけたたましい音や人の声がしました。覗いてみると、おっそろしい顔つきの男どもが7、8人も入ってきて、いろりに火を焚き、酒盛りを始めました。それからかつぎこんだ袋を開け、盗んできたお金や宝物の自慢をしあいました。
「ココ、怖いよう!」鶏が言い、
「早く逃げにゃあ、捕まってしまうにゃあ」と猫も言いましたが、犬と馬は、「待て待てあいつらは盗賊どもじゃ。こっちにも考えがあるけえ、待ってくれ 」
しばらくすると盗賊どもは酔っ払って居眠りを始めました。
そこで馬どんが言いました。
「わしの背中に犬どんが立つんじゃ、犬どんの背中に猫どんが立って、猫どんの背中に鶏どんが立つんじゃ。そして合図をしたら、ありったけの声で鳴き立てるんじゃ、ええな」
そこで馬の上に犬が登り、犬の上に猫が登って、猫の上に鶏が飛び上がって、一斉に、
「ヒヒーンワオンニャアトテッコー。ワオンニャゴロートテッコーヒヒーン」と一度に大声で鳴き立て、おまけに馬がドタドタと床をふみ鳴らし、バリッと板戸を蹴り倒し、木箱をいくつも盗賊どもの方へ蹴り込みました。
「うひゃー!化けもんが出た!」
盗賊どもは寝ぼけ眼で、何もかも置きっ放しにして逃げて行ってしまいました。

次の朝、盗賊どもが置いて行ったお金や宝物を馬の背中に乗せ、4匹は意気揚々と元来た道を引き返して行きました。

「さあ帰ろう!元のご主人様のところへ」













[PR]
by hisako-baaba | 2018-09-25 12:59 | Comments(4)
Commented by tabigarasu-iso at 2018-09-25 16:13
懐かしく拝読しました。小学生の頃、学芸会で演じたものですから。いつまでもお元気で語ってください。感謝
Commented by hisako-baaba at 2018-09-25 16:29
tabigarasuさま
お読みいただいてありがとうございました。近々他の民話も載せますのでよろしくお願いいたします。
Commented by sidediscussion at 2018-09-25 19:19
語り部さんが喉をやられているのではお辛いですね。
ご無理されませぬように。
喉はいっときしっかり休まれた方が早くスッキリされるのでは?
Commented by hisako-baaba at 2018-09-25 20:12
Kiyokoさま
はいラジオは2週間お休みなので、ゆっくりします。
他のことが今大変すぎて、体が休まらないのが困ったことです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 黄金の砂浜 (日本の民話) ラジオの語り、8話準備できました。 >>


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
marshaさま 昨日..
by hisako-baaba at 21:14
3週間だったでしょうー。..
by marsha at 20:15
Kiyokoさま アマ..
by hisako-baaba at 18:43
久子さまもアマゾン派です..
by sidediscussion at 18:15
Jecoさま 1週間で..
by hisako-baaba at 21:08
こんばんわ 良かったで..
by Jeco at 19:06
kiyokoさま その..
by hisako-baaba at 22:03
祥さま 要介護2ですが..
by hisako-baaba at 21:21
息子様頼りになりますね。..
by sidediscussion at 21:10
Marshaさま 息子..
by hisako-baaba at 21:08
明日もご子息が応援にきて..
by marsha at 19:10
特養の基準の3は無理でも..
by 祥 at 18:11
祥さま 色々とご心配い..
by hisako-baaba at 16:41
沢山、見学して歩かれたら..
by 祥 at 14:29
ebloさま 目は無事..
by hisako-baaba at 12:20
hisakoさんが施設を..
by eblo at 10:10
marshaさま もう..
by hisako-baaba at 05:56
Hamaさま 90歳目..
by hisako-baaba at 05:50
久子さんご自身が一番大切..
by marsha at 05:38
まぁ大変。hisakoさ..
by wagamamayouko at 02:51
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧