人気ブログランキング |


山口県の伝説「とんべえ狐」_______薬は慎重に

⬇️一昨日「丹後松の由来」と一緒に収録しました「とんべえ狐」は楽しいお話なので、ご紹介します。

とんべえ狐 (周防中の浦のななふしぎ より再話)

周防国の中の浦から中の関に行くには、田島山の大峠を越えて行かねばなりません。
この大峠の頂上は切り通しになっていて、両側の高い崖の上からは松やクヌギの大木が覆い被さり、昼間でも暗い淋しい道です。

田島山には昔からいたずら狐が住んでいて、夜になると通る人を化かしたり騙したりするのでした。
だから村の人は夜は峠を通らないようにしていました。

さて、ある晩とうべえという若者が、中の関に行って用事を済ませた後、ちょっと飲み屋で一杯ひっかけたので、ほろ酔い気分で峠を登ってきました。
月のない秋の夜更け、とうべえは通い慣れた道を提灯で照らしながら登って行きました。
すると、頭の上からパラパラと松葉が降ってきて、首筋にかかりました。
「ははぁ、また狐が悪さをしちょるな」と思いながらずんずん登って行くと、こんどは砂や枯葉が降ってきて顔にかかりました。とうべいがとりあわないで登って行くと、頂上近くまで来た時誰かが追いかけてくる気配がしました。
とうべいが提灯をかざして後ろを見ると、若い娘が、
「あら、とうべえさに会えてよかった。ご一緒さしてくれやんせ」とにっこり笑いました。とうべえは(こんな夜ふけに、若い娘が一人で峠を越すわけがない)と思いながら、うまく話を合わせて、
「おや、あんたは西の地の花ちゃんか、それとも迫の桃ちゃんか。どうも酔っちょるからようわからんわい」と言うと娘は、
「あらとうべえさ好かん人じゃねえ。よっぱらっちょるの、足元危ないから気をつけしゃんせ」と言って近づき手を握ろうとしました。
相手が狐なら、手を掴まれると危ない、と用心しながら、
「提灯がいるなら持ってもええよ」と提灯を持った左手を出すと、娘は、
「ウチは、あかりは嫌いよ」と、二、三歩飛び下がりました。
やがて峠道は頂上を過ぎ、下り坂になってしばらくして二股に分かれます。娘は、
「とうべえさ、こっちの道が近道よ」と左の道を指さしました。
それは、近道どころか大久保の方へ行く山道です。
「そうか。近道を通っていのうか」とうべいはわざと酔ったふりをしてよろけながら山道に入って行き、
「お花ちゃんか桃ちゃんか、どっちでもええが早ういのう」と、娘の方へ提灯を向けると、チラリと、お尻のあたりに長い尻尾が見えました。
「ああ酔うた酔うた、ウチはまだかいの」
娘は追いついてきて肩を並べました。
とうべえは、提灯を左手に持ち替え、右手で娘のお尻をそっと撫でました。娘はびっくりして、
「とうべえさ、なにするのすけべえね」と慌てて離れようとしましたが、とうべえの手は素早く尻尾を掴んでいました。
「この悪さ狐め、このとうべえを馬鹿にして騙そうったってそうはいかんぞ。今夜こそひっ捕まえて狐鍋にしちゃるきに」と、力任せに尻尾を引っ張ったので、狐は正体を現し、ぎゃあぎゃあ鳴きながら逃げようとします。
力自慢のとうべえは逃がしてなるものかと力を込めて引っ張ります。狐も負けずにいきんだので、尻尾が付け根からすっぽり抜けて、とうべえは、
「あっ」と、尻餅をつきました。
狐は尻尾を取られたまま、キャンキャン鳴きながら山へ逃げて行きました。

さて、次の日の夕方、とうべえがひとりで夕食の支度をしていると、
「とうべえいるかや」と白髪のおばあさんが入ってきました。
「こりゃあ、開作の伯母さんようおいでたな。まあお上りなさんせ」
とうべいは喜んで伯母さんを家に上げました。
「時に伯母さん、今日は何用で」
「なあに、用事はないけどお前の顔が見とうなっての」おばさんは座敷の中を見回して、
「ところでとうべえや、お主やゆんべ峠で狐に会って尻尾を取ってきたそうじゃが、その尻尾、ちょっと見せてくれないかの」とうべえは(はて、ゆんべのことは誰にも話してないのに)とおもいながら、
「ああ、あの尻尾なら戸棚に入れてあるから、今出して見せやしょう。時に伯父さんは近頃達者かのう」
「おお、爺様はまめじゃとも、今朝も田んぼへいっちょったわ」
「そりゃあええことじゃ、伯父さんにも遊びに来てもらってつかさんせ」と、戸棚の中から大事そうに長い紙包みを出して、伯母さんに渡しまた。
「ふっふっ、とうべえころっと騙されたな。尻尾は見事取り戻したぞ」と、狐の姿になって、尻尾を咥えて外に飛び出しました。とうべえは落ち着き払って、
「ばかたれめ、われが狐ちゅうこたぁ直ぐに分かったわい。開作の伯父さんはのお去年の暮れにあの世行きで、どうして田んぼに出られるもんか。その尻尾をよう見てみい、今が盛りの茅の穂じゃ。これからは茅の穂をお尻につけて、仲間に自慢するがええ」と、手を叩いて笑いました。
は悔しそうに、「とうべえ、覚えちょれ。必ず尻尾は取り返しちゃるきに」と茅の尻尾を放り出して逃げて行きました。

次の日の夕方、とうべえが畑から帰ってくると、うちの中がめちゃめちゃに荒らされていました。
ぶつぶつ言いながら片付けていると、畔頭(くろがしら)の半兵衛さんが、
「とうべえさ、戻ったかや」と入ってきて、
「こりゃあ、どうしたんかや、盗人でも入ったごと乱れちょるなあ」と驚いているので、狐とのいきさつを話すと、
「さすが力持ちのとうべえさじゃ、ようもあの悪狐に騙されんで尻尾を取ったもんじゃ。こりゃあ豪気なもんじゃ」と、褒めながら、
「それで尻尾は無事じゃったのか、おお、隠してあったか、いったいどこへかくしておったんじゃ」
「なあに、台所の床下に埋めておきました。あそこならよもや狐も気がつきますまい」と言うと、
「なるほどなあ、そりゃぁええとこに隠した。そこなら狐も気がつくまい、これからも十分用心せえよ」と、半兵衛さんは帰って行きました。その晩とうべえは台所で何やらごそごそやっていましたが、夜が明けると何事もなかったように野良へ出かけて行きました。

いつも通り仕事に精を出したとうべえは、夕方早めに帰ってきて真っ先に台所へ飛んで行きました。
そこにはとうべえの思惑通り、一匹の狐が罠にかかってぐったりしていました。
「ざまぁみろ、なんぼ賢い狐でも、人間様には勝てんことが分かったか。われがゆんべ半兵衛さに化けて来たこたぁ先刻見通しじゃ、それを承知で罠をかけたら、まんまとはまりおってこのざまじゃ。と、とうべえは狐を縛り上げて、天井の梁にぶら下げてしまいました。
「さあて、明日は近所の衆を呼んで、狐汁でも振舞おうか」というと、狐は天井からぼろぼろ涙を落として、
「とうべえさ、私が悪うござんした。これに懲りて二度と人間さまを騙すことは致しません。どうか、この度だけは堪えてつかぁさい。うちが帰らんと、五匹の子供が飢えてしまいます。お願いです、とうべえさぁ」と訴えました。
とうべえはとうとうかわいそうになって梁から下ろすと、ついでに尻尾も返してやりました。
狐は「コン」と鳴いて上手にお尻にくっつけると、
「とうべえさま、ありがとうございました。ご恩は孫子の代まで忘れません。このお礼は、必ず家族一同でお返しさせていただきます。と、何回も頭を下げて帰って行きました。

それからは、峠をいつ誰が通っても、狐のいたずらは無くなりました。

とうべえが畑や田んぼで仕事をしておると、夕方に、周りに人がいないのを見て、狐が五六匹出てきて、芋掘りを手伝ったり、田植えを手伝ったりして、健気に働いてくれ、収穫どきには車に取り付いて後押しをしてくれるのでした。
また季節ごとに山菜や、木の実やキノコなどをどっさり家の前に届けてくれたり、まるでしもべのようにとうべえに尽くしたので、村の人々は「とうべえ狐」 と名付けましたが、いつしかこどもらは「とんべえ狐」と呼ぶようになりました。 おしまい。

a0050728_10565789.jpeg
薬は極力飲みたくないのですが、激痛が有ったり厄介な症状が出たりしたら飲まざるを得ません。
漢方でも甘草が主な薬は気をつけないといけないようです。
脚などの攣りに、芍薬甘草湯が処方されますが、痛んでないときに呑んでも予防効果はないそうで、痛んでから飲むものらしいですね。昨日度々攣ったので飲んだら、今朝血圧が上がっていました。今は攣っていないから飲みません。
痛がっているとき飲んで間に合うのでしょうか?湿布で痛みを抑える方がいいような?
いつもの湿布はすぐ効くし。転げ回りたいほどの痛みは、湿布とバイブレーターで済ませたらそれで良いかも。

もう一種類の漢方は、膀胱炎の頻発を完全に抑え込んでくれているので、脚の攣りの薬に一時変えるのはやめて、ツムラ111だけを休まず飲みましょう。










by hisako-baaba | 2018-11-29 10:57 | Comments(2)
Commented by tabigarasu-iso at 2018-11-30 10:48
許してあげる、恩返しをする、今でも必要な話ですね。また、お願いします。草々
Commented by hisako-baaba at 2018-11-30 17:19
tabigarasuさま
お読み頂いてありがとうございました。
「丹後松の由来」の方も感動的でしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 良い買い物___一人歩きは危ないのに 血圧は正常値になったけれどやた... >>


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
祥さま まあそんないい..
by hisako-baaba at 15:50
何もかも騰がりますが、 ..
by 祥 at 14:52
dekoさま 疲れは溜..
by hisako-baaba at 21:48
こんばんわ 夜語りの会..
by Deko at 19:24
祥さま まったくですね..
by hisako-baaba at 23:13
Ebloさま 今までイ..
by hisako-baaba at 23:02
アマゾンやインドネシアの..
by 祥 at 22:17
今はイスラエルの選挙結果..
by eblo at 19:33
kiyokoさま 来年..
by hisako-baaba at 12:13
tabigarasuさま..
by hisako-baaba at 12:10
「来年も」と言う言葉、心..
by sidediscussion at 11:47
素晴らしいことですね。
by tabigarasu-iso at 11:00
Junkoさん はい、..
by hisako-baaba at 18:06
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 17:57
marshaさま 書き..
by hisako-baaba at 11:58
良かったですねー、本当に..
by marsha at 10:09
marshaさま お腹..
by hisako-baaba at 07:41
大盛会で良かったですねー..
by marsha at 06:39
チェイルさま はい、夜..
by hisako-baaba at 22:34
台風のお見舞い、ありがと..
by bh2005k at 18:39
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧