人気ブログランキング |


日中戦争の中の青春・・・抜粋
今日はホームページ『日中戦争の中の青春』を作った3人と、あるジャーナリストの先生とが集まりました。

6000クリックも読まれたホームページなのだからもっと肉付けをしてしっかりした一文にまとめましょうという相談をしました。出来上がるには時間がかかるでしょう。今はこのホームページ又は同じものを印刷用ページにしたものをもっと読んでいただきたいと思います。

今日は宣伝の為ほんの一部抜粋してここに載せます。
すでに読んでくださった方はどうぞ飛ばしてください。

新たに興味をもたれた方には印刷用ページをお送りいたします。

『日中戦争の中の青春』・・・「動物の思い出」から前半割愛して途中から載せます。

満州事変が始まった頃、千葉県四街道の歩兵聯隊内に『軍犬班』が発足した。そのとき頼まれて私の父は、訓練していたエアデールテリアを献納した。イギリス軍に倣ってエアデールテリアを採用するか、ドイツやアメリカに倣ってシェパードにするか試行錯誤の末、頭脳のエアデールより体力のシェパードに、軍は決定したようだった。訓練を受けて戦場に渡り各部隊本部の警備についた犬たちは兵隊達のアイドルでもあった。日本の軍服以外の服装をした者には激しく吠えかかるので、中国人には「日本軍は狼を飼っている」と恐れられていた。

『伝書鳩』も、軍の組織において大事な通信手段の役目を果たした。ぼくが小学生の頃、近くの練兵場に『軍鳩班』部隊が訓練に来た。トレーラー式の鳩舎の横にテントを張り、10名ぐらいが野営しながら鳩を訓練していた。近くで見ていると、「坊や、おいで」と呼ばれ、遊ばせてもらったものだ。満州事変以前の、のんびりした時代のことである。

それらの軍用動物達がどうなったか直接見る機会は少なかったが、聞かされたのは悲しい話ばかりだった。

私の勤務した陸軍特務機関には、兵役を現地除隊した元下士官が数名いた。彼らは、南京攻略、徐州会戦、修水渡河作戦などを経験した歴戦の兵士達で、いろいろ話をしてくれた。体が大きいだけに、馬は弾丸の当たる率も高く、戦死した軍馬は多かった。その場合、たてがみを切って持ちかえり供養したと言う。泥濘に脚を取られた馬が、もがくうちに、どうにもならなくなって、放置せざるを得なかったと打ち明けてくれた元下士官もいた。「置き去りにされた馬の悲しいいななきが耳に残る」と泣いていた。

 戦後再会したある先輩は、敗戦直前の昭和20年になってから、悲惨な運命に翻弄された。若妻と生後2ヶ月の乳児を残して、中国で現地召集されたのだ。彼は河南省の開封から、ひとり1頭づつ馬のくつわを取り、徒歩でひと月かけて漢口に着いたところで終戦となった。食糧が無くなり、苦労を共にした馬を食べざるを得なかったと言う。
妻子を満州の妹の家に預けていたが、生きて再び会うことも叶わなかったそうだ。
戦争がもう少し早く終っていたら、どれほどの数の人や動物が、このような悲惨な運命に遭わずに済んだことだろう。

 戦後、南京に残留した私は昭和20年12月、親しかった三石大尉が旧官舎にいると知り、久々に訪ねた。話に夢中になり気づくと夕方になっていた。「食事をしていけ」と誘われ、敗戦以来食べたことのないご馳走を振舞われた。当番兵は大変料理が上手であった。
「そのソテー旨かっただろう。何の肉だと思う?」と三石大尉。
「ひな鶏ですか?」
「鳩だよ、伝書鳩。中国側は要らないと言うから、食べることにしたんだ。」 ぼくはなんとも複雑な気持ちになったものだ。
  三石大尉の口利きで、私も中国軍に留用という形で残留した。中国陸軍総司令部に所属する日本人8名の独立機関だった。捕虜ではなく職員として、特別待遇を受けていた。                     

翌21年春、中国軍幹部が、シェパードを1頭連れて来て、言った。「日本の軍用犬だが、一向になつかず手におえない。引き渡すから受け取ってくれ」
一目見て、驚いた。皮膚病で赤裸。毛はいくらも残っておらず、体中を蚤が歩きまわっていて、衰弱が激しい。中野学校出身のS中尉は獣医だが、一見して決断した。「手のつけようが無い。早く安楽死させてやろう」
犬は、それでも久々に日本語を聞いて、体をゆすって喜んでいた。どうやって苦しませずに安楽死させるかを相談したが、方法はひとつ。電気ショック。少々電気に詳しい私が、引きうけざるを得なかった。
翌朝、裸電線を首と後足に巻きつけて、220ボルトの電流を流した。瞬時に呼吸も心臓も止まった。庭に掘った穴に葬ったが、哀れでならない最期だった。
中国人に吠えかかる事を使命とされてきた軍用犬が、敗戦で中国人に引渡された。犬の運命は激変していた。わけもわからずに、苦しんだことであろう。 彼にとって中国人は敵でしかなく、なつくわけにはいかなかった。彼は半年あまり、ひとりで中国と戦っていたのだ。
あの時命を助けたとしても、引き揚げ船に乗れない以上、日本軍に忠実すぎたこの犬が中国で生きていく道などなかった。
戦争は人間だけでなく、多くの馬や犬や鳩までも悲しい死に追いやった。私はこの現実を自分の体験から、思い知らされたのであった。 戦争だけは二度と繰り返したくない。

以上私の兄の体験談です。
日中戦争の中の青春・・・抜粋_a0050728_1884388.jpg
                               
by hisako-baaba | 2005-11-25 18:14 | Comments(5)
Commented by yajajungle at 2005-11-25 18:53
お兄様の体験でしたか・・。私はこの間、偶然80代の方とお話しする機会がありました。戦争の話をして下さいました。口に出すことを躊躇するほどの体験。どうして私のような若い人間にお話くださったのか・・・。その意味をしっかりと考え、受け止め、受け継ぎたいと思います。
明日、この間のお話の続きをアップされるとのこと。また明日伺います。
Commented by hisako-baaba at 2005-11-25 21:02 x
yajyajyaさん
もしお暇があったら『日中戦争の中の青春』も読んでみてくださいね。
日中のスパイ(24歳同士)が仲良くなって敗戦まで10ヵ月間戦闘しなかったのですよ。
Commented by komako at 2005-11-25 22:28 x
『日中戦争の中の青春』感動!!
なんだが、ワイがHisako-sanのお兄さんになりきってしまいました。(読んでる最中は・・)
ワイって、ドラマ見だり、なんが読めば、すぐ入り込んで主人公になってまるんです。
これ読んでから、すぐ、「星空のバイオリン」という教育映画を見ました。
PTAの映写会をワイの会社でやって、ワイは担当だったので、16mm映写機操作しながら、見ました。農家の器用な子供が、独学でバイオリン作りをしたが、招集されて戦争へ・・・中国に渡りバイオリン作りを諦めていたが、中国人の子供達と出会いそこから、ロシア人のバイオリンの先生と出会い、あこがれのストラディバリウスに触れることが出来た。このバイオリンの型紙をとり、大切に保管していた。
戦争が終わり、日本に帰ってきてから、バイオリン作りを続けている。という「小澤 僖久二さん」のお話でした。
『日中戦争の中の青春』も映画化、ドラマ化されて、沢山の人に見てもらいたい!見たい!!って思ってます。
Commented by hisako-baaba at 2005-11-26 08:31 x
komakoさん。
あなた文章上手だわ。
ヴァイオリン作りのかたの映画、見たくなりましたもの。
日中戦争ももっと長いお話に仕上げるつもりです。
Commented at 2005-11-26 09:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 街娼の屯する上野の夜・・・偽学... りんご箱の想い出・・・偽学生ア... >>


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
dekoさま 泣いても..
by hisako-baaba at 15:07
こんにちわ 本当にどん..
by Deko at 14:22
saheiziさま ぎ..
by hisako-baaba at 10:45
痛切にしてタクマざるユー..
by saheizi-inokori at 09:57
saheiziさま は..
by hisako-baaba at 18:24
憎めないなあ。
by saheizi-inokori at 18:00
marshaさま 長い..
by hisako-baaba at 19:29
ウドの皮のきんぴらは私も..
by marsha at 16:31
Junkoさ〜ん 今朝..
by hisako-baaba at 09:06
Hisakoさーん、お一..
by cocomerita at 01:59
momoさま 一人は良..
by hisako-baaba at 20:52
こんばんは。 一人の時..
by hanamomo60 at 19:31
marshaさま 人相..
by hisako-baaba at 07:51
上に盾を付かないものだけ..
by marsha at 07:21
Sideさま はい、私..
by hisako-baaba at 20:19
政権の内部から批判が出な..
by sidediscussion at 18:47
saheiziさま 私..
by hisako-baaba at 15:25
marshaさま はい..
by hisako-baaba at 15:22
ユニクロのヒートテック、..
by saheizi-inokori at 14:39
ご主人のショートステイの..
by marsha at 13:49
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧