人気ブログランキング |


実は幕末の志士の末裔なのです・・・ルーツ・・・①
昔語りを大正14年から書き起こしながら、明治の写真を載せてややこしくしてしまいました。大正昭和の写真も沢山あるのですが、天袋の奥に有って今私には出すことが出来ません。
どうせなら父という、私にとって永遠の謎である人物の生い立ちから、いいえもっと前、祖父の17歳から語ってしまおうと思います。

いきなり時は幕末。元治元年(1864年 元治は1年だけ、翌年はもう慶応元年)3月、水戸の天狗党が筑波山で挙兵します。武士と農民、神官なども加わっての大部隊。
水戸天狗党の悲劇参照
水戸藩は、勤皇派の天狗党と佐幕派の諸生党に二分対立していました。天狗党は天皇に政治を返せといい、諸生党は幕府に忠誠を尽くすという。
天狗党がせめてあと1~2年時勢を待って挙兵したなら、世の中に大きく貢献したかもしれないのに、明治になる4年前に挙兵してしまった彼らは3月から12月まで辛い進軍を続けた挙句、敦賀で降伏し大量処刑に遭うという悲劇を招きます。
3年後には全く別のところで、坂本竜馬らにより大政奉還がなされて、4年後には明治維新を迎えるのに、急ぎすぎた彼らは幕府によって処刑されてしまいました。
このとき17歳の祖父は19歳の兄と天狗党に加わっていました。それより5年前、安政の大獄で兄弟の父は獄死したという説もあります。しかし祖父の本名も身分も全くわかりません。彼は一人生き延びたことを恥じて誰にも語らなかったようです。
天狗党が千人ほどの隊列で整然と行軍する中で、信州辺りで病に倒れたか、和田峠の戦で負傷したのか、とにかく歩くことが出来なくなってひとり脱落。やがて落人の隠れやすい甲州に身をひそめます。
明治の代になり彼は甲府の在の農家に婿入りします。身分を隠し名前も総て変えて。
しかし、明治政府に対し物申したいことの多かった彼は、百姓をせず新聞創りに熱中します。
それによって農家の家運を傾けてしまったのかもしれません。その挙句明治20年 40歳の若さで急死します。酒に命を奪われたようです。(祖父と二人で新聞を作っていた友人は、その後立派な地方紙に育て上げ、その新聞は今も続いています)
残された子は長男金太郎10歳(後に改名、私の父)と 妹二人、末の妹はまだ1歳でした。
未亡人になった母親に言い寄る男を、12~3歳の金太郎は刀を振り回して追い払ったそうです。
母に再婚の意思があったなら気の毒なことでした。薄幸な母親は5年後に病死してしまいます。
孤児になった妹達は、表向き養女に出すということで、機織娘として売り飛ばされてしまいます。
15歳の金太郎は一人上京、うまく書生になります。書生とは金持ちの家に住み込み、雑用をしながら学校に通わせてもらう青年のことです。
そうして働くうち、婿になれといわれて飛び出し、今度は女子小学校の首席訓導(教頭先生)で婦人会長も勤める独身女性の家の書生となります。その女性が私の母の叔母で、幼い日に疱瘡を患って薄いあばたが残った為、生涯独身で教育に身をささげた人でした。
私の父と母は9歳違いの幼馴染だったのです。

神田の母の家はというと、代々幕府御用達の花屋で華道の師匠。苗字帯刀を許されていました。
西南戦争のときは物資の輸送に当たる人夫を束ねて、船で鹿児島に行ったそうです。皆船酔いで何も出来ず、一人元気な祖父はこき使われるのが嫌さに酔ったふりをして鰹節をかじってひもじさに耐えたそうです。祖父はかなり遊んだ人のようで、三十代半ば過ぎまで独身でした。再婚の女性と結婚。『嫁して三年、子無きは去る』という時代。祖母は子供が出来ずに婚家を追い出されていました。でも古い戸籍謄本によると、彼らは出来ちゃった結婚なのです。ということは恋愛結婚だったのでしょうね?
私の母が2月に生まれて、大喜びの祖父は絵師にお雛様の掛け軸を描かせました。それは今も従姉の家にあります。私にくれるといわれたけれど、家を相続したのは叔母なので断りました。写真にだけは写してきましたが。
小学校を出ると母は町内で一人だけ高等女学校に進学しました。東京府立第二高等女学校。現在の都立竹早高校の第一期生だったのです。

今日はここまでにいたします。
a0050728_1736222.jpg

 上は 明治35年の戸籍謄本。母方の祖父の職業は『挿花指南』と記載されています。
 これは母が父に嫁ぐ1年前の戸籍謄本らしいです。母が16歳だから。色々と訂正が入っていて
 面白いです。達筆な人が書き写して、間違えても訂正で済ましたり紙を貼ったりしてあります。


a0050728_1736355.jpg

 祖父の書いた母の臍の緒書。臍の緒と一緒にしまわれていました。生まれた時間をくわしく記し
 生まれ年を 明治19年、紀元2546年、旧暦丙戌年、西暦1886年、迄克明に書いていて、
 長女誕生の喜びがわかります。
by hisako-baaba | 2005-12-06 17:55 | 幕末からの我が家の歴史 | Comments(5)
Commented by yajajungle at 2005-12-06 18:34
幕末の志士の末裔だったんですね。hisakoさんの方が、謎めいてるじゃないですか。
私のブログに来ていただいたときに私を謎だ、とおっしゃってたけど(笑)。
hisakoさんはご自分のルーツをよくご存知ですよね。
子供たちに伝えたいな、と思ってこの間主人の父方の祖母(83歳)に電話をかけました。
複雑な理由があり、絶縁状態だったんですが、祖父が亡くなってから少しずつ付き合いが復活しています。が、九州と関東・・と離れているため
なかなか会うことも出来ません。
祖母と一時間も話してしまいました。祖父は双子だったのですが、その時代双子は嫌がられて一人捨てられてしまった。その捨てられた方が祖父だ・・・と父(義父)は聞かされていたようですが、祖母に聞いてみるとそれはもっと前の時代。捨てられていないよ、とのこと。双子って嫌われた時代だったんですか?

Commented by hisako-baaba at 2005-12-06 21:33 x
昔双子を嫌うところはあったみたいで、でも捨てるのは形式で、拾う人を決めてその前に捨てたりしたようです、つまり養子に出すのね。
でも双子を生んだお母さんは蔑まれることもあったみたい。獣のようだと。辛い話。
Commented by komako at 2005-12-06 23:02 x
昨日の写真といい、昔のモノが沢山残ってるんですね!すごい!!
ワイも自分のルーツ気になってきた・・・・でも・・・・誰も知らねぇべなぁ?きっと・・・
Commented by hisako-baaba at 2005-12-07 18:32
komakoさんのところは代々土地の人なんでしょう?
土地に根を下ろした人なら、昔語りはありますよ。昭和の10年代この辺はこうだったなんて・・・子供さんと一緒に聞いてみると面白いでしょう。

古文書の大半はなくしたけれど、祖父の名前が小高良造源正重だなんて、残っていて良かったです。
Commented by 天狗党の末裔 at 2017-01-03 22:00 x
同じく先祖が、武田耕雲斎と行動を共にした、天狗党ということが最近、古い書物で知りました。先祖の名は小牧平十で、刑を逃れて明治2年まで大和村というところで暮らしたそうです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 三井昌志さんの写真展に行ってきました いつもラジオが鳴っていた洋館・... >>


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
Dekoさま 結局内も..
by hisako-baaba at 12:54
Saheiziさま 4..
by hisako-baaba at 10:25
写真の花、我が家を出たと..
by saheizi-inokori at 10:12
もう帰ってきちゃう、でも..
by saheizi-inokori at 10:10
Saheiziさま た..
by hisako-baaba at 22:01
買ってきたもの、お腹に良..
by saheizi-inokori at 21:44
こんばんわ のんびりし..
by Deko at 19:02
Junkoさ〜ん 痛み..
by hisako-baaba at 21:59
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 18:08
saheiziさま 自..
by hisako-baaba at 15:25
解放!とはいえ多忙ですね..
by saheizi-inokori at 12:52
saheiziさま そ..
by hisako-baaba at 21:02
山あり谷あり、よく頑張っ..
by saheizi-inokori at 17:54
marshaさま 胃炎..
by hisako-baaba at 16:09
ご入院決まりましたか。良..
by marsha at 15:59
saheizi さま ..
by hisako-baaba at 15:54
睡眠不足は応えますねー。..
by marsha at 14:52
お大事に、介護していると..
by saheizi-inokori at 10:41
Saheiziさま あ..
by hisako-baaba at 22:15
楽しかった会社のなにを思..
by saheizi-inokori at 17:39
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧