人気ブログランキング |


晩年の父・・・ルーツ・・・⑩
私の思い出の中に住む父はいつも和服姿でした。(アメリカ帰りで洋館に住みながら)
『ダイニング』と呼んでいながら食卓は北の和室に移してしまって、居間兼書斎にしていた部屋。
その絨毯の陽だまりで母と遊ぶ私を、大きなデスクから振り向いて見ていた父。
私を抱いて、長い廊下を行きつ戻りつなにやら語りかけながら寝かしつけてくれた父。廊下の天井の二箇所から下がっていたペンダント型電灯。物心つくかつかないかの頃の鮮やかな記憶です。後年発見した建築契約の書類の中に、電気屋さんが電灯の絵を丁寧に描いたものがあって、『ペンダント』と書かれた廊下の電灯は私の記憶の通りでした。

でもある朝父が起きて来なくて・・・夜中に突然死したことから始まった大混乱は何一つ記憶にありません。葬儀も多摩墓地への埋葬も翌年の辛い引越しも・・・嫌だったことは総て7歳の記憶から欠落しています。父の死は私にとってそれほどのショックだったのです。

父は晩年、元気だった頃もほとんど外出しませんでした。酒タバコ一切やらなくても運動不足と精神的ストレスが体に悪かったのでしょう。散歩に出ることもなくデスクに向かっていました。世の中は大恐慌で、農村も疲弊し娘たちが家のために身売りする時代でした。
父も株式の先行きが読めず、収入はほとんどなかったけれど、預金から家計に毎月200円の支出をしていました。起死回生の自信があったからでしょう。
滅多に来客もない家に、二人だけ義理堅く訪ねてくださる方がありました。一人は村田さんと言う大会社の役員さん、ハンサムで長身の上品な老紳士でした。お土産はいつも私への高級なおもちゃで、籐椅子の応接セットの精巧なミニチュアを一番懐かしく思い出します。
もう一人は私が「坪内のおじちゃん」となついていた下町のご隠居風のお年寄りでした。その方の娘さんが有名な人形店店主の奥さまなので、市松人形や羽子板をいつも頂いていました。

父の予言は当たらなくなっていたのでしょうが、このお二人はかつて父の予言で大きく儲けたことを忘れず、季節の挨拶に訪ねてきてくださったようでした。我が家は駅から1キロも離れていて坂の上にあったのですけれど。

茅場町に住んだ頃は電話がまだ不便でも、近所の株屋さんからは小僧さんが駆けてくれば用が足りたのに、だんだん山の手に住みたくなった父。でも麻布の次に目黒に土地を買ったとき、そこはまだ東京市内ではなかったのです。地名は 東京府下荏原郡目黒町大字宿山字東山。(やがて東京市が広がって目黒区上目黒となり、今は目黒区東山)当時そんな田舎に引っ込んだら株屋さんとは遠くなりすぎるのに、麻布に引っ込んでからも会員制の会報発行だけで商売が成り立っていたからでしょうか?
東山の家の前は練兵場の広っぱで、富士山が見えました。美しい姿の大山から丹沢山系、秩父山系と、まるでパノラマでした。きっとこのせいせいする風景の中に暮らしたかったのでしょうね。それは私の原風景となりました。だから今も私は山なみを眺めるのが大好きです。

戦後練兵場あとには公務員団地が建って、又それを壊して建て替えてより高層になっているようです。富士も大山も屋上でないと見えないのでしょう。

そして父の建てた家は戦後何十年経ってもしっかりと建っていました。私たちから買い取った方が長年住み続け、庭にもう一軒別棟を建てて、変わらぬ表札で住み続けられました。家を眺めに行った事が何回もあります。けれど代も変わったことでしょう。数年前行って見たら跡形なく、敷地いっぱいに安っぽい紫色のマンションが建っていました。胡桃の大木もなくなって、私の原風景は総て失われましたが、心の中の絵だけは鮮やかに残っています。両親の和服姿とともに。


当時の写真がいま出せないので、相変わらず百年前の写真を載せます。父31歳、母22歳です。
晩年の父・・・ルーツ・・・⑩_a0050728_17265041.jpg
晩年の父・・・ルーツ・・・⑩_a0050728_17271077.jpg

by hisako-baaba | 2005-12-16 17:36 | 幕末からの我が家の歴史 | Comments(2)
Commented by reev at 2005-12-16 22:07
こんばんわ。

青森のrrevです。


しかし、今見ても素晴らしい写真ですね。
なんだか、映画の一コマを見ているような感じです。

歴史と写真が符合すると、これほどリアリティがあるとは!
それにしても、スゴイ歴史をお持ちですね。
Commented by hisako-baaba at 2005-12-16 22:54 x
reevさん
私としては、よその豪邸での写真よりも、普段の暮らしの写真を残して欲しかったです。本当の住まいではあまり撮っていなくて、他には公園の日本庭園などで撮ったものばかりです。
普段の暮らしぶりはさっぱりわかりません。
日本の実家を安心させる為の写真だったのでしょう。

10日間書き続けてくたびれちゃいました。年賀状もまだなのに。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 整形外科に通う道 祖父への思慕・・・ルーツ・・・⑨ >>


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
saheiziさま あ..
by hisako-baaba at 11:23
大変だなあ。
by saheizi-inokori at 09:43
momoさま 拝見して..
by hisako-baaba at 15:32
ご無沙汰いたしました。 ..
by hanamomo60 at 13:25
Saheiziさま 認..
by hisako-baaba at 11:22
そう、病気の前の自分に戻..
by saheizi-inokori at 10:47
saheiziさま 8..
by hisako-baaba at 21:06
備えているのはさすが! ..
by saheizi-inokori at 20:02
Junkoさま 一人は..
by hisako-baaba at 19:38
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 17:54
Saheiziさま は..
by hisako-baaba at 13:16
のんびり、少しは、よかった。
by saheizi-inokori at 11:49
ebloさま 昔々の日..
by hisako-baaba at 21:06
私も長い間一人で暮らして..
by eblo at 19:48
ebloさま かまって..
by hisako-baaba at 22:06
saheiziさま う..
by hisako-baaba at 22:03
娘さんがいなくなり心細く..
by eblo at 18:00
子どもたちの成人式にどう..
by saheizi-inokori at 16:57
dekoさま 正月休み..
by hisako-baaba at 11:53
Saheiziさま 会..
by hisako-baaba at 11:49
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧