戦争は終わったけれど・・・十代の私・・・No10
(ここから兄の結婚事情は話が長いので抜粋します)

昭和23年の事、兄が中国に残してきた婚約者から、特別なルートで手紙が来て、再会が絶望的になったので、「あなたを諦めてこちらで結婚しなければならなくなりました」と別れを告げられていた。そこで兄も彼女を諦めて、尊敬する恩師の娘との結婚を決めた。

昭和24年1月、下の兄の結婚式の日取りが決まり、住宅難の中、家の3畳と元の風呂場に住むことになる。3世帯で一つの家に住むので、家の模様替えを自分たちでやらなければならなかった。仕事を休んでいたら,I君から「30日連盟に行きます」とはがきが来たので、私も出かけた。しかしよい場所は他の人が出ていたし、飴も十分には仕入れられず、新小岩で3人一緒に売って、それでも一人190円になった。(飴はノートより売れた)

このあと2月8日のお寺での婚礼の準備に追われる。食糧難だから何でもヤミ(配給外)で調達しなければならない。兄が最中を注文して有ったので、前日遠くまで私が取りに行った。(目黒駅から白金方面にバスで行った記憶がある。お菓子はなかなか手に入らないものだった)
家で20人前のお赤飯を炊いたり、旨煮を大鍋に作ったり、前夜は寝る暇ない大騒ぎ。旨煮を一人で仕上げた私は鼻高々。翌日、上の兄が自転車で、私は電車で、料理を運び、いったん戻る。鯛は人数分に足りず、マグロの刺身は何とか間に合う。お赤飯と煮物や切りイカ等の折り詰めを自分で作り、本堂で内輪だけの婚礼が始まったが、意外にも妹の私に席はなく、裏方に回されてかなりむくれる。お台所で尼さん数人と賑やかに鯛を焼いたり料理の盛り付けをしたりした。それはそれで面白かったが、そのまま本堂で披露宴が始まると、大変忙しく働かされた。酒の燗が特に忙しかった。大酒呑みのお客が居て、追加しなければならなかったし。料理を作った私は人数に入っていなくて、自分の折り詰めは無かったけれど、楽しい尼さんたちが気を使ってくれて、何かしら裏でお腹いっぱい食べていた。最中の残りも、尼さんとじゃんけんして余計に食べた。

この日の日記には・・・
式が始まる前に誰も私を花嫁さんに紹介してくれない。仕方なく最中を配ったとき自己紹介したら、後からM先生(花嫁の父で、兄の恩師)がやっと紹介してくれた。全く忘れられた存在の私はお給仕役だけで、誰も席を取っておいてくれない。家族は母と上の兄だけしか式に参列しなかった。おめでたい席でなかったら、やかんと徳利と茶碗を並べて、勝手にお燗して飲みなさいと帰ってしまいたいところだが今日は我慢した。
むしゃくしゃしているとき、お上人様が台所に来られて「今度は妹さんの番ですね」と言われたので「お酒呑みは大嫌いですから」と言ったら、尼さんたちが「やられたー」とはやし立てたので、お上人さまは「そのくらいはっきりしているほうが良いでしょう」と言って戻って行った。お酒を持って行って私も勧められたが飲まずに置いたら、「飲めないの?」と言われた。お燗したお酒なんかまずくて飲めるか。私はお酒を熱いお湯で3倍くらいに薄めて、お砂糖を入れたのでなければ飲まない。(現在はビールの次に熱燗が好きです)



この後の日記も見つかりません。記憶では・・・鏡だけを一人で売って、4200円作って編み機を買い、講習に通いました。『高速編み物機』といっても初期のもので、セーター編むのに2日もかかります。
『矢』という棹を左右からシャーッ、シャーッと差し込んで1段づつ編み進む。ゴム網などはいちいち手で目をひっくり返すような厄介な機械でした。一通り編めるようになったけれど、仕事は斡旋してもらえず、完全に挫折しました。

編み物に絶望して、今度はお針子になりました。中目黒の小さな洋裁店で独身の先生と見習いは二人。ここで撮っていただいたのが、戦後初めての写真です。お針子はこの二人でした。私は向かって左。
a0050728_1021967.jpg

昭和25年夏、朝鮮戦争が勃発します。米軍兵士が戦車や装甲車に乗って、洋裁店の前の大通りを轟々と走って行きます。アメリカ兵に手を振ったことなど無かったけれど、この時は彼らが可哀想で、みんなして手を振りました。「生きて帰りなさいよー」と叫びたい思いでした。

お針子では生活できないので辞めて、東急バスの入社試験を受けました。なかなか通知が来ないので、三軒茶屋の市場の食料品店に勤めました。朝、商品を上手く並べたら、店主が「あんたが並べると見やすいし綺麗でいいね」と、褒められました。
そこへ東急から採用通知が届いて、給料がよかったので、食品店には病気といって辞めました。

ここが運命の大きな分かれ道だった気がします。もし東急が不採用であれば、三軒茶屋で商売にのめりこんだと思うのです。バスの車掌より販売の方がよほど面白い。たぶん市場に馴染んで、何処かの商店のおかみさんになっただろうと思います。
バスの暮らしが心身ともにきつかったので、苦し紛れにボランティアに熱中し、ますます「ヘンな女の子」のレッテルを貼られるようになった私は、厄介な方向にばかり進む運命だったのでしょう。

東急バスの車掌だった9年余りの日記は膨大な量が残っていて、まだとても整理し切れません。朝4時半起きで電車を乗り継いで車庫までかなり歩いて出勤。午後早く帰れる日はバスで帰るから良いけれど、長い中休のあと夕方から又勤務だったりで電車を遠回りしての帰りは夜中の事も・・・夜学に通う事も出来ませんでした。
私はバスの仕事を意地でも完璧にこなそうとしながら、でも好きになれなくて、『これは生活の為のアルバイトだ』と割り切り、「本業」のケースワーカーに徹しようとボランティアに駆けずり回ったのです。辛かったけれど、あれこそが私の熱い青春だったと思います。失恋ばかりしていたけれど・・・生意気すぎて、もてるわけが無いヘンな女の子になりきった青春は、でも熱かった素晴らしい思い出になっています。あの情熱に後悔はありません。

その話は日記をもっと整理して抜粋してから、又掲載します。たぶん半年位後に。
今回の連載はここで一応終了と致します。


***************************************
8日の写真の続きです。
a0050728_9513134.jpg


a0050728_9515828.jpg


a0050728_9535916.jpg


志木の市場通りには、昔の建物が多い。
a0050728_9545885.jpg


a0050728_1034638.jpg


a0050728_104642.jpg


a0050728_1043030.jpg


a0050728_104597.jpg


町のシンボルは河童
a0050728_1053044.jpg


a0050728_10633.jpg


オオバコの花?
a0050728_10113021.jpg


3日間散歩ばかりしていたので、四日目は大掃除・・・といっても換気扇だけ。
脚立に上って浴室の換気扇のフィルターをはずして洗い、キッチンの換気扇は分解掃除。
マンションの換気扇は構造がわからず、説明書を読んでも、普通と全く違う電源の位置を見つけるだけで手間取りました。「説明書ってどうしてこんなに頭の悪い書き方なんだろ」・・・ぶつぶつ言いながらドラムをはずして洗剤に漬け込みました。歯ブラシではギトギト汚れが取りきれず、タオルで拭きなおして、周辺の油を取り除き、元どおりに組み立てて、脚立から下りたらどっと疲れが出ました・・・
半年でこの程度か・・・揚げ物はしたくないなあと思いました。4月と10月に分解掃除をすることに決めておきましょう。
[PR]
by hisako-baaba | 2007-04-10 10:25 | 我が家の歴史 | Comments(8)
Commented by oss102 at 2007-04-10 16:02
可愛い小柄なhisakoさんは、声も大きく機転もきいて、確かに商いの道に進めば、今頃大商店の社長さんでしたでしょう。
この連載で私も昔のことを思い出してアルバムなどひっぱりだしました。
私のはhisakoさんのように厳しくない生活でしたが、これも思い出箱・記憶箱としてのブログに載せようと思います。
ありがとうございました! 次の連載を楽しみにします。
Commented by hisako-baaba at 2007-04-10 22:26
ossさん
有難うございます。あなたのお写真も拝見してきました。
昔の写真が残っているのは幸せな事ですね。

次は家計簿を載せようかと・・・・
Commented by ririhallo at 2007-04-10 22:28
日記をお若い頃から付けてるなんて・・さすが都会人?? 私なんか・・机に向かってたら 「そんな時間があったら、畑へ出ろ!!」って怒鳴られた夏場、 机から離れてごろごろしてたら・・「今のうちに勉強しとけ!!」と怒鳴られた冬場を思い出します。。
連載を読ませていただき 若かりし頃を想い 両親や祖父母にあらためて、感謝しました。。ありがとうございます。
Commented by sarasa-reisia at 2007-04-11 00:21
日記っていいですね。
hisakoさんの日記を読ませていただいて、そう思いました。
その時の情景が目に浮かぶようです。
でも、文章力がないとダメですね(汗)
次の連載も楽しみにしています。
Commented by hisako-baaba at 2007-04-11 09:08
ririhalloさん
たまに昔を思い出すのも良いことですね。
あの頃は何が手に入っても今より何百倍も嬉しかったし・・・
Commented by hisako-baaba at 2007-04-11 09:12
sarasaさん
国を超えたお引越しで、お忙しいのに、読んで下さってありがとうございました。
あなたの文章力大したものじゃないですか。私には詩はかけません。
バスの話の前に、物価の話を書こうかと思っています。私、記録魔?
Commented by sarasa-reisia at 2007-04-12 00:25
物価のお話し!
わぁ、楽しみです、是非お願いします。
待ってますよーー^^
Commented by hisako-baaba at 2007-04-20 10:13
sarasaさん
有楽町から立川まで、電車賃30円。コッペパン2個と同じ・・・
食べ物高いですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 語り部始動します 戦争は終わったけれど・・・十代... >>


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
cbd oil cb..
by Zobertvat at 19:29
kiyokoさま 毎晩..
by hisako-baaba at 17:09
ストレスフルでしょう。 ..
by sidediscussion at 15:39
marshaさま 痛み..
by hisako-baaba at 13:58
ebloさま なぜか記..
by hisako-baaba at 13:52
御宅のネットも家のネット..
by marsha at 10:54
「昨日の洪水騒ぎ」?? ..
by eblo at 09:43
又またネットが不通。18..
by hisako-baaba at 17:01
dekoさま それが、..
by hisako-baaba at 21:20
J-comの方が見えて手..
by Deko at 19:00
marshaさまのなさっ..
by hisako-baaba at 16:48
ネットが直って良かったで..
by marsha at 16:12
kiyoko さま 昨..
by hisako-baaba at 15:46
難しい哲学?です。わたし..
by sidediscussion at 15:24
ebloさま それがね..
by hisako-baaba at 13:26
「したいから介護をする」..
by eblo at 12:45
marshaさま 便利..
by hisako-baaba at 21:06
マンションで工事をしてく..
by marsha at 20:42
kiyokoさま ポッ..
by hisako-baaba at 17:53
ぽっくり寺にお参りに行き..
by sidediscussion at 17:45
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧