人気ブログランキング |


少年兵兄弟の無念(19)   猪熊得郎

航空情報連隊の消息続き
 国境配備の前提は「玉砕」でした。
 前回の、第十一航空情報連隊の戦闘と、第十七航空情報隊の戦闘の中で、十六
歳から二十歳の特幹第一期同期生の多くが戦死したことを書きましたが、その配
備そのものが、「玉砕」を前提としたものでした。「玉砕」するために配置され
ていたのでした。

 1945年1月17日大本営に提出された関東軍の作戦計画及び訓令は次のよ
うな趣旨のものでした。

 「あらかじめ兵力・資材を全満・北鮮に配置する。主な抵抗は国境地帯で行い、
このための兵力の重点はなるべく前方に置き、これらの部隊はその地域内で玉砕
させる。じ後満洲の広域と地形を利用してソ連軍の攻勢を阻止し、やむを得なく
なっても南満・北鮮にわたる山地を確保して抗戦し、日本全般の戦争指導を有利
にする。」

航空作戦の方針変更
 関東軍作戦計画の方針変更に伴い、第二航空軍も次のように作戦方針を変更し
ました。

1.航空軍は、外蒙方面から南下及び東進するソ連軍主力を破砕し、関東軍の作
戦を有利ならしめるとともに、北支方面との連絡を確保する。これがため当初、
チチハル、白城子、赤峰各飛行場群を使用し主として、敵機械化部隊の後方補給
を遮断して、その前進を遅滞させ、次いで戦闘部隊の撃滅をはかる。

2.作戦の推移に伴い、逐次漣京線西方飛行場群(彰武、阜新、新立屯、錦州)
漣京線以東飛行場群(奉集堡、東豊、梅河口、鳳城)に後退し、前任務を遂行す
る。戦闘に当たっては、保有機数の特性と訓練の度に応じ、特攻的用法に徹する。

3.一部をもって石門子秘密飛行場を使用し、ウランウデ付近のシベリア鉄道橋
を破壊し、敵の輸送を妨害する。

4.航空地区部隊は、後退せしめることなく現地にとどめ、敵の飛行場推進を妨
害し、遊撃戦により敵の航空戦力を破砕する。

第二航空軍の配備と訓練内容の変更
 訓練内容は、新作戦計画に従って、主としてソ連機甲部隊に対する訓練に変更
されました。
 航空地区部隊に対しては、敵機と刺しちがえる気魄をもってする対空射撃能力
の向上、機甲、車両に爆薬をもってする肉薄攻撃の研究、普及ならびに遊撃戦法
に関する創意工夫およびその訓練が要求されました。

 二航軍情報部に対しては、従来の航空情報等に加えて敵地上兵団の状況、特に
機械化兵団の動静に関する探知能力の開発、訓練が要求されました。
 このように昭和二〇年に至り、各部隊の訓練内容は、一変したのでした。

そして、航軍情報部・航空情報連隊は、「その地域内で玉砕させる」前提で任務
に就いていたのでした。

 なお、北、及び西の防空監視網は、第十七航空情報隊が担当し、情報二個中隊、
警戒一個中隊、およそ、一,〇〇〇名の人員でした。
 また、東部正面の航空警戒に任じていた第十一航空情報部隊は、第二中隊を北
鮮東部海岸に派遣していました。

 航空地区部隊も、敵機と刺しちがえる対空射撃と、機甲、車両に爆薬をもって
する肉薄攻撃、遊撃戦が、究極の任務とされていたのでした。



 シワキ収容所
 シワキ収容所には大隊本部と三個中隊約千名の日本軍兵士が収容されました。
そのうちの一個中隊、私たちの中隊は第十一航空補給廠公主嶺出張所の中からの
混成部隊でした。中隊長T中尉は温厚で物静かな技術中尉でした。それに学徒兵
上がりの少尉二人が将校です。下士官もほとんど技術屋のようで、いわゆる獰猛
な古参下士官はいませんでした。それに下士官待遇の技術系軍属がいました。

 兵隊たちも、ほとんどが特幹二期生の整備兵と軍属の少年工たちです。どちら
も二十歳前の少年です。特幹二期生は、私たち特幹一期生と同じ、44年(昭和
19)1月に試験を受け、4月に入隊した一期生より半年遅れて10月に入隊を
した上等兵でした。軍属の少年工には朝鮮出身者も何人かいました。一般の兵隊
はわずかです。

 こういった構成でしたので私たちの中隊では、階級章による下級兵いじめはほ
とんどなく、他の中隊に比べて兵隊たちは幸せでした。ですから他の中隊の下士
官たちに目の敵にされ、貴様たち弛んでいると、気合いを入れられているようで
した。

 シワキの街
 シワキは製材の街でした。
 シベリア鉄道、シワキ駅の真ん前に製材工場があります。
3階建てほどの高さの工場開口部から、貨物線引き込み場に向かってトロッコレ
ールがひかれ、トロッコに載せて、製材された材木が貨物ホームに送り込まれま
す。

一方、製材所からは15キロほど先の森林伐採場に向かって、伐採した材木の
運送用森林鉄道が引かれています。
製材工場の前にはパンの配給所がありました。当時は主食の黒パンは無料で支給
されていました。

駅の脇には広場があり、共産党とか、コムソモールとか、人民委員会ですか、
そんな集会所の建物がありました。

ロシア人と歌
ソ連の指導者の一人、カリーニンが亡くなった時、黒いリボンをつけた赤旗の弔
旗を掲げ、街中の人々が広場に集まって「インターナショナル」を歌っているの
を見たことがあります。
「インターナショナル」は4部合唱でした。

ロシャ人と歌を切り離すことができません。子供の時から自分のパートが決ま
っているようでした。老いも若きも、男も女も、集まるとすぐに合唱が始まり、
いつも4部合唱でした。
長く厳しい寒さを耐え、ツアーの圧政を忍ぶのに歌で、慰め、励まし、それが
合唱となり、より豊かに表現するために4部合唱となり、ロシア民謡が生まれた
のでしょうか。

生活から生まれ歌い継がれたというのでしょうか。歌の心を大事にします。嬉
しいときには嬉しい歌。悲しいときには悲しい歌。悦びには悦びの歌。沿海州の
収容所のころです。「海ゆかば」のレコードをロシア人が聞いていました。なか
なか良いメロデーだなというのです。「それは戦友が死んだとき歌う歌だよ、ポ
ミライ(死人)の歌だよ」と話しました。そのロシア人はそれ以来、そのレコー
ドをかけなくなりました。

住まい
街の道路は全部製材工場から出た「おが屑」が敷き詰められていました。おが
屑の舗装のおかげでどんな寒いときでも、道路が凍って足を取られるというとき
はありませんでした。

家々はみな、丸太を積み重ねて作られています。丸太と丸太の間は、平らに削り、
綿のようなものを詰めて隙間のないようにしてあります。建物の裾、地面に接す
る部分は70~80センチの高さ、20センチほどの幅に板を囲い、そこにはお
が屑がぎっしり詰めてあります。床下から風が吹き込むということはありません。

入り口は板囲いで、玄関に直接風が吹き込むことはありません。取っ手には必ず
布が巻き付けてあります。冬、素手で、金具を握ったりすると、手が、金具に凍
り付き、無理にはがせば手の皮がむけてしまいます。

窓は、幅1メートル、縦1メートル半位で2重窓ですが、必ず花が飾ってありま
す。部屋は板敷きで2間か3間、ペチカを囲んでいます。ペチカは煉瓦作りで、
焚き口の居間側には鉄板を敷いて煮炊きができます。ペチカのなかは、煉瓦の囲
いで、暖めた空気が、中を上下してすぐには煙突から逃げないように工夫して、
壁全体が暖まります。


点呼
さて、収容所の生活は朝6時の点呼から始まります。
最初のころは、収容所には日本帝国軍隊の階級章が生きていました。
東を向いて、皇居遙拝。皇居遙拝とは、天皇陛下万歳と宮城を拝むことです。
「将校を父と思え、下士官を兄と思え。一致団結して天皇のため苦難に耐えよう。
力を合わせ祖国再建のため生き抜こう」、寒風吹きすさぶ中、そんな訓辞が行わ
れたのでした。

昼食1時間を除いて8時から5時まで労働という建前でした。
朝8時、それぞれの作業場に向かうため、それぞれの作業隊ごとに門の前に整列
です。これが大変です。
コンボーイ(警戒兵)が付きますが、数がなかなか合わないのです。かけ算が殆
どできないのです。寒い時など、たまったものではありません。零下20度を超
える朝でも、数が合うまで、20分も、30分も数え直すのです。3列、4列、
6列、7列ではかけ算をしなければなりません。それではダメなのです。それで
私たちは、5列に並ぶことにしました。2列で10人ですからこれなら何とか分
かるようになりました。

 先日、平和祈念事業団のシベリア抑留生活の展示を見てきました。やはり作業
に出かける兵士たちは、収容所の入り口前に5列で並んでいました。
 
 そんな兵隊たちのソ連がドイツに勝ったのですから不思議でなりませんでした。
それでも日本へ帰るころには、スターリンの冷酷な圧政の下でも、侵略をされた
祖国を守る、生まれ育った故郷を守るという民衆の底力と言うものを、ロシアの
民衆と接する中で分かるようになったのでした。

 収容所の作業は三つの中隊が、主な作業としてそれぞれ、森林での伐採作業、
製材所での作業、製材された材木の貨車積載を分担しました。
 そのほか、国営農場、共同農場などでの農作業、道路工事、鉄道工事なども組
み込まれていました。
by hisako-baaba | 2008-11-13 09:55 | 少年兵兄弟の無念 猪熊得郎 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 少年兵兄弟の無念 (18)  ... 少年兵兄弟の無念(20)   ... >>


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
Saheiziさま 4..
by hisako-baaba at 10:25
写真の花、我が家を出たと..
by saheizi-inokori at 10:12
もう帰ってきちゃう、でも..
by saheizi-inokori at 10:10
Saheiziさま た..
by hisako-baaba at 22:01
買ってきたもの、お腹に良..
by saheizi-inokori at 21:44
こんばんわ のんびりし..
by Deko at 19:02
Junkoさ〜ん 痛み..
by hisako-baaba at 21:59
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 18:08
saheiziさま 自..
by hisako-baaba at 15:25
解放!とはいえ多忙ですね..
by saheizi-inokori at 12:52
saheiziさま そ..
by hisako-baaba at 21:02
山あり谷あり、よく頑張っ..
by saheizi-inokori at 17:54
marshaさま 胃炎..
by hisako-baaba at 16:09
ご入院決まりましたか。良..
by marsha at 15:59
saheizi さま ..
by hisako-baaba at 15:54
睡眠不足は応えますねー。..
by marsha at 14:52
お大事に、介護していると..
by saheizi-inokori at 10:41
Saheiziさま あ..
by hisako-baaba at 22:15
楽しかった会社のなにを思..
by saheizi-inokori at 17:39
marshaさま サッ..
by hisako-baaba at 17:11
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧