人気ブログランキング |


少年兵兄弟の無念 (18)   猪熊得郎

「情報無線隊」行き同期生の消息

20682-(11)で私は次のように書いています。
「長春の司令部で内地から転属した同期生四〇人ほど簡単な筆記試験があって、
また選り分けられました。私たち七人は対空無線隊に行きました。ここで私はま
た強運を引き当てたのです。

『情報無線』に選ばれた者も沢山いました。二人宛無線機と食糧を携行して国境
線に配置され、ソ連軍の動向を探り通報するのです。彼らはほとんど還っていま
せん。八月九日にソ連が侵攻してきたとき、彼らは置き去りで、本部や司令部は
とっくに逃げ去っていました。」

「戦史叢書 満州方面陸軍航空作戦 防衛庁防衛研修所戦史室」で、情報無線隊
行き特幹同期生の消息を知ることができました。

「航空情報部隊の玉砕」という章の概略は次のようなものです。

第十一航空情報連隊の戦闘 (本部-温春)
ソ連の侵攻によって、まず危険にさらされたのが、国境近く配置されていた航空
情報関係諸隊でした。

ソ連の侵攻が近いと判断した徳田義雄(少佐)連隊長は八月三日第一線監視哨に
対して次のような指示を出していました。

「あらかじめ緊急事態に直面したならば、暗号書、乱数表を焼却する。その後の
通信は生文(なまぶん)でもよい。しかしできるだけ定められた略号を使用する
(例 玉砕はキヨキヨ)。ソ連が出撃し爾後の行動に関して命令を受ける暇(い
とま)のない場合は、対空監視を継続するため、なるべく玉砕を避け、ポストは
小隊本部に、小隊本部はポストを収容しつつ中隊本部に、次いで連隊本部に向か
い行動する」。

八日夜半、連隊本部にソ連侵入の第一報がありました。九日零時すぎ、各方面か
ら出撃した数十機のソ軍機は、東安、牡丹江その他を爆撃しました
連隊長が第二航空軍司令部に報告して、爾後の行動の指示を請うたところ「とり
あえず現配置で任務を続行し、後命を待て」としめされたのでした。

五~七名で構成されていた各監視哨は状況の報告を続けていましたが、九日夕刻
から玉砕の電報が相次ぎました。連隊長は独断で十日、監視哨の撤収を命じまし
た。
十一日、ようやく第十一航空情報連隊には、敦化付近に集結し次期作戦の準備を
するように命じられたのでした。連隊主力は温春から敦化に、一部は杏樹付近か
らハルピンを経由して新京に集結中終戦を迎えたのでした。

第十七航空情報隊の戦闘 (本部 チチハル)
北部および西部の広大な地域に展開していた同隊は、ソ連の満州侵入企図を事前
に察知できませんでした。
ソ連侵入時期に関する判断や地上攻撃に際し、部隊のとるべき行動の準拠につい
て、第二航空軍からは何らの指示や命令はありませんでした。

八月九日早朝、孫呉方面および海拉爾方面第一線ポストから、ソ連侵入の緊急電
報が入いりました。続いて五叉溝方面の各ポストからもありました。しかし、こ
れらのポストとの通信連絡は、大部分が緊急電報発信後に間もなく途絶えました。

孫呉小隊は第一線ポストの兵員を収容しつつ、北安-克山の線に後退しつつ終戦
を迎えました。
嫩江小隊は、終戦まで現地にとどまって任務を遂行した後、チチハルに集結しま
した。

海拉爾小隊は、九日各ポストの連絡が絶え、小隊長金子少尉がポストの兵員収容
のため、第一線に赴いたが、そのまま消息を絶ちました。

玉砕したと思われていた黒豹山ポストから翌十日不意に電報が入りました。敵侵
入後、その後方にとり残されたこの分隊は、潜伏を続けて敵情をその都度報告し
ていましたが、二日ののち再び通信が途絶しました。

五叉溝 小隊は、小隊長鮫島少尉が部下部隊を現地歩兵に随伴して撤退させた後、
自らは現地にとどまり敵航空情報を報告しました。その後、「部隊の武運長久を
祈る」との電報を最後に消息を絶ちました。
以上のように第十七航空情報隊の損害は相当に重大でした。

終戦直後、部隊長は、将兵の独断行動および自殺を固く禁じましたが、このよう
な特殊な作戦条件下にあったため、自決する者が相次いで発生しました。それは、
少年特別志願兵出身者に特に多かったようであります。

………… 以上が 「航空情報部隊の玉砕」 の大要です。

ここにある「少年特別志願兵出身者」とは、長春で私と別れた「特別幹部候補生」
であり、「情報無線」に配置された当時、十六歳から二十歳の同期生の多くがそ
の若い命を満州の地で散らしたのでした。

しかも、彼らが絶望的な状況下で戦っているとき、日本政府と、大本営は、ポツ
ダム宣言受諾を巡って「国体護持」を唯一絶対の条件とすることで、国民も戦場
に置き去りにされた兵士たちも全く念頭になく、議論を沸騰させていたのです。

同じ時、関東軍総司令部も、唯々身の保全に、「朝鮮保衛・皇土防衛」の名目で
新京から満鮮国境通化へ逃げ去ることに汲々としていたのでした。

「国難ここにみる」と自ら志願して戦場に赴き、ソ連の侵攻に戦場に置き去られ、
銃弾に倒れ、戦車に踏みにじられ、また、生きながらえつつも「生きて虜囚の辱
めを受けず、死して罪科の汚名を残すこと勿れ」、「従容として悠久の大義に生
きることを悦びとすべし」と、「戦陣訓」の教えに忠実に命を絶った少年兵の無
念はいかばかりだったでしょうか。

彼らを教育し、彼らを煽り立て、彼らを戦場に送り出し、彼らをこのような状況
に追い込み、自らは「国体護持」のみにすがりつき、反省もなく、生きながらえ
た権力者たちに激しい怒りを禁じ得ません。

シベリア抑留への想い

今年の春、「平和を願い戦争に反対する戦没者遺族の会」の、舞鶴引き揚げ記念
の丘に桜を植樹する集いがありました。
時間の余裕があり、引き揚げ記念館を観ていたところ、ボランテイアのひとが一
生懸命説明をしていました。私も説明を手伝っていましたら声をかけられました。

ある大新聞の婦人記者でした。
「私の祖父はシベリア帰りでした。けれどもシベリアのことは一言も話さないま
ま亡くなりました。何処の地で、どんな生活をしたのか、何にも分かりません。
どうしてでしょうか。祖父の気持ちを知りたいのです。」とのことでした。

私は答えました。
「悔しくて、悲しくて、なさけなくて、やりきれなくて話さなかったのです。」
「日本政府と大本営と日本国政府に放り出され、労働力を差し出され、スターリ
ンのソ連に拉致され、寒さと空腹と重労働に耐え、這いつくばって生きてきまし
た。、」
「何よりも辛く悲しかったのは、人間としての尊厳を踏みにじられ、人間の尊
厳をかなぐり捨て、ガキや畜生のように落ちぶれなければ生きてゆけなかったの
です。」
「そんな惨めな自分のことを話すことができますか」
私は、自分の幾つかの体験を交えて話しました。
「戦友の死体の衣服を剥ぎ取ってパンと換えた、隣の戦友が下痢をしたら、いた
わるのではなく、彼の飯が食えると嬉しくなった、そんな話を家族に話せますか。

「寒かった、辛かった、腹が減った、誰も話します。でも、畜生のように落ちぶ
れたことは話しません。私だってそんな話をするようになったのはつい最近です。
そこまで話さなければ『シベリア抑留』の本当の姿、日本政府とスターリンソ連
の人道を外れた極悪非道の本質を、本当に分かってもらえないと気がついてから
なのです。」

「何も話さないで亡くなったお祖父さんの口惜しさ、悲しさ、惨めさ、やりきれ
なさ、無念さを家族の方みんな集まって偲んで下さい。戦争の惨めさ、平和の尊
さを話し合って下さい。それがお祖父さんへの最大の供養だと思います。」
私の言葉に、その婦人記者は涙を流して頷いてくれました。

私もシベリア抑留の話をしたり書いたりするときは、始めるまで、どうしても
時間がかかるのです。「話したくない、でも話さなければならない」、その葛藤、
自分との闘いを超えて、これから続けることにします。
by hisako-baaba | 2008-11-13 09:58 | 少年兵兄弟の無念 猪熊得郎 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 少年兵兄弟の無念 (17)  ... 少年兵兄弟の無念(19)   ... >>


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
Dekoさま 結局内も..
by hisako-baaba at 12:54
Saheiziさま 4..
by hisako-baaba at 10:25
写真の花、我が家を出たと..
by saheizi-inokori at 10:12
もう帰ってきちゃう、でも..
by saheizi-inokori at 10:10
Saheiziさま た..
by hisako-baaba at 22:01
買ってきたもの、お腹に良..
by saheizi-inokori at 21:44
こんばんわ のんびりし..
by Deko at 19:02
Junkoさ〜ん 痛み..
by hisako-baaba at 21:59
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 18:08
saheiziさま 自..
by hisako-baaba at 15:25
解放!とはいえ多忙ですね..
by saheizi-inokori at 12:52
saheiziさま そ..
by hisako-baaba at 21:02
山あり谷あり、よく頑張っ..
by saheizi-inokori at 17:54
marshaさま 胃炎..
by hisako-baaba at 16:09
ご入院決まりましたか。良..
by marsha at 15:59
saheizi さま ..
by hisako-baaba at 15:54
睡眠不足は応えますねー。..
by marsha at 14:52
お大事に、介護していると..
by saheizi-inokori at 10:41
Saheiziさま あ..
by hisako-baaba at 22:15
楽しかった会社のなにを思..
by saheizi-inokori at 17:39
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧