人気ブログランキング |


少年兵兄弟の無念 (17)   猪熊得郎

アムールを渉りソ連の土を踏みました。
1945年9月16日、私の十七歳の誕生日、生涯忘れることのできない日となりました。
「これからどんな日々が待ち構えているのだろう」
そんな不安をかき消すよう、一歩一歩踏みしめてブラゴベシチエンスクの街を歩
きました。道の両側にはソ連の女子供が集まって手を出し、口々に「鉛筆」 を
くれ、「万年筆」をくれ、「靴下」をくれと呼びかけてきます。
子供たちは、みんなだぶだぶの大人の着古しの服を着ています。女たちは若い娘
も、年老いた老婆も、誰も彼も風呂敷のようなネッカチーフを頭にかぶり、しわ
だらけのブラウス、裾のすり切れたスカートにブーツ姿です。着飾った者は一人
もいません。警戒のソ連兵と子供のほか男の姿など全然見かけません。たまに見
かける壮年男子は、片腕、片脚の戦傷兵だけでした。

日本兵の捕虜たちは、腕時計はそれまでにほとんどソ連兵に略奪されて持ってい
ませんでしたが、 山ほど衣服を詰め込んだ背嚢を担ぎ、おろしてあまり経って
いない服と靴で、人垣の間を通り抜けます。

第一の印象はソ連の貧しさでした。何でこんなにみすぼらしく貧乏なのだろう、
それが驚きでした。ドイツとの戦いにすべてをつぎ込み彼らが勝利したことなど、
日本兵の知識にはありませんでした。子供たちは裸足でした。

ブラゴベシチエンスクを出発した貨車はやがてシベリア鉄道を北上しました。
二日ほどして草原のまっただ中で停車し翌朝、荷物をそのままにして下ろされま
した。馬鈴薯堀だというのです。

少し歩いたところに農場がありました。見渡す限り馬鈴薯畑です。ロシャ娘と二
人で組にされました。畝を二つが責任分担です。まず片側の畝を私がスコップで
ひっくり返し馬鈴薯を掘り出します。ロシャ娘が芋を拾い集め所々にもうけた集
積場所に運びます。その畝を向こう端まで終えたら昼ご飯、折り返して帰ってき
たら作業終わりだというのです。

その広大さに恐れ入りました。黒土でよく肥えています。大きな芋が転がり出て
きます。黙々と土を掘り返し芋を掘り出していると、手押し車で芋を運ぶ合間に、
時々ロシア娘がやってきて汗を拭ってくれました。

身振り手振り、日本語とロシア語で話し合うようになりました。芋植えは雪が
融けた五月頃、芋掘りはぎりぎり大きくして寒くなる直前のこの時期です。芋掘
りの時期には、街の事務所は一斉に休んで農場の応援です。この娘さんも街から
やってきたとのことでした。

「これからどうなるのだろう」と不安で緊張していた気持ちも、この娘さんのお
かげで、ほぐれ和みました。「サーシャ」とか云ったあの娘さんは、今どうして
いるでしょうか。生きているなら会ってみたいものです。

片畦、掘り返しました。広場があって大きな釜があります。昼は「カーシャ」で
す。馬鈴薯を蒸かしてつぶし、牛乳をたっぷり、鮭を丸ごと放り込み、かきまぜ
て油で炒めたものです。あの味は今でも忘れません。

その後もそうでしたが、農場での昼休みはたっぷりあります。約二時間。
農場のじいさんたち、ばあさんたち、おばさんたち、そして娘さんたちがコーラ
スを始めました。見渡す限りの青々とした草原の中、四部合唱が響き渡りました。

日本政府と大本営、そして関東軍に見捨てられ、ソ連の冷徹な仕打ちに生命を切
り刻まれた捕虜生活の数年間のなかで、ロシア娘たちとの暖かく優しいひととき
は「珠玉」のような思い出です。

時々、サーシャが牛乳を持ってきてくれました。休憩です。身振り手振りの話を
続けます。日本の風景のこと。暮らしのこと。残りの畦も掘り返し出発地点に戻
り作業完了でした。

翌日も芋掘りの作業、「お父さんいるか」、「お母さんいるか」、「会いたいだ
ろう」、別れに「ベスビダニヤ」さようならと手を握ってくれました。サーシャ
は目に涙を浮かべていました。

再び走り出した貨車は、シベリア鉄道沿線シワキ駅に着きました。アムール州シ
ワキ、シベリア鉄道ハバロフスクとイルクーツクの中間点あたり、中国東北部
(旧満州)がシベリアに突き出した頂点から少し右の肩当たり、国境のアムール
から約四〇キロ、緯度でいうとサハリンの北端にあたります。

シベリア鉄道沿線の駅といってもプラットホームがあるわけではありません。貨
物の引き込み線が何本もあって、給水塔がそびえています。後で知ったのですが、
給水塔はシベリア鉄道で大切な役割があります。何十キロも駅と駅とが離れてい
ます。石炭輸送など、機関車の煙突からの火の粉が石炭に降りかかります。石炭
が燃えたまま何十キロも列車は走るのです。駅について、給水塔の下に貨車を入
れ消火となるのです。

9月28日でした。雪が降っていました。貨車を降り雪の道を10分ほど歩きま
した。駅の正面に製材工場があり、道はおがくずが舗装道路のように敷き詰めら
れていました。

収容所は鉄線で囲まれ3メートルほど内側に板囲いがしてあります。鉄条網の四
隅は望楼です。ソ連兵がマンドリン型機関銃を抱えて監視していました。正面の
門をくぐると収容所の建物が並んでいました。ドイツ兵とルーマニア兵の捕虜が
収容されていた跡だとのことでした。

部屋の中は、一段二ベットの二段ベットが並んで、真ん中に大きなペチカがあ
りました。ここで寝起きしていよいよ重労働の始まりでしょう。
by hisako-baaba | 2008-11-13 10:02 | 少年兵兄弟の無念 猪熊得郎 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 少年兵兄弟の無念 (16)  ... 少年兵兄弟の無念 (18)  ... >>


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
Saheiziさま 4..
by hisako-baaba at 10:25
写真の花、我が家を出たと..
by saheizi-inokori at 10:12
もう帰ってきちゃう、でも..
by saheizi-inokori at 10:10
Saheiziさま た..
by hisako-baaba at 22:01
買ってきたもの、お腹に良..
by saheizi-inokori at 21:44
こんばんわ のんびりし..
by Deko at 19:02
Junkoさ〜ん 痛み..
by hisako-baaba at 21:59
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 18:08
saheiziさま 自..
by hisako-baaba at 15:25
解放!とはいえ多忙ですね..
by saheizi-inokori at 12:52
saheiziさま そ..
by hisako-baaba at 21:02
山あり谷あり、よく頑張っ..
by saheizi-inokori at 17:54
marshaさま 胃炎..
by hisako-baaba at 16:09
ご入院決まりましたか。良..
by marsha at 15:59
saheizi さま ..
by hisako-baaba at 15:54
睡眠不足は応えますねー。..
by marsha at 14:52
お大事に、介護していると..
by saheizi-inokori at 10:41
Saheiziさま あ..
by hisako-baaba at 22:15
楽しかった会社のなにを思..
by saheizi-inokori at 17:39
marshaさま サッ..
by hisako-baaba at 17:11
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧