人気ブログランキング |


「バス車掌の時代」を読んで

バス車掌の時代 正木鞆彦著 現代書館 1992年刊 を読んで驚いたこともたくさんありました。本の内容と、自分の思い出がごちゃまぜになりそうですが「むかしむかしのバスガール」を補足する意味で今日は書いてみましょう。

まず驚いたのは、路線バスの車掌と言う職業が出来たころは、洋装の職業婦人の草分けとして、あこがれの目で見られていたと言うこと、今ならさしずめ客室乗務員のような存在だったようです。 
都バスのルーツ、東京の市営バスが開業したのは大正13年。関東大震災で、電車が壊滅したため急きょバスを走らせました。はじめは車掌なしで、停留所に人が立って切符を売っていましたが、じき車掌の募集を始めました。応募してきた和服姿の女性たちは258名。採用は177名で、その中には高等女学校卒15名。裁縫女学校卒12名と当時としてはインテリも多かったそうです。
既婚者を31名も採用しているのは、信用できるからと言うことなのでしょうか?皆、夫の親と同居だから、子供の世話に問題が無かったとも言えましょう。中には夫を大学に通わせるために働くと言う妻もいたそうです。

制服が実に素晴らしい! 洋服を着たことのない彼女たち全員の寸法を計って、三越百貨店にオーダーメイドで作らせています。デザイナーはフランス人で、紺のワンピースに赤の襟をつけました。
この4年前、大正9年に東京で最初にできたバス会社は白襟だったので、それぞれ白襟嬢、赤襟嬢と世間から親しまれました。
(しかし当時から敗戦後まで、バスにはドアが無かった。車掌の立つべき場所も無い車だった。立ちっぱなし揺られどうしの車掌の仕事が、激務であったことに変わりはないでしょう)

こんなにも華やかにスタートした路線バスの車掌と言う職業が、いつから最低の地位に落とされたのか、はっきり書かれてはいません。昭和初期の大不況に続く15年戦争が暗い影を落としたことは否めないでしょう。

初期のころ、運転免許を持つ人は少なかったから、運転手の給料は高額でした。車掌は労働時間が他産業よりはるかに長いためもあって、給料は女工よりかなり良かったそうです。
オーダーメイドの制服を着た赤襟嬢には、車両清掃の仕事は無かったようです。車掌に本来業務以外の仕事がどんどん押しつけられるようになったのは何時からのことでしょうか。

昔トラックの運転手は見習い助手を徒弟として顎で使っていました。彼らがバスに転職したとき、車掌を助手並みに扱ったのだそうです。本来自分の仕事である筈の、フロントガラス拭きや、ラジエーターの水入れまで、車掌に押しつけて、自分は煙草をふかしている、それが当たり前になってしまいました。
冬季、凍結を防ぐため毎晩水を抜くラジエーターに、凍てつく朝、少女たちは遠くの水道からバケツで何回も水を運び、梯子によじのぼってやっとバスの鼻先に水を注いだのです。こぼせば自分がかぶってしまう。手がかじかんで自由が利かず、こぼすことはしばしばでした。
ただし、私の居た東急バスでは、ラジエーターの水補給は運転手の仕事でした。時々は車掌がやらなければならなかったし、それがとても大変な仕事だったので、私は毎日やらされたように思いこんでいましたが、会社は運転手の仕事と決めていたそうです。

車掌の地位が低くなったのは何時からだったのかはわかりません。私の入社した昭和26年には、ごく一部の古いタイプの運転手にこき使われるのが当たり前になっていました。生意気な私はその点使いにくかったらしく、私を避けて他の子に私用を頼んだりするのでした。
「車掌の分際で」という扱いを、無言で拒否していた私に、チャージの誘いは一度もありませんでした。
但し運転手の半数以上は常識的な人たちで、車掌をいわれなく見下したりはしませんでした。

車掌の生活を暗いものにしたのは、一部の人間が犯すチャージ(金銭着服)と、そのために会社が全員を疑ってかかる身体検査でした。仕事が終わると必ず風呂にいれ、その間に服のすべてと私物を検査する会社もあったそうです。東急には風呂場はありませんでしたが。

人間、プライドが有れば、不正は出来ないものです。プライドを持てない状況に追い込んでおいて、すべての車掌を泥棒扱いにした労務管理は最低だったと思います。
どの会社でも、車掌は40代50代になっても車掌のままでした。私は30代まで車掌でいることに耐えられない気がして28歳で辞めました。
出世のあては全くと言っていいほどないのです。要領のいい者がごくまれに検査員に昇格する、これは破格の出世で、もう車両清掃も、乗務もしなくて良い。彼女らは不正を摘発しようと懸命になり、かつての同僚に辛く当ることになるわけです。東急ではそこまでのうわさは聞きませんでしたが、他社では、警察官さえやらないような、長時間にわたる過酷な取り調べをした事実が有るそうです。
無実の車掌を自殺に追い込んだ例は、神戸での一件だけではないようです。
私も、友人が無実の罪を着せられたとき救済に奔走しましたが、無実のまま解雇されて泣き寝入りした例も多いと思います。最低の身分だった車掌が、何をどんなに抗弁しても通らない世界でしたから。・・・後篇に続く・・・
by hisako-baaba | 2009-09-22 23:11 | むかしむかしのバスガール | Comments(12)
Commented by HOOP at 2009-09-22 23:29
70年代になり、都営バスの大半がワンマン運行になった頃、
都立薬用植物園まで友人と行き、
帰りに新宿まで、都営バス最長路線に乗車したところ、
女性の車掌さんが乗務していました。

大学生になり、イベントの送迎バスを担当したところ、
貸し切りバスに国際興業はドライバーとガイド各1名、
都交通局はドライバー2名体制で来てました。
Commented by otukisama513 at 2009-09-23 01:07
すごい。
飛行機のスチュワーデスさんみたいだったんですね。
どんなお仕事も大変ですが、
女性にはけっこうきついお仕事だったんですね。
Commented by hisako-baaba at 2009-09-23 06:41
HOOPさん
新宿ー青梅線ですか。一度乗ってみたかったです。
料金区間が多い線は車掌さんがだいぶ後まで乗っていましたね。
Commented by hisako-baaba at 2009-09-23 06:43
otukisamaさん
大正時代ならやって見てもよかったけれど・・・
でもドアなしの11人乗りでは、やっぱり嫌ですね。
Commented by 遊工房 at 2009-09-23 08:50 x
労働者のおかれている環境は
調べれば調べるほど
色々出てきますね
久子さんのところに取材に来た大学生の論文が
これからの働く人の環境をよくしていくために
力になるといいですね
思い出したのですが
戦前父はバスの運転手をしていたことがありました
白木屋のバスだったような気もするのですが
よく覚えていません
デパートガールとバスの車掌と戦前は職業を持つ女性の貴重な働き場所だったと聞いたこともあります
ああ
学校の先生やお産婆さんもですね
おばさんの一人はお産婆さんでした
働かなければならない女性は
どういう職種にでてどう働いたか
研究テーマは広がっていきますね
私のおばさんは
刺繍職人でした
Commented by sidediscussion at 2009-09-23 09:12
女性史を読む思いで重く受け止めました。
Commented by hisako-baaba at 2009-09-23 10:07
遊さん
今いらっしゃる叔母さんが、刺繍職人だったのですか?手に職をつけて堅実に生きてこられたのですね。
先生やお産婆さんは尊敬されたし、デパートも汚れ仕事はなかったでしょう。バスはやっぱり地位が低かったなあ。
Commented by hisako-baaba at 2009-09-23 10:08
kiyokoさま
私が書いたことで、誰かの論文や、何かの本で、紹介されるようになって良かったです。
Commented by 遊工房 at 2009-09-23 14:43 x
刺繍職人だったのは富山のおばさんです
おじさんの家で育ったので
肩身も狭く
自力で稼ぐ必要があったのです
私の母とおばさん
刺繍を習いに行って
私の母は不きっチョでものにならなかったそうです
今いるおばさんは
資格もなく病院で働いていましたが
あの几帳面さで
医療器具の洗浄整理などきっちーんとやる人ですから
それは適性ばっちりだったと思います
夜は和裁ができたのでそれでまた稼いだそうです
Commented by hisako-baaba at 2009-09-23 14:56
遊さんの実家のおばさんですか。
今のおばさんも誇りを持って働きとおした方ですね。
昔の人は、仕事に誇りを賭けていました。誇れない仕事はつらかった。
Commented by silku928 at 2009-09-24 10:10
誇りある仕事を選んだのに、こんな劣悪な環境では、
夢や希望を見出すのは、かなり難しかったでしょう。
感想、興味深く拝見しました。お疲れ様でした。
バスという密室の中でのお仕事、
信頼関係がすべてですのに、
こうした表に出ない酷いことがたくさんあったのですね?
ホント、いつころから地位が衰退していったのでしょう。

子供の頃、ままごと遊びで、
バスガイドさんは、看護婦さん、花屋さん、ケーキやさんと並んで、
人気のお仕事でした。
絵本で見る、バスガイドさんの制服姿は、素敵でした。
時代はめぐり、
今、女性のバス運転手さんの姿を見かけるようになりましたが、
颯爽とした姿、気遣い、ハンドルに伸びた手も優しく、
見ていて、ほっとした気持ちになったものでした。

Commented by hisako-baaba at 2009-09-24 23:08
芙蓉さん
田舎のバスはひと気のない終点なんかあって、夜に二人っきりは怖かっただろうと思います。
私の周囲にはそこまでの悪は居ませんでしたし、街中を走っていましたから安全でした。
人心の荒んだ車庫に配属された少女は気の毒だったのですね。

女性ドライバーは素敵ですよね。タクシーにもいらっしゃいますが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ストレスケアの講座に行きました 「バス車掌の時代」を読んで (後半) >>


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
saheiziさま あ..
by hisako-baaba at 11:23
大変だなあ。
by saheizi-inokori at 09:43
momoさま 拝見して..
by hisako-baaba at 15:32
ご無沙汰いたしました。 ..
by hanamomo60 at 13:25
Saheiziさま 認..
by hisako-baaba at 11:22
そう、病気の前の自分に戻..
by saheizi-inokori at 10:47
saheiziさま 8..
by hisako-baaba at 21:06
備えているのはさすが! ..
by saheizi-inokori at 20:02
Junkoさま 一人は..
by hisako-baaba at 19:38
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 17:54
Saheiziさま は..
by hisako-baaba at 13:16
のんびり、少しは、よかった。
by saheizi-inokori at 11:49
ebloさま 昔々の日..
by hisako-baaba at 21:06
私も長い間一人で暮らして..
by eblo at 19:48
ebloさま かまって..
by hisako-baaba at 22:06
saheiziさま う..
by hisako-baaba at 22:03
娘さんがいなくなり心細く..
by eblo at 18:00
子どもたちの成人式にどう..
by saheizi-inokori at 16:57
dekoさま 正月休み..
by hisako-baaba at 11:53
Saheiziさま 会..
by hisako-baaba at 11:49
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧