人気ブログランキング |


<   2006年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

深川  その2 八幡橋と新田橋

昨日の新聞に、東京最古の鉄の橋の記事が載っていました。
昭和30年の新聞記事に77歳の喜寿と書かれた橋が128歳になった今も健在だと。

明治11年に京橋の楓川に架けられた弾正橋で、大正12年震災後の復興計画で廃橋となり、昭和4年に現在地に引っ越してきて、八幡橋になったのだそうです。下を流れていた川は現在遊歩道になっています。

遊歩道の入り口の柵には・・・雀が・・・そういえばこの辺には雀がとても多いです。
a0050728_17473517.jpg

遊歩道の草むらにはもう一つの橋が置かれていました。新田橋です。
a0050728_17483657.jpg

木場5丁目の開業医 新田清三郎さんが、昭和7年、事故死した妻の慰霊の為と町の人のために現在の大島川に架けた細い人道橋で、彼の死後、皆が新田橋と呼んだそうです。
不要になってから八幡橋の傍に飾られたもようです。


八幡橋は遊歩道の上にかかる小さな橋でした。遊歩道は保育園の子供たちの良い遊び場。
a0050728_1756297.jpg

橋の上の風景。木立の奥が富岡八幡宮。
a0050728_181785.jpg

八幡橋の解説が遊歩道のこんなところに・・・
a0050728_1820684.jpg

そうしてこちらは昔の解説。この鉄の板は戦後盗まれそうになって大変だったとか・・・
a0050728_18212445.jpg

明治11年から、前の新聞記事が出た昭和30年までが77年で、その年に喜寿のお祝いの化粧直しをしたのでした。
そうして昭和4年に引っ越してから今年までも丁度77年なのです。
明治11年から現在までは128年経っていました。以上東京一古い鉄橋のお話。
by hisako-baaba | 2006-08-15 18:02 | お宮、お寺、まつり | Comments(2)

深川  その1 富岡八幡宮

今朝、連れ合いが出掛けると言いました。「昼飯いらない」 それなら私も出かけるチャンス。

ネットで終戦記念日のイベントを探したけれどわかりません。
深川の富岡八幡宮のお祭りがわかったので、急遽四十数年ぶりに深川へ・・・
お祭りは今日までの筈が、一昨日お神輿が出て、今日はすでに行事も終わっていました。


a0050728_17104666.jpg


巨大神輿の練り歩く様を見たかったなあ。
a0050728_1718529.jpg

a0050728_16515611.jpg


右側の 七渡神社。弁天様?
a0050728_17115320.jpg


左にまわって赤い鳥居をくぐると・・・
a0050728_17123978.jpg

お稲荷さん。千社札がどっさり・・・・
a0050728_17134435.jpg

その右側は?・・・千社札禁止・・・神社の名前も見えない・・・?
よこっちょに『祭神は芭蕉命(芭蕉のみこと)』・・・え!? 松尾芭蕉さんが神様?
それにしても、何にも無くて寂しい。 
a0050728_17165299.jpg

お相撲の碑がたくさんありました。超五十連勝力士碑には千代の富士の名前も。
a0050728_17215598.jpg

by hisako-baaba | 2006-08-15 17:00 | お宮、お寺、まつり | Comments(0)

若い友人神(じん)直子さんたちの活動。

私の若いお友達、神直子さんのフィリピンと日本を結ぶプロジェクトが16日朝のNHKテレビで取り上げられるそうです。できれば見てください。

彼女達は19日に『8月くらい戦争カタレ場』と言うイベントを開きます。兄も私も参加させていただきます。詳細
当日はサツマ芋の茎のきんぴらと、かぼちゃの茎の煮物が用意されます。かぼちゃの葉のふりかけまでは手が回りませんでした。作れても美味しくないし・・・

彼女達のお蔭で私たちは、若い世代に語るチャンスをいただいております。

実は神さんとは、ここのブログ仲間「ハムスターpaso」ちゃんの紹介で知り合ったのですよ。
彼女のブログ今お休みですが、ネット環境の悪いアフリカに取材に行っている為、アップ出来ないそうです。
元気そうですから、お仲間の皆さんご安心ください。
by hisako-baaba | 2006-08-13 21:59 | 愚かな戦争 | Comments(7)

日刊ベリタに私たちの記事が掲載されました。
日刊ベリタに兄の記事私の記事が掲載されました。

無料の記事です、お読みいただければ嬉しいです。
by hisako-baaba | 2006-08-12 15:36 | 愚かな戦争 | Comments(10)

スペイン在住の孫

マドリードに住む孫です。一歳四ヶ月。

パパもママも勤めていますが、週末農業にも熱心です。
自宅から車で20分のこの農場には大きな犬が3匹居ます。
人口密度の低い国の羨ましさです。

夏の収穫と孫。
a0050728_2240433.jpg

by hisako-baaba | 2006-08-09 22:46 | Comments(10)

ナギイカダに実がなりました

隣のグリンベルトは、水も与えず手入れもしないから、木も草も10年で半分枯れてぼろぼろ。
残ったのは乾きに強い植物だけ。
一番強いのはナギイカダ。ヒイラギ南天より固い尖った葉は、痛くて遊歩道沿いに有るのはとても迷惑な存在。濃い緑だけで面白みがない上に、うっかりさわったらみみずばれが出来るし、子供が転んだら痛い目に遭います。
こんな厄介な木ばかりたくさん植えて、つまらない公園になったと思っていました。

先日チェーンソーの轟音に驚かされました。草刈機では間に合わないのか長いチェーンソーで、低木の背丈を半分に伐っていました。葉のない枝ばかり目立って、茶色の植え込みになりました。形なんかお構いなし。当分伸び過ぎて困らないように、低く低く、サツキもアベリアも無残な姿になりました。これで2~3年伸ばしても大丈夫と言うわけね。
ナギイカダは低木ですが背丈を3割くらい切り詰められて、枯れ葉が混ざって茶色と緑のぶちになってしまいました。汚いなあと覗き込んでびっくり。きれいな赤い実がなっているではありませんか。
a0050728_1356271.jpg

花はいつ咲いたの?茂みの奥で咲いても実っても気が付きません。今年は伐られたから実が目に触れたようです。
来年はこの痛い葉の陰に花を探してみましょう。それにしてももう少しきれいにならないかなあ長い公園。

ナギイカダ、調べたら 葉に見えるのはじつは枝なんだそうです。葉状枝なんだそうで・・・だからあんなに固いのね。では葉っぱは何処にあるの???
3月頃白い小花が葉状枝の上に乗るように咲くから、筏乗りに見える。ナギの木の葉に似ていて、筏みたい・・・と言う事から名が付いたそうです。
今まで嫌な木と思っていたけど、少し注目してみましょう。枯野の公園に健気に生き延びているのだから。
by hisako-baaba | 2006-08-06 21:43 | Comments(4)

『蟻の兵隊』の話 3
『蟻の兵隊』のはじめのところに、竹薮さんが下のようなコメントを下さいました。
参考になるので、ここに引用させていただきます。

竹薮さんとはある会合で、ほんの一瞬お会いして、「『蟻の兵隊』を見てください」と言われただけですが、良い勉強をさせていただいております。


Commented by 竹薮みさえ at 2006-08-06 00:30

卑怯な男澄田軍司令官について
http://d.hatena.ne.jp/noharra/20060728

問題は彼の卑怯さだけではないと思います。彼の卑怯さは一因にすぎません。人間はおしなべて卑怯なもので、いろいろな方向で卑怯さがあるでしょう。したがって、システムは個人の倫理性に期待することなく、全体にチェックが入って結果としてあやまらないようなモノであるべきだと思います。

たとえば、山西残留は、日本の大陸進出は、圧倒的に会津から東北にかけての勢力でおこなわれますが、それは国内で権力をにぎっていたのが薩長系列の人脈であったことに起因します。つまり明治維新が遠因となっているわけです。アメリカにはまけたが、中国で再起するという論理は、一個人の問題以前に大陸の人間に共有されていたのではないでしょうか。そこに、個人の利己心がのっかるのです。

澄田は引き金であって、火薬はポツダム宣言後なお、ぬかれることはなかったのではないか、そのように考えています。
by hisako-baaba | 2006-08-06 08:37 | 愚かな戦争 | Comments(0)

映画『蟻の兵隊』の話 2

今朝なんとなくTBSラジオを聴いていたら、『蟻の兵隊』の池谷(いけや)監督がゲスト出演されていました。東京渋谷のたった一つの映画館で上映をはじめたら、若い観客も多く、連日満員で期間延長になり大阪や名古屋?でも上映が決まったそうです。良かったです。見て欲しい映画ですもの。

池谷監督の説明の中で、真相追求の旅をする奥村さんが、自分が命令によって殺人をした村で線香を供えてから、そのとき生き延びた人の息子さんに、当時の事情をたずねた時の事。自分達が突き殺した人々が、実は農民ではなく炭鉱の警備員だったと知ったとたん、奥村さんが我知らず豹変した様子を語っておられました。
彼は「警備員なら職場放棄すれば処刑される事はわかっていた筈じゃないのか」と顔色を変えて追求し始めていたのです。後で池谷さんから「あの話を聞いて少し気が楽になったのでは?」ときかれて、奥村さんはふと我に返ります。『兵隊のときの気持ちが残っていた』と。これも辛い事です。自分は鬼のように教育された頃の自分ではなく完全に正常に戻っていると思っていたのに、奥底に何かが残っていたことに気づいてしまった奥村さん。
これほど執拗に真相究明に奔走しながら、奥村さんは自分の妻子には一言も話せないのです。
当時の話しをきいて歩くうち、上品な老婦人に会いました。16歳のとき日本軍に集団レイプされ、殴る蹴るの暴行で無残な姿になった彼女を、「返してやるから金をもって来い」と言われた父親が全財産を差し出してもなかなか帰してもらえなかったと語る老婦人。その凛とした姿が印象的でした。彼女は奥村さんに『あなたは自分の意思で殺したのではないでしょう。今のあなたは悪人には見えない。ご家族に話しても良いのではありませんか』と静かに言われたのです。奥村さんの真意は中国の人々に伝わり、『殴られるのを覚悟で行った』と言う奥村さんに、みんな優しく静かに語ってくれました。中国の人の大きさを感じます。お互い本音がわかればちゃんと理解し合えるのです。

この映画が出来て、若い人に話を聞いてもらえるようになって、『生きてて良かった!』としみじみ言う奥村さん。本当に良かった。もっともっと戦争を伝えて欲しいです。

そして一人でも多くの人にこの映画を見て欲しいです。



アプチロン
a0050728_18112580.jpg

「全く似ていないけれどどちらもアプチロンです」通りすがりの奥さんが教えてくれました。
a0050728_18121077.jpg

a0050728_18125370.jpg

by hisako-baaba | 2006-08-05 09:16 | 愚かな戦争 | Comments(7)

映画『蟻の兵隊』を見てムチャクチャ腹が立ちました。

今日凄いドキュメンタリー映画を見ました。ムチャクチャ腹が立ちました。そして主人公のすさまじい執念には感動しました。

『蟻の兵隊』 池谷薫 監督作品

昭和20年、日本がポツダム宣言を受諾し、無条件降伏した。中国戦線に居た日本軍のほとんどは、速やかに武装解除されて日本に帰国できた。ところが山西省に居た59000人の将兵のうちの2600人を、戦犯だったある司令官が、中国国民党軍の将軍と密約をむすんで売り飛ばしてしまった。司令官自身が戦犯を免れて帰国したいが為に2600人の部下を犠牲にしたのである。つまり、共産軍との内戦に兵力が欲しい国民党軍に、日本軍の一部を武装解除せずに参加させたのだ。それも『日本軍をここで存続させ、天皇の為に戦え』と騙して。

彼らのうち550人が共産軍との死闘の中で、絶対に投降せず戦死。700人は捕虜になって、戦後9年間も祖国の土を踏めなかった。
『日本軍、山西省残留問題』である。
ところが戦犯を免れてこっそり帰国していた司令官は、国会で彼らのことを、『自ら志願して国民党軍に加わった兵たちだ』と証言したがために、彼らは逃亡兵とみなされ、軍人恩給も何も一切貰えなかった。「この真相を暴かずしては死に切れない」と彼らは訴訟を起こしたが、時すでに遅く、最高裁でも上告棄却。何の審議もされずに終わった。
悪辣な上官と国とに捨てられた兵隊。体内に無数の砲弾の破片が残る80歳の奥村さんが、老いた身で中国に通って、密約の証拠になる書類を集めたのに、この文書が明らかになれば、日本のポツダム宣言違反事件になるため、黙殺された。
『国民党軍の傭兵になった覚えは絶対にない。天皇陛下のために共産軍と戦ったのだ』という彼らを政府は黙殺した。
敗戦後すぐに帰国していれば、もっと違う人生があったのに、戦争が終わってから550人もが戦死し、生き延びた人は9年間も帰れなかった。
奥村さんは、真相を知るべく歩き回るうち、自分も終戦前、”初年兵教育”と称して、罪の無い中国人を銃剣で突き殺させられた体験を、その時逃げおおせた中国人の子孫と会って正直に語り、当時の真相を詳しく知ろうとする。被害者であり加害者でもある彼の、あらゆる真実を知ろうとする執念はこの映画になったが、裁判ではついに真相究明は出来なかった。


なんという理不尽!こんな事があって良いものか。腹が立ってなりません。何でもっと広く世間に知られなかったのだろう?若い人たちに誘われて見に行ったけれど、観客には中年以上の人が多かったです。今は渋谷でしかやっていないこの映画、もっと多くの人に見てもらいたいと思いました。



秋海棠(しゅうかいどう) ベコニアよりも和風なところが大好きです
a0050728_18213319.jpg


a0050728_1651243.jpg

by hisako-baaba | 2006-08-02 18:30 | 愚かな戦争 | Comments(14)


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
バターナッツかぼちゃのス..
by marsha at 11:22
marshaさま いま..
by hisako-baaba at 18:30
日替わりで温度差が大きい..
by marsha at 17:57
dekoさま お返事が..
by hisako-baaba at 17:09
marshaさまのご両親..
by hisako-baaba at 16:19
saheizi さま ..
by hisako-baaba at 13:18
油断大敵、お大事に!
by saheizi-inokori at 12:59
昨日は私も開戦の日のこと..
by marsha at 11:59
こんばんわ いつも前向..
by Deko at 19:36
koroさま もう14..
by hisako-baaba at 17:18
saheiziさま そ..
by hisako-baaba at 17:08
そうそう覚えています^^..
by koro49 at 14:05
saheiziさま 最..
by hisako-baaba at 21:41
スマホの字を大きくしても..
by saheizi-inokori at 20:51
marshaさま いや..
by hisako-baaba at 22:13
Kiyokoさま ぴっ..
by hisako-baaba at 22:11
saheiziさま 全..
by hisako-baaba at 21:50
痛み!このやろ!
by saheizi-inokori at 20:58
あっぱれ!!! 全くどう..
by marsha at 20:46
久子さまお顔がいかにもお..
by sidediscussion at 19:53
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧