人気ブログランキング |


<   2011年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

歴史の会の新年会   「一つの願いと三つの約束」
今日は歴史の会の新年会。公民館ホールで、出席25名。
同じマンションの方が、みんなの為に大きなケーキを2個も焼いてくださって、それを運ぶのに、ご主人が車で送って下さった為、便乗させていただきました。

午前中は講義。去年は一年がかりで邪馬台国の時代だったけれど、今年は聖徳太子の時代で一年かかるようです。私は近代史が楽しみなのですが、いつになるやら・・・

お昼からは会食と演芸。お寿司などのお料理を写真に撮りわすれ、残して帰った分だけ家で撮りました。
お友達が全員に配ってくださった手作りケーキは、半分残して持ち帰りました。とっても美味しいんです。
歴史の会の新年会   「一つの願いと三つの約束」_a0050728_1661162.jpg

お食事が済んだところで、トップは私の語り。「一つの願いと三つの約束」長いお話を極力はしょって20分ほど語りました。結構うけましたよ。
次は八十代の奥様の大正琴演奏。
次はケーキを焼いてくださった方が、ケイナと、オカリナで3曲。オカリナは音の違うもの2本でした。あとはカラオケ。いつものことながら先生の「昴」などがダントツお上手。

今日は朝方、酷くこむら返りを起こしたし、心にかかる問題があって気が晴れないし、今日のホールは暖房が効かなくて足が冷え切ってしまったしで、疲れましたが、3時に終わって、片付けも手伝えないからお先に帰らせていただきました。
歴史の会の新年会   「一つの願いと三つの約束」_a0050728_16284537.jpg

「一つの願いと三つの約束」 あらすじ。

山奥の村に、一人ぼっちで貧乏な若者が居た。いくら働いても楽にならず、寂しくてたまらないから、山に向かって「どなたかー、私が幸せになる方法を、おしえてくだされー」と叫んでいた。

村が雪に閉ざされた頃、ある晩みすぼらしい旅の坊様が一晩泊めて欲しいとたずねてきた。
若者は麦飯と大根汁でもてなした。坊様はたいそう喜んで、「お前様が幸せになりたいなら、この村を出て、西へ西へとどこまでも歩いてゆきなされ。海に出たら、島伝いに行けるところまで行くのじゃ。そこで仙人に会える。仙人は人間が尋ねたいことに、何でも答えてくれるだろう」と教えてくれた。
若者は悩んだけれど、雪解け前に、西に向かって歩き出した。野宿をして、一日中何も食べられない日もあった。苦しい旅を一月余り続けた頃、たいそう景色の美しい村に出た。
集まっていた村人に「こんな美しい村に暮らせたら、さぞかしお幸せでしょうね」と言うと、みんなは首を振って「この村には水がない、毎年日照りで田んぼは全部駄目になってしまう。今年も日照りが続いたらどうしようと相談しているところです」と言う。若者はびっくりして、自分が仙人に会いに行く事情を打ち明ける。村人たちは「それならこの村が、水に困らんようになるためには,どうすれば良いか,訊いてきてください」と頼んだ。若者は「きっと訊いて来ます」と約束した。

それから又何日も歩いて、みかんの花の香りに包まれた村に出た。
一本の木の下で老夫婦が嘆いていた「この木は若くして死んだ我が子の形見に植えたのだが、ただの一度も花が咲かない」と言う。若者は自分が仙人に会いに行くことを話すと、老夫婦は「それなら是非、この木に実がなるようにするにはどうすれば良いか訊いて来て下され」と頼んだ。
若者は「きっと訊いてきます」と約束した。

そこからじきに海に出て、漁師の船に乗せてもらったりして、島から島へ渡って行った。
幾つ目かの島では、人々がたいそう親切で、「あがりや」と言う家の主は、泊めてくれて、お風呂にも入れてくれて、さっぱりした着物までくれた。
この家には美しい娘が3人居たが、末の娘が何にも言わずに、こまごまと若者の世話をしてくれた。
食事が済むと、主は声をひそめて「あなたもお気づきかも知らんが、ウチの末娘は、生まれてから一度も言葉を話しません。どうしたら話せるようになるか心配でならんのです」と言った。
若者はびっくりして、自分が、仙人に会いに行くことを打ち明けた。
主は「それならウチの娘がどうすれば話せるようになるか、訊いてきてください」と頼んだ。
若者は「きっと訊いてきますと約束した。

その後も島伝いに、最後にたどり着いたのは、真っ白い砂浜に囲まれた珊瑚礁だった。
星砂の浜に横たわると若者は眠り込んだ。
気が付くと仙人が立っていた。
仙人は「始めに言っておかねばならぬ。お前は、自分の訊きたい事を訊いたなら、人に頼まれたことを訊いてはならぬ。人に頼まれたことを訊いたなら、自分の訊きたいことは訊いてはならぬ。わかるな」と言った。

若者は悩む。自分の尋ねたいことが聞けないなら、何ヶ月も苦しい旅を続けた意味がなくなってしまう・・・それでも若者は、人に頼まれた三つの質問をした。
仙人は答え終わると消えてしまった。

若者はため息をついて、もと来た道を帰ってゆく。
「あがりや」の見えるところまで来ると、末娘が外に居て「まあ!お帰りなさいませ。お父様、お母様、あのお方がお戻りになりましたよ」と叫んだ。みんな驚いたが、一番びっくりしたのは若者自身だった。
頬を真っ赤にして、主に仙人の言葉を告げた「その娘さんなら心配要らぬ。夫となるべき若者と出会った時から、言葉を話すようになる、と仙人はおっしゃいました」それを聞いた主は「それなら婿殿はあなただ。早速婚礼の支度をせねば」と島中の人を集めて、七日七晩盛大な結婚式をあげた。
花嫁はカナーと言って、17歳だった。

若者とカナーは、婚礼が終わると、新しい旅に出ることにした。
「ご恩は決して忘れません」と若者が言うと、
「時々はこの島へも帰ってきて下されよ」と父親は二人を送り出した。

二人がみかんの村に着くと、老夫婦は美しい花嫁にびっくりした。
「鍬を貸してください。この木の根元に甕が二つ埋まっていて、それを掘り出せば実がなると仙人はおっしゃいました」
掘ると二つの甕が出て、一つには金の粒が、もう一つには銀の粒が、ぎっしり詰まって居た。
びっくりしていると、木一面に白い花が咲き、辺りは香りに包まれた。それがじきに散って、小さな実がつき、どんどん育って、立派なみかんが枝じゅうに実った。
老夫婦は嬉しくて踊りだし「わしらはもう年をとっていて、金も銀も要らんのです。甕は二つともあなた方に差し上げる」と言う。「余りに多すぎます」と言うと「それなら世のため人の為につこうてくだされ」と言われありがたく頂く。

二人は旅を続けた。通る村々は秋祭りでにぎわっていたが、あの水のない村だけは、死んだように静まり返っていた。今年もコメは一粒も採れなかったのだ。

二人は甕の金銀を半分使って、馬百頭、牛百頭を買い、その背に積めるだけの食料を買ってきた。
それらを村人たちに分けてから、仙人の言葉を伝えた。
「北の山に、屏風岩があるでしょう。その岩をみんなの力で少しでも動かせたら、水は際限なく湧いて出るとおっしゃいました」
それを聞くと村人はみんなで丈夫な長い縄をない始めた。長い長い縄が出来ると山に登って屏風岩にくくりつけて、みんなで引っ張った。でも岩はびくとも動かない。村中の年寄りも子供も全部集めて引っ張ったら、岩は少し動いて、水が勢い良く湧き出した。
若者は、残りの金銀を全部使って、村じゅうの田んぼに届く水路を作らせた。暖かい土地なので、冬の間に水路は出来上がった。

この村に若者とカナーも住むことにして、みんなと同じように働いて、幸せに暮らした。
カナーの生まれた島には、度々訪ねて行ったが、仙人のところへ、何かを訊きに行こうとはしなかった。
by hisako-baaba | 2011-01-11 18:14 | 語り | Comments(9)

マンションの新年会で語らせてもらいました
今朝ここから昇った太陽が・・・
マンションの新年会で語らせてもらいました_a0050728_23485913.jpg

スカイツリーに最接近した瞬間です。
マンションの新年会で語らせてもらいました_a0050728_2228277.jpg

今日は11時から13時まで、マンション自治会の新年会でした。
毎年お餅をみんなで食べるのですが、餅つきは役員さんが余りにも大変で、去年からは、お店から搗きたてを配達してもらってます。
ほかにジュース、お茶、第三のビールを選べて、お菓子もありました。

集まるのは小学生中心で、大人は少数。老人は敬遠気味。特におじいさんたちは出て来ません。
でも年配組みが5人、自然と集まりました。ビールで乾杯。おしゃべりが弾みます。女性4人で部屋番号と電話番号を交換しました。そのうち集まりましょうと。女性の方が社交的なんです。

Mさんが、役員さんに話して、私の語りを聞いてもらうようにしてくれたので、「貧乏神と福の神」を語りました。そのあとは子供たちが騒ぎ出したので、5人の仲間でだけ「葛粉薬」を語りました。
お菓子もお餅も十分あって、参加者が増えないので、主人の分までいただいてきました。これおみやげ。
マンションの新年会で語らせてもらいました_a0050728_22421282.jpg

「葛粉薬」は暮れにMさんから頂いた本から選びました。この本語れるお話の宝庫です。

あらすじ。

嫁いびりの酷い姑と口答えばかりする嫁の喧嘩が激しくなって、嫁は和尚さんに泣きついて「婆様を殺したい」と言う。
和尚さんは考えて、「毎日少しづつばあ様のご飯に毒を入れなさい。7日ほどで死ぬから、その間はどんな無理を言われても、はいはいと言うことを聞いて、ばあ様が喜ぶようにしてやりなさい。それが出来るなら、薬を上げる」と言う。ばあ様から開放されると思うと嫁は嬉しくてしょうがないから、機嫌よくばあ様のいうとおりにする。するとだんだんばあ様の様子が変わってきた。無理を言わなくなり、小言もなくなった。
嫁は「ははあ、人は死ぬる前に仏さんのようになるもんじゃと聞いていたが、ばあ様ほんとに死ぬるんだな」と考えた。でも7日たっても死なないから、和尚様にもっと薬を下さいという。和尚様は、「ますますばあ様に優しくするなら」と又7日分与えた。
数日後、ばあ様は町へ行って、自分のものは買わずに、嫁にきれいな着物を買ってきて「このごろお前が優しくしてくれるんで、わしは嬉しくてならん」と言う。嫁さんはたまげて、何もかも放り出してお寺に駆け込み、「和尚さんどうかばあ様の命が助かるようにしてください。婆様を殺そうだなんて自分は何と恐ろしいことを考えたもんだ」と後悔して泣きじゃくる。
和尚さんは「ひとにしてもらう前に自分からしてあげるもんだと言うことが解ったか。心配せんでええ、あれは毒じゃあない。葛粉だ」・・・

と言う長門の国のお話し。
マンションの新年会で語らせてもらいました_a0050728_23132158.jpg

午後は、白内障手術の先輩に電話していろいろ教えていただきました。経験者の情報が一番ありがたいです。

ビールで乾杯したのは11時過ぎだったのに、なぜか2時ごろから眠くてたまらなくなり、ぐっすり昼寝。
今日はマンションから一歩も外に出ませんでした。
by hisako-baaba | 2011-01-09 23:27 | Comments(9)

孫にお話し   白内障手術の眼内レンズの焦点距離はどのくらいが良いですか?
今日は息子一家が来てくれました。でもまともな写真は撮れませんでした。
孫にお話し   白内障手術の眼内レンズの焦点距離はどのくらいが良いですか?_a0050728_2223515.jpg

次女が今年小学校に上がります。志保ちゃんは1歳2ヶ月です。じき9歳になるおねえちゃんは動きが早くて撮れませんでした。

お姉ちゃんはこの前あげた「なぜ戦争はよくないか」と言う絵本がたいそう気に入ったそうです。
「聞いたことのないお話して」と言うから「葛粉薬」を語ってから「聞いたお話しでも繰り返し聞いて自分で語れるようにしなさいよ」と短いお話「天福地福」と「一つの願い」を語りました。
あとは世界の昔話をたくさん朗読しました。「帰るよ」と言われても「もう一つもう一つ」とせがまれました。
孫にお話し   白内障手術の眼内レンズの焦点距離はどのくらいが良いですか?_a0050728_22354922.jpg

月末に眼科に行くとき、手術の相談をしようと思います。今、不満のある眼鏡を作るのはもったいないので。

そこで、経験された方にお聞きしたいのです、
眼内レンズの焦点はどの距離が良いでしょうか?
遠くも近くもほどほどに見えて、二重焦点レンズの眼鏡を掛けるか、
遠くは眼鏡が要らないようにして、近く用の眼鏡だけを掛けるか・・・
皆さんはどうされましたか?

私は少数派になってしまった二重焦点レンズばかり使い慣れています。
境目がはっきり写真に写ってしまったりして、良くはないけれど、昔、まだ累進焦点レンズがなかった頃から、二重焦点を使っているのでいまさら苦労して累進焦点に慣れたいとは思いません。
なじむまで苦労するらしいですから。
自分としては、遠くは素通しガラスで、小玉の部分だけ近くを見る度を入れたいのですが、眼内レンズを余り遠くに合わせてしまうと、近くの眼鏡を合わせ難くなるとも聞きます。

皆様の眼内レンズは、どの辺にあわせてありますか?
手術後何ヶ月で、眼鏡を新調されましたか? 教えてください。

しばらく顔を洗えないそうですから、寒いうちに済ませたいです。
by hisako-baaba | 2011-01-08 22:57 | Comments(10)

白内障手術 今か数年後か    待ち時間に傾聴ボランティアしてきました
今朝は8時のバスで、眼鏡の処方箋貰うだけの用事で、病院へ。帰ってきたのは13時15分のバスでした。

でも混んで待たされたのではなく、処方箋を決めるのに、ものすごい時間を掛けてくださったのです。合いそうなレンズをいくつか用意してそれぞれ10分ずつテストしてみます。遠くを見るレンズは、2枚目のテストで決定したのですが、近く用が,どのレンズにしても、待合室で10分新聞を読んでいると、どうもしっくり来ません。3度目でまあ良かろうと思いはしたけれど、薄暗い待合室では、よく読めません。つまり白内障だから・・・でしょうね。

緑内障の視野欠損は、上の方だけでなく、鼻寄りの内側も見えてないとか、眼圧は正常範囲でも、もっと下げておいた方が良いそうで、毎晩薬をさしています。

白内障手術をすぐやってしまえば、今この眼鏡を作らないで済みます。先生は「今は手術しても、先延ばししても、どちらでも良い時期だ」と決めてくれません。眼鏡作って、じき手術したくなったらもったいないから、迷っています。

とにかく処方箋をいただいて「140円です」と言われてびっくり。2時間半も付き合ってくれて140円。一割だとはいえ驚きました。この処方箋を使おうかどうしようか・・・悩むところです。
白内障手術 今か数年後か    待ち時間に傾聴ボランティアしてきました_a0050728_17243932.jpg

病院の待合室で、また「傾聴ボランティア」をしてきました。
待合室は廊下なのですが、上等の毛糸のコートを着たおばあさんが、行ったり来たりしていました。何も持っていなくて、何科の患者とも見えません。何往復かして、いきなり私に向かってきて、唐突に話し始めました。解ったことは、明日お墓参りに行こうと誘われていて、行くべきか行かざるべきか,迷う理由が何かあって、誰かに「行った方が良い」と言って貰いたくて、話しかけているのです。でも何を迷う理由があるのかが、さっぱり解りません。
多分、この土地の裕福な元農家だった人だろうと感じました。九十代、八十代で亡くなった4人の家族を最後まで介護したこと、孝行息子の話し孫の話、たくさん自慢を聞かされても、お墓参りとつながりません。???
でも聞いて貰って、同意してもらいたいのがわかるし、お墓参りして悪い筈もないから、「行った方が良いでしょう」と答えました。
あのおばあちゃん、病院に何しに来たんだろう?話し相手を探していて、私を選んだようです。ちゃんと聞いてあげましたよ。眼科で呼ばれるまで。(語りの稽古を中断して)

午後は、整形外科のリハビリに行って、一日は終わりました。
by hisako-baaba | 2011-01-07 17:55 | Comments(12)

ステップ探し   追記 決定しました
今朝、マンションのごみ集積倉庫に、こんなきれいな引き出しがあったけど、高さが合いません。
ステップ探し   追記 決定しました_a0050728_1024221.jpg

上に板を載せるとますます高すぎるので、中に新聞紙をつめてみたら、重すぎて移動が大変。それに新聞紙の上に乗ったら、引き出しの底が抜けるから、底の下に何か置かなければだめ。
上に板をかぶせて、高すぎる分は下に板や座布団を敷いて、段差を減らしてもいいけど、全体が邪魔くさいかも。

いろいろ考えたけれど、新聞紙をダンボールに詰めるほうが扱い易そうですね。
それも重過ぎるから、ダンボールを重ねて、ガムテープでまとめ、潰れてきたら足してゆく方がいいのかな。

まあ、この引き出しを数日使いながら、次の一手を考えましょう。

膝に痛みを感じずに、ステップの上り下りが何回かは出来ることがわかって嬉しいです。
無理なく実行してみます。
関節の中のカケラを追い出すために。

【決定しました】
ステップ探し   追記 決定しました_a0050728_15271237.jpg

連れ合いが良い場所を決めてくれました。掴まるものも有り、ここなら置きっぱなしに出来ます。
底板の支えになる板もあったので、これで決定。高さも大丈夫でした。
一番寒い部屋ですけど、厚着して、起きぬけに運動しましょう。、

【追記】起きぬけは体に悪い。お昼か夕食前にします。十回ぐらいから。
by hisako-baaba | 2011-01-06 10:40 | Comments(10)

有言実行しなくちゃ
昨日のテレビでは、脚だけのリンパマッサージを毎日4分で免疫力が上がると言っていました。
今日は、膝を直しながらのダイエットを教わりました。

膝が痛くて運動できない人は、支えにつかまってステップの上がり降りを繰り返すのだそうです。
椅子2脚の背もたれに掴まり、間に10~15センチの台を置いて、上がり降りします。体重の一部を腕で支えるから、プールの中の運動みたいになるのですね。

我が家の食堂の椅子は、回転しちゃうからだめ、使える椅子は1脚しかない。その安定した椅子の背もたれは、テーブルより1センチ高いけど、我慢してそれで支えて・・・ステップは?
10センチ余りの台になるもの、見当たらない・・・粗大ごみに引き出しがないかしら?あったら、板を張れば台になるでしょう。廃品がなければ板で作ろう。

今度の火曜日まで膝が辛かったら、手術の話が始まります。切羽詰ってます。手術するなら2月以降と思うので、それまでに、かけらを外さなきゃ。痛みが取れたら手術しないで済みますから。

目標,一ヶ月以内に,自然に膝痛を治すこと。

もう一つ励みになる目標。ローマから、junkoさんが帰ってくるなら、今度こそ会いたい。
手術してたら間にあわなそうだから、早く自力で痛みを片付けなくちゃ・・・と言う訳です。

言い出した以上実行しましょう。
食後より、食前に運動する方が良いそうです。
有言実行しなくちゃ_a0050728_2228522.jpg

by hisako-baaba | 2011-01-05 22:33 | Comments(8)

経済は難しい
逃げ切り世代なんですってね、わたしたち。年金は昔の決まり通りに貰えて。
でも、国民年金だけの人たちは、40年払って7万以下なんですって・・・?生活できないじゃあ?

私は33年払ったけど、厚生年金だった期間が13年だけだから、大した額ではない。働いてる頃は、厚生年金のある会社に勤めたいなあと思いつつ、底辺を這いずり回って稼いだから、まあこんなもの。バス時代の9年余りを、脱退一時金で消してしまったのが、何とも惜しい。

だけど、私の暮らしは、今が一番楽。労働しないで、ぎりぎり食べられる年金が有る。まあ去年は大赤字を出したので、今年は絶対入る以上には使えないが、それでもこの陽だまりのリビングで、あったかく暮らしている。
世の中の水準から見たら、かなり貧しい節約生活なのだけど、本人の感覚では、えらくぜいたくな暮らしに感じる。気分的には過去に比べたら桁違いの豊かさだ。あくせく稼がなくても良いという意味で。そう、通勤しなくていいのが何より嬉しい。

戦中、戦後、そして子育て時代の頑張りを思えば、今この程度恵まれて当然かもしれないが、さて、子供や孫の世代はどうなのかなあ?

自己責任でたくさん貯め込んでおかないと、不安な時代?
しかし若い世代の暮らしは、昔の何倍もレベルが高いから、お金のかかることばかり。我々が若いころしてきた暮らしぶりなら、たっぷり残せるはずだけど、今は、おもちゃからして高級だから、よほど心して生活しないと、老後の設計は難しいのかも。

「長生き」って「リスク」なんだそうで、みんなが長生きする時代だから、「リスク」に対応して早いうちから、個人でも対策を講じておかねばならないでしょうね。

あ、そういう気分だから消費が伸びないのか・・・
経済は難しい_a0050728_10414010.jpg

国の経済がおかしくなると、たちまちみんなの暮らしが辛くなる。敗戦後のような目茶苦茶なインフレはないとしても、為政者は時代の先を読んで早め早めに手を打ってゆかねばならない筈。なのに政争に明け暮れして、国民なんかかまっていない・・・次に選挙がいつあるか、出したい人が立ってくれるのか・・・さっぱり見えてこない。我々は責任ある一票をどう使うか、判断材料が無さ過ぎる。
経済は難しい_a0050728_1059572.jpg

さて、そろそろ、昨年の家計簿の集計を始めなくちゃ。恐ろしい勢いで赤字を出して、へそくりの通帳を軽くしてしまった去年。総括して今年の戒めにしなくちゃなりません。まあ去年は特別な出費が重なったからだけど、はっきり見える形で、表に書き込まなくちゃいけません。でないと克明に家計簿をつけた甲斐が無い。
by hisako-baaba | 2011-01-05 11:13 | Comments(8)

袖口完成     もしかして 手術
完成しました。暖かいですよ~。
袖口完成     もしかして 手術_a0050728_15574689.jpg

今日は朝一番に整形外科に行って、先生に「一週間買い物も出来ず、キッチンに立つのも辛かったです」と報告したら「かけらがどこかにはまり込んで取れないのかも。来週まで様子見て、手術の相談をしましょう」と言われました。
まあ、やるとしても2月。1月はお楽しみが多すぎるから・・・伸ばしてるうちに、かけらが外れてくれるかも。

蝋梅でしょうか、冬にありがたい彩りですね。
袖口完成     もしかして 手術_a0050728_165747.jpg

整形外科の帰りに、久しぶりにスーパーで買い物、座って休んだから痛まないで帰れました。
まだ、我慢の限界を超えては居ないようです。

マンションの玄関で、今日から出勤の管理人さんに挨拶。写真の見せっこをしました。
元旦に、お孫さんと荒川べりに初日の出を撮りに行かれたそうで、飛行機雲もばっちり写っていました。私のスカイツリーからの日の出写真にちょっと写りこんでいる飛行機雲と同じですが飛行経路がはっきりわかる写真でした。Uターンする飛行機を見たそうです。
袖口完成     もしかして 手術_a0050728_16194316.jpg

クリスマスローズでしょうか?

今、なんとなくネットをいじって、無料の占いのページがあったから、ちょっとのぞいたら、
まあまあ???インターネットに詳しいデータが山のように入れてあるらしく、即刻答えが読めました。無料の部分でぴたりと当てて、有料鑑定のページに進みたくなるような仕組みになってます。

八十代の運勢を占ってもらう気はないけれど、冒頭にここまでぴたりと当てられて、凄いと思いました。
性格、性癖、ぴったり言い当ててくれてます。
今年は忙しくなるばかりで、思うように行かないことが多いそうです。参考にしましょう。高額の、いらないものを買わないようにとも・・・今年は超緊縮財政だから大丈夫。
こんなページです。結構面白かった。
by hisako-baaba | 2011-01-04 16:28 | Comments(11)

箱根を見つつ 袖口ほぼできました。
今朝も富士山はかすかに見えていました。
あちらの方角から、大学生たちが走ってきていたのですね。
箱根を見つつ 袖口ほぼできました。_a0050728_1419196.jpg

箱根!終わりました。レベルの高い闘いでしたね。
どの大学をを応援したいわけでもないのに・・・疲れました。
箱根を見つつ 袖口ほぼできました。_a0050728_1492228.jpg

で、小田原辺りから、袖口を編み始めて、片方完成、もう片方も、ゴム編みの途中まで出来ました。今日中に、コートの袖の内側に縫い付けて完成です。
前から、付けていたのが具合が良くなくて、取り換えるのです。

この上に、ウサギの毛皮のわっかもはめるのですから、手首は十分温まるでしょう。
箱根を見つつ 袖口ほぼできました。_a0050728_14294037.jpg

父はアメリカ帰りなのに、和服を着ていました。冬は毛皮の羽織下を愛用。昭和13年に亡くなってから、それを母が着ていました。

その形見の羽織下がずっと私の処でしまいっぱなしになっていました。
それを今度、二つに切って、足首ウオーマーに作り変えようと思います。足首に毛皮、流行っているけど適当なのは売っていないから…・・・たぶん80年以上昔の毛皮を、リサイクルします。
出来上がったらお目にかけましょう。
by hisako-baaba | 2011-01-03 14:41 | Comments(14)

箱根と編み物   子供たちの演じる伝統芸能   家田荘子さんの講演
お正月でも、テレビに興味のない私。でも二日と三日は、テレビの前を離れない。

HAKONE箱根ハコネ・・・
じっと見てもいられないから単純な編み物をします。でも今回は失敗。百円屋でもこもこ気持ちのいい毛糸をひと玉買ったら、モール糸で、ほどいたら編み直せないしろものでした。
糸の繊維が短すぎてぼろぼろとれてしまうから。それでも編んで、一目ゴム編みのところに来たら、全然しまりが無くて、袖口にならないの。仕方なくゴムを入れたら変な感じになっちゃいました。

これ、コートの袖口に付ける風除けで、これが無いと手首にウサギの毛皮のわっかをはめても、まだ風が入っちゃうのです。
箱根と編み物   子供たちの演じる伝統芸能   家田荘子さんの講演_a0050728_22593990.jpg

でもこれじゃあ、セーターの袖口に見せかけられないから、明日、別の毛糸で編み直します。

駅伝は、4区までトップを譲らなかった早稲田が、山登りで、東洋に抜かれた処だけ、遅いお昼ごはん作っていて見逃しちゃいました。
抜きつ抜かれつの壮絶なドラマを見ながら、合間に編んでいたのですが、キッチンに立ったら見にくくて、まあ、早稲田の選手のかわいそうなところ見なくても良かったけど。
今年は順天堂も、大東文化も居ません。出場枠が20校に増えても、かつての強豪でさえ予選落ちしちゃうのですね。
箱根と編み物   子供たちの演じる伝統芸能   家田荘子さんの講演_a0050728_23174567.jpg

今日、町の広報誌が配られました。
2月20日に公民館で「子供郷土芸能大会」が有るそうです。行かなくちゃ。
明治のころに四つの村が合併したというわが町には、四つの全く違うお囃子が有ります。それらを継承している子供たちが、演じてくれるのでしょう。良い町だわ。

それから2月5日には、作家の 家田荘子さんの講演が、町のホールで有って、無料なんだそうです。
なんともユニークな女性だから、お話も面白そう。
でも「あと一歩 前へ踏み出したいあなたへ」って副題になってる。いつだって直ちに踏み出しちゃう私には用が無いお話かな?でも行ってみたいです。
by hisako-baaba | 2011-01-02 23:33 | Comments(8)


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
dekoさま 泣いても..
by hisako-baaba at 15:07
こんにちわ 本当にどん..
by Deko at 14:22
saheiziさま ぎ..
by hisako-baaba at 10:45
痛切にしてタクマざるユー..
by saheizi-inokori at 09:57
saheiziさま は..
by hisako-baaba at 18:24
憎めないなあ。
by saheizi-inokori at 18:00
marshaさま 長い..
by hisako-baaba at 19:29
ウドの皮のきんぴらは私も..
by marsha at 16:31
Junkoさ〜ん 今朝..
by hisako-baaba at 09:06
Hisakoさーん、お一..
by cocomerita at 01:59
momoさま 一人は良..
by hisako-baaba at 20:52
こんばんは。 一人の時..
by hanamomo60 at 19:31
marshaさま 人相..
by hisako-baaba at 07:51
上に盾を付かないものだけ..
by marsha at 07:21
Sideさま はい、私..
by hisako-baaba at 20:19
政権の内部から批判が出な..
by sidediscussion at 18:47
saheiziさま 私..
by hisako-baaba at 15:25
marshaさま はい..
by hisako-baaba at 15:22
ユニクロのヒートテック、..
by saheizi-inokori at 14:39
ご主人のショートステイの..
by marsha at 13:49
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧