人気ブログランキング |


<   2018年 10月 ( 42 )   > この月の画像一覧

眠い

安田純平さん、解放のニュースはほんとうでしたね。良かったです!
ずいぶん長くかかって、何で今なのかも知りませんけど、ホッとしました。ご家族の喜びはいかばかりか。とにかく良かったですね。



sideさんにリンク貼らせていただきます。自分は行かれないけど。




毎日早寝早起き。6時40分にベッドを出ましたが、片付けながらお昼には眠くなってしまいました。
町から支給された色々な支援を、確認してきていないので、通帳記入して照合しておこうと、リストアップしていて退屈になってしまったのです。

脚は普段より痛いままだけど、今日も病院にちょっと顔を出し、お菓子を少し届けて、洗濯物を持ち帰りました。

昨日見た工事現場のミニ花壇。今日はデジカメで撮りました。
穴吹工務店のマンション建設現場でした。長くかかる工事の間、囲いの角にこんな空間はなかなかいいですね。

眠い_a0050728_15540295.jpeg


銀行のATMまで行くのは明日にして、自分のお惣菜を買い郵便局に寄って急いで帰りました。
今夜は、里芋を煮て、ツナ缶入りの野菜 サラダを作って、買ってきた白和えなどで済ませます。里芋の煮っころがし大好きですが夫は食べないから、この際存分に食べておきます。

リビングの片付けしていて、今のところ始める前よりもっと散らかって見えますが、うんざりしていないで早く済まさないと。












by hisako-baaba | 2018-10-24 15:59 | Comments(2)

あちこちのお花___発するFMで2話語りました__入院2日目、もうギブアップしそうです。

新宿区の住宅街にはお花がいっぱいだそうですが、今近所でお花の写真を撮らせていただけるお宅は2軒だけです。

その一軒の奥さんが今クリスマスローズを大量に育てておられます。以前の画像を見せていただいてびっくり「これがクリスマスローズなんですか」と驚く華やかな八重の花や、綺麗な縁取りのある花、種類の多さにも驚きますが、それを全部ご自宅で咲かせられることにびっくり。
私は地味で下向いているクリスマスローズしか知らなくて、好きになれなかったけれど、明るい色もどっさりこれから見せていただけると思うと楽しみです。
あちこちのお花___発するFMで2話語りました__入院2日目、もうギブアップしそうです。_a0050728_18181682.jpg

あちこちのお花___発するFMで2話語りました__入院2日目、もうギブアップしそうです。_a0050728_18185609.jpg
そのお宅の現在のお花達です。
あちこちのお花___発するFMで2話語りました__入院2日目、もうギブアップしそうです。_a0050728_18200285.jpg



午後1時過ぎ発するFMに行き、周防 中の浦のななふしぎから「一つ目の大蛇」と、「うらのうらうら」を語ってきました。2話で1回分に足りるはずです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
うらのうらうら

チャチャブという少年が母親と中の浦に流れ着いたのは、3年前。チャチャブは当時3歳であった。嵐の海から母子を助けた漁師は、二人が異国の服を着て、言葉も通じないので、村おさの工藤修理光の館に連れて行った。
修理光が、漢字を書いて見せると、若い母親は多少理解でき、だんだん事情がわかってきた。
やはり朝鮮半島のもので戦乱を逃れてきた、地方の王族の母子であるらしかった。
修理光は、村人たちに固く口止めし、山麦と呼ばれる小高い丘に、小さな家を建てて二人を住まわせた。
母親は機織りが巧みで、村の女たちに、教えるようになったが、言葉はなかなか覚えなかった。
子供の方はすぐに言葉を覚え、村の子供たちと一緒に寺子屋にも通い今ではいっぱしのガキ大将になって居たが名前を訊くと「チャチャブ」と言うばかりであった。

母子が村に住むようになって1年がすぎた頃、密lかに故国の者たちと連絡が取れるようになったらしく、家の中には異国の布や食べ物が少しずつ見られるようになってきた

今日は母親が、麓の家から織物の相談を受けて出かけたので、チャチャブは一人でタケノコ掘りをしておった。
そこへいきなりドスンドスンと地響きがして、上の方から大きな赤い鬼の顔が覗き込んだ。
「おい子供、そこから出てこい」
「なんじゃと、お前は鬼か。俺をさらいにきたんじゃろうが、藪から出るもんか」
チャチャブは言い返した。
「いや今日は子供をさらいにきたわけじゃない。ちょっと探しものがあって、田島山まで来たんじゃが、お前にこの辺のことを聞きたい訳だ」
「その言葉に嘘はないな。ちょっと待て、そっちへ出て行くから」
チャチャブが竹やぶを出てみると、身の丈が3メートルもある赤鬼が立って居た。
「鬼さん、何を探しにきたんじゃ」
「それはまだ言えんが、ここが中の浦か」
「そうじゃ、東が中の関で、西が西ノ浦、真ん中が中の浦じゃ」
「ここから見下ろしたところずいぶんせまいところだな」
「狭くって悪かったな!この狭いところに何しにきたんじゃ。探し物は見つかったのか?」
「いや、今きたばかりでこれから探すところじゃ」
チャチャブは、鬼が何を探すのか知らないが、村の中をうろつかれたら困ると思って、
「よしその探し物の話を聞こう。話によっては力になろう」と腰を下ろして鬼と向かい合った。
「実は田島浦というところを訪ねてきたんじゃが、それは中の浦のことじゃと思う。そうならひょっとすると宝物が隠されてるかもしれんのじゃ」
「宝ものじゃと、こんなこまい村にたからなどある訳がない」
「それがあるかもしれんのじゃ。俺は右田の奥の矢筈岳に住む一族じゃが、先祖からこんな歌が伝わっておる。
朝日さす 夕日輝く田島浦
うらのうらうら 黄金千貫
と言う歌じゃ。一族のものは本気にしちょらんが、頭のええ俺は考えた。田島浦が中の浦の事と判じたが、うらのうらうらが分からん。しようがないのでぶらりと出かけてきた訳じゃ」
「鬼さん、気の毒じゃが、こんなところに黄金千貫もの宝があるわけがない。それにうらのうらうらとはなんじゃい。まあ、今日のところは諦めて帰った方がええよ」
と、チャチャブは早く鬼を帰そうと話の相手をしている時、近くの玉林寺の境内から幼女たちの歌声が聞こえてきた。それは草履取り遊びのしりとり歌で、鬼はなぜか伸び上がって聞き耳を立てておる。
ひかるお日様夕暮れ彼岸
彼岸中日田島浦
うらのうらうら西ノ森
もりのもりなら石地蔵
地蔵足もとキラキラひかる

じっと童歌を聞いて居た鬼の顔に嬉しそうな笑みがうかんだ。
「鬼さん、お寺の境内にはおには入れぬぞ」
「ワハハ!子供をひっさらう気は今日はない。俺が笑ったのは今のしりとり歌の文句じゃ。これで謎が解けた」
「鬼さん、どう解けた?」
「お彼岸の中日に朝日の光の射すところへ、夕日がさす。うらのうらとはうらのうろ、つまり洞穴じゃ。西の森の地蔵というあたり、人の知らない隠れ穴はないか?」
「それだけわかっちょったら、自分で探せばええじゃないか」
「俺は初めてきた土地だし謎を解いたと言うても、頭で考えた絵だけのことここは地元の強みで、力を貸してくれんじゃろか。お礼はたんとするから」「鬼はしきりに口説くが、チャチャブはじっと腕を組んでいる。
(もしこの鬼が宝を見つけて持ちされば、村にとって大切な財産を失うことになる。ここはなんとか防がないと大恩ある村の人々に申し訳ないことになる)チャチャブは子供心に思案にふけった。

やがてチャチャブは立ち上がった。心を決めたようである。
「おお、案内してくれるか、恩にきるぞ。俺の話で洞穴の見当はついたのか」
「俺には仲間が大勢おって、いつもここら一帯で遊んじょる。まあ浦のうちで知らんところはない」チャチャブは続けた。
「鬼さん、目隠しをして、俺についてくるなら案内するがどうじゃ」
「何でも約束は守るからはよう行こう」鬼はじれていた。
チャチャブはそばの我が家から風呂敷を持ってきて鬼に目隠しをすると、
「さあ鬼さんこちら」チャチャブは先に立って人目を避けて鬼を誘って行く。浜辺の通りを右に曲がると山道になった。「さあ鬼さん、この山を越えると、朝日と夕日の当たる地蔵鼻じゃ。この奥の森蔭に洞穴が待ってるはずじゃ」
すでに日も高くなり、汗びっしょりになって、小茅の海辺にたどり着いた。「さあ鬼さん着いたぞ、すぐに宝探しを始めるとええ」チャチャブは鬼の後ろに回って目隠しをほどいてやった。
「鬼さん、ここが小茅の窪と言うて家も無けりゃ人もおらん、あの海に突き出たはなが地蔵ばなじゃ。後ろには森もあるし岩の割れ目をさがせば洞穴も見つかるはずじゃ」
「おお、子供ご苦労さん。ここが隠れ洞穴のありかか、なるほど森もある。よし、宝を探し当ててこよう、子供もくるか?」
「いいや、俺はここでまっちょる。気をつけてな、鬼さん」

地蔵ばなの奥まった森の下、大岩の重なった陰に、深い洞穴があるのをチャチャブは知っていた。そこには工藤 修理光の矢を受けて一つ目にされた二匹の大蛇が住んでいるはずである。
鬼の謎解きが正しければ、この洞穴の奥深く黄金千貫が隠されていることになる。はたして工藤修理光様はこのことを知って一つ目大蛇を住まわせていたのだろうか?と言う思いがふとチャチャブの頭をかすめた。

「洞穴が見つかったぞ」遠くの岩の重なりの下から、鬼が歓声をあげて穴に入って行くのがチラと見えた
間もなく、洞穴の奥の方からくぐまった大きな悲鳴が聞こえてきたが、それもすぐに打ち寄せる波の音に消されてしまった。

チャチャブは大きなため息を吐くと、洞穴の方に向かって深いお辞儀をして帰って行った。もちろん今日の出来事は自分一人の胸に秘め、母にも漏らすことはなかった。

村はその後もさしたる出来事もなく、平和に過ぎていったが、チャチャブが八歳の秋に、誰も知らないうちに親子は姿を消した。
残された家の中は綺麗に片付いていて、工藤修理光宛の手紙と綾絹の立派な織物が残されていたそうな。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2時半病院へ、いっぱい問題が起きていました。テレビを下げたとき歯磨き歯ブラシの入ったコップを奥に押しやってしまって見つけられず、看護士さんにも探させなかったそうです。
テレビカード千円分一晩で使い果たして買い足してありました???
イヤホン持って行ったのを忘れて病院で買っていました。
あちこちのお花___発するFMで2話語りました__入院2日目、もうギブアップしそうです。_a0050728_18264073.jpg
昨夜注文したアマゾンから、パナソニックAMラジオが11時頃届いて、今回は有り難かったです。
非常に単純な作りで、まごつく心配なし。驚いたことにエボルタ乾電池の単三が2本入っていて、非常に長持ちするそうです。今日病院に届けられて良かったです。

ラジオで少しは退屈しのぎができるかも。
でも、やっぱり1週間で帰ると言い出しました。参ったなあ。もう少し休ませてよ・・・

あちこちのお花___発するFMで2話語りました__入院2日目、もうギブアップしそうです。_a0050728_18274512.jpg
病院の手前の集合住宅建て替え現場の角に小さなお花畑ができていて、建築会社の若い方が水やりをしておられました。今はハロウインモード、クリスマスになれば又張り切って飾り付けなさるそうです。
楽しんで作っておられる様子。クリスマスモードになったら又写真に撮って下さいと言われました。







by hisako-baaba | 2018-10-23 18:31 | Comments(3)

夫不在の初日、朝から時短カレー。

きちんと6時半に起きて、ネットにちょっと目を通し、一人の朝食は夫のパンの残りを食べなくちゃ。ベーコンエッグ作るか?なんか又カレーが食べたい。昨日食べたのにイマイチ好みと違ったし。では時短釜のお出ましだ。。
ルーを2人前刻んで160ccのお湯を加え、少しの肉と小さめに切ったジャガイモと人参、普通に切った玉ねぎを加え(時にはトマトやかぼちゃなど何でも入れるが今日はこれ)ガスの弱火で7分くらい、ぶくぶく出てきたら火を止めて20分以上放置。楽々調理。
夫不在の初日、朝から時短カレー。_a0050728_08004700.jpg
冷めないのでそのまま食べられる。
時間が経って冷めたら時短釜(陶器)の内蓋をしたままレンジでチン。
夫不在の初日、朝から時短カレー。_a0050728_08010873.jpg
作業しながら「チャチャブが母親と中の浦に流れ着いたのは3年前。チャチャブは3才であった。・・・・と「うらのうらうら」を語っている。1時が本番だから。

これも一人だから、テレビをつけてないからできること!自由だ・・・・!!








by hisako-baaba | 2018-10-23 08:02 | Comments(4)

夫の入院は快晴に恵まれました

タクシーで10時に病院へ。
なんと当人は「1週間だけ我慢する」と言ったことを完全に忘れていました。長い入院のつもりで準備していたようです。
3週間大丈夫かも。

私の主治医は、「レスパイト入院」(介護者に息抜きを与えるための入院)を想定して下さっているようですが、「腰痛を楽にしていただきたい」とお願いしました。

採血終わってこれからレントゲンでしたが、お昼のバスで帰らないと、私のヘルパーさんのお掃除に間に合わないので、11時半に帰りました。

午後息子が、ポケットラジオと本を持って見舞ってくれますから、落ち着けると思います。窓際の良いベッドです。どうか3週間過ごしてくれますように。
夫の入院は快晴に恵まれました_a0050728_13584512.jpg
バスに乗る前、駅前でカレーを食べたいけど店内で食べるには忙し過ぎる。
そこで牛丼屋のカレー弁当を注文したらやたら時間がかかったので返って好都合。バスには早すぎるのでゆっくり座って待ちました。
バス停では歩行カートの椅子に座って待ちました。とにかく立って居られなかったのです。

カートで歩くと、とにかく太ももと膝が辛い。三輪車に慣れて、脚が弱ったようです。かなり深刻。電車で出かけるのは困難かも。
院内でお茶を汲みに行く談話室が、病室から一番遠いので、お茶を汲んで、ペットボトルのドリンクを買って、テレビカードを買い忘れ、もう一度往復したら、太ももが痛くて困りました。
バスを降りて家まで歩くのも辛かった。
夫の入院は快晴に恵まれました_a0050728_13580436.jpg
カレー弁当は、お皿に移して温めました。なんとまあ、牛丼1杯分と同量の牛肉が、長〜い薄切りで山盛り。かなり辛いけど、有名なカレーチェーン店のよりは、はるかに好みに合います。らっきょうが、家にあったのもよかったです。

今夜は野菜中心のおかずにしましょう、魚も少しだけ。自分のための料理は簡単です。好きなものだけ食べてもバランスが崩れないので。

今夜から一人。語りの準備もはかどります。

夫の入院は快晴に恵まれました_a0050728_20570025.jpg
午後息子が父に本を届け脇で自分の仕事をしていてくれました。それから家に来て  ipadminiからもプリントできるようにしてくれました。インクの注文をしトイレの掃除をしてゴミを出してくれました。
私は明日の収録の準備が全く出来てないので、エバーノートに書き込む事に熱中。夕飯はいい加減に成ってしまいました。
息子がラジオを買い忘れて。ネットで買うと言うのを明日の朝買いに行くから良いと断っておきながら、この分では時間が足りなくなると、ネットを見たら、珍しくAMだけの少し大きめのポケットラジオがありました。FMが無ければ扱いやすい、まごつきが少なくて年寄り向き。明日病院に行く前に届くかどうか分からないけど、注文してしまいました。今日の脚の痛さを思えば買いに行くゆとりなんか無いのでした。これから原稿を印刷して寝ちゃいます。朝から稽古午後1時本番。
夫の留守はそれだけでかなり楽です。








by hisako-baaba | 2018-10-22 13:56 | Comments(8)

快晴、入院準備着々と。

カラッと晴れました。
昨日は曇っていたのに洗濯して、雷雨になり、家の中で乾かして、今朝の陽に当てて仕上げました。

洗濯ものはないけれどせっかくの晴れだから、夏の作務衣を洗ってしまおうと思い、「他に洗濯物ありますか」と言ったら、出てくる出てくる。もっと普段から小出しにしてほしい。いつもは「洗っちゃいましょうよ」と言ってもなかなか出さないのに、今日は出し過ぎ。
快晴、入院準備着々と。_a0050728_11105853.jpeg
(この左右にも小物干しが二つ)

洗濯機には余裕があるけれど、マンションの短い竿2本では干しきれない。
まあ、前後の竿に重なって干しても今日の日差しなら乾きます。


快晴、入院準備着々と。_a0050728_11180887.jpeg
ちょっと前の画像。ゼフィランサス。

夫は床屋にバスで行きたかったけれど、午前中3時間駅に行くバスは1本もないので、諦めて歩いて行きました。駅よりだいぶ近いから歩けるはず。
機会があるたびに歩いて、歩ける自信を持ってもらわなくっちゃ。

私は、買い忘れたイヤホンとパンを買いに行きます。
快晴は嬉しい!












by hisako-baaba | 2018-10-21 11:21 | Comments(8)

眼科まで往復歩いてくれました。___喉の筋トレ

入院を前に眼科へ行き検査と薬。
「傷はまだふさがって居ないから、目薬はちゃんとつけて下さい」と言われる。
真面目につけてね。

昨日、行かなくても良い図書館まで、往復歩けた自信があって、今日は「タクシー」と弱音を吐く気分じゃなかったようです。
「一人で先に帰る」と歩き出してくれました。昨日図書館に行ってよかったよかった。

おかげで私は、薬局の後、お店を3軒回って買い物ができました。足は痛くなって大変だったけど、用事は足りました。



⬇️ これは実行しなくっちゃ! 昨日もお茶を誤嚥しちゃったもの。




眼科まで往復歩いてくれました。___喉の筋トレ_a0050728_12165527.jpg

眼科まで往復歩いてくれました。___喉の筋トレ_a0050728_12180738.jpg


町にお花が少ない時期で、コスモスも植わってないし、菊もない、二軒のお宅のお花しか撮るものがありません。










by hisako-baaba | 2018-10-20 12:19 | Comments(4)

リハトレで「三人兄弟の旅」を語りました

今日はやたらくたびれる日です。
リハトレで滑車をやって居て腰痛を起こし、2回目はやめました。
全身だるくて、やる気が出ないまま、早めに休憩、コーヒータイムには、「三人兄弟の旅」を語ったものの、ノリノリにはなれませんでした。

帰ったら、夫が「図書館に聞きに行って来た」と言います。午後私が行けば済むことなのに、待ちきれず、同じ著者の本を調べてもらって来ました。
息子がネットで調べて「その本は三芳町には無いよ」と知らせてくれて居ましたが、県内の他の図書館から取り寄せてもらえるのです。図書館カードを持って頼みに行かないとよその市町村からは取り寄せられないので、どっちみち私が行く予定でした。
よそから取り寄せの本は、2週間で必ず返さなきゃならないから、気に入るならアマゾンで買いましょう。

ヘルパーさんが1時半にくるまでに生協の配達品を片付けてなくて、てんやわんやでしたが、もう一つの生協の食材配達は、来週も再来週もとりあえずストップして貰っています。 2人分の食材を1人では食べきれないので。
リハトレで「三人兄弟の旅」を語りました_a0050728_16561258.jpg
認知症の人は、堪え性がないから、「この本を図書館で借りたい」と思ったら、注文してもらうまで待てないのです。
午後、私が行って頼んできました。
ついでに私も語りのテキストを3冊借りて来ました。

小雨に降られて、買い物には回れずまっすぐ帰りましたが、くたびれました。


くたびれてちゃんとお料理したく無い日に、幸い生協から既製品のおでんが届きました。
昨日サンマを買ってお刺身にした時、ツマに使った大根が残って居ました。
大根をチンしてから鍋底に敷き詰め、出来合いのおでんを上に乗せて暫く弱火で煮て、そのまま冷ましてあるので、大量の大根にも味がしみたでしょう。
今夜はおでんと、冷蔵庫の残り物で済みそうです。冷え込んできたからちょうど良い。










by hisako-baaba | 2018-10-19 17:00 | Comments(2)

OKしたことを忘れられないように

昨日午後、息子が帰ってから、 夫に入院の意思を再確認したら、「3週間は嫌だが1週間だけ我慢してやる」と言ってくれました。
でも言ったことをすぐ忘れられたら大変なので、色々見える準備を始めました。

上履きはスリッパ禁止で履きやすい靴という病院の条件。夫は紐靴しか持っていないので、介護用上履きを夜ネットで注文したら、夜遅く「発送しました、明日届きます」とメール。え、眠らないで働くの?
働きすぎじゃない?十数時間で届けてくれなくても良いんだけど。

紺を買いたかったが、配達が入院日に間に合わないそうなので、うぐいす色で我慢したらこちらは超早いのでした。しかも安い。

(流通業界は徹夜でも仕方ないかもしれないけど、小売り店?が夜中まで働くなんてへんじゃない?そんな必要に迫られちゃう世の中って、冷酷な気がする。もうちょっとゆっくり出来ないの?「必要以上に夜中まで働かすなよ」と言いたいです)
OKしたことを忘れられないように_a0050728_12221300.jpg
届きました注文してから14時間ぐらいでお昼に。早過ぎだよ!

転倒予防の介護用上履き。送料込み1500円
マジックテープで止めるだけ。院内用にちょうど良いでしょう。

22日に入院することを、忘れないで下さいね。

OKしたことを忘れられないように_a0050728_17002163.jpg
今朝から私は事務仕事。申請用紙2人分の3枚書いて、役場の出張所に提出。それからパンを買いに回って来ました。花をスマホで撮りながら。
今は生協の注文用紙を書いています。これ結構時間かかります。用の無いカタログがいっぱい入っているし。
出かける用事がなくたって、主婦の雑用は多いのです。介護関係は毎月申請しないと支給されませんし。

配達が早かったから午後は寝られます。
まずはお昼ご飯作らなきゃ。

OKしたことを忘れられないように_a0050728_17025078.jpg
昼寝しようと思ったけれど注文書が書けてないし、夫が図書館分館に本を注文に行くというから、歩いて日が暮れても困るし、かわりに三輪車でひとっ走りと思ったけど、注文書書くうちに遅くなって、明日にしてもらいました。疲れてるし・・・

好きな著者の本なら、「読んでみて気に入ったら買う」なんて言ってないで、入院前にアマゾンに注文しちゃえば良いのに。









by hisako-baaba | 2018-10-18 12:41 | Comments(4)

語りの例会 ____息子が留守番して大掃除___入院も1週間だけOKに

語りグループの例会は長いので、息子が留守番に来てくれました。夫1人では危ないので。
例会中私は眠気に襲われて困りました。自分は参加できない行事の相談中は、つい眠気が襲います。疲れがたまっています。
それでも、色々決まって、語りの時間になるとトップで語らせていただきました。
今日は見学者もおられたし、この前健康上の理由で通えないからとおやめになった方が久々に、語りに参加されました。
私は「お化け寺」を読ませていただきました。7分半。
語りで早く仕上げましょう。
低学年向きの持ちネタが一つ出来上がります。

お二人の語りを聞いたところで、12時に帰らせていただき、滅多に行かれないディスカウントストアで、安いものを探し、いつものスーパーで特売卵とお昼の助六寿司+お赤飯セットを買い、1時過ぎ帰宅。

息子が大掃除してくれていました。トイレの壁が臭いと洗剤買って来て拭いてくれたり、私は床の匂いだと思っていたのですが、狭いので壁紙に匂いがついていたようです。

さて、掃除しながらも夫に説得を懸命にしてくれたのですが、夫は頑として入院は嫌だと言うのでした.。
私もがっくり、3週間の入院予約ができているのに、キャンセルかと思っていて、ケアマネさんからの電話でもあきらめるしかないと話して、さて本人に「どうしても私に3週間の休暇をくれないの。1週間でも休ませて欲しいんだけど」と言ったら、「1週間なら我慢してやる」わーい!!ケアマネさんと息子に連絡しました。

目の手術が終わったら、3週間入院してもらえると喜んでいた夏の日。それがたちまち「おれは入院したいなんて言った覚えはない」と気が変わって、がっくりハラハラが続いていました。病院にはキャンセルしないまま、私には大変なストレスでした。
それがやっと22日にとにかく入院してくれることになりました。何日でも良い私に休暇をください!

よそにお泊まりして、他人様のお世話を受けることに慣れてくれないと、どうしようもない事態なのです。

本人はショートステイは全くダメなくせに、老人ホームなら良いと妙なことを言います。他人と一緒に居るのはダメなんでしょ?老人ホームだって、グループホームだって、人と関わらなきゃならないのに。
それでも認知症が進んだら、施設しかないので、今から探す必要がありますね。
運動をさせてくれる施設を探さなきゃ。月30万なんて高額のところは無理ですが。

語りの例会 ____息子が留守番して大掃除___入院も1週間だけOKに_a0050728_15565799.jpg
とりあえず病院をキャンセルしないで済んだので、ほっと一安心しています。ほっ!









by hisako-baaba | 2018-10-17 15:58 | Comments(2)

眼科の付き添いは息子が引き受けてくれて、発するFMでは宮城の民話を語りました。

息子が付き添ってくれるので、家で待てばよかったのに、眼科で待ち合わせると言って出かけてしまった夫。
途中公園のトイレで長居したので行き違って出会えず、息子は探し回って大変な思いをしました。

目は順調で、目薬も多めに処方されたので、見失っている1本も困らずに済みました。
また失くさないように、フックを増やして、予備の目薬を下げました。

私は、息子が付き添ってくれている間に午後の収録の時間調べができて、宮城の語り手さんの本から3話選んだのが、丁度1回分に当たることを確認。余分な話を準備する必要がなくなりました。

2時半買い物に行くと言って三輪車でお向かいのスタジオに行きました。
来週も眼科に行くので、午後にしてもらって、この先当分火曜の午後2時半にしてもらいました。第2火曜だけサロンの時間と調整しなくちゃなりませんが。

宮城の語り手、小野和子さんの「語りたいこんな民話」と言う本から「3人兄弟の旅」「お茶売り勘兵衛さん」「お化け寺」を語りました。帰るとき社長さんからお菓子などいろいろいただきました。
そのあと沢山買い物をしました。

眼科の付き添いは息子が引き受けてくれて、発するFMでは宮城の民話を語りました。_a0050728_16281680.jpg

明日も息子が留守番に来てくれるので、語りの例会に行かれます。








by hisako-baaba | 2018-10-16 16:32 | Comments(4)


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
dekoさま 泣いても..
by hisako-baaba at 15:07
こんにちわ 本当にどん..
by Deko at 14:22
saheiziさま ぎ..
by hisako-baaba at 10:45
痛切にしてタクマざるユー..
by saheizi-inokori at 09:57
saheiziさま は..
by hisako-baaba at 18:24
憎めないなあ。
by saheizi-inokori at 18:00
marshaさま 長い..
by hisako-baaba at 19:29
ウドの皮のきんぴらは私も..
by marsha at 16:31
Junkoさ〜ん 今朝..
by hisako-baaba at 09:06
Hisakoさーん、お一..
by cocomerita at 01:59
momoさま 一人は良..
by hisako-baaba at 20:52
こんばんは。 一人の時..
by hanamomo60 at 19:31
marshaさま 人相..
by hisako-baaba at 07:51
上に盾を付かないものだけ..
by marsha at 07:21
Sideさま はい、私..
by hisako-baaba at 20:19
政権の内部から批判が出な..
by sidediscussion at 18:47
saheiziさま 私..
by hisako-baaba at 15:25
marshaさま はい..
by hisako-baaba at 15:22
ユニクロのヒートテック、..
by saheizi-inokori at 14:39
ご主人のショートステイの..
by marsha at 13:49
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧