人気ブログランキング |


<   2019年 03月 ( 43 )   > この月の画像一覧

買い物難民ではないが
今、テレビで、都心にも買い物難民が増えていると話しています。高齢化が進んでいる上に、500m以内に商店がない町が増えているそうです。
各家の玄関先に来てくれる移動スーパーをふやすべきだし、広い団地などでは、電話一本で、送迎してくれる自転車の乗り物が素晴らしいと思います。
高齢者が買い物を楽しめる工夫を行政もして欲しいですね。週一回のCO-OPでは用がたりませんから。
a0050728_14402502.jpeg


我が家はすぐそばに小さいスーパーがあって便利です。でも坂があるので、歩くのは困難。5日間三輪車を修理に出していた間には1度しか行きませんでした。あとはネットスーパーを頼りました。三輪車がないと大そう不便を感じます。それほど普段三輪車に頼りきっているということですね。

a0050728_14411093.jpeg


三輪車が戻ったので、今朝は2店舗限定で出かけました。6日ぶりとなると欲しいものが多くて、生花からおかずまで満載して、帰り道では桜の写真を撮りました。


a0050728_14414789.jpeg


ひざ痛がひどいので、三輪車から降りないで、写真を撮りました。


a0050728_14423904.jpeg

今日夫はあまり昼寝をせず、座ってテレビを見たりちょっと掃除をしたり、妙に元気です。
デイサービスに行く日をカレンダーに書き込んでくれというので、喜んで赤丸を付けました。

a0050728_14432796.jpeg
明日も揉めないでデイサービスに出かけてくれますように。








by hisako-baaba | 2019-03-31 14:44 | Comments(8)

明日で三芳町生誕130年だそうです
明治22年(1889)4月1日に、入間郡の、竹間沢村、藤久保村、北永井村、上富村が合併。三芳村が誕生したそうです。

平安時代からこの地域の美しい野原を、都人が“三芳野”と呼んでいたことから、「三芳村」となったと、歴史民俗資料館で知りました。
元の4つの村にはそれぞれの郷土芸能があり、今もそれぞれの地域で立派に継承されています。

やがて村は町になり、平成の大合併も拒否して、歴史ある町を貫いているのだとか。
隣の市に合併しなかったので、今も「東京に一番近い町」なのだそうです。
電車は通ってないので不便さはありますが、川越街道沿いであり、関越道上りの三芳パーキングエリア、パサール三芳の様々なお店は結構有名です。地元の新鮮野菜は特に人気だそうです。

人口約38000人。コンパクトな町のままでよかったなと思います。
そんなことは何にも知らないまま13年前東京からひょっこり移住してきた私たち。高齢世帯で町のお世話になることが多く、せめてものお礼に、民話の語り手活動をさせていただいているわけです。
a0050728_10312836.jpeg
去年の画像(うちの玄関から)


終の棲み家に選んで本当に良かったと思っています。色々有難い良い町です。














by hisako-baaba | 2019-03-31 10:33 | Comments(2)

夫はデイに行き、夜には三輪車が戻る。


この頃やっとデイサービスに行かされることを怒らなくなったけれど、まだ不安定で、朝はヒヤヒヤ。靴を履くのにえらく時間がかかる。
文句を言いながらで動きがしょっちゅう止まるから。それでも連れ出して頂けた。

a0050728_15315179.jpeg
さあ自由時間の私。洗濯干して、物語を二つコピーしたら、もう何もできなくなってぐだぐだ。やたら疲れてます。喉はだいぶ良くなったのに。

おととい発送したという書留が、午前中に来るかと買い物も遠慮したのに来ない。
お昼は昨日届いたネットスーパー自社ブランドの食パン半斤でフレンチトースト。
でも、小麦より空気の方が何倍も含まれていそうなふにゃふにゃのパンはフレンチトーストには無理。卵2個に牛乳200ccが、普通半斤にちょうど良いのに、ふにゃふにゃパンはどんどん吸い込んじゃって足りなくなりました。次回はもっとしっかりしたパンで作ります。
夫のパンを買いに行きたいが、書留が来ない。

そこへ嬉しい電話。
堀田製作所の堀田さんから今夜7時すぎに、三輪車が届くそうです。
タイヤ全部換えて、ペダルのバネも換えて、座面も左を少し上げたそうです。
丸5日で直してもらえました。これでお花見ができます。
往復の運賃が大きいから修理代は高くつきますがこれでまた1年以上はもつでしょう。
その次は多分、電動車いすをレンタルすることになるでしょう。
三輪車は家の前の大きい段差では降りて引っ張り上げなきゃなりませんが、それがいつまで出来るか、いずれは車椅子です。

待っても待っても書留は来ない。再配達もやむを得ないと、夫が帰る前に入浴。ゆっくり入ったけど、まだ郵便は来ない。

朝7時前に三芳郵便局には着いたはずなのに、午後3時45分ようやく届く。

4時過ぎ、えらく元気な職員さんに送られて夫帰宅。

「火曜日に志帆が来ますよ」と言ったら、「志帆は幾つだ?」「4年生」「大学?」「えぇ!? 小学校」
うちの孫に大学生はいませんよ。









by hisako-baaba | 2019-03-30 15:34 | Comments(0)

Facebookはよく分からない
Facebookでは、隣の富士見市の方々と繋がったので、地域の便利な情報が集まってとても助かっています。

一方始めたての頃、友達申請にホイホイOKを出して、訳のわからない情報の山になったりしました。
友達をやめたいと思っていたら、やめなくても欲しくない情報だけ止められるとわかって一安心。
友達増やしすぎにこりごりして、メッセージなしの友達申請は、ハナから無視していたら、現実のお友達まで無視してしまった。

今回は妙な外人さんから、コメントばかり来て友達申請が届いてないため、その人のページを覗けない。どこの誰がどういう意図で友達になりたいのかは書いてなくて、翻訳機で直訳したようなお世辞が並んでいる。気味が悪い。私は友達になりたくないから、いくら頼まれても私から友達申請はしない。

その外人さんからの友達申請がほんんとうに届いていないか調べていたら、実際の知り合いからの友達申請を三人も見落としていました。慌てて承認。会った時一言言ってくだされば良いのに。
ご近所さんの友達申請の中にも繋がりたい方もあり、コメントが欲しかったなあと思います。
友達申請をいただいても、コメントがないから、無視しちゃうのですよ。

私は高齢で目も悪い。注意力散漫な時もあり、コメントが付いていない友達申請は、無視しています。実際のお友達なら先に一言伝えてくださいね。でないと見落とします。

会ったことのない方がコメントを添えてくださるなら、自己紹介をして、なぜ友達になりたいかを告げてください。あなたの意図が分からなければ、つながる意味がありませんから。

それから、海外の英語だか何語だかわからない友達申請は、意図が不明すぎるから、直ちに削除しています。
読めない言葉の相手とつながれるわけがないもの。彼らは何が目的なんでしょうね???きみが悪いです。

意味のある繋がりを持って下さるお仲間の皆様、これからもよろしくお願いいたします。
a0050728_09044856.jpeg
重宝だけど怖い気もするFacebookです。







by hisako-baaba | 2019-03-30 09:05 | Comments(10)

スペインで友人が私のラジオを聴いてくれました____お肉屋さんめっけ
スペイン時間午前2時からになってしまう「発するFM」の私のコーナー。
トレド在住の河合妙子さんが聴いてくれました。しかも感想をメッセンジャーであれこれ会話しちゃって、「おやすみなさい」が、午前3時になっちゃったのです。
聴いてくださるのはありがたいけど、終わったらすぐ寝てくださいね。
再放送は日曜の朝6時半というスペインで聴いていただくにはキツイ時間。無理しないでください。スペイン中央部にある、世界遺産の古都トレドに住んで、5ヶ国語ペラペラ、コミュニケーション能力抜群。どこに住んでも人脈豊富。事業を起こし発展させていらっしゃる超才媛です。

どこで知り合ったかというと、三井昌志さんのブログに、コメントを書いていた仲間だったのです。当時私は71歳の中学生でしたし、彼女は台湾国立政治大学大学院で、ジャーナリズムを研究していました。その後パリに住めば、「パリのおさんぽ」という本を出すし。スペインに移ったと思ったら、トレドに住み着いて、一人で事業を発展させています。


たまたま彼女が聴いてくれた私のラジオは、トレドに近いお城の話「鋳掛屋と幽霊」
以前彼女にスペインの城塞の写真をいただいて、語りに活用している物語だったのです。

不思議なご縁の17年目。なんとも楽しい交流です。

a0050728_12403863.jpeg
丁寧な下ごしらえをして送っていただいた牛すじ、を昨日味噌煮にしたら、よくしみた今日のお味が最高でした。

ネットで買えるなら、と検索したら送料がかなり高価なのです。

私は富士見市の電器屋さんや、接骨院の社長さんたちとFacebook仲間なので、富士見市のお店の情報がわかります。 その中に国産肉の専門店がえらく繁盛されている様子。そこに注文しておいて買いに行くほうが安上がりかも。
今度電話で問い合わせてみましょう。三輪車で行かれる距離なので。


[追記]
私は今日、風邪がまだ治らず悪寒がする。食事はまあとれているけど、暖房の中にいてもやたら寒い。
夫が静かで助かると思っていた矢先、デイサービスのお迎え時間の電話がきて、明日行く日だとわかると「じゃあ今日お風呂にはいる」「明日お風呂に行くので、今日は入らない日です」(昨日あれほど息子がシャワーを勧めたのに拒否しておきながら)
延々押し問答になった。もちろんお風呂はたいて上げない。私一人では何があっても対応できないから。

夕飯は、牛すじ煮込みと、ネットスーパーから届いたお惣菜と、冷蔵庫からいろいろ集めたサラダで良い。おかずをしっかり食べましょう。
早く食べて早寝しよう。














by hisako-baaba | 2019-03-29 12:17 | Comments(2)

真帆には驚きました_____今日は言うこと聞かない爺様です
真帆にはビックリです。
東京都代表に、所属チームが選ばれたのではなく、東京都選抜チームの、選考にゴールキーパーで受けて選ばれ、知らない子たちと遠征に参加しているそうです。中学生になって入ったチームでは、今までキーパーはやらせてもらえなかったけれど、東京都の選抜でキーパーに選ばれたので、自分のチームでもキーパーをやらせてもらえるようです。
自分の道は自分で切り拓く気概を持っていますね。チビなのにすばしっこさでキーパーが務まっているようです。
a0050728_14371025.jpeg

a0050728_15184666.jpeg


a0050728_15191166.jpeg



午前中J:comの人が電話を調べに来ました。
「あ、スリッパ持ってます」と真っ白いスリッパを履いて、敷物を広げた上に大荷物を並べて、「配線を全部換えますね」
なんとまあ配線が悪かったのに、電話機を買い換えてしまったのでした。買い換え時期だったから良いけれど、買う前に先ずは電話会社に相談すべきでした。
a0050728_14400977.jpeg
今日は、歩く練習と思って、薬局まで行ってきました。眼科に寄った息子と薬局で一緒になり、歩いて帰りましたが、すぐに膝に湿布を貼りました。ちょっときつかった。

息子がお昼ご飯の世話をしてくれて、掃除した浴室で「俺がいるうちにシャワー浴びて」といくら言っても頑として聞かず「あとで入る」「お母さん一人の時に倒れたらどうしようもないから」と言えば言うほど、頑として拒否。
「帰る前におむつ換えるから、お母さんに全部やらせたら大変でしょう」「大変じゃないよ」「お母さんは歳なんだよ。よぼよぼが世話してるんだから大変なんだよ」「よぼよぼじゃない。大変じゃないよ」大変なんですけどね〜あっちこっち痛くて。

やっと立たせてパッド交換してくれました。

私と二人だけの時に「自分がお風呂に入っても問題ない」と、言い張るのが困ったところです。
何かあったら対応できないのに。
今日は何故こんなにも依怙地なひねくれじい様なんでしょうかね。
仕方なく息子は、ゴミを捨ててくれて仕事に行きました。

















by hisako-baaba | 2019-03-28 14:41 | Comments(8)

探し物でキリキリ舞い
私は病院からお昼に帰宅できたのに、食事もすぐ食べられたのに、その後探し物で1時間半うろうろ。
昨日、訪問のお医者さんから渡された3枚の紙がないのです。
2枚は検査結果だから失くしても困らないけれど、1枚は処方箋です。テーブルに3枚置き放してしまったら、昨夕のうちに消え失せたのです。
テーブルを調べ、カバンの中を調べ、家計簿の間も見て、絶望しかけた時、夫のベッドの枕の横に青いクリヤホルダーが折れ曲がって挟まっているのが見えました。青いのはうちのじゃなくて、ヘルパーさんの会社のもの。折り目がついちゃいました。見ればその中に処方箋が‼︎ 処方箋さえ見つかれば良いのです。先ずは良かった。
もう、受け取ったものはすぐにしまいこまないと、こういう目にあいます。
テーブルに置いたらアウトです。

もう‼︎ 人騒がせなんだから!

a0050728_15221050.jpeg
夕方4時車椅子で送られて帰宅。「お風呂入られなかったんですよ、すみません」と言われました。
拒否しちゃっったのか、お花見ドライブで時間がなくなったのか聞き漏らしました。

私が昼間お風呂に入っておいたから良かった。もし夜入ったら俺も入ると言われるところでした。
明日息子が来てシャワー浴びさせてくれるでしょう。








by hisako-baaba | 2019-03-27 16:16 | Comments(2)

歩けました!!
夫は6時起きして早い朝食。今朝は奇妙なほどしっかりしていて、髭を剃り、自分で服を選んでおしゃれに着こなしました。
その割に、デイサービスのお迎えが来てから靴を履くのにぐずぐずしました。

私はいつもスーパーの中を歩くだけで膝や足の裏に激痛を起こすので、三輪車修理中の今日は、タクシーで病院に行き、タクシーでまっすぐ帰る予定でした。
しかし、病院から近いカット屋さんまでカートを押して歩いて、駅ビルでトンカツを買って、タクシーで薬局に行って、そのあと700m近く歩いて帰宅。最後の200mは、ビッコ引いたけどなんとか持ちこたえました。帰宅後はもちろんへたり込んでいますが、いつもの激痛はないのです。筋肉の疲れはきついです。

今朝、病院の予約が9時で、一番なのですぐ終わりました。丁度昨夜から風邪で喉痛が激しいのでそちらの薬も出されました。
次回は5月8日。久々に胃カメラの予約。予約表に眠らせる麻酔は無しでと、断り書き。あの病院に胃カメラを撮りに大勢が集まるのは、麻酔を効かせてくれるからだそうですが、私は麻酔が嫌い。終わったらすぐ帰りたいし。
病院が意外に早く(いつも3〜4時間かかるのに)9時45分に終わったので、近くのカット屋さんに行きたくなりました。
a0050728_13173715.jpeg
開店早々10時からカット、特別話好きの職人さん、1050円のカットに30分かけて丁寧にレザーカット。おしゃべりしてる間にもう一人の職人さんは三人目をカットしていました。お店の経営者なんでしょうね、でなかったら一人に30分かけたら怒られちゃうでしょう。
カットが済んだら、豚肉が食べたくなりました。風邪ひきには豚肉と玉ねぎでしょう。駅ビルで、普段買わないトンカツを買い、タクシーで薬局まで。風邪薬だけ先に受け取って後は明日。夫の処方箋を忘れて行ったし。
薬局で「頂き物のお菓子、食べきれないので」と、3袋も下さるというから、いやいやうちでも食べ切れませんからと1袋いただく。

帰宅して、昼食はパックのホテルカレーに、小さい玉ねぎ1こ、トンカツとごはんは100gいつもなら好きでないカツカレーが風邪をひくと美味しいから不思議。

お風呂に入ってから、牛すじの、下ゆでしていただいたものを煮込みましょう。








by hisako-baaba | 2019-03-27 13:27 | Comments(2)

民話

娘の助言 (福娘童話集より__山形県の民話)

むかしむかし、ある長者が一人娘に良い婿(むこ)を迎えようと考えて、こんな立て札を立てました。
《娘婿を、求めている。
 身分や家柄は、一切問わぬ。
 勇気があり、勘の良い者を求めている。
 我こそはと思う者は、集まるように。
 例え婿に選ばれなくとも、来た者には金一分(きんいちぶ)を与える≫
 それを見た一人の若者が、飛び上がって喜びました。
 この若者は前々から長者の娘が好きだったのですが、身分が違い過ぎるとあきらめていたのです。

 さて、大金持ちで美しい娘の婿になれるとあって、あちこちから大勢の若者が長者の家に集まって来ました。
 長者は、若者たちに言いました。
「これから、婿選びの試験を行う。
 裏山から松の木を転がすから、下で見事受け止めてみよ。
 死ぬかもしれんから、怖い者はこの場を立ち去れ」
 見てみると、裏山には大人が三人でも抱え切れないような、太い松の木の丸太が用意されています。
 それが急な裏山の斜面を転がって来るのですから、失敗すれば間違いなく死んでしまいます。
「あの、おれやめます」
「おれも、まだ死にたくないから」
「おれも、おれも」
 そう言って集まってきた若者のほとんどが、金一分をもらって帰っていきました。
 残ったのは二人の男と、長者の娘の事が好きな若者の三人です。
「それでは、試験をはじめるぞ」
 一人目の男は、転がってくる丸太を軽そうに受け止め、次の男も何とか受け止めました。
 そして三人目の若者は、丸太転がしの用意の出来る間、長者の家の裏側でふるえていました。
「どうしよう。下手をすると、死んでしまうぞ。お嬢さんとは結婚したいが、死んでしまっては結婚どころではないし」
 するとどこからか、こんな子守唄が聞こえてきました。
♪裏山からの、松の木は
♪紙で作った、偽物よ
  それを聞いた若者は、
(なんだ。紙なら、どうって事はない)
と、なんなく丸太を受け止めました。

 この試験では娘婿が決まらなかったので、次に長者は俵(たわら)を二つ下男に持ってこさせて、三人に言いました。
「この二つの俵の中には何がどれほど入っているか、俵に触れる事なく言い当ててみよ」
 さっきの丸太転がしでは勇気を、そして今度は勘の良さを試そうと言うのです。
 一人目の男は当てずっぽうを言って間違え、次の男も当てることが出来ませんでした。
 若者は順番を待つ間、また家の裏側へ行って、
「どうしよう? さっぱりわからん」
と、考えていると、また子守唄が聞こえてきました。
♪俵の中身は、アワとキビ
♪入っているのは、一斗と五升
 それを聞いた若者は、喜んで長者の前に行くと、
「俵の中にはアワとキビが、一斗五升づつ入っています」
と、答えました。
 すると見事に正解で、若者は長者の娘婿に選ばれました。

 そして祝言が終って嫁さんになった娘が若者に言うには、実は嫁さんも前から若者の事が好きで、あの子守唄は嫁さんが手伝いの娘に歌わせたのだという事です。
おしまい

a0050728_04233688.jpeg



改心した追い剥ぎ ( 福娘童話集より)

むかし、千葉県中部の東金(とうがね)には、上総木綿(かずさもめん)の問屋がたくさんありました。
 その頃は、上総木綿を江戸まで運ぶと、大変なもうけがあったそうです。
 その東金には三代続く商人の宗兵(そうべい)という人がいて、商売が上手な事で江戸にもその名前が知れ渡っていました。

 ある日の事、宗兵が江戸で大もうけをして帰って来ると、山田の坂にさしかかった所で、刀を持ったおいはぎが現われたのです。
 辺りは薄暗くて人気が無く、助けを求める事も出来ません。
 おいはぎは、宗兵に刀を突きつけて言いました。
「おい、こら! あり金を残らず置いていけ!」
 しかし宗兵は名の通った商人だけあって度胸も座っており、あわてる事なく相手の様子を観察しました。
 よく見ると、おいはぎはまだ若くて、突きつけた刀の先がぶるぶると震えています。
(ははーん。こいつ、おいはぎをするのは今日が初めてだな。それなら)
 宗兵は相手になめられない様にしっかりした口調で、しかし、相手を怒らせない程度に腰を低くして言いました。
「有り金と言いましても今は仕入れの帰りで、一両ほどしか持ち合わせがありません。
 仕入れた品はありますが、とても素人さんには売りさばけない品です。
 そこで、どうでしょう?
 東金の街まで、一緒に来てくれませんか?
 それなら、もう少し出せるのですが」
「うっ、うそじゃ、ないだろうな?」
「はい、わたしも商人です。うそは、申しません。
 それに、お前さんが一緒に来てくれると、これからの道のりも安心ですし、荷車の後押しをしてくれれば、さらに助かりますので」
「・・・本当に、金をくれるのだな?」
「はい、本当です。だます様な事はしません」
「・・・わかった」
 こうして話しがまとまり、宗兵とおいはぎは東金の街へと向かったのです。

 おいはぎが荷車の後押しをしてくれたおかげで、あっという間に東金の街へ着く事が出来ました。
 そして自分の店の前まで来た宗兵は、大きな声で言いました。
「おーい、今帰ったよ」
「あら、お帰りなさい。早かったですね」
 奥さんやお店の人たちが、店から大勢出て来ました。
 それを見て、おいはぎの顔色が青くなりました。
 これだけ大勢が相手では、いくら刀を振り回しても勝てそうにありません。
 おいはぎがすきを見て逃げ出そうと思っていると、宗兵は奥さんにおいはぎを紹介しました。
「実はな、この人が手伝ってくれたおかげで、早く帰って来られたんだ。礼をしたいので、奥に入ってもらうよ」
 そして宗兵はおいはぎと奥の部屋に入ると、大事な話があるからと他の人たちを遠ざけました。
 おどおどするおいはぎに、宗兵が言いました。
「まずは、これは約束のお金だ」
 そう言って、おいはぎの前に二両のお金を出しました。
「次にこれは、ここまで荷車を押してくれたお礼だ」
 そしてさらに一両のお金を追加すると、宗兵はおいはぎに言いました。
「見れば、お前さんはまだ若いようだし、行く当てがないのなら、わたしの所で働いてみてはどうだ? もちろん、今日の事はわたしの胸に収めておくよ」
 それを聞いたおいはぎの目から、涙がこぼれました。
 これほど人の心を温かく感じたのは、生まれて初めてです。
 宗兵の人柄にすっかりほれ込んだおいはぎは、深々と頭を下げました。
「すみません。よろしくお願いしやす」

 それから心を入れ替えて一生懸命働いたおいはぎは、やがて自分の店を持つほどに出世したという事です。



by hisako-baaba | 2019-03-27 04:24 | Comments(2)

発するFMで語ってきました____真帆は台湾に遠征中____三井さんの新刊写真集
朝7時から発するFMに耳をそばだてていました。くぼたでんきの社長さんのインタビューを聴くために。インタビュアーの巧みなリードで社長さんが良い声で創業60周年の話をされました。

10時すぎ発するFMに行ったら、担当者がお出かけで、一人で収録。

「うめにうぐいす」「ねぶかけおそよ」「はーあ その通り」「つるかめ」「蛙ぼたもち」を語ってきました。


今日は訪問医療の先生が、爪切りをしてくださいました。

地域の編成変えとかで、我が家を担当されるのは今日でおしまいの先生が、爪切りをしてくださったのです。前回の血液検査は何も問題なかったそうです。夫も私も身体は丈夫なんですね。


別れ際に「お母さんのラジオ聴いてみるよ」と言われました。



今、サッカー少女真帆は東京都代表で台湾に行っているそうです。

びっくりしたことにまたゴールキーパーに戻っていました。

小学生チームの頃は、一番チビでもキーパーでした。

中学生チームに入ってからはトップだと言っていました。何しろ背が一番低い。

a0050728_12134550.jpeg

でも東京都代表で台湾遠征に行っている今、ゴールキーパーなのでした。

すばしっこくセーブしている動画もありました。背番号23。

a0050728_12163785.jpeg

一番手前の髪の短い子。



夫は昨夜、真帆が活躍する動画を見てから、真帆のお父さんは誰だっけ」と訊きました。

スペインにいる娘と健志のことはさっぱり分からなくなっていて、真帆たちが海外に住んでいると思っていました。「来ないから」来たのに忘れているのですが。

昨日息子が来ていたことも忘れていました。
















by hisako-baaba | 2019-03-26 12:25 | Comments(12)


1931年生れのhisakobaabaが七十代万歳と言って始めたブログが八十代に続いています
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
最新のコメント
楽しい時間はあっという間..
by sidediscussion at 21:16
明日おかえりになられるの..
by Deko at 19:21
marshaさま 健志..
by hisako-baaba at 17:16
健志君と真帆ちゃんは気が..
by marsha at 16:59
marshaさま 私も..
by hisako-baaba at 20:14
遊工房さま 以前はその..
by hisako-baaba at 19:56
本当に不思議なご縁ですね..
by marsha at 17:41
コメントをクリックして ..
by 遊工房 at 12:53
鍵コメさま お知らせ助..
by hisako-baaba at 18:50
marshaさま 暴風..
by hisako-baaba at 18:49
Saheiziさま ま..
by hisako-baaba at 18:35
祥さま はい全ておっし..
by hisako-baaba at 17:58
遊工房さま 世間は狭い..
by hisako-baaba at 17:52
戦争に雪崩れ込んで行く時..
by 祥 at 15:41
設計してくれた方のご兄弟..
by 遊工房 at 15:12
遊工房さま 本をくれた..
by hisako-baaba at 13:53
ebloさま 結局民衆..
by hisako-baaba at 12:51
?この本くださったの 私..
by 遊工房 at 12:06
私もスターリンは大嫌いで..
by eblo at 11:44
昨日はこちらも全く同じよ..
by marsha at 08:52
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
緊急事態だぞ! 映画「日..
from 梟通信~ホンの戯言
いちはやく -189:児..
from 虹色せんべい
世界遺産に登録される日本..
from dezire_photo &..
月 長元坊 巨人機 溶岩..
from 掬ってみれば無数の刹那
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧